ADHD

子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】

投稿日:2020年3月18日 更新日:

子供のADHDがいつわかるか知りたい方へ「1歳半健診でしばらく様子を見ましょうと言われた。いつまで様子を見ればいい?子供がじっとしてられないのは、ADHDだから?

こういった疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • ADHDがわかる時期
    【3歳児健診の発見が多い】

  • 診断基準は2つ
    【医療機関や先生により違う】

  • 診断がつくメリット、デメリット
    【全4つ】

  • ADHDへの向き合い方
    【診断名<子供の行動】

この記事を執筆している私は、療育セラピスト歴10年で、今まで1000人以上の子供と、その親を支援してきています。

日々支援をしていく中で、診断について多くの親から相談を頂いてきました。

その経験から、「診断に関する親の共通の疑問」に対する回答を記事にまとめてみました。

診断に関連する、「親が持つべき視点/診断の活かし方」についても解説しています。

今回は「子供のADHDはいつわかるのか」について見ていきましょう。

ADHDについて詳しく知りたい方は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

※記事は3分くらいで読み終わります。深掘りした解説は、関連記事を貼っておきました。

ADHDはいつわかるか【3歳児健診の発見が多い】

結論からいうと、3歳児健診での発見が多いです。

理由は、ADHD含む発達障害は、生まれてすぐにはわからないためです。そして原因もはっきりしていません。

こちらについて詳しく知りたい方は、子供のADHDは遺伝?関連性は不明【脳の機能障害といわれている】をご覧ください。

3歳以下の子供は、多少発達に気になる部分があっても、「様子を見ましょう」と言われることがほとんどです。重度の知的障害や身体障害、ダウン症などではない限り、先生から診断名を言われることは、ほとんどないです。

理由は、年齢的に発達の伸びしろがあるため、明確に診断しづらい背景があります。

そういった背景から「ADHD傾向あり、自閉症スペクトラム傾向あり」など、抽象的な表現が使われることが多いのです。

詳細は

ADHDの子供の検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】

をご覧ください。

診断基準は2つ【医療機関や先生により違う】

ADHD含め、発達障害の診断基準は2つあります。

  • WHOの診断基準「ICD-10 」
  • アメリカ精神医学会の診断基準「DSM-5」

2つの基準の名前を覚える必要はありません。ここで押さるべきポイントは1つです。それは、医療機関や先生によって、どの診断基準を使うか変わるということ。

つまり、医療機関や先生によって子供の診断名が変わることがあるということです。

例えば、「アスペルガー症候群の特徴をもった子供」の診断の場合

  • ICD-10:アスペルガー症候群
  • DSM-5:自閉症スペクトラム症

と診断されます。

子供の成長につれて、診断名が変わったり、未就学のときは、診断名がつかなかったけど、小学生になってつく、ということもあります。大切なのは、子供の診断名が何かというより子供にとって、どういう関わりが必要かを考え、実践することになります。ここについては、後述します。

症状が強く出ていない場合、多くの子は「幅広い診断名」をつけられることが多いです。

具体的には、自閉症スペクトラムや広汎性発達障害などです。理由は、さまざまな障害に共通する特徴があるため、診断名として、つけやすいためです。先生としても「断言はできないけど、発達は遅れているから」という場面で、使いやすい診断名になります。

稀にどこを見て、診断つけたのだろう?という診断をつけられた子供もいます。診断名が、明らかに腑に落ちない場合は、他の医療機関や療育センターに行き、専門家の意見を聞けると良いでしょう。

相談先は

ADHDの子供の検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】

の後半部分をご覧ください。

ただ先ほど解説したように、診断名より、子供にどう関わるべきかを考えることが重要になります。

診断がつくことのメリット、デメリット【全4つ】

検査を受ける必要を感じても、診断がつくことで、将来子供に不利になるのでは?と、不安に感じる方も多いと思います。

ここでは、検査を受けた場合の、メリット・デメリットを解説していきます。

検査については、

ADHDの子供の検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】

の前半部分をご覧ください。

診断がつくことによる、メリットが3つ、デメリットが1つあります。

メリット

その①:子供への関わり方が具体的にわかる

子供の特徴が診断という形で出ると、その診断名について、親が学ぶことができます。

今は本やネットでも、いくらでも情報を集められます。診断があるということは、その診断名に対する情報を集め、関わりに活かすことができます。

その②:周りの大人の理解を得やすくなる

診断名が子供の全てではありませんが、子供の一面として、園や学校の先生に渡すことで、子供への理解が早く深まります。

今は教育の現場でも、発達障害への理解が広がっているため、診断名を聞いて、配慮してくださる先生もいます。

その③:障害児サービスを受けられる

区の助成金の補助を受けて、療育を無償~低負担で受けることができます。利用日数や指導形態(集団のみなど)に制約があるのは難点ですが、子供の学びの機会が増える意味では、とても良いです。

デメリット

その①:先生に問題児扱いされる

多いわけではありませんが、いることは事実です。ベテランで自分のやり方が確立されている先生に多いです。

こういった先生に運悪く当たってしまった場合、最低限のやりとりに留めるか、あまりに子供への悪影響(不登校など)が出る場合は、スクールカウンセラーの先生に相談するのも1つです。

その②:親の不安が強まる可能性あり(個人差あり)

お医者さんから診断名を言われると、分かっていても、ショックを受けるものです。

私自身も、自分の息子で経験がありますが、認めたくない気持ちと、受け入れなければいけない気持ちの葛藤が生まれます。

別記事でも解説していますが、診断結果を聞く場合は、他の家族と同伴する、なども選択肢の1つです。子供と同じく、親の心身の健康も考えることが大切です。

検査を受診すべきかの判断基準については、

ADHDの子供の検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】

の後半部分をご覧ください。

ADHDへの向き合い方【診断名<子供の行動】

ADHDに関わらずですが、子供の特徴を把握し、どう関わるか?これを考え、実践することが一番大切です。

診断名にこだわり、納得のいく結果が聞けるまで奔走される親がいます。可愛い我が子です。受け入れらない気持ちも、もちろんわかります。ただ検査や診断とは、子供に必要な関わりを考えるための材料に過ぎません。

親が納得するためにではなく、子供の関わりに活かすために行動することが、子供のためになります。当たり前に聞こえるかもしれませんが、診断を受けると、ここを見失ってしまう親が少なくないため、解説しました。

子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • ADHDの発見
    【3才児健診が多い】

  • 2つの診断基準
    【医療機関・先生により違う】

  • 診断のメリット
    【①子供への理解が深まる ②障害児サービスが受けられる】

  • 診断のデメリット
    【①先生に問題児扱いされることがある ②親の精神的負担に繋がる】

  • 診断名より、子供の実際の言動に向き合い、関わることが大切

以上になります。

検査や診断を出してもらうことは、1つの手段に過ぎません。子供の過ごしやすさに繋げるために、有効に活用していきましょう。

-ADHD

執筆者:


  1. […] 判断軸は統一された1つのものはなく、検査や評価軸の種類によって複数に分かれます。詳しく知りたい方は、子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】をご覧ください。 […]

  2. […] 子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】 […]

  3. […] 子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】 […]

  4. […] 子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】 […]

  5. […] 子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】 […]

  6. […] 子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】 […]

  7. […] 子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どものADHDチェックリスト【多動/衝動/不注意の3タイプ別】

子供がADHDか心配な方「落ち着きがなく心配。ADHDの特徴に当てはまる気がする。検査は抵抗あるけど、傾向があるのかすぐに知りたい」 こういったお困りごとにお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDチェ …

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

子供の就学について不安がある方「ADHDの子供に合った小学校ってあるの?どんな選択肢があって、それぞれのメリット/デメリットを教えてほしい。就学に向けて準備した方が良いこと、注意点も知りたい」 こうい …

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

ADHDの子供に合う絵カードを知りたい方「子供に絵カードを使って、学べることを増やしたい。絵カード買ったけど、続かなくてやめてしまった。効果がでる具体的な使い方を知りたい」 こういった疑問にお答えしま …

ADHDの子供の薬とは【種類/メリット/デメリットまで解説】

ADHDの薬について知りたい方へ「子供がADHDと診断されたけど薬は飲んだ方がいいの?薬はどんな種類があるの?服薬の判断はどうすればいい?うちの子供は服薬すべき? 」 こういった疑問にお答えします。 …

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの症状と7つの対応法

ADHDの子供への対応方法を知りたい方「ADHDの診断を受けたけど、そもそもADHDって何?ADHDって具体的に何に困るの?親としてどう関わっていくべきか知りたい」 こういった疑問にお答えします。 ✓ …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?