ADHD

【忘れ物が減る!】ADHDの子供の忘れ物をしない7つの方法

投稿日:2020年4月9日 更新日:

忘れ物が多いADHDの子供の対応方法を知りたい方へ 「忘れ物が多くて困る、何で忘れちゃうの?忘れ物を減らす方法を知りたい」

こういった疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • 忘れ物が多いADHDの子供の3つの原因

  • 忘れ物が多いADHDの子供の7つの対応方法

物の管理が苦手/忘れ物が多いと、親としては、子供の学校生活が心配になりますよね。

「宿題やってない」「提出物を出していない」「学校からの連絡が把握できない」「期限を過ぎてる」

などなど、困ることはたくさんあります。

また学校だけでなく、今後の社会生活にも支障がでます。

この記事を執筆している私は、療育セラピスト歴10年程になります。

ADHD含めた、発達が気になる子供1000人以上と、その親を支援してきました。

私自身が支援の中で実践し効果があった、

子供の物の管理方法、忘れ物を減らせる方法を解説したいと思います。

本記事がお役に立てれば幸いです。

今回は、「【忘れ物が減る!】ADHDの子供の忘れ物をしない7つの方法」について見ていきましょう。

忘れ物が多いADHDの子供の3つの原因

ADHDの子どもが、忘れ物をしやすい原因は、ADHDの3つの特徴からきます。

  • その①:不注意タイプ
  • その②:多動性タイプ
  • その③:衝動性タイプ

3タイプの詳細は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。この中でも、特に、不注意タイプは、もっとも忘れ物をしやすいタイプになります。

その①:不注意タイプ

特性(元々持っている気質)上、注意が散りやすいため、忘れることが多いです。持ち物、約束など全般にわたります。これは本人の努力不足ではなく、特性によるものですので、やる気などの精神論では解決できません。

その②:多動性タイプ

不注意タイプと比べると、忘れ物自体が、すごく多いわけではありません。特性そのものが忘れ物に直結するわけではありません。

ただ多動性タイプは、人の話を最後まで聞く、じっと待つ、などがむずかしいため、話を聞いていなくて、結果的に忘れ物をする、ということになりやすいです。「忘れる<聞いていない」が多いです。

その③:衝動性タイプ

多動性タイプと、概ね同じです。不注意タイプと比べると、忘れ物自体が、すごく多いわけではありません。覚えること自体のスキルは、問題ありません。

ただ衝動性タイプは、自分の興味のあるものに、衝動的に注意が向く特性があるため、話自体を聞いていなく、忘れ物をしてしまうケースが多いです。「忘れる<聞いていない」が多いです。

忘れ物が多いADHDの子供の7つの対応方法

これから解説する7つの対応方法は、どのADHDの子供にも活用できるものです。ただ、先ほども解説したように、多動・衝動性タイプは、特性そのものが、忘れ物に直結するわけではありません。

こちらの2つのタイプは、忘れ物以外でも、特性そのものにアプローチする必要があります。

詳細は、

ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】

をご覧ください。

では対応方法の解説をします。大きく3種類にわけ、1つずつ見ていきます。全部で7つの対応方法になります。

  • 1:思い出せる工夫をする
  • 2:環境を整える
  • 3:習慣化

1:思い出せる工夫をする

「覚える<思い出す」にしていきましょう。なるべく覚えることを減らし、思い出せる状態を作る、そもそも覚える必要のない状態を作っていくことが効果的です。

1-1:動線に視覚的に残す

子供の生活動線に、見たら思い出せる工夫を入れましょう。

例えば、玄関のドアに付箋を貼る、部屋のドアの前に、明日の用意をしていない開けっ放しのカバンを置いておく、などです。覚える、という苦手なことより、確実に思い出せる工夫をすることが、大切になります。

「もう工夫してるけど、それでもできないよ!」という場合は、


解決すべき問題が別の可能性があります。

詳細は、

【療育指導員が解説】宿題ができないADHDの子供の3つの接し方

をご覧ください。

あと、「うちの子は視覚的な情報は苦手」という方は、アラームを使いましょう。キッチンタイマーでも十分ですので、思い出せる工夫を、「音」を通してやってみましょう。

1-2:物の場所を1つにする

忘れ物の1つの原因が、物の場所が決まっていない(失くしやすい状況)、ことです。逆にいうと、物の場所を決めておけば、物を探す、失くす可能性が下がります。

最初は「物の場所を決める、決まった場所に戻す」という定着までの時間が必要になりますが、一度定着すると、そのあとは、楽になります。

最初の場所を決めたり、習慣化するまでは、親が一緒に手伝ってあげましょう。

詳しい接し方は、

【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】

をご覧ください。

2:環境を整える

子供の努力や成長だけではなく、環境を(周り)を工夫するだけで、即効性が期待できます。結果、いくつかの工夫をするだけで、忘れ物が減ります。

2-1:物ごとにスペースを区切る

物が混在していると、ADHDの子供は、それだけで、物を見落とす、忘れる、違う物に注意が向きやすくなります。結果、忘れ物に繋がりやすくなります。

1つ1つの物のスペースが区切られていることで、物の管理がしやすくなります。ただ置く場所を分ける、ではなく、物理的に分ける方が効果的です。

例えば、教科書や筆記用具を管理するときも、引き出しを分ける、ファイルを分ける、仕切りスタンドで分けるなど、空間ごとに分けて管理していくことです。

2-2:不要な物をなくす

ADHDの子供は、物(刺激)が多いと、注意が散りやすくなり、やるべきことを忘れる、違うことをしやすくなります。事前に集中しやすい環境を作っておきましょう。使わないものは、視界に入らないよう、整理整頓しておくことが良いです。

3:習慣化

子供自身の行動も変えていく必要があります。そのためには、忘れ物をしないための、子供の適切な行動を、習慣化していく必要があります。

習慣化するまで時間がかかる、必要なサポートを周りの方がする必要がありますが、ここが定着すると、親の介入が減り、自立に繋がります。「習慣化すべき行動」を解説していきます。

3-1:すぐやる

やるべきことは、その場でやる!です。すぐやれれば、覚える必要がないので、極力これができると楽です。

3-2:メモする

その場でやることが難しいこともあると思います。そんなときは、メモをして、思い出せるようにしましょう。

ただし、メモしたこと自体を忘れる可能性もあるので、さきほど解説した「思い出せる工夫」と合わせて継続することが必要です。

3-3:物の移動をへらす

さきほど解説した「物の場所を1つにする」に少し似ています。なるべく、使うものを変えないことが大切です。

例えば、行く場所によって、毎回かばんが変わると、中身も移動させる必要があります。忘れ物は、物が移動するときに、起こります。なるべく、物の移動の機会を減らすことが、忘れ物を減らすことに繋がります。

もし、かばんをどうしても変える必要がある場合は、かばんと中身をセットにし、中身を移動する必要のない状態を作っておけると、良いでしょう。

「【忘れ物が減る!】ADHDの子供の忘れ物をしない7つの方法」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • 忘れ物が多いADHDの子供の原因
    【①不注意 ②多動性 ③衝動性】

  • 大切な視点
    【①思い出せる工夫 ②環境を整える ③習慣化】

  • 対応方法
    【①動線に視覚的に残す ②物の場所を1つにする ③物ごとにスペースを区切る ④不要な物をなくす ⑤すぐやる ⑥メモする ⑦物の移動をへらす】

  • 小学校高学年以上の子供
    【自分の特性・対処の仕方を理解・実践できることが大切】

  • 家族だけの介入がむずかしいとき
    【専門家への相談・支援】

以上になります。

子供が小学校高学年以上になる場合は、子供自身に忘れやすい特性の理解と対処の仕方を理解・実践できるようになる必要があります。

「自分は話を聞くだけだと忘れやすいから、すぐメモをとって筆箱に貼っておこう」など、自分の特性の活かし方が実践できれば、どんな環境にいっても安心です。

詳しくは、

【療育セラピストが解説】記憶が苦手なADHDの子供の3つの工夫

をご覧ください。

本記事では「ADHDの子供の忘れ物」について解説しましたが、別記事では、「ADHDの子供の記憶」について解説しています。

【療育セラピストが解説】記憶が苦手なADHDの子供の3つの工夫

本記事をあわせて確認することで、より効果が高まると思います。

-ADHD

執筆者:


  1. […] つまり、同じ考え方になります。ここの詳細は、今日からできる!忘れ物が多いADHDの子供の7つの対応方法をご覧ください。 […]

  2. […] 【忘れ物が減る!】ADHDの子供の忘れ物をしない7つの方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】

子供のおねしょが心配な方「子供の年齢が上がってもおねしょがある。もしかして病気なの?夜尿症について詳しく知りたい。」 こういった疑問、お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 夜尿症とは夜尿症の原因とタ …

つい怒ってしまう・・【ADHDの子供への怒らない7つの接し方】

ついつい子供に怒ってしまう方「頭ではダメだと分かってるのに、つい子供を怒ってしまう。ADHDの子供に合った接し方が知りたい」 このようなお悩み/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子供を …

【ADHDの子供の偏食】4つの原因/10の対処法を解説!

子どもの偏食で困っている方「子どもの好き嫌いが激しい。同じものしか食べなくて困ってる。偏食について、できることを知りたい」 こういったお困りにお答えします! ☑本記事の内容 ADHDの子 …

よくしゃべる子供はADHDなの?【ADHDの特徴~4つの接し方を説明します】

よくしゃべる子供の発達が心配な方「子供がよくしゃべるのは、ADHDだから?それとも性格?子供の発達が心配。ADHDの子供がよくしゃべっていて人の話を聞いていない、やるべきことが遅れてしまって困っている …

ADHD?グレーゾーン?子供の発達が心配なら絶対すべき3つの行動

子供がADHD、グレーゾーンの疑いがあり、何をすべきか知りたい方へ「健診や検査でADHD傾向orグレーゾーンといわれたけど、グレーゾーンって何?この先何に困るの?これから具体的に何をすればいい?」 こ …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選