発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

家での関わり方

【宿題に時間がかかる】4つの理由から考える!発達障害の子に効果的な対処法

投稿日:2022年6月22日 更新日:

発達障害の子の宿題で悩まれてる方「子どもが宿題に時間がかかって困ってる。宿題がスムーズにできる方法が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



宿題に時間がかかる「理由」

✅宿題が今よりスムーズになる「対処法」


親の悩みになりやすい宿題。

特に、お子さんが発達障害であると、

厳しく促した方が良いのか、無理をさせない方が良いのか、迷うことも多いかと思います。

本記事では、そんなお悩みにお応えする為、

発達障害の子が宿題の「4つの対処法」をまとめました。

この記事の執筆者の私は、療育/学習支援を10年以上しています。

その支援経験を元に、本記事をまとめています。

参考になれば幸いです。

宿題に時間がかかる「理由」

発達障害の子が宿題に時間がかかる理由」は、4つあります。

1つずつ見ていきましょう。



①:「集中力」の偏り

②:「読み・書き」の困難さ

③:「失敗体験」の多さ

④:「情報処理」がゆっくりな特性


①:「集中力」の偏り

発達障害の子には、”集中力の偏り” があることが多いです。

よく “やる気がない” と言われますが、それは違います。

生まれ持ったもの(特性)ですので、本人の意思の問題ではありません。

療育では、“注意力” ともいいます。

宿題に大きく関わる “注意力の2つの特徴” を見ていきましょう。

✍注意の “向け方”

注意の切り替え(転動性)になります。

転動性が高いと、些細なことに注意が切り替わり、宿題から逸れてしまいます。

逸れた分だけ宿題が遅れる為、結果として時間が掛かってしまいます。

注意の “持続力”

1つの物事に “注意を向け続けられる時間” が短いです。

短い時間でも、疲れやすくなります。

「集中力がない」と言われる、多くの子の特徴とも言えます。


②:「読み・書き」などの困難さ

「読み・書き」が著しく苦手で、何度練習しても出来ない状態をいいます。

学習障がい(LD)とも言われます。

努力不足などとも言われやすいですが、本人が頑張っても、難しい場合が多いです。

③:「失敗体験」の多さ

宿題(勉強)に関して、「分かんない!できない!また怒られた!」など、

お子さんにとっての「失敗体験」が多い状態になります。

私たち大人もそうですが、上手くいかない物事に取り組むのは、嫌だと思います。

発達障害のお子さんは、特にネガティブな経験が残りやすいことが多いです。

過去の失敗体験の積み重ねる⇨宿題の苦手意識がつく⇨”宿題に時間がかかる状態”

このような悪循環になりやすいです。

④:「情報処理」がゆっくりな特性

発達障害の子には、

理解をしたり、アウトプット(ex.答える・書く)するのに、時間が必要な子がいます。

考える時間が必要で、問題を解くのに、どうしても時間が掛かります。

療育では、「処理速度」とも言われます。

もし検査を受けたことがある方は、この「処理速度」の数値を見られると良いです。

ここが平均以下(90以下)の場合は、宿題に時間がかかっている要因になり得ます。
※WISC検査の平均値:90~109

宿題が今よりスムーズになる「対処法」

発達障害の子の宿題が、今よりスムーズになる「対処法」は、7つあります。

原因別に、1つずつ見ていきましょう。



①:「気になるモノがない環境」を作る
 (原因:集中力の偏り)

②:「今日のゴール」を伝えておく
 (原因:集中力の偏り)

③:「短く」区切る
 (原因:集中力の偏り)

④:「専門家」に相談する
 (原因:読み書きの困難さ)

⑤:「過程を具体的に」ほめる
 (原因:失敗体験の多さ)

⑥:「タブレット学習」の導入
 (原因:失敗体験の多さ)

⑦:「できた」⇨「早くできた」をほめる
 (原因:情報処理がゆっくり)


①:「気になるモノがない環境」を作る(原因:集中力の偏り)

“注意が逸れる原因” がない環境を、作ることです。

具体的には…

・窓から離れた場所にする
・音が響きづらい部屋にする
・机や周りのモノが片付けておく
・宿題の時間は、家族に静かにしてもらう


などです。

お子さんの注意が逸れるモノは、極力減らす工夫が大切になります。

②:「今日のゴール」を伝えておく(原因:集中力の偏り)

事前に「何をしたら終わりか」を伝えておくことです。

事前に「○問解いたら終わりだ!」と見通しが明確ですと、

お子さんの集中力に、違いが出てきます。

例えば、マラソンする時に、どちらを言われた方が「頑張ろう」と思えるでしょうか..?

「今から走って」
「50メートル先のコンビニまで走って」


多くの方は、後者だったかと思います。

人は、ゴールが明確な方が頑張りやすいです。

特に、発達障害の子の多くは、見通しが曖昧なことでの不安になったり、集中力が散りやすくなります。

『①事前に ②具体的に ③ゴールを伝える』ができると、

宿題への集中力が上がり、かかる時間を短くできます。

③:「短く」区切る(原因:集中力の偏り)

出された宿題を、必ず1回で終える必要はありません。

お子さんの集中力に合わせて、”短く区切る” のも1つです。

例えば、5分で集中力が落ちる場合、5分で解ける問題数に区切り、3分休憩してから、宿題を再開します。

集中力が限られてる子ですと、1回で終えようとすることで、

後半集中力が落ち、かえって余計に時間がかかり、疲れたり、モチベーションが下がる原因になります。

なるべく、集中力が維持できる時間を、数回に分けて取り組める方が、宿題の時間を短くできます。

ただ、切り替えが難しい子の場合は、注意が必要です。

休憩中に好きなことをして、宿題に戻る(きりかえる)までに、時間がかかってしまう可能性がある為です。

「休憩中はおやつを1個食べる」など、きりかえがしやすいもの(終わりが明確)をお勧めします。

④:「専門家」に相談する(原因:読み書きの困難さ)

著しい「読み・書き」の困難さがある場合は、専門家に相談することをお勧めします。

お子さんの特性を見てもらったり、本人に合った方法が見つかる可能性があります。

大きく3つの選択肢になります。

・療育
・学習塾
・家庭教師


療育は、福祉サービス・民間の2種類になります。

福祉サービスは、混み合っていたり、お子さんに合わせた学習支援をしてる場所自体が少ないです。

あったとしても、利用できるまでに数ヶ月、数年かかる場合もあります。どちらかというと、ゆっくり支援先を探したい方向けになります。

個人的には、お子さんの失敗体験が増えるのを少しでも早く止めるべきだと思いますので、

お子さんが「通いたい(通ってもいいよ)」と思える場所を、探してくのが一番だと思います。

お子さん自身が「宿題が難しくて困ってる」「宿題(勉強)できるようになりたい」

という思いがあるなら、塾や家庭教師など、すぐに始めやすいものが良いと思います。

参考に、発達障害を専門とした家庭教師を1つ紹介しますね。


【発達障害専門】家庭教師ファースト

まずは、情報を把握していきましょう。

⑤:「過程を具体的に」ほめる(原因:失敗体験の多さ)

失敗体験が多い子には「できた!もう1問やってみようかな」と思える実感が、必要になります。

つまり、成功体験が大切になります。

その為には、お子さんが宿題に取り組んだことで、

大人が “お子さんの喜ぶ関わり” をする必要があります。

・言葉でほめる
・ハイタッチ

・花丸をつける
・点数をつける
(前の点数よりUP)


など、お子さんが喜ぶ関わりをすることで、「次の宿題も頑張るぞ!」という気持ちになりやすいです。

そして、言葉でほめるときは、下のように、”具体的に過程をほめる” と効果的です。

「プリント1枚、全部正解!完璧!」
「計算の式書けたね!よく考えられたね」
「最初の5問、自分で解けたね!すごい!」


結果だけでなく、宿題の途中でほめられることで、頑張りやすくなります。

結果だけですと、ほめられる機会が限られ、お子さんの「できた!」には、繋がりづらくなります。

つまり、宿題への意欲が下がり、宿題の時間がかかってしまいます。

⑥:「タブレット学習」の導入(原因:失敗体験の多さ)

家での関わりを工夫しても、そもそも…

・宿題の教え方が分からない
・宿題の問題が子どもにとって難しい

という場合も、あると思います。

その場合は、”宿題に取り組む問題” というより、内容の理解が必要になります。

宿題をこなすことも大事ですが、その内容の理解が難しいままですと、

授業についていけず、学校が嫌になる可能性もあります。

今は、家庭で簡単に始められる “タブレット学習” があります。

発達障害のお子さんが理解しやすい様な、工夫がシステム化されています。

私も実際に使いましたが、お子さんの特性によっては、心強いツールになります。

どんな特性の子に合うのか、合わないのかは下の記事にまとめています。

試されたことがない方は、1つの選択肢として、参考にご覧ください。

【合わせて読みたい記事】

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

⑦:「できた」⇨「早くできた」をほめる(原因:情報処理がゆっくり)

考える時間が必要な子には、

まず「できた」ことをほめてみましょう。

そして、難なくできる様になってきたら、「“早く” できた」ことをほめます。

最初は「できた」に対して、ほめてましたが、時間をかけて出来るのであれば、

僅かな時間でも、早く宿題が終わったことをほめましょう。

例えば、「○時に終わったね!」「○分で終わったじゃん!早いね!」などです。

『早く終える』に意識を向け、そこに喜びを感じてもらえる様に、ほめていきましょう。

ただ、注意点は、お子さんに無理のないペースにすることです。

例えば、10分で終わる宿題が30分かかる子に、いきなり20分で終えてもらうのは難しいです。

お子さんによりますが、数分単位でも早くなったことを、ほめていきましょう。

⚠時間がプレッシャーになる場合

お子さんによっては、時間を意識することでプレッシャーになる子がいます。

プレッシャーになることで、出来る問題が間違えたり、ストレスを感じ、疲れやすくなります。

そうなると、宿題をこなすこと自体に影響出ます。

その場合は、時間は意識させず、”終えられたことをシンプルにほめるだけ” で大丈夫です。

「【宿題に時間がかかる】4つの理由から考える!発達障害の子に効果的な対処法」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。



宿題に時間がかかる「理由」
・集中力の偏り
・読み・書きの困難さ
・失敗体験の多さ
・情報処理がゆっくり


宿題が今よりスムーズになる「対処法」
「気になるモノがない環境」を作る
 (原因:集中力の偏り)

・「今日のゴール」を伝えておく
 (原因:集中力の偏り)


・「短く」区切る
 (原因:集中力の偏り)

・「専門家」に相談する
 (原因:読み書きの困難さ)

・「過程を具体的に」ほめる
 (原因:失敗体験の多さ)

・「タブレット学習」の導入
 (原因:失敗体験の多さ)

・「できた」⇨「早くできた」をほめる
 (原因:情報処理がゆっくり)


以上になります。

【関連記事】

【発達障害の子向け・タブレット学習】すららの発達障害の子の評判

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

-家での関わり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自閉症スペクトラムの子供は笑わない?主な症状とは【月齢別で解説します】

子供の発達が心配な方「うちの子、あまり笑わないし、他の子と様子が違う気がする・・もしかして自閉症?自閉症の症状や判断基準が知りたい」 こういったご要望にお答えします。 ☑本記事の内容 ・ …

【勉強できない高校生】ADHDの特性を押さえた7つの勉強法を紹介!

ADHDの子の勉強で悩まれてる方「うちの子、もう高校生なんだけど、勉強ができない。ADHDの子の勉強方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

子どもの偏食に悩まれている方「子どもの食わず嫌いに困ってる。無理に食べさせるのは良くないと思うけど、このままだと食べられるものが少なくて心配。」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記 …

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

子どもの言葉の発達が心配な方「オウム返しが多くて、言葉の発達が心配。会話のキャッチボールに繋がる関わり方が知りたい」 こういったお困りにお答えします。 ☑本記事の内容 ✅オ …

【子どもの癇癪にアロマが効くって本当?!】おすすめのアロマ・3つの使い方

子どもの癇癪で困っている方「癇癪がひどくて困っている。癇癪にアロマが良いって聞いたけど本当?オススメのアロマを教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/12

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/02/03

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/12/16

【療育支援員が解説】すららの発達障害の子の評判は?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/12/09

【療育支援員が解説】リタリコワンダーは発達障害の子に合う?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/11/19

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

2021/11/11

【ピアノは効果あり?】発達性協調運動障害の子への効果とは。注意点も解説

2021/11/05

【習い事でふざける子は発達障害?】5つの理由・対処法・習い事の選び方

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観の感想の例文】たった1つ!書き方のコツとは?注意点もあり

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/31

【中学生の進路】勉強できない子の将来はどうなる?3つの進路と対策とは

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/13

【発達障害】幼稚園から指摘された時、親はどうするべき?2つの考え方とやるべきこと

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/11

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説します

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/09

【グレーゾーンの子供に合う習い事はある?】3つのポイント/注意点

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選26選】

2020/05/28

【自閉症を描くオススメ映画17選】感動邦画~アクション洋画まで紹介

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/18

【支援者が選ぶ厳選5冊】自閉症スペクトラムの子の親に読んでほしい本

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/30

【ADHDの子ども向けサッカースクール】選び方を解説。発達障害の子は、リベルタサッカースクールがおすすめ

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2022/05/30

【療育支援員がおすすめ】発語を促す絵本12選!読み聞かせの3つのコツ

2022/05/20

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめの絵本12選!読み聞かせの3つのコツ

2022/05/09

【療育指導員がおすすめ】療育では定番!人気のおもちゃ~厳選26選~