ADHD

夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】

投稿日:

子供のおねしょが心配な方「子供の年齢が上がってもおねしょがある。もしかして病気なの?夜尿症について詳しく知りたい。」

こういった疑問、お困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • 夜尿症とは


  • 夜尿症の原因とタイプ


  • 夜尿症の対処法


  • 夜尿症の子供への向き合い方


  • 夜尿症の治療法~治療までの流れ

「5才を過ぎても、おねしょをする・・」

「子供も気にしてきたので、どうにかしてあげたい・・」

「育て方が悪いのかな・・具体的にどうすればいいのか知りたい」

子供のおねしょについて、悩まれたことがある方も少なくないのではないでしょうか??

この記事を執筆している私は、10年以上療育指導を通して、過去に1,000名以上の発達障害の子供とその親を支援をしてきました。

その中には、ADHDで5才になってもおねしょをするお子さんのことで、悩まれている親御さんが多くいらっしゃいました。

本記事では、そういった親御さんのために、

夜尿症の原因、症状、対処法、向き合い方、治療法、治療までの流れを1つにまとめました。

参考になれば幸いです。では早速みていきましょう!

夜尿症とは

夜尿症とは、「5才以降の子供のおねしょ」のことをいいます。

📈有病率📈

5才児で5~10%、10才児で3~5%程度になります。

割合を見ていくと、決して珍しい症状ではありません。

小学校入学までに、夜尿の頻度が週1~2日程度であれば、自然になくなっていく可能性が高いといわれています。

夜尿症の原因とタイプ

原因とタイプをセットで考えると、大きく4つあります。

  • その①:抗利尿ホルモンの不足
       (多尿型)


  • その②:膀胱が小さい
       (膀胱型)


  • その③:急激なストレス
       (ストレス型)


  • その④:ADHDの特性
       (ADHD型)

1つずつみていきましょう。

その①:抗利尿ホルモンの不足(多尿型)

夜間の抗利尿ホルモンの分泌不足が1つの原因です。一般的には、昼間より夜間に抗利尿ホルモンが多く分泌されるため、夜間の尿量は昼間より少なくなります。分泌リズムは成長とともに、安定していきます。

その②:膀胱が硬い(膀胱型)

膀胱が硬いことで大きく膨らまないため(膀胱自体が小さいわけではなく)、尿を溜められる量が限られ、夜尿につながります。膀胱の容量は成長とともに発達していきます。

その③:急激なストレス(ストレス型)

急な環境の変化による、ストレスで一時的に夜尿症に近い症状が出る場合があります。例えば、家庭環境の変化/引越し/園・学校の過度な緊張/友人関係の悪化などです。

その④:ADHDの特性(ADHD型)

ADHDの特性上(多動・衝動・不注意)、夜間の水分制限や排泄習慣を守りにくさ、下着が濡れている感覚の鈍さなどのことから、夜尿症の治りにくさにつながっています。


【関連情報】

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの症状と7つの対応法

📊ADHDの子供の夜尿症の割合📊

ADHDの子供のうち、約3割が夜尿症を合併しています。

参考:夜尿症診断ガイドライン2016 公益財団法人日本医療機能表機構

夜尿症の対処法

夜尿症の対処法は4つあります。

  • その①:就寝前の水分調整


  • その②:体を冷やさない


  • その③:就寝前はゆっくり過ごす


  • その④:起こさない

その①:就寝前の水分調整

  • 就寝2時間前は、飲む量を調節する
  • 喉が渇きやすい食べ物は避ける
  • 尿量を増やす飲み物も控える
    (ex.牛乳)
  • 利尿効果の高い飲み物は控える
    (ex.オレンジジュース、緑茶)

【関連情報】

ADHDの子供の偏食とは?【4つの原因と対応方法を解説】

その②:体を冷やさない(膀胱型)

  • 就寝前に入浴し、体を温める
  • 体を温め、膀胱を硬くなるのを避ける

その③:就寝前はゆっくり過ごす

  • 就寝前は、なるべく興奮したり体を使って過ごすことは控える
  • 就寝前は、ゆっくり過ごすことを習慣化していく

※喉が乾き、就寝前の水分調整が難しくなります。


【関連情報】

ADHDの子供が切り替え上手になる4つの接し方【家庭でできます!】

その④:起こさない

  • 夜尿対策として、夜中に子供を起こすことは避ける

※睡眠中の抗利尿ホルモンの分泌を妨げ、尿量が増え、夜尿につながりやすくなります。


【関連情報】

睡眠障害とは?自閉症スペクトラムの子供 半数が悩みあり【家庭での対処法を解説します】

夜尿症の子供への向き合い方

夜尿症のADHDの子供への向き合い方は、3つあります。

  • その①:怒らない


  • その②:意識させる声掛けはしない


  • その③:夜尿がなかったときに褒める

夜尿は、子供の自己肯定感を下げる1つの原因になります。

外泊行事やお友達の家で泊まる時、兄弟と自分を比べて自信をなくす・・など少なくありません。

ここの向き合い方をぜひ活用頂き、お子さんの自信につなげちゃいましょう!

その①:怒らない

夜尿は、子供自身の意思に関わらず生じる症状です。

怒ることは避けましょう。


怒ることで過度に意識し、寝付きが悪くなり、より夜尿の症状が悪化することもあります。

【関連情報】

つい怒ってしまう・・【ADHDの子供への怒らない7つの接し方】

その②:意識させる声掛けはしない

「怒らない」理由と同じですね。

子供の意思に関わらず症状として出るので、気をつけるような意識掛けの声掛けは逆効果です。

なるべくリラックスできるよう、必要な生活習慣の定着に集中しましょう。

その③:夜尿がなかったときに褒める

夜尿がなかったときは、全力で褒めてあげましょう。

お子さん自身に「できた!できるんだ!」と思ってもらい、自信につなげる機会を作っていきましょう。


【関連情報】

ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】

夜尿症の子供の治療法~治療までの流れ

大きく3段階あります。

  • ステップ①:生活習慣の改善


  • ステップ②:夜尿症の治療
    (アラーム療法/薬物療法)


  • ステップ③:専門医を紹介

最初に尿検査と問診があります。「臓器に異常がないか」「薬物療法に適応できるか」の確認をされます。

お子さんによっては、この段階で専門医を紹介される場合があります。

ステップ①:生活習慣の改善

「夜尿症の対処法」の内容になります。

医師のアドバイスを受けながら、子供の状況に合わせて進めていきます。

1ヶ月ほど経ち、改善が見られれば、治療自体は終わります。

逆に改善が見られなければ、「ステップ②の治療」に進みます。

ステップ②:夜尿症の治療(アラーム治療/薬物療法)

主に2つの治療法があります。

⏳アラーム治療⏳

下着や体に装着した装置を使って、夜尿の症状が出たら、アラームが鳴り子供を起こす治療法です。

ここの目的は1人でトイレに行けるようにすることではなく、

子ども自身に自覚してもらい、夜間の膀胱容量を増やし、夜尿の頻度を減らすことです。

夜間にアラームが鳴るため、特に家族の理解が必要になる治療法です。

💊薬物療法💊

点鼻薬や内服薬で治療をします。1~3ヶ月ほどの期間になり、小児への使用の安全性が完全には確立されていないため、医師の慎重な判断が必要になります。


【関連情報】

ADHDの子供の薬とは【種類/メリット/デメリットまで解説】

ステップ③:専門医へ

「ステップ②の治療法」まで効果が見られなかった場合は、専門医を紹介されます。

治療の方法は、お子さんによって変わるため、実際に相談に行かれて聞くことが一番になります。

夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 【夜尿症とは】
    ・5歳以降のお漏らし


  • 【夜尿症の原因】
    ・抗利尿ホルモンの不足
    ・膀胱が硬い
    ・急激なストレス
    ・ADHDの特性


  • 【夜尿症のタイプ】
    ・多尿型
    ・膀胱型
    ・ストレス型
    ・ADHD型


  • 【夜尿症の対処法】
    ・就寝前の水分調整
    ・体を冷やさない
    ・就寝前はゆっくり過ごす
    ・夜中に起こさない


  • 【夜尿症の子供への向き合い方】
    ・怒らない
    ・意識させない
    ・できたときに褒める


  • 夜尿症の治療法~治療までの流れ】
    ・尿検査と問診
    ・生活習慣の改善
    ・アラーム治療
    ・薬物療法
    ・専門医の紹介

以上になります。

夜尿症は、年齢が上がるとともに、自然に治ることが多いといわれていますが、

本記事で紹介させていただいた対処法を実践し、1ヶ月経っても変化がみられないorお子さんの自信喪失など不安があれば、

近くの医療機関(小児科/泌尿器科)に相談されることをオススメします。


【夜尿の相談先】

医療機関検索:おねしょ卒業!プロジェクト

参考資料:おねしょ卒業!プロジェクト


本記事がお役に立てれば幸いです!


【関連情報

ADHDの子供に必要な4つの小学校の選択肢とは【メリット~注意点まで解説します!】

ADHDの子供が増えてるって本当?【10人に1人と言われる理由とは】

-ADHD

執筆者:


  1. […] 夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】 […]

  2. […] 夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ペアレントトレーニングとは】種類/費用/内容など概要を説明します

ペアレントトレーニングについて知りたい方へ「子供の発達は気になるけど、療育に行くほどじゃない。親が学んで家庭内で解決していきたい。ペアレントトレーニングってどんな種類があるの?受講方法は?自分に合うペ …

ADHDの子供の検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】

ADHDの子供が、受診できる検査について知りたい方へ「先生に検査を勧められたけど、そもそも検査って、どんな種類があるの?どうやって受けられるの?うちの子は受けたほうがいいの?検査のメリット/デメリット …

子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】

子供のADHDがいつわかるか知りたい方へ「1歳半健診でしばらく様子を見ましょうと言われた。いつまで様子を見ればいい?子供がじっとしてられないのは、ADHDだから?」 こういった疑問にお答えします。 ✓ …

【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】

言うことを聞かないADHDの子供の対応方法を知りたい方へ「子供が言うことを聞かなくて困ってる。他の子はできるのに、なんでうちの子は言うこと聞けないの?子供にどう関われば言うこと聞いてくれる?」 こうい …

ADHDの子供がいじめられたら?【3つの対策と4つの相談先を紹介!】

子供がいじめに合いそうで不安、既にいじめられて困っている方「子供がいじめられそうで心配。いじめに近いことをされているようで、不登校などにならないか不安。親ができるいじめの対策、相談先を知りたい」 こう …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/08

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点まで

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?