ADHD

ADHDの子供の字が汚い!字が改善できる4つの対処法【NG例も解説】

投稿日:2020年5月11日 更新日:

字が汚いADHDの子供の対処法を知りたい方へ 「字が汚くて読めない、テストのケアレスミスが多い、字が綺麗になる方法を知りたい」

こういったお困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • 字が汚いADHDの子供の原因


  • 字が汚いADHDの子供の対処法


  • 字が汚いADHDの子の避けたい対処法

お子さんが小学生になると、「連絡帳の字が読めない」「字の汚さから、テストのケアレスミスがある!」のような経験がある方も少なくないと思います。

丁寧に書けば、本当はもっと上手なのに・・!など親として歯痒い気持ち、あると思います。

本記事では、ADHDや発達が気になる子の親御さんに向けた、「字が乱雑になる子どもへの対処法」をまとめています。

この記事を執筆している私は、療育指導員を10年程しています。今ままでの支援経験から、効果的だった対処法をお伝えできればと思います。

参考になれば幸いです!

字が汚いADHDの子供の原因

字が汚いADHDの子どもの原因は、ADHDの3つの特徴からきます。

3つの特徴については、こちらをご覧ください!

【ADHDの3つの特徴】

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法


ここを踏まえて、具体的に何が苦手で、字が汚くなってしますのか、見ていきましょう!

その①:字を早く書き終えたい

ADHDの子は、待つことが苦手です。

字を書くのが特別好きでない限り、早く書き終えたいと思い、急いで書こうとします。

本来ゆっくり書けば、もっとキレイに書けるのに、荒く書いてしまうのは字を書いている時間(待つ時間)が苦手な為です。


【関連記事】

【宿題をしないために嘘をつく?】ADHDの子供の嘘の3つの対処法

その②:同時作業が苦手

2つ以上のことを同時にすることが苦手です。

例えば、授業中に字を書く場合、同時にしなければいけないことが、いくつもあります。先生の話を聞く、黒板を見る、覚える、ノートに書くなどです。

注意をコントロールすることが苦手なADHDの子にとっては、字が汚くなってしまう原因の1つになります。

その③:注意の分散が苦手

字を書くとは、「マスの中に書く、きれいに書く、正しい箇所に書く」など複数のことを意識しないといけません。

私たちにとっては当たり前のことでも、ADHDの子にとっては、大変な作業です。

1つずつならできることも、同時に求められてしまうと、1つ1つを正確に行動に移すことが難しくなりやすいです。

字が汚いADHDの子供の対処法

対応方法は4つあります。

  • 1:「ゆっくり書く」を褒める

  • 2:字が読めればOKにする

  • 3:ポジティブな関わりをする

  • 4:好きなことを字でまとめてもらう

1:「ゆっくり書く」を褒める

「ゆっくり書けてるから、字がきれいだね」と褒めてみましょう。

「ゆっくり書けている」から字もきれいだし、褒められる!ということを、お子さんに実感してもらえると、ゆっくり字を書くことが増えていきます。

2:字が読めればOKにする

お子さんに求めるレベルを下げましょう。書き順や細かいハネなどは、一旦触れずにいきましょう。

まずは、第3者の方でも字が読める程度に書ければOKです。細かい部分を求めすぎると、字を書くこと自体が嫌になり、逆効果になってしまいます・・。

3:ポジティブな関わりをする

ポジティブな声掛けをしましょう。否定・注意などのネガティブな関わりは禁物です!

理由は、字を書いた結果、否定・注意を受けたら、次からは字を書きたくなくなります。

まずは字が書いた結果、褒められる経験をすることで、「褒められた・認めてもらえた」を思ってもらいましょう。

「字を書くの頑張るぞ!」とお子さんのやる気に火をつけることが大切になります。


【関連記事】

ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】

4:好きなことを字でまとめてもらう

字を書くのが嫌いな子は、お子さんの「好きなこと」を活かして、字を書く練習することがオススメです!

例えば、ポケモンが好きな子の場合は、好きなポケモンの図鑑を手作りしてもらい、ポケモンの特徴や必殺技を字で書いてもらうなどです。

またポケモンの絵を書いてもらい、その下に字を書く、などお子さんの好きなことをする過程に「字を書く」があると、お子さんも取り組みやすくなります。

絵を描く、ポケモンを調べる、字を書くなどいくつかの工程があれば、字を書く拒否感が和らぎます。

「字を書く」だけを訓練のように求めてしまうと続かないため、効果は出にくくなってしまいます・・。

学習への効果的な具体的な促し方は、こちらをご覧ください!


【ADHDのお子さんへの学習の促し方】

【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方

字が汚いADHDの子の避けたい対処法

ここまでお読みいただいて、ポイントは掴めたかと思います!

ここではよくある避けたい接し方を、理由と合わせて解説します。

1:怒る、否定する

字を書かない、書けたけど字が汚い!などの理由で怒ることです。子供にとっては、字を書いたことで怒られたり、否定されれば、書きたくなくなります。

例えば、明らかに字が汚く修正が必要な時は・・

「字が汚いよ!やりなおし!」


       


「頑張って書いてくれたんだね。ゆっくり書くともっと上手になりそうだね。一緒にやってみようか?」

のような声掛けのイメージになります。

否定語は避け、肯定語にすることがコツになります!

また怒られる恐怖心で字を書いても、それは形だけで意味がありません。その瞬間だけはやってくれるかもしれませんが、継続しません・・。

できたとしても、お子さんの自己肯定感が下がっていたり、「やらされている感」が募り、逆効果になります。

怒るのは、親にとって楽な手段ですが、お子さんのために、自分からできるよう自立を見据えて、ポジティブな関わりをすることが大切です。

2:無理矢理やらせる

お子さんがちょっと頑張ったらできるレベル・量に調整しましょう。

お子さんに合うレベルは、過去にやったレベル/量と同じか、1つステップを上げれば大丈夫です!

例えば、昨日より漢字1文字増やすなどです。ここはお子さんによって違いますので、これまでの取り組みから判断していきましょう!


【関連記事】

つい怒ってしまう・・【ADHDの子供への怒らない7つの接し方】

ADHDの子供の字が汚い!字が改善できる4つの対処法【NG例も解説】のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • 【字が汚いADHDの子供の原因】
    ・字を早く書き終えたい
    ・マルチタスクが苦手
    ・注意の分散が苦手


  • 【字が汚いADHDの子供の対処法】
    ・「ゆっくり書く」を褒める
    ・字が読めればOKにする
    ・ポジティブな関わりをする
    ・好きなことを字でまとめてもらう


  • 【避けたい対処法】
    ・怒る
    ・否定する
    ・無理矢理やらせる

以上になります。

本記事が少しでも役に立てば嬉しいです!

家庭だけで、介入が難しい場合は、専門家への相談や支援も検討されるのも1つです。

必要な方は、関連記事をご覧ください!


【関連記事】

ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 

【療育セラピストが解説】記憶が苦手なADHDの子供の3つの工夫



-ADHD

執筆者:


  1. […] ADHDの子供の字が汚い!字が改善できる4つの対処法【NG例も解説】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法

感情のコントロールがむずかしいADHDの子供の対応方法を知りたい方へ 「子供がすぐに癇癪を起こして困っている、原因はADHDなのか性格なのか分からない、家庭でできる関わり方を知りたい」 癇癪の対応は体 …

ADHDの子供の5つの褒め方【療育指導員の接し方を解説します!】

子供の褒め方で悩まれている方「子供のどこを褒めていいか分からない、褒めるところが見つからない。褒めてみたけど、子供の反応がイマイチだった。ADHDの子供に合った具体的な褒め方を知りたい」 このようなお …

どう本人に伝えるべき?ADHDの子供への障害告知【注意点3つあります】

子供に障害をどう伝えるか悩まれている方「障害について本人に伝えるべきか。いつ、誰が、どのように伝えたほうが良いのか知りたい。注意もあれば教えてほしい」 このようなお困りにお答えします。 ✓本記事の内容 …

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

ADHDの子供の親「子供のことを本で理解したい。でも活字だと続かないかも。気軽に漫画で読んで知りたい。オススメな漫画って何だろう? 」 こういった疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子ども …

ADHDの子供に合う習い事とは【選び方~通い方まで徹底解説】※注意欠陥障害も含まれてます

ADHDの子供に合う習い事について知りたい方へ「ADHDの子供って習い事した方がいい?どんな習い事が合ってる?選べ方も知りたい」 こういった疑問・お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 習い事は4種類 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/08

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点まで

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?