ADHD

【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方

投稿日:2020年3月30日 更新日:

宿題をしないADHDの子供の対応方法を知りたい方へ 「子供が宿題をしなくて困ってる、宿題に時間がかかる、宿題が原因で親子で疲弊している、家庭でできる宿題の促し方を知りたい」

こういったお悩み/疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • 宿題をしないADHDの子供の原因
    【3つ】

  • 宿題をしないADHDの子供の対応方法
    【3つ】

この記事の執筆者の私は、療育セラピスト歴10年程になります。

これまで、ADHD含む発達障害児のSST/生活/学習支援をしてきました。

今回は学習支援の中でも、ご相談の数が圧倒的に多かった「子供が宿題をしない問題」について、原因から具体的な関わり方まで記事にまとめました。

宿題をしない子供、促し続けて疲弊される親、双方にとって良い方向にいけるよう、対応方法も原因別に分けています。

宿題が親子のストレスにならないよう、子供の自信を失うきっかけにならないよう、本記事がお役に立てれば幸いです。

宿題は、完璧にできなければ、いけないわけではありません。ただ宿題が原因で、子供が自信を失ったり、親子関係が悪化するケースが非常に多いです。

今回は、「【療育セラピストが解説】ADHDの子供の宿題ができる3つの方法」について見ていきましょう。

ADHDの詳しい解説は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

宿題をしないADHDの子供の原因【3つ】

ADHDの子どもが宿題をしない原因は、3つあります。

  • その①:やらない(意志)
  • その②:やれない(スキル)
  • その③:認識してない(特性)

その①:やらない(意志)

宿題をやらなければいけないことは、分かっているけど、「やらない」という選択をしているケースです。本人にとって、難易度が高いか、やるメリットが感じられていない、やったことによるデメリット(間違いを怒られる、指摘されるなど)がある場合、この原因に繋がりやすいです。

その②:やれない(スキル)

宿題をやる意志もあり、取り掛かっているけど、理解がむずかしいケースです。子供は頑張っているのに、できない状況が変わらないという、結果に繋がりづらい状態です。

その③:認識してない(特性)

宿題の存在を知らない、もしくは、忘れているケースです。これはADHDの特性からくるもので、子供に悪気はありません。

ADHDの特性については、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

宿題をしないADHDの子供の対応方法【3つ】

対応方法の解説の前に、1つ理解すべきことがあります。それは子供の適切な行動の増やし方です。今回は、子供に「宿題をする」という行動をしてもらえればいいですよね。

そのためには、そもそも行動は、どうやって増えるのか?という構造を理解しておく必要があります。

こちらを参考にご覧ください。

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

行動が増える構造は理解できたかと思います。

ではその構造を活かして、3つの原因の対応方法については解説していきます。宿題をしない原因は3つでしたね。

  • 1:やらない(意志)
  • 2:やれない(スキル)
  • 3:認識してない(特性)

次は対応方法です。数字ごとに、原因と対策をセットにしています。

  • 1:メリットの実感を促す(意志)
  • 2:親も一緒にやる(スキル)
  • 3:家族・先生が配慮する(特性)

1:メリットの実感を促す(意志)

宿題をすることで、どんなメリットがあるのか?を、知ってもらう、実感してもらうことが大切です。子供にメリットを実感してもらうための、関わり方を解説していきます。

1-1:事前に「メリット」を伝える

宿題が終わったあとに、「宿題がおわったら○○をしていいよ!」など、約束をしましょう。事前に「漢字プリント1枚全問正解したら、ゲームが15分できる」など、具体的な内容で約束をしましょう。紙に残しておけると、子供が忘れる心配もありません。

1-2:できたあとに「メリット実感」の声掛け

宿題をしたことによるメリットを、より実感してもらうために、声掛けをしましょう。「宿題が30分で終わったから、ゲームも30分できるね!」「帰って宿題すぐにやったから、あとは自由に遊べるね」など、子供が「宿題やってよかった!」と思えるような声掛けをしていきましょう。

1-3:宿題そのものに「楽しみ」を作る

宿題をしている最中の、子供にとってのメリットを作りましょう。少しでも宿題することが楽しい、とって思ってもらえる工夫です。

例えば、宿題の正答数に合わせてボーナスを作る、などです。「全問正解なら、ゲーム+15分、○問正解なら、好きなお菓子1個食べれる」などです。正答率に合わせて、楽しみが変わることも、子供にとってはメリットになります。

2:親も一緒にやる(スキル)

スキル的にむずかしい場合は、子供にいくら宿題を促したところで状況は変わりません。むしろ自信をなくす、ストレスが溜まるなど、状況は悪化します。子供の努力を活かすための関わり方を、解説します。

2-1:調整する(量・時間・順番)

大切なのは、子供が「成功体験を積める、継続できる」です。そのための調整をしていきましょう。

例えば、宿題の時間(問題数)を細かく区切ることで、小さいゴールが近づくので、集中力が高まります。マラソンの給水所のイメージです。給水所のないマラソンは辛いですよね。休憩をこまめに、はさみながら進めましょう。

問題を解く順番も重要です。ここは子供によって、変わっていきます。

例えば、得意な問題で、最初に気分を乗せるか、最初に苦手なものを解いてから一気に終わらせるか、子供が取り組みやすいよう調整しましょう。子供に決めてもらう、もしくは一緒に決める形で大丈夫です。

2-2:1人でむずかしい宿題は、一緒に取り組む

1人で解けない、何時間もかかる場合は、親が手伝いましょう。解ける問題だけ、1人で解いてもらい、最後に一緒に解く形で大丈夫です。解けない問題に向き合って疲弊するぐらいなら、ちょっと頑張ってできることに、力を注いでもらった方が、自信に繋がり、結果、子供のできることが増えていきます。

2-3:怒らない

怒る、強く指摘すると、子供としては「宿題をする=怒られる(デメリット)」に繋がります。デメリットになれば、宿題は一層しなくなります。イライラする気持ちはわかりますが、ポジティブな関わりをすることが大切です。「ここ間違ってるよ→ここもう1回考えてみよっか」など、表現を工夫しましょう。

3:家族・先生が配慮する(特性)

特性とは、本人が元々もっている気質のようなものです。そのため、子供自身ではコントロールが困難です。短気な人に、イライラしないことを求めるのと同じです。家族や先生が理解し、必要な配慮をすることが大切です。配慮の仕方を解説していきます。

3-1:先生に声掛けしてもらう

「帰りのホームルーム前に、宿題を伝える」など、具体的な場面と行動をきめて、先生に声掛けしてもらいましょう。連絡帳に書き忘れた、先生の話を聞いてなかった、など、そもそも宿題があることに、子供自身が気付いていないと、どうしようもありません。

ADHDの特性から、本人の努力だけでは、むずかしいことも多いです。先生の協力を仰ぎましょう。

3-2:帰宅後のスケジュールをきめる

視覚的にわかるよう、リビングに、スケジュールを貼っておきましょう。「宿題の時間」も決めておき、習慣化するまでは、一緒に確認しましょう。

宿題ができたあとのメリット(ご褒美)も入れておくて、更に効果です。「16時~16時30:宿題 16時30~17時:ゲーム」など、明確にしましょう。

3-3:子供と一緒にきめる

いつ宿題をするのか、何の宿題からするのか、子供に決めてもらうことも大切です。子供は自分で選ぶだけで、モチベーションが上がりやすく、最後まで取り組む確率も上がります。これは私たち大人も同じですよね。

もし1人で決められない、現実離れしたことを言いそう・・などの場合は、親が選択肢をいくつか決めておき、そこから選んでもらいましょう。

3-4:先生に相談する

どうしてもスキル的にむずかしい場合は、先生に相談することも1つの方法です。物理的に、親が一緒に宿題をみれない、親が一緒でもむずかしい場合は、先生に宿題の量を減らしてもらう、解ける問題だけにしてもらう、など調整できるか、相談しましょう。

宿題を「形だけやる」では意味がありません。むしろ子供としては、やらされている不満・ストレスが溜まって、言動が乱暴になる、自信がなくなる、など違う問題にも発展していきます。

まとめ:宿題をしないADHDの子供の対応で大切なこと

記事のポイントをまとめます 。

  • 宿題をしないADHDの子供の原因
    【①やらない(意志) ②やれない(スキル) ③認識してない(特性)】

  • 対応方法
    【①メリットの実感を促す(意志) ②親と一緒にやる(スキル) ③家族・先生が配慮する(特性) 】

  • 無理矢理やらせない

  • 宿題がどうしてもできない場合
    【先生に宿題を減らす相談をする 】

  • 家族・先生の工夫で解決できない場合
    【専門家に相談 】

以上になります。

本日解説した内容を、1ヶ月継続してみましょう。できそうなイメージの持てるものからで大丈夫です。

宿題は「分かる、解ける、進む」が実感できると楽しめます。宿題以外で、その楽しさを実感するための手段があると、宿題が取り組める確率が上がります。

本日解説した親の関わりに加えて、「子供が楽しみながら学べるツール」があれば、宿題の困りも解消されていきます。参考になれば幸いです。

-ADHD

執筆者:


  1. 今日からできる!忘れ物が多いADHDの子供の7つの対応方法 | こども発達相談室 より:

    […] 今日からできる!宿題をしないADHDの子供の3つの対応方法 […]

  2. […] 今日からできる!宿題をしないADHDの子供の3つの対応方法 […]

  3. […] 【療育セラピストが解説】ADHDの子供が宿題ができる3つの方法 […]

  4. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

  5. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

  6. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

  7. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

  8. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

  9. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

  10. […] 【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法

感情のコントロールがむずかしいADHDの子供の対応方法を知りたい方へ 「子供がすぐに癇癪を起こして困っている、原因はADHDなのか性格なのか分からない、家庭でできる関わり方を知りたい」 癇癪の対応は体 …

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

ADHDの子供に合う絵カードを知りたい方「子供に絵カードを使って、学べることを増やしたい。絵カード買ったけど、続かなくてやめてしまった。効果がでる具体的な使い方を知りたい」 こういった疑問にお答えしま …

ADHDの子供に合う習い事とは【選び方~通い方まで徹底解説】※注意欠陥障害も含まれてます

ADHDの子供に合う習い事について知りたい方へ「ADHDの子供って習い事した方がいい?どんな習い事が合ってる?選べ方も知りたい」 こういった疑問・お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 習い事は4種類 …

ADHDの子供の暴言は止められる?【2つの原因と3つの対応法】

ADHDの子供の暴言の対応法を知りたい方へ「些細なことで、子どもの暴言がでる、外で暴言がひどくなり、周りの人に迷惑を掛けてしまう、どう関わっていいか分からない」 こういったお困りごとの解消方法を解説し …

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

ADHDの子供の癇癪の対応方法を知りたい方「些細なことで暴れてて困ってる、原因がわからない、止める方法がわからない。子供の要求に応えてるから、今は何とかなってるけど、このままでいいの?」 こういった疑 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?