ADHD

ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】

投稿日:2020年7月30日 更新日:

子供の褒め方で悩まれている方「子供のどこを褒めていいか分からない、褒めるところが見つからない。褒めてみたけど、子供の反応がイマイチだった。ADHDの子供に合った具体的な褒め方を知りたい」

このようなお困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • ADHDの子供を褒める3つの効果


  • ADHDの子供の5つの褒め方


  • ADHDの子供の褒め方が学べるペアレントトレーニングとは

「よく褒めると良いって聞くけど、褒めるところが見つからない」

「褒めてみたけど、子供の反応がイマイチだった・・」

何となく「子供は褒めると良い」という話を聞いていても、

子供に合った具体的な褒め方が分からないという方も、

少なくないのではないでしょうか。


この記事の執筆者の私は、療育指導員を10年以上している2児の父親です。

これまで1,000名以上の発達障害の子供とその親の支援をしてきました。

最初に断言しておきます。親御さんの褒め方で子供の成長は大きく変わります。

ただし、正しい褒め方をしないと、効果がでません。

支援をする中で、多くの親御さんが家庭での子供への接し方・褒め方を悩まれており、

苦労されている方を多く見てきました。

もっと早く正しい接し方、褒め方を知っているだけで、負担が軽くなるご家族を見てきました。

そこで、本記事では、絶対に外せない!というADHDの子供の褒め方を6つにまとめました。

ご家庭で、誰でも実践できる内容です。

ADHDに限らず、自閉症スペクトラムやその他の発達障害の子供にも活かせます。

「子供の褒め方が分からない!」という方は、参考にして頂ければ幸いです。

では内容に入っていきましょう!

ADHDの詳しい説明は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

ADHDの子供を褒める3つの効果

よく「子供は褒めると伸びる」といいますが、

具体的な効果は大きく3つあります。

  • その①:自信がつく


  • その②:自発的な言動が増える


  • その③:できること(行動)が増える

その①:自信がつく

ここはイメージが湧きやすい方が多いと思います。

人に褒められたことは、自信がつきますよね。

子供の自信は「自己肯定感」ともいって、何かを頑張る上でのエネルギーになります。

車でいうガソリンのようなもので、全ての原動力になります。

その②:自発的な言動が増える

褒められる→自信がつく→自分からやる(自信があるので)

といった、流れになります。

「自信がついたからこその変化」とも言えますね。

その③:できること(行動)が増える

ここは、図で説明しますね。少し長くになりますが、すごく重要な部分になります。

ここが本質的に理解できていると、このあと紹介する褒め方も、子供に合わせて応用することができます。

専門的に言うと「行動分析」や「要因分析」ともいいますが、ここで解説するのは、誰にでも理解できる易しい内容になります。

安心して読み進めてください!

まず行動が起きるときは、3つの要素に分けられます。

子供を主語にして、「お菓子を食べる」という行動で見ていきましょう。

もう1つ具体例をみていきましょう。

このように行動とは「きっかけ→行動→結果」のサイクルで繰り返されます。

行動後に、

  • 行動した人にとって、メリットがある→その行動は増える


  • 行動した人にとって、メリットがない→その行動は減る

という特徴があります。

もう1つの具体例で、さらに理解を深めていきましょう。

料理を作る母親の例です。

母親が料理を作った結果、家族が喜べば(母親のメリット)、母親は、次も料理をしようと思います(行動が増える)。

逆に家族の反応が悪ければ(母親のデメリット)、母親は料理を作ろうとは思わないですよね(行動が減る)。

この行動のサイクルを利用して、子供に合わせた褒め方ができれば、

子供のできること(行動)は増えます。

ここまで理解できれば、あとは具体的な褒め方を学ぶだけです!

ADHDの子供の5つの褒め方

ADHDの子供の褒め方は5つあります。

  • その①:「今できてること」を褒める


  • その②:「すぐに」褒める


  • その③:「具体的」に褒める


  • その④:「過程」も褒める


  • その⑤:「子供が喜ぶ褒め方」で褒める

その①:「今できてること」を褒める

「できていないことを指摘」ではなく、「できていることを見つけ、褒めましょう」。

理由は図で説明しますね。

図のように、「できていること」を褒めることで「片付ける」が増えれば、相対的に「片付けない」は減っていきます。


そして、ポジティブな関わりは、ストレスが溜まりづらいというメリットもあります。

その②:「すぐに」褒める

これは、説明するまでもないですね。

「1週間前の宿題よく出来たね!」より、

宿題が終わった直後に「よく宿題できたね!」

の方が嬉しい(メリットをより実感する)ですよね。

褒めるスピードは、早い方が効果的です。

その③:「具体的」に褒める

具体的に褒めた方が、子供が次の行動を具体的に移しやすくなります。
(再現性が高まります)

例えば、

  • 「片付け上手にできたね!」
          ↓
    「おもちゃ箱に10個のオモチャ全部入れられたね!」


  • 「宿題できたね。すごい!」
         ↓
    「宿題のプリントの問題8問全部解けたね。すごい!」

のようなイメージです。

褒められてることが具体的だと、

子供自身が「○○が良かったんだ」と理解できるので、

「今後も○○やってみよう」と、具体的な行動に繋がりやすくなります。

その④:「過程」も褒める

頑張っている過程(行動)も褒めましょう。

例えば、プリント3枚の宿題の場合、

3枚終わったら、初めて褒めるのではなく、1枚終わったら褒めるなど、

細かく褒めると、子供のモチベーションが上がりやすく(or維持)なります。

宿題の場合は、子供によっては、「筆記用具と宿題を机に出した」など

姿勢を褒めると良い子供もいます(宿題の拒否感が強く、その子が今頑張ってできることが、宿題の準備の場合)。

その⑤:「子供が喜ぶ褒め方」で褒める

必ず子供が喜ぶ褒め方をしましょう。

褒める目的は、子供がその行動をして「良かった!(メリットを実感)」と思ってもらい、次も行動してもらうためです。

子供の喜び(メリット)になっていない場合は、褒め方を工夫する必要があります。

褒め方の種類をここで紹介します。

ぜひ、どんな褒め方が喜びそうか考えてみてください!

  • 言葉
    ex.「かっこいい!」「バッチリだね!」「完璧!」「上手だね!」「お兄ちゃん/お姉ちゃんだね」など


  • スキンシップ
    ex.ハイタッチ、拍手、高い高い、くすぐりなど

  • 物/活動/ご褒美
    ex.オモチャ、食べ物、ゲーム/動画、お小遣い、公園で一緒に遊ぶ、スポーツ、親戚の家で過ごす、旅行など

他にも、ポイントが貯まったら、ご褒美がもらえる褒め方(トークンシステム)もあります。

よく質問を頂くので、ここでも説明しておきますね。

「褒めてることが喜んでいるか分からない」ということです。

こちらについては結論、

「褒めてる行動が増えてるかどうか」判断してください。

喜んでいれば(メリットを実感していれば)、行動は必ず増えています。

逆に喜んでいる様子でも、行動が増えていなければ、子供にとってメリットになっていないということです。

できそうな方は、ぜひ子供の反応も見ていきましょう。

注意点

褒めるときに、ネガティブな要素は入れないようにしましょう。

結構よくあります・・。

よくある例として、

  • ①「宿題3枚全部できたね!かっこいい!次は5枚できるといいね!


  • ②「ちょっと遅かったけど、7個のオモチャ箱に片付けられたね」


  • ③「10分で宿題2個終わってすごいね!じゃあ宿題あと2個やってみよう

このような褒め方をする方がいます(太字がNGです!)。

一生懸命褒めてくださっているのですが、惜しいです・・。

褒めるときは、「褒めたい部分(やってほしい行動)だけ褒める!」が原則です。

もしどうしても伝えなければいけないときは、別のタイミングで伝えましょう。

子供が頑張った結果、ネガティブなことを言われたり、宿題が増えたら、子供のやる気がなくなってしまいます。

どうしても言いたい!という方は、子供に選んでもらいましょう。

例えば、③の宿題の例でしたら、

「宿題早く終わって驚いたよ!宿題あと2個あるけど、やってみる?もうやめる?」

のように、選んで頂くと良いでしょう。

ADHDの子供の褒め方が学べるペアレントトレーニングとは

もし家での実践に不安がある方は、専門家からペアレントトレーニングを受けることをオススメします。

ペアレントトレーニングとは、親が子供への接し方を学べる講義(親向けの療育)になります。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

【ADHDの子供の親向け】ペアレントトレーニングとは【種類/費用/内容など概要を説明します】

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ADHDの子供を褒める3つの効果
    【①自信がつく ②自発的な言動が増える ③できることが増える】


  • ADHDの子供の5つの褒め方
    【①今できていることを褒める ②すぐに褒める ③具体的に褒める ④過程も褒める ⑤子供が喜ぶ褒め方をする】


  • ADHDの子供の褒め方が学べるペアレントトレーニングとは
    【親向けの療育】

以上になります。

本記事が少しでもお役に立たれば幸いです!

最後に関連する情報を載せておきます。

興味のある方は参考にご覧ください。


【ADHDの子供の接し方を本を学ばれたい方】

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】


【癇癪で困っている方】

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法


【言うことを聞かなくて困っている方】

【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】

-ADHD

執筆者:


  1. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

  2. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

  3. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

  4. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

  5. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

  6. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

  7. […] ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】

子供のADHDがいつわかるか知りたい方へ「1歳半健診でしばらく様子を見ましょうと言われた。いつまで様子を見ればいい?子供がじっとしてられないのは、ADHDだから?」 こういった疑問にお答えします。 ✓ …

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの症状と7つの対応法

ADHDの子供への対応方法を知りたい方「ADHDの診断を受けたけど、そもそもADHDって何?ADHDって具体的に何に困るの?親としてどう関わっていくべきか知りたい」 こういった疑問にお答えします。 ✓ …

ADHDの子供の時間管理術!【3つのツールを紹介します!】

子供の時間管理で困っている方「子供が時間を守れなくて困っている。時間に遅れることもあり、時間を守れる方法を教えてほしい」 このようなお困り/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子供が時間 …

【療育セラピストが解説】記憶が苦手なADHDの子供の3つの工夫

記憶が苦手なADHDの子供の対応方法を知りたい方「子供が物忘れが多くて困る、記憶力は良くなるの?家庭ですぐに始められる子供への関わり方を知りたい」 こういったお困り/疑問にお答えします。 記憶力とは、 …

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

ADHDの子供の癇癪の対応方法を知りたい方「些細なことで暴れてて困ってる、原因がわからない、止める方法がわからない。子供の要求に応えてるから、今は何とかなってるけど、このままでいいの?」 こういった疑 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選