発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

グレーゾーン

【子供のゲーム時間】平均時間は?1日の適切な時間とルールの決め方とは

投稿日:

子供のゲーム時間が気になる方「子供のゲーム時間って平均でどれくらい?子どものゲーム時間は制限すべき?適切な1日の時間が知りたい。他の家庭はどうしてるのか、教えてほしい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



・子供の平均の「ゲーム時間」


ゲーム時間が長くなりやすい「原因」


・適切なゲーム時間の「決め方・管理方法」


・各家庭のルール・管理方法の「事例紹介」


みなさんは、お子さんに1日ゲームを、どれぐらいさせていますか?

特に時間を決めずに、自由にさせている方も、少なくないのではないでしょうか。

そんな中、お子さんのゲームの時間が多すぎないのか、目が悪くなったり、学業に悪い影響が出るんじゃないか…と心配になる方も、いらっしゃるかと思います。

この記事の執筆者の私は、お子さんの育児相談/支援を、11年以上しています。

支援をする中で、ゲームの依存傾向・不登校・学業不振やで悩まれている方が、多くいらっしゃいました。

その経験を踏まえ、本記事では、ゲームの平均時間はもちろん、

「ゲームが問題になる原因・ルールの決め方/管理方法・事例の紹介」について、まとめてみました。

事例は、私が支援してきたご家庭が、実践されて上手く行った方法になります。

子供の平均の「ゲーム時間」

結論から言うと、半数のお子さんが、「ゲームは1日1時間以下」になります。

図でもう少し詳しく見ていきましょう。

こちらは、「ほけんROOM」が2020年にアンケート調査した、結果になります。

引用元:ほけんROOM

「ゲーム時間のルール」を決めている割合も、見ていきましょう。

引用元:ほけんROOM

「ルールを決めてる」という方は、46%程度になります。

約半数の方が、ゲーム時間にルールを決めていることがわかります。一方で26%程度の方が、ルールを決めずに声掛けだけになります。

ルールを作らなくても、問題がない、もしくは問題と思っていないという方が、一定数いることがわかります。

ゲーム時間が長くなりやすい「原因」

ゲーム時間が長くなりやすい「原因」は、2つあります。

1つずつ一緒に、見ていきましょう。



①:親が勝手に「ルールを決めてる」


②:ゲーム時間の「区切り方がゲームに合ってない」


①:親が勝手に「ルールを決めてる」

ルールを守ることが上手く行かないのは、「親が勝手にルールを決めてるから」が多いです。

人は、自分で選んで決めたほうが、やりきれます。

例えば私たちも、「10時に区役所で手続きして!」と言われるより、

「今日のどこかで、区役所に手続きに行ける?」というように、自分で選べる方が、やる気になりやすいと思います。

お子さんも、全く一緒になります。

②:ゲーム時間の「区切り方がゲームに合ってない」

ゲーム時間の区切り方(終わり方)が、大人の感覚になっている場合になります。

よくあるのは、「12時までに終わらせて」や「あと10分で終わりね」などです。

「え?何が良くないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、具体例で説明しますね。

例えば、1レース毎のゲームの「マリオカート」は、始まり・終わりが明確です。一方で、1つ1つの区切りが曖昧なマインクラフト。

「1日1時間」のゲームの約束が成立しやすいゲームと、ゲームの性質上、難しいものとがあります。

このように、ゲームのタイプによって、『ゲームの終わらせ方(時間のルール)』が変わっていきます。

大人側からすると、時間が区切りやすく分かりやすいのですが、お子さんからすると、その感覚が違ってきます。

ゲームに合わせた詳しい「区切り方」は、【ゲームばかりの子供】接し方・逆効果な関わり方とは。年齢別で解説をご覧ください。

適切なゲーム時間の「決め方・管理の方法」

ここでは、適切なゲーム時間の「決め方・管理の方法」ついて、触れていきます。

1つずつ一緒に見ていきましょう。



①:「子供と一緒に」ルールを決める


②:家で過ごす「予定表を作る」


③:「ポイント制」にする


④:キッチンタイマーで「終わりの予告」


⑤:「ゲーム以外」の楽しみを作る


①:「子供と一緒に」ルールを決める

『子どもと一緒に』ルールを決めてみましょう。

以下、2つのポイントを押さえるのが、大切になります。

・子どもが守れるルールか
・子どもが納得/理解しているか

⚠子供の年齢によって、ルールの決め方が変わる

お子さんの年齢やタイプによっては、親中心に、ある程度決めて、お子さんに選んでもらう方法もありますし、

小学校高学年以上(思春期)の場合は、お子さん中心にルールを決めてもらい、最終確認を親御さんがするのが、良い場合もあります。

詳しくは、【ゲームばかりの子供】接し方・逆効果な関わり方とは。年齢別で解説をご覧ください。

②:家で過ごす「予定表を作る」

家での日課を紙に書き出し、リビングなどに貼っておく方法になります。

例えば、「15:00~宿題、15:30~ゲーム、16:30~お風呂」など、時間とやることを書いて、予定表として用意をします。

事前に一緒に決めたルールを、視覚的して、家族皆が見れる所で貼っておくと、ルールを思い出しやすく、お子さんも家族も意識高められます。

予定表は何でも大丈夫です。お子さんとご家族がルールの共通認識がとれれば。

よくあるのは、手書きで時間と日課だけ書いたり、PCで、まとめられる方が多いです。

予定表自体は、そんなに重要ではないので、サクッと書いて実行することを、お勧めします。

③:「ポイント制」にする

お手伝いや勉強など、何か課題が終わったら、それとポイントを交換します。

例えば、ゴミ捨てをしたらゲーム5分、計算ドリル1枚終わったらゲーム10分をゲットできる、イメージです。

私たちも働いた分だけ、お給料がもらえるように、お子さんも自分の頑張りに対して、ゲームの時間を稼ぐような形です。

将来的には、給与などの対価の理解にも繋がるので、一石二鳥になります。

④:キッチンタイマーで「終わりの予告」をする

ゲームの時間を決めても、プレイに夢中になることで、お子さんが時間を忘れてしまうこともあります。

そんな方は、キッチンタイマーを、リマインダーとして使う方法があります。

例えば、17:00にゲームが終わる時間の場合、16:45に1回、16:50に1回、16:55に1回、など、

終了15分前に5分ごとに、アラームをセットするなどです。

アラームの回数や時間の間隔は、自由です。何回でも何分でも、お子さんに合わせる形で大丈夫です。

アラームは何でも良いです。お子さんが一人で使えて、かつ手軽に買えるものなら、問題ありません。

私が使っているキッチンタイマーを参考程度に、載せておきますね。

ボタンがシンプルで、必要最低限の機能だけなので、お子さんも使いやすいです。冷蔵庫にもつけておけるので、失くすこともありません。

☑キッチンタイマー

⑤:「ゲーム以外」の楽しみを作る

『ゲーム以外の楽しみがない』場合は、ゲームの時間管理がどんなに上手にできても、お子さんのストレスになる場合があります。

ゲームは、1つの過ごし方になります。お子さんが他の過ごし方も見つけるよう、色んな体験ができる機会を作ることが大切だと思います。

習い事をしたり、室内でタブレット学習をしたり、違う趣味を見つけるなどです。

本記事の読者のみなさんは、ほとんどのお子さんがゲーム好きだと思います。

もし、ゲームが好き、でも勉強やりたがらないので、心配・・という方は、タブレットが学習がお勧めになります。

【家庭学習の天神】発達障害の子にもおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会で、その1つをまとめています。

興味のある方は、1つの選択肢として把握して頂けると、今後の参考になると思います。

その他でも、今お子さんがしているゲームのタイプをヒントに、好きな物を探していく方法があります。

詳しく知りたい方は、【ゲームばかりの子供】接し方・逆効果な関わり方とは。年齢別で解説をご覧ください。

各家庭のルール・管理方法の「事例紹介」

ここでは、私がサポートしてきた方が、実際に家庭で実践されて上手く行った、方法(事例)を、紹介したいと思います。

お子さんに合いそ方法があれば、試して頂ければ幸いです。

✍曜日ごとに時間を決めておく

平日は1時間、休日は2時間と、事前に曜日ごとに時間を決めて、ルール化する方法です。

✍宿題が終わったら、夕食までの時間を⇨ゲーム時間

宿題が終わったら、夕食までの時間を、ゲーム時間にする方法です。

例えば、帰宅が15:30で、18:00~夕食だとすると、宿題が終わるスピードによって、ゲームができる時間が増減します。

自分次第で、ゲーム時間が増減するルールになります。

✍見守り機能(アプリ)を使う

無料アプリを使うことで、ゲームのプレイ時間、時間になったら自動で電源が切れるようにし、管理ができます。

Nintendo みまもり Switchになります。使われている方が、多いです。

✍ペナルティを設ける

ルールが守れなかった場合にペナルティを明確に決めておくことです。

例えば「終わりの時間が過ぎた分、翌日のゲーム時間が減る」などです。

✍ゲームの場所をリビングだけにする

充電器などもリビングに固定し、家族の目の届く環境を作ることです。これだけで、時間管理がしやすくなります。

✍家族の時間はゲーム禁止

家族で買い物に行ったりなどの時間は、ゲーム禁止にし、メリハリをつける方法になります。

✍ゲームに合わせた終わらせ方にする

ゲームのタイプに合わせて、下のように回数や時間で区切る方法になります。

・マリオカート:1日10回
・マインクラフト:1日時間


このように、ゲームのタイプに合わせた、区切り方があります。

「【子供のゲーム時間】平均時間は?1日の適切な時間とルールの決め方」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



子供の平均の「ゲーム時間」
・半数以上が、1日1時間以下


ゲーム時間が長くなりやすい「原因」
・親が勝手にルールを決めてる
・区切り方がゲームに合ってない


ゲーム時間の「決め方・管理の方法」
・子供と一緒にルールを決める
・予定表を作る
・ポイント制にする
・キッチンタイマーで「終わりの予告」
・ゲーム以外の楽しみを作る


ルール・管理方法の「事例紹介」
・曜日ごとに時間を決めておく
・宿題が終わる時間⇨ゲーム時間の増減
・見守り機能(アプリ)を使う
・ペナルティを設ける
・ゲームの場所をリビングだけにする
・家族の時間はゲーム禁止
・ゲームに合わせた終わらせ方にする


以上になります。

本記事が参考になれば、幸いです。


【関連記事】

【テレビばかり見る子供】親のイライラ…!効果的な4つの方法とは

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

-グレーゾーン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

子どもの宿題を見るのがストレスな方 「子どもがなかなか宿題をやらなくてず、イライラする。やる気がなくて、やっても間違いだらけ。毎日怒って宿題をさせることに、ストレスが溜まる。ストレスが溜まらない教え方 …

【場面緘黙の子供】話さないのは甘え?【接し方/NGな接し方を解説します!】

人前で話をすることが苦手な子の育児で悩まれている方「家では普通に話せるのに、外で話さないのは甘えなの?どう接すればいいか教えてほしい」 こういった疑問、お困りにお答えします! ☑本記事の …

【厳選3冊】療育セラピストの私がおすすめのグレーゾーンの子供の本

子供の発達が心配な方「グレーゾーン、発達が気になる子供について理解を深めたい。おすすめな本が知りたい」 こういったご要望にお答えします。 ☑本記事の内容 ・本を選ぶ前に「目的」を決める …

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

子どもがしつこくて困ってる方「子どもがしつこくてイライラする。何でこんなにしつこいの?しつこい子どもの接し方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ・子どもがし …

【宿題をしない子ども】嘘をつく4つの原因と対処法!

嘘をついて宿題をしない子で困っている方 「子どもが嘘をついて宿題をしない。何で嘘をつくのか分からない。嘘をつかず宿題をできるようになる方法が知りたい」 こういったお困り、ご要望にお答えします。 &#x …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!3つの原因と8つの対処法とは

2021/07/21

【子育て】不安がある人が9割!子供を育てる…自信がない時の対処法

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観に行きたくない】参観で嫌な思いをしない!3つの方法とは。

2021/07/05

【子供のゲーム時間】平均時間は?1日の適切な時間とルールの決め方とは

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/28

【療育】掛け持ちはできる?メリット・デメリット・療育の選び方を解説

2021/06/25

【育児ノイローゼの夫(妻)】家庭でできる!4つの原因と対処法とは。

2021/06/24

【テレビばかり見る子供】親のイライラ…!効果的な4つの方法とは

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/07

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/21

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説

2020/11/25

【家庭学習の天神】発達障害の子におすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因とクールダウンの方法とは。家庭でできる対処法を解説

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2020/02/29

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは

2021/07/15

【子供の自己肯定感】自信を取り戻す3つの方法とは?ほめ言葉リスト付き