発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

グレーゾーン

【グレーゾーンの子ども】癇癪を減らす3つの接し方!療育指導員が解説!

投稿日:2020年12月22日 更新日:

子どもの癇癪で困っている方「癇癪がひどくて困っている。思い通りにいかないとすぐに大声を出したり泣いたりする。癇癪を減らす接し方を知りたい」

このようなお悩みにお答えします。

☑本記事の内容



癇癪とは


癇癪の原因


・癇癪の接し方


癇癪のNGな接し方


・親のイライラ対策


・家庭で解決が難しいときの方法


癇癪は、お子さんや親御さんも疲弊して、大変ですよね。家はもちろん、外出先だと、周囲の目も合って余計疲れると思います・・。

この記事の執筆者の私は、療育指導を10年以上しています。支援をする中で、癇癪の相談を頂くことが多く、対処に困っている方が大勢いらっしゃいました。

そこで本記事では、「癇癪の原因/対処法/NGな対処法/親のイライラ対策」を解説したいと思います。

誰にでもすぐに実践できる内容になっていますので、安心して読み進めてください。

※主に発達障害/グレーゾーンのお子さんを想定していますが、内容自体はどのお子さんにも活かせます。

癇癪とは

癇癪とは・・



①:床に寝そべって泣く


②:周りの人を叩く/蹴る/噛む


③:物を投げる、壊す


④:自分を傷つける
※頭をたたく、壁に頭突きなど


このような行動になります。どう接すればいいか、困ってしまいますよね・・。

ただ、癇癪を含めたお子さんの全ての行動には、必ずその子なりのメッセージ(意味)があります。

この意味を把握し、接することが大切になります。癇癪とは、大きく2つの意味があります。



①:自己表現


②:意思を伝える手段


1つずつ解説していきますね。

①:自己表現

自分の気持ちを表現する手段として癇癪を起こします。「イヤ!」「イライラ」などの気持ちを表現し、誰かに伝えたいというより、自己完結するイメージです。

癇癪が頻発するお子さんは、言葉の発達がゆっくりな場合が多いです。本来なら、言葉で自分の気持ちを伝えられる所が、言葉の未発達が原因で、「癇癪」という表現になりやすくなります。

お子さんの発達に合った、「適切な自己表現」を身につけることが、必要になります。


【関連記事】

グレーゾーンの子供の6つの接し方【困り/特徴/サポートを説明します!】

②:意思を伝える手段

相手に自分の意思を伝える「コミュニケーションの手段」として、癇癪を起こしている場合です。癇癪の中で、一番多いパターンといってもいいでしょう。

お子さんは、癇癪を起こせば、要求が通る/親が動いてくれると誤学習(間違った学び)をしていることが多いです。


これは今まで、大人がお子さんの癇癪に対して、要求に応えていたやりとりが続いたことが、原因になっていることが多いです。

こちらについては後述します。癇癪への適切な対応/癇癪以外の行動(代替行動)を教えていく必要があります。

癇癪の原因

癇癪の原因は3つあります。それぞれの原因を見ていきましょう。



①:ほしい&やりたい欲求


②:やりたくない/拒絶


③:注目がほしい


①:ほしい&やりたい欲求

  • 癇癪で一番多い
  • 欲しい物&したいことの要求
  • 一貫した対応が必要
  • 要求を通すと悪化する※

※ex.欲しいお菓子がもらえない→癇癪→お菓子をあげる

②:やりたくない/拒絶

  • 苦手&興味ないことを避ける行動
  • 課題が難しい&興味ない時が多い
  • 見通しがあると取り組みやすい
  • 無理強いすると一層、癇癪が強くなる

③:注目がほしい

  • 周りの人の注意を引くための行動
  • 周りの人の反応を楽しむ
  • 適切な注目の引き方を知らない
  • 周りの人の反応を確認する
    (注目を得られているか)

※ex.親が他人と会話中に、大声を出す/物を落とすなど

癇癪の接し方

癇癪に関わらずですが、癇癪など困った行動の解決には、原因へのアプローチが必要です。まず原因を絞っていきます。

原因にアプローチできれば、癇癪自体が減り、癇癪を起こしたとしても、落ち着く時間が短くなります。とても簡単ですので、安心して読み進めてください。

まず行動が起きるときは、3つの要素に分けられます。「お菓子を食べる」という行動で見ていきましょう。

もう1つ例をみていきましょう。

このように、行動とは「きっかけ→行動→結果」の流れで繰り返されます。

そして行動には、2つの特徴があります。

・行動した後に、その人のメリットあり→その行動は増える
・行動した後に、その人のメリットなし→その行動は減る

ここは、言葉だけではイメージしづらいので、具体例で、理解を深めていきましょう。

料理を作る母親の例になります。

料理を作った結果、家族が喜んでくれれば(母親のメリット)、「また作ろう!」と、次も料理を作ろうと思います(行動が増える)。

逆に家族の反応が悪ければ(母親のデメリット)、料理を作ろうとは思わないですよね(行動が減る)

この行動の特徴を理解/利用して、接する関わることで、癇癪の解決に近づくことができます。

次は原因の種類/絞り方を見ていきます。同じ行動でも、原因によって対処法が分かれます

ここでは「癇癪を起こす」という行動を、原因別で解説していきますね。

その①:ほしい/やりたい欲求

・癇癪による要求には応えない
・適切な要求(表現)のみ応える

もし、要求に応えられないことが、事前にわかっている場合は、なるべく要求がでづらい環境を作りましょう。

例えば、

・マックに行きたくて癇癪が出る子:マックの前は通らない
・お菓子を買ってほしくて癇癪を起こす子:お菓子コーナーの近くは通らない
・オモチャを買ってほしくて癇癪を起こす子:事前にオモチャが買えないことを伝えておく

のイメージになります。なるべく癇癪のキッカケになるものが、お子さんの視界/耳に入らないようにすることが、大切になります。

せっかく適切な要求が上手にできても、お子さんのメリットがない(要求が通る)ので、適切な要求が減っていきます・・。

癇癪以外の方法で伝えれば、嬉しいことがある(要求が通る!)と理解し、経験を積んでいくことが、大切になります。

:やりたくない/拒絶

・無理やりさせない
・子供ができるレベルに調整する
・子供にできそうなものを選んでもらう
・できたときに褒める

発達障害/グレーゾーンのお子さんは、興味が限定されていたり、「やりたくないこと」への拒否感が強く出やすいことが多いです。

まずは「楽しく、続けられる」ことが必要です。例えば、片付けを促す場面でしたら、何個片付けられるか親と競争をする、などです。

1個入れたら1ポイントカウントして、片付けが終わったら、どっちが多くポイントを貯められたか発表するなど、ゲーム性を取り入れたりすることです。

あとは、お子さんに選んでもらうことも1つの方法です。「どれならできそう?」「○○と○○ならどっちができそう」などです。

大切なのは、どうやらせるかではなく、「やりたい!」「ちょっとやってみようかな」と、いかに思ってもらえるかです。

お子さんの好きな要素を、どう入れるか考えてみましょう。

③:注目がほしい

・不適切な行動には反応しない
(注目を与えない)
・適切に注目が引けたときは応える
(注目を与える)

癇癪では、誰も反応してくれない(注目得られない)けど、言葉で呼べたら(適切な注目引き)、ちゃんと聞いてくれた(注目得られた)という、経験をしてもらうことが大切です。

もし頭突き、噛みつきなど、怪我の恐れがある癇癪は、怪我がないようお子さんの近くで安全確保し、落ち着くまで見守りましょう(反応は最小限にしつつ)。

このように、同じ癇癪でも、原因によって、対処法は変わってきます。これは、発達障害/グレーゾーンに関わらず、どんなお子さんの困った行動にも活用することができます。

このアプローチは、療育の現場では多用されている、非常に効果的な手法になります。

✍注意点

お子さんのコンディションが良くないとき(眠い/空腹/風邪気味など)は、まずコンディションを整えましょう。生理的な原因が関係している場合、正しい接し方だけでは解決が難しくなります。

癇癪のNGな接し方

ここでは、避けたいNGな接し方を3つ解説します。

困っている方ほど、これから解説するNGな接し方をされている傾向にあります。



①:物を与えて解決


②:怒る


③:迷う(動揺する)


1つずつ解説していきます。

①:物を与えて解決

癇癪を通して物がもらえたら、癇癪はさらに増えます。物を与えるのは、その場しのぎになり、長期的に悪化していきます。

ただ、今回解説した接し方(ex.要求に応えない)をすると、一時的に癇癪が増える可能性が高いです。

お子さんからしたら「今まで良かったのに、何で今日はダメなんだよ!」と怒るでしょう。

実はここが、踏ん張りどころなのです。
お子さんが・・



「癇癪しても何も変わらないな」


「○○(言葉で要求など)の方が、良いことあるな」


と思ってもらえるまでが、お子さんとの根比べです。ここは癇癪の解決には、避けて通れないところになります。

最初が一番エネルギーが必要ですが、長い目でみると、こちらの方が負担が軽くなります。

✍困った行動には傾向がある

お子さんの困った行動には、傾向があります。癇癪に対して適切な対応(ex.要求を通さない)をすると、一時的に癇癪が増えます。
図をご覧ください。

お子さんが「癇癪を起こしても意味がないと理解した瞬間」に、癇癪が減ります。ピークを超えるまでが勝負です。

逆にこのピークの前に「癇癪がひどくなったから、やっぱり物をあげなきゃ」とすると、

お子さんとしては「粘れば良いこと(メリット)がある」と誤った学習し、より癇癪が強まります。

このピークを超えることを目指して、関わっていくことが大切になります。

②:怒る

怒ることは解決にはなりません。お子さんがどの行動をすればいいのか、伝えられないためです。

「自分はダメなんだ・・」「もうやりたくない!」とネガティブな感情/ストレスが溜まり、お子さんの自己肯定感が下がります。

正しい関わり方で丁寧に進めていきましょう。

③:迷う(動揺する)

毅然とした対応が必要です。癇癪を起こしても「何も変わらない」ことを理解してもらうことが、大切です。

癇癪を起こすことで、親御さんが迷っていたら、「動いてくれるかも?良いことあるかも?」とお子さんの期待が膨らみます。

そして期待が高まれば、癇癪を起こす動機になります。

✍注意点

正しい接し方で癇癪が減っても、それだけでは解決には不十分です。癇癪の代わりとなる行動を、伝えていく必要があります。

理由は、適切な方法を知らないお子さんは、癇癪の変わりに違う困った行動をすることがあるからです。

癇癪になる前に「言葉で教えて」など適切な方法を伝え、それができたら全力で応えつつ、褒めましょう。

親のイライラ対策

癇癪の接し方が分かっても、「頭で分かってても、怒っちゃいそう・・」と思われる方も少なくないかもしれません。育児って本当にストレスが溜まるので無理もありません。

そんな方は、ご自身のストレスを、少しでも減らすことをオススメします。親の状態が良くないと、お子さんに必ず影響が出ます。

お子さんのためにも、まだされていない方は、できそうなものから、ぜひ試してみてください。



①:人に話を聞いてもらう


②:子どもと離れる時間を作る


③:子どもの成長を振り返る


④:睡眠をとる


①:人に話を聞いてもらう

家族でも友人でも、「話を聞いてくれる人がいる」ことは大切です。話を聞いてもらえるだけで、気持ちが軽くなることも多いです。

もし話せる人がいない方は、個人的にはツイッターがオススメです。

同じ悩みを抱えている方のお話が知れるので、「自分だけじゃない!」と前向きな気持ちになれることもあります。

②:子どもと離れる時間を作る

子どもと離れる時間を作り、一呼吸おくことのも効果的です。

例えば、ご家族や親族に預けて30分だけ外出をする、子どもの習い事の間離れる、保育園の一時預かりを利用する、などがあります。

お子さんに罪悪感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、親が無理をしてイライラした状態で接するより、お子さんにとってもずっと良いと思います。

もし「近くに頼れる人なんていないよ!」という方は、お子さんの安全を確保した上で、別の部屋に行って、深呼吸をしたり、好きな音楽を聴く、コーヒーを一杯飲むなどして、心を落ち着かせるのもいいでしょう。

③:子どもの成長を振り返る

過去のお子さんと比べて、振り返ることです。例えば「1ヶ月前は、自分の意思を言葉で伝えられなかったけど、今は少し言葉で言えるようになった!」などです。

もし療育を受けているお子さんでしたら、少し前の指導計画と今の指導計画を見比べるのをオススメします。

「こんなことやってたっけ・・?」と今では当たり前にできることが、実は以前の目標で頑張ってたこと・・ということは、よくあります。

④:睡眠をとる

これは当たりすぎる話なのですが、睡眠不足は心身のコンディションを乱す原因にもなります。ある程度意識して睡眠時間を確保されることをオススメします(○hは寝る!など)。

正しい知識があっても、体調が優れなければ実践はもちろん、できない自分を責め、親御さんが精神的にストレスを溜め込んでしまいますので・・。

家庭で解決が難しいときの方法

家庭内で解決がむずかしい場合、解決する方法は、主に3つあります。



①:療育


②:ペアレントトレーニング


③:独学(本/ネット)


1つずつ見ていきましょう。

①:療育

療育とは、お子さんと親御さんの訓練になります。主にお子さんの訓練がメインになります。詳細は、こちらをご覧ください。


【関連記事】

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

②:ペアレントトレーニング

親御さんが専門家から直接指導を受け、お子さんの関わりを学ぶ講座のことです。区では、安い費用で受講ができるものもあります(どのお子さんにも共通する広い内容)。

個人的には、癇癪など具体的に解決したい問題がある場合は、民間の個別のペアレントトレーニングをオススメします。

③:独学(本/ネット)

本で学ぶ方法もあります。学ぶことに意欲があり、継続できる方には、オススメになります。

【関連記事】

【厳選3冊】オススメのグレーゾーンの子どもの本

【厳選5冊】オススメの自閉症スペクトラムの子供の本

「【グレーゾーンの子ども】癇癪を減らす3つの接し方!療育指導員が解説!」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



【癇癪とは】
・自己表現
・コミュニケーション手段


【癇癪の原因】
・欲しい/やりたいをしたい
・嫌なことを避けたい
・注目を引きたい


【癇癪の接し方】
・適切な表現の要求に応える
・できるものを子どもに選んでもらう
・適切な注目引きに応える


【癇癪のNGな接し方】
・物を与えて解決
・怒る
・迷う(動揺する)


家庭で解決が難しいときの方法
・療育
・ペアレントトレーニング
・独学(本/ネット)


以上になります。

本記事が参考になれば、幸いです。


【関連記事】

【クレーン現象】時期、原因、接し方について

-グレーゾーン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子どもの学習】勉強できないのは、なぜ?4つの理由と対策について。

子どもが勉強できなくて困っている方 「子どもに勉強してほしいのに、なぜかできない。勉強ができるようになる方法が知りたい」 このようなお困り、ご要望にお答えします。 ☑本記事の内容 ・勉強 …

【宿題をしない子ども】嘘をつく4つの原因と対処法!

嘘をついて宿題をしない子で困っている方 「子どもが嘘をついて宿題をしない。何で嘘をつくのか分からない。嘘をつかず宿題をできるようになる方法が知りたい」 こういったお困り、ご要望にお答えします。 &#x …

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

人前で話すことが苦手な子の育児で悩まれている方「家では普通に話せるのに、どうして外では話せないの?原因/接し方が知りたい」 こういった疑問、お困りにお答えします。 ☑本記事の内容 場面緘 …

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

子どもの宿題を見るのがストレスな方 「子どもがなかなか宿題をやらなくてず、イライラする。やる気がなくて、やっても間違いだらけ。毎日怒って宿題をさせることに、ストレスが溜まる。ストレスが溜まらない教え方 …

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

子どもがしつこくて困ってる方「子どもがしつこくてイライラする。何でこんなにしつこいの?しつこい子どもの接し方が知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 ・子どもがしつ …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/07

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/28

【子どもの学習】勉強できないのは、なぜ?4つの理由と対策について。

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/21

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/25

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

2020/11/25

【家庭学習の天神】発達障害の子におすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因とクールダウンの方法とは。家庭でできる対処法を解説

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2020/02/29

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは

2021/06/14

【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策とは。