グレーゾーン

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

投稿日:2020年10月30日 更新日:

子供の学級選びに悩まれている方「グレーゾーンの子供が、どの学級が合うのか悩んでいる。学級の選び方やそれぞれの学級の特徴が知りたい」

こういったお悩み、ご要望にお答えします。

本記事の内容

  • グレーゾーンとは


  • グレーゾーンの子供の学級の選択肢


  • グレーゾーンの子供が受けられる支援


  • 普通学級or特別支援学級で迷ったら

「子供がグレーゾーンと言われた・・。診断はつかないけど、子供の発達や小学校の生活が心配・・。」

「グレーゾーンの子供に合う学級が知りたい。」

就学前の学級の選択、実際の小学校生活・・親として不安や心配が尽きない方も多くいらっしゃると思います。

この記事を執筆している私は、療育セラピストを10年以上しており、これまで1,200人以上の発達障害のお子さんと、その親御さんを支援してきました。

その支援経験を元に、本記事では、グレーゾーンの特徴/学級の選択肢/支援/注意点をまとめました。

本記事が、参考になれば幸いです!

グレーゾーンとは

グレーゾーンとは「発達の凸凹はあるけど、日常生活に大きな支障がない(対処できる範囲)」ことをいいます。

グレーゾーンは、周囲の理解、適切なサポートがあれば、社会に適応する可能性が高いです。生まれつきの「発達の凸凹の活かし方」を学ぶことが大切になります。

✍発達障害とは

本来発達の凸凹は誰にでもありますが、この凸凹が大きいと、「発達障害」の特性があることになります。

図のように、発達障害には、自閉症スペクトラム(ASD)、ADHD(注意欠陥多動性)、学習障害(LD)があり、そこに知的障害も加わってきます。

それぞれの特徴も、載せておきます!

✍ADHD(注意欠陥多動性)

  • 多動/衝動/不注意の性質
  • 混在することが多い
  • 多動/衝動性:男の子に多い
  • 不注意:女の子に多い

【関連記事】

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの症状と7つの対応法

✍自閉症スペクトラム(ASD)

  • 言葉の遅れ、会話の難しさ
  • 興味の幅の狭さ/こだわりの強さ
  • 感覚の偏り/不器用

【関連記事】

自閉症スペクトラムの子供の症状とは?【4つの特徴と7つの接し方】

✍学習障害(LD)

  • 読み/書き/計算の特定の分野が難しい
  • 話す/聞くの特定の分野が難しい
  • 知的な遅れなし

✍知的障害

  • 知能指数(IQ)×適応能力で判断
  • 軽度~最重度まで4段階ある

【関連記事】

【自閉症スペクトラム/知的障害を伴う子供】特徴/サポート方法とは

グレーゾーンの子供の学級の選択肢

グレーゾーンの子供の学級の選択肢は4つあります。

就学前でも、就学して途中から移ることもできます。(学校により、基準/空き状況は異なります)

  • 1:普通学級(通常学級)


  • 2:通級指導教室(通級)


  • 3:特別支援学級(支援級)


  • 4:特別支援学校

私の経験上、グレーゾーンの子供の多くは、1or2が最も多く、たまに3の子もいらっしゃいます。4は、いないですね。

もちろん、子供の特性によりますので、絶対はありません。では、1つずつみていきましょう!

1:普通学級(通常学級)

一般的なクラスのことで、1クラス40名以下で構成されています。学校によっては、補助の先生がいるなど、体制に違いがあります。

2:通級指導教室(通級)

普通学級に在籍している状態で、週1~2回程度(1~2h)、通級指導教室に通って、個別で授業を受けることができます。

取り出し学習とも言われるもので、子供の苦手な科目などを中心に、個別で授業を受けることができます。学校にとってはSST(ソーシャルスキルトレーニング)の内容を取り入れる所もあります。

学校により、学校内に設置されている場合(自校通級)と、近隣の学校に設置されている場合(他校通級)があります。

平成5年に、通級指導教室の設置が全国で制度化されたため、学校内で通級指導教室がある学校は増加傾向にあります。

3:特別支援学級(支援級)

籍が特別支援学級となり、別の教室(クラス)で授業を受け過ごします。

原則8名以下のクラスで、子供一人一人に合った課題を受けることができます。

「情緒」と「知的/身体障害」のクラスに分かれ、子供の特性に応じて変わります。

✍情緒クラス

知的/身体的な遅れはなく、多動/衝動性が高かったり、気持ちのコントロールのむずかしさから、奇声や癇癪などの行動を起こす子供が対象になります。

✍知的/身体障害クラス

知的、身体的な遅れがある子供が対象になります。医師の診断書/検査の数値など明確な特性が出ている場合になります。ちなみに設置している小学校の割合は76.6%、中学校は73.7%になります。


【関連記事】

軽度知的障害とは【自閉症スペクトラムを伴う子供の特徴/向き合い方】

4:特別支援学校

知的/視覚/聴覚障害・肢体不自由・病弱のある子供が通う学校です。

以前は、養護学校、ろう学校、盲学校に分かれていましたが、2007年の法の改正により、「特別支援学校」に統一されました。

支援内容としては、普通学級と同じ教科を、子供の特性に合わせた支援で提供されます。

また子どもの自立に向けた授業(身辺自立、物/お金の管理などのライフスキル)もあります。

学校数が少ないため、近隣にない場合は、遠方へ通学されている方も多いです。

グレーゾーンの子供が受けられる支援

次は、グレーゾーンのお子さんが受けられる3つの支援について、説明していきます。

①③は専門機関、②は学校で出来ることです。

  • その①:療育


  • その②:合理的配慮


  • その③:ペアレントトレーニング

その①:療育

障害者手帳がなくても、受けることができる支援になります。区が運営している福祉サービスと、民間が運営しているものがあります。

それぞれメリット/デメリットがありますので、詳しくは、関連記事をご覧下さい!


【関連記事】

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

その②:合理的配慮

お子さんの特性に合わせて、学校内の配慮(工夫)をすることです。

例えば、いろんな物や音が、視界や耳に入ると集中力が散ってしまうお子さんでしたら、席は窓際/廊下は避け、先生の目の前の席にするなどです。窓は外の音が気になりますし、廊下は人が通る場合もあります。

一番前の席ですと、そういった気になるものも最小限にでき、先生の説明に集中しやすくなります。

また、学習障害で板書が困難な子には、タブレットで写真をとり、配慮するなどの方法もあります。

【参考:合理的配慮(文部科学省)

その③:ペアレントトレーニング

親向けの療育になります。お子さんに関わる上で、大切な視点/知識/声の掛け方を、学ぶことができます。

興味のある方は、こちらをご覧ください!


【関連記事】

【ADHDの子供の親向け】ペアレントトレーニングとは【種類/費用/内容など概要を説明します】※ADHD以外のお子さんも参考になります。

✍家庭でできること

お子さんの特性について、理解を深めることです。家族や担任の先生がお子さんの特性、接し方を学ぶことが大切になります。

お子さんが小学校高学年以上でしたら、お子さん自身にも理解/対処の仕方を学んでもらう必要があります。

家庭内でしたら、本を1冊読むことをオススメします。今は分かりやすく、内容も充実しているので、良書が豊富にあります。


【関連記事】

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

普通学級or特別支援学級で迷ったら

学級で迷ったら、「お子さんの意思を尊重」しましょう。

実際に見学してもらい、お子さんが「行きたい」と思えるか判断できる機会を作ってあげましょう。

就学については、関連記事をご覧ください。就学に必要な準備/注意点/就学先のメリット・デメリットをまとめています。


【関連記事】

ADHDの子供に必要な4つの小学校の選択肢とは【メリット~注意点まで解説します!】※ADHD以外のお子さんにも活用頂ける内容になります。

⚠注意点

お子さんが合わない環境で過ごすことは、叱責/失敗体験の連続になり、自己肯定感が下がります。

その状態が続くと、二次障害になる場合があります。親御さんの希望より、お子さんに合った環境を優先にしていきましょう。


【関連記事】

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

「【グレーゾーンの子供は普通学級にいくべき?】学級の選び方とは」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • 【グレーゾーン】
    ・発達の凸凹はあるけど、日常生活に大きな支障がない

  • 学級の選択肢】
    ・普通学級
    ・通級指導教室
    ・特別支援学級
    ・特別支援学校


  • 【受けられる支援】
    ・療育
    ・合理的配慮
    ・ペアレントトレーニング


  • 【家庭でできること】
    ・周囲の子供への理解を深める
    ・本を1冊読む


  • 【普通学級or支援学級で迷ったら】
    ・子供の意思を尊重
    ・子供と見学にいく

以上になります。

関連記事も載せておきますので、必要な方はご覧ください!


【関連記事】

【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法

自閉症スペクトラムの子供の割合ってどれくらい?【男子は5倍多い】

7歳の自閉症スペクトラムの子供の4つの特徴とは【8つの対処法も解説!】

-グレーゾーン

執筆者:


  1. […] 【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは […]

  2. […] 【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【イライラ解決!】宿題やらない子供の5つの原因とその対処法!

子どもが宿題をしなくて困っている方 「何回言っても子どもが宿題をしない。子どもが宿題できるようになる方法が知りたい」 こういったお困り、ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 宿題をやらない子供の原因 …

【グレーゾーンの子供に合う習い事】5つのポイント/3つの注意点

子供の習い事で迷われている方「グレーゾーンの子供に合う習い事ってどう選べばいい?選ぶポイントや注意点があれば知りたい」 こういった疑問・ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 習い事を選ぶポイント習い …

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

子供の発達と今後が心配な方「グレーゾーンと言われた。診断はつかないけど、子供の発達や今後が心配。親がすべきサポートが知りたい」 こういった不安、ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 グレーゾーンとは …

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

特別支援学級の担任について知りたい方「特別支援級の担任ってどんな人?今、普通学級か支援学級に行くべきかで迷ってる。通っている支援学級の担任とのやりとりで不安を感じてる」 このような疑問/お困りに、お答 …

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選

特別支援学級の担任について知りたい方「特別支援学級の担任になったら、何から準備すればいいの?知っておいたほうがいいことを、教えてほしい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑本記 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選