ADHD

【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】

投稿日:2020年3月16日 更新日:

言うことを聞かないADHDの子供の対応方法を知りたい方へ「子供が言うことを聞かなくて困ってる。他の子はできるのに、なんでうちの子は言うこと聞けないの?子供にどう関われば言うこと聞いてくれる?」

こういった疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • 言うことを聞かないADHDの子供の原因
    【2つ】
  • 言うことを聞かないADHDの子供の対応方法
    【脱!習い事の迷惑】

  • 言うことを聞かない行動の解決方法
    【脱!習い事の迷惑】

この記事を執筆しいている私は、1,000名以上の発達障害児に療育指導をしてきました。

その中でも、ADHDの子供の育児に悩まれているママ/パパから「接し方」「癇癪の対応の仕方」など様々な育児相談を受けてきました。

その中でも圧倒的に相談数が多かった「子供が言うことを聞かない」をテーマに本記事で解説していきます。

内容は凄くシンプルです。

誰にでも今日から実践できる様になっています。

育児にストレスは付き物ですが、過剰なストレスは体に毒です。

過剰なストレスとは、今日でお別れです!

今回は、「今日からできる!言うことを聞かないADHDの子供への3つの対応法」について見ていきましょう。

「ADHDって何となくでしか分からない・・」という方は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

発達障害の子供と関わる上で、特性の理解が最初の1歩になります!

言うことを聞かないADHDの子供の原因【2つ】

対応方法を考える上で、原因がわからなければ、始まりません。

まず原因から見ていきましょう。

子供の行動の原因は4つにわかれます。ADHDに関わらず、自閉症やアスペルガーの子供も全てです。

  • その①:注目引き
  • その②:回避
  • その③:目的要求
  • その④:刺激遊び

「この言葉どういう意味?」という方は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

を確認の上、次の内容に進みましょう!

より深く本記事の内容を理解することができます!

言うことを聞かないADHDの子供の対応方法【脱!習い事の迷惑】

行動の原因と構造については、理解できたと思います。次は、対応方法を解説します。

「言うことを聞かない行動」の原因は、2つです。

  • 1:回避
  • 2:目的要求

本来、子供の行動の原因は4つですが、「言うことを聞かないADHDの子供の行動の原因」は、主に2つに絞れます。

たまに、注目引きが原因のこともありますが、ほとんどのケースは、これから解説する2つで解決できます。この2つの関わりを理解できれば、他の原因にもアプローチできますので、安心して読み進めてください。

では「言うことを聞かない」という行動を、原因別で見ていきましょう。「オモチャの片付けを促す母親のケース」で解説します。

1:回避

1-1:無理やりさせない

一言でいうと、「子供ができるレベルに下げて促す」です。

例えば、オモチャを10個片付けさせたいけど、拒否感が出る。その場合は、片付けるオモチャを減らし、子供ができるレベルに下げ、成功体験を積んでもらうことが大切です。

1-2:子供が「やりたい」と思える促しをする

一緒に競争したり、オモチャを1個入れるごとに「1ポイント!」といって、ゲーム性を入れることで、子供が自発的に、行動しやすくなります。

1-3:できたときに褒める

片付けた結果、子供にとっての喜び(メリット)がないと、次の行動に繋がりません。必ず褒める、ハイタッチなど、子供が喜ぶ関わりをしましょう。ここが抜ける方が、非常に多いです。

ときどき「レベルを下げたら、甘えて、そのレベルじゃないとできなくなる」と、心配される方がいますが、問題ありません。

理由は、下げたレベルができるようになったら、少しずつレベルを上げていき、繰り返し行動する→習慣化される→子供にとって頑張らなくてもできるようになる、ためです。レベルを上げる目安は、8割の成功です。

内容によりますが、10回中8回以上できることが2~3日連続でできれば、次のステップに進んで大丈夫です。

2:目的要求

2-1:事前に約束をする

TVを見る前に約束をする。「当たり前じゃん!」と思われる方が多いかもしれませんが、ここが適切にできていない方が多いです。

親が一方的に約束を伝えて終わらせているパターンです。子供は納得していない、もしくは理解していない状態で、TVをみせていることが多いです。

子供に「約束を復唱してもらう、目を見て返事をしてもらう」など、伝わっていることを確認しましょう。

2-2:約束は視覚的に残す

約束をするときは、視覚的に残す(時計にシールを貼る、約束を紙に残す)、です。 約束の時間について「○時で終わりじゃない!」など、揉めてしまう子供もいます。

ADHDの特性を考えると、約束の時間を忘れることも、十分に考えられます。誰が・いつ見ても思い出せるよう、視覚的に残しましょう。

2-3:カウントダウンをする

5分、もしくは10分ごとなど、子供に合わせて「あと○分で終わりだよ~」と声をかけるのも有効です。ここは子供によって変わるので、反応を見て決めていきましょう。

判断するポイントは「約束が守れたか」です。どの関わりが、約束を守れる回数が一番多かったか?、これを確認しながら、効果的な関わりを継続していきましょう。

言うことを聞かない行動の解決方法【脱!習い事の迷惑】

ここについては、私の別の記事と同じ内容になります。

本記事の冒頭でも紹介させて頂いた、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

の後半部分をご覧ください。

こちらの後半部分では、3つの解決方法を紹介させていただきました。どの方法でも大切なのが、振り返りをすることです。その方法を実践し、子供の行動にポジティブな変化が合ったか?ここを定期的に確認してみましょう。

具体的には「子供が1日に言うことを聞く回数が増えたか」です。厳密に回数を記録する必要はないですが、言うことを聞く回数が、前より増えていれば、子供が成長していることが、把握できます。

成長しているなら、今の子供の状態と関わりが合っているということです。目安は実践回数にもよりますが、1ヶ月に1回、振り返りをする時間をとって良いと思います。家族で時間をとって、複数の視点で意見をすり合わせをすることが理想です。

「【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】」のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 言うことを聞かないADHDの子供の原因
    【①回避 ②目的要求】

  • 回避の対応
    【①求めるレベルを下げる ②やりたくなる工夫をする ③できたときに褒める】

  • 目的要求の対応
    【①事前に約束をする ②視覚的に残す ③カウントダウンする】

  • 解決方法
    【①療育 ②ペアレントトレーニング ③独学(ネット・本)】

  • 解決方法
    【1ヶ月に1回振り返りをする】

以上になります。

今日から、1つ関わりを実践してみてください。

本記事以外でも、すぐに実践できる知識・関わり方を紹介していきたいと思います。

参考になれば幸いです。

-ADHD

執筆者:


  1. […] 今日からできる!言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応方法 […]

  2. […] 【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法 […]

  3. […] 【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法 […]

  4. […] 【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】 […]

  5. […] 【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】 […]

  6. […] 【プロが解説】言うことを聞かないADHDの子供の2つの対応法【もう習い事の迷惑になりません!】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ペアレントトレーニングとは】種類/費用/内容など概要を説明します

ペアレントトレーニングについて知りたい方へ「子供の発達は気になるけど、療育に行くほどじゃない。親が学んで家庭内で解決していきたい。ペアレントトレーニングってどんな種類があるの?受講方法は?自分に合うペ …

ADHDの子供の時間管理術!【3つのツールを紹介します!】

子供の時間管理で困っている方「子供が時間を守れなくて困っている。時間に遅れることもあり、時間を守れる方法を教えてほしい」 このようなお困り/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子供が時間 …

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

ADHDの子供の癇癪の対応方法を知りたい方「些細なことで暴れてて困ってる、原因がわからない、止める方法がわからない。子供の要求に応えてるから、今は何とかなってるけど、このままでいいの?」 こういった疑 …

子どものADHDチェックリスト【多動/衝動/不注意の3タイプ別】

子供がADHDか心配な方「落ち着きがなく心配。ADHDの特徴に当てはまる気がする。検査は抵抗あるけど、傾向があるのかすぐに知りたい」 こういったお困りごとにお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDチェ …

よくしゃべる子供はADHDなの?【ADHDの特徴~4つの接し方を説明します】

よくしゃべる子供の発達が心配な方「子供がよくしゃべるのは、ADHDだから?それとも性格?子供の発達が心配。ADHDの子供がよくしゃべっていて人の話を聞いていない、やるべきことが遅れてしまって困っている …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?