自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラムの子供とコミュニケーションがとれる7つの方法

投稿日:2020年6月22日 更新日:

自閉症スペクトラムの子供とのコミュニケーションで悩まれている方へ「子供に声掛けても反応がない。言っていることが伝わらない。そもそも話を聞いているかも分からない。何をすればコミュニケーションがとれるか知りたい」

こういったお困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • 自閉症スペクトラムの子供のコミュニケーションの特徴
    【5つ】


  • 自閉症スペクトラムの子供とのコニュニケーション方法
    【7つ】


  • 自閉症スペクトラムの子供のサポート方法
    【4つ】

この記事を執筆している私は、10年の療育指導を通して、1,000名以上の発達障害の子供とその親を支援してきました。

支援してきた中で、「子供が言うことを聞かない」「声掛けても反応がない」「コミュニケーションのとり方が分からない・・」など、

普段のコミュニケーションのとり方で悩まれている方が、多くいらっしゃいました。

自閉症スペクトラムの子供に共通する7つのコミュニケーションのポイントを解説したいと思います。

誰にでもすぐにでき、効果の出やすいものに厳選しています。

専門的な知識を覚えたり、練習が必要な内容は一切ありません。

実践さえできれば、大丈夫です。

ぜひ親の工夫で、コミュニケーションのしやすさが変わることを実感してください!

本記事は、ABA(行動分析)を元に、体系化されています。

「具体的な関わり方を誰でも真似すればできる」が特徴の1つです。

家族間で統一したコミュニケーションの工夫ができると、家族間のコミュニケーションもスムーズになり、もっと楽しめることができます。

ぜひ参考になれば幸いです。

では「自閉症スペクトラムの子供とコミュニケーションができる7つの方法」について見ていきましょう。


自閉症スペクトラムの詳細は、

自閉症スペクトラムの子供の症状とは?【4つの特徴と7つの接し方】

をご覧ください。

自閉症スペクトラムの子供のコミュニケーションの特徴【5つ】

自閉症スペクトラムの子供が、コミュニケーションをとるときに、影響の高い特徴をまとめました。

  • その①:目が合わない

  • その②:声掛けへの反応ない

  • その③:人への興味なし

  • その④:興味の狭さ/こだわりの強さ

  • その⑤:表情/気持ち/状況理解が苦手

本来、「言葉の遅れ」もあるのですが、言葉の遅れについては、かなり幅広く、情報量が多いため、別記事で解説したいと思います。


関連記事

自閉症スペクトラムの子供のクレーン現象とは【必要な3つの接し方】定型発達にも見られるのか


自閉症スペクトラムの子供のオウム返しとは【会話に繋げる2つの方法】


自閉症スペクトラムの子供の宇宙語って?【発語までの5ステップを解説】



その①:目が合わない

自閉症スペクトラムの子供は、目を合わせることが苦手です。

そのため、コミュニケーションの起点となる、目を合わせる(アイコンタクト)が難しいため、コミュニケーションに発展しづらいです。

自閉症スペクトラムの子供とのコミュニケーションは、まず「アイコンタクトをとる」が最初のステップになります。

その②:声掛けへの反応がない

他者からの声掛けへの反応が難しいです。

一見、無視しているのか、聞こえていないのか判断がしづらいこともあります。

原因は、「何かに夢中で聞こえていない」「聞いているけどやりたくない」「話を理解していない」ことが考えられます。

いずれにしても、反応がむずかしいということを把握しておきましょう。

その③:人への興味がない

自閉症スペクトラムの子供は、目に見えないものを理解することが苦手です。

そのため、人とのコミュニケーションを楽しみづらく、人へ興味を持ちづらい傾向にあります。

人とのコミュニケーションは、お互い言葉を通して、テーマ(話したい内容)を想像しながら話をします。

この想像(目に見えない)が苦手なため、人とのコミュニケーションを楽しみづらく、結果として人へ興味を持ちづらくなります。

その④:興味の狭さ/こだわりの強さ

さきほど解説した、人への興味が弱い分、興味の狭さがあります。

興味の幅が狭いということは、その分、人と楽しめる(関われる)共通のものが少ないということです。

また遊び方にこだわりがあることが多く、

  • 物を並べて楽しむ
  • 手や物を振って遊ぶ
    (物の本来の遊び方をしない)
  • 決まった流れに沿って遊ぶ

など、一人遊びが多い傾向にあります。

その⑤:人の表情/気持ち/状況の理解が苦手

自閉症スペクトラムの特性上、目に見えない「表情/気持ち/状況の理解」が苦手です。

一言でいうと「空気を読む」ことが苦手ということです。


そのため、悪気なく相手を不快にさせてしまったり、誤解されることも少なくありません。

本人は、思ったことを言っているのですが、

相手に合わせた言い方/タイミング/暗黙の了解がむずかしく、

適切なコミュニケーションや良好な関係を作りづらいです。

自閉症スペクトラムの子供とのコニュニケーション方法【7つ】

自閉症スペクトラムの子供のコミュニケーションの特徴は、理解して頂けたかと思います。

次は、その特徴に合わせた7つの工夫ポイントを解説します。

ここを工夫するだけで、今よりコミュニケーションがとれる方は、たくさんいるでしょう。

全部で7つになります。

ちょっと数は多いですが、1つ1つは短いので、さくっと見ていきましょう!

  • 1:「気になるもの」をなくす

  • 2:「注意を引いて」伝える

  • 3:「目を合わせて」から伝える

  • 4:「簡潔」に伝える

  • 5:「視覚的」に伝える

  • 6:「具体的」に伝える

  • 7:「興味のある要素」を入れる

1つずつ見ていきましょう。

1:「気になるもの」をなくす

声を掛ける前の工夫ポイントになります。

自閉症スペクトラムの子供は、特定のモノへの興味が強く、それが理由で声掛けが入らない、やりたがらないことが多いです。

その可能性を減らすため、子供に声を掛ける前に、気になりそうなモノは・・

  • 違う場所に片付ける

  • 視界に入らないよう布をかぶせておく
    (動かせない物)

など、事前に工夫をしておきましょう。


ちなみに、子供の気になるモノとは、

  • ニオイ

などです。

細かく言うと、室温(子供が不快に思っている場合)などもあるのですが、

ここでは、みなさんに共通する内容だけ触れていきます!

2:「注意を引いて」伝える

私の経験上、コミュニケーションのとり方で悩まれている方の8割以上は、ここができていません。

親は伝えているつもりだけど、そもそも「子供は聞いていない」状態が多いです。

まずは子供が、こちらに注意を向けている(話が聞ける状態)か確認しましょう。

注意の引き方は、3つあります。

  • 子供の視界に入る

  • 音を立てる

  • 肩をたたく

声掛けへの反応が苦手ということは、聴覚からのアプローチだけでは、不足ということです。

他の感覚(視覚/聴覚/触覚)を使ったり、組み合わせることで、声の掛け方の反応を上げることができます。

また同じ聴覚でも、音の種類を変えるだけで、注意を引きやすいことがあります。

声だけではなく、机を指先でたたく、拍手するなども効果的です。

怖がらせてしまう威嚇にならないよう、丁寧に調整しながら工夫しましょう。

3:「目を合わせて」から伝える

「目が合っているか」を確認し、伝えましょう。

どうしても「目が合わない」という子供は、

さきほど解説した、こちらから子供の視界に入り、目を合わせにいきましょう。

4:「簡潔」に伝える

「短く、ゆっくり、はっきり」伝えましょう。

自閉症スペクトラムの子供は、

「目に見えない声に注意を向ける」「最後まで聞く」「目に見えない情報を理解する」ことが苦手です。

1回で伝える文章量/話すスピードを調整しないと、理解はもちろん、最後まで聞き取ることもむずかしいです。

5:「視覚的」に伝える

目で理解できるよう、絵カード/写真/文字などを使いましょう。

自閉症スペクトラムの特性上、目に見えないものを理解することが苦手なため、視覚的な手がかりがあると伝わりやすいです。

実物→3D(マグネットなどの立体物)→2D(カードなど平面物)→文字、の流れで理解の難易度は上がっていきます。

カードや写真など、子供が一番理解しやすいものを使っていきましょう。

6:「具体的」に伝える

必ず、誰が聞いても共通認識がもてる「具体的な行動」で伝えましょう。

自閉症(スペクトラム)の子供は、推測すること、察することが苦手です。

抽象的な表現、注意/指摘するだけでは、とるべき行動が判断できないことが多いです。

例えば、

子供に片付けを促す場面では、

「部屋キレイにして」
       ↓
「ここのブロックを全部、この箱に入れて」

のように伝えます。

また実際にやってるのを見せる(モデリング)のも効果的です。

一度指示を出しながら見せ、その後に見たものを真似できるので、

子供にとっては、行動に移しやすくなります。

7:「興味のある要素」を入れる

もし子供が、話を聞いていて、理解もしている場合は、

「やらない(やりたくない)」を選択している可能性が高いです。

そういったときは、子供の興味の持てる要素を入れるようにしましょう。

例えば、

子供に部屋の片付けをしてもらうときに、

親も一緒に違う部屋を片付け、どっちが片付けた部屋がキレイか、

他の家族に判断してもらいゲーム性を入れるなどです。

また片付けなどは、片付けるスピードを競ったり、何個入れられたか勝負をしたり、

子供にとってなるべく、作業にならないような工夫が効果的です。

今日からできる具体的な工夫ポイントをまとめます。

  • ゲーム性を入れる

  • 競争する

  • ポイント制にする

  • 他の人も巻き込む

ぜひ親子で楽しめるものがあれば、取り入れてみてください。

自閉症スペクトラムの子供のサポート方法【3つ】

親だけで、解決がむずかしい場合、解決方法は、大きく3つあります。

  • 1:療育

  • 2:ペアレントトレーニング

  • 3:独学(本/ネット)

1:療育

療育とは、子供が専門指導員から受ける訓練になります。

専門指導員とは、心理士/言語聴覚士/作業療法士/保育士など様々です。

また、施設によっては、資格を持っていなくても、

行動分析など、その施設のノウハウを学んだ指導員が指導をすることもあります。

詳しくは、

ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】

をご覧ください。


ADHDと記載ありますが、内容は発達障害の子供に共通した内容になっています。

参考にして頂ければ幸いです。

2:ペアレントトレーニング

親を対象とした療育です。

療育の専門家の指導を受け、子供の関わり方を学ぶ講座になります。

子供の療育と違い、2回~12回セットなど、短期間で受講する形になります。

目的によって、ペアレントトレーニングの形態が変わっていきます。

料金や期間、内容も変わりますので、全体的な情報を把握され、ご自身にあった内容を選びましょう。


詳細は、

【ADHDの子供の親向け】ペアレントトレーニングとは【種類/費用/内容など概要を説明します】

をご覧ください。

3:独学(本/ネット)

専門家への相談などが不要の方、ご自身でできる工夫の範囲内で進めたい方は、

本/ネット(サイト)で学ぶことが合っています。

本で学ばれたい方

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

をご覧ください。


私自身も読み、療育支援をする中で実際に、多くの親に勧めてきた本になります。

ネットで学ばれたい方

発達障害の子供の育児に関わる、本当に必要な情報だけに厳選しています。

効率良く、知識/関わり方を把握することができます。

具体的な困りの解決方法を知りたい方にもオススメです。

目的にあった情報サイトを探してみましょう。

「自閉症スペクトラムの子供とコミュニケーションがとれる7つの方法」のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 自閉症スペクトラムの子供のコミュニケーションの特徴
    【5つ】

  • 自閉症スペクトラムの子供とのコニュニケーション方法
    【7つ】

  • 自閉症スペクトラムの子供のサポート方法
    【3つ】

以上になります。

「これはできてなかったかも・・」などありましたら、

ぜひ1つずつ試してみてください。

家族の楽しいコミュニケーションの機会に繋がれば嬉しいです。

関連動画

自閉症スペクトラムの子供への叱り方とは【8つの接し方を解説】

-自閉症スペクトラム

執筆者:


  1. […] 自閉症スペクトラムの子供とコミュニケーションがとれる7つの方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

不登校の子供で悩まれている方「不登校の子供へ何をしてあげればいいか分からない。この先、不登校になりそうで不安。不登校になったときの親の接し方を知りたい」 こういったお悩みにお答えします。 ✓本記事の内 …

睡眠障害とは?自閉症スペクトラムの子供 半数が悩みあり【家庭での対処法を解説します】

子供の睡眠に悩まれている方「子供の寝付きが悪い。子供の夜泣きで家族みんな寝不足。親として今できることを知りたい」 このようなお困りにお答えします。 ✓本記事の内容 睡眠障害とは子供の睡眠が大切な理由子 …

自閉症スペクトラムの子供の症状はいつから?【診断の時期/原因/支援の種類を説明します】

子供の発達が心配な方「子供に自閉症スペクトラムの症状があるかも。何才で診断がつくの?いつ支援を受けるべき??早い方が良いのかな・・。どんな支援があるのか、メリット/デメリットも知りたい。」 こういった …

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

お子さんのオモチャ選べ方で迷われている方「子供の成長に役立つオモチャが知りたい。選び方が分からない。自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃを知りたい。 こういったお困りにお答えします。 ✓本記事 …

自閉症スペクトラムの子供の絵が苦手な5つの理由【9つの教え方でできる!】

自閉症スペクトラムの子供のお絵かきが心配な方「絵を教えたいたけど、やりたがらない。教えてもうまく描けない。自閉症の子に合った絵の教え方を知りたい」 こういったお困りにお答えします。 ✓本記事の内容 絵 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選