ADHD

家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法

投稿日:2020年3月23日 更新日:

感情のコントロールがむずかしいADHDの子供の対応方法を知りたい方へ 「子供がすぐに癇癪を起こして困っている、原因はADHDなのか性格なのか分からない、家庭でできる関わり方を知りたい」

癇癪の対応は体力使いますし、親子でストレスが溜まり、本当に疲弊しますよね。。

こういったお困りを解消するノウハウをお伝えします。

✓本記事の内容

  • 感情コントロールができない原因
    【2つ】

  • ADHDの子供の感情コントロール方法
    【3つ】

この記事を執筆している私は、療育セラピスト歴10年程になります。

子供が感情のコントロールができず、頻繁に癇癪があったり、親子の衝突があったり・・様々な困りを抱えている子供とその親を支援してきました。

そんな困りを抱えている方の負担を軽くするため、「家でもできる感情コントロールの方法」を記事にまとめました。

「療育に通っているが、イマイチ変化がないと感じている方」、「事情があって療育に通えず、子供の癇癪で困っている方」

なども参考になると思います。

ABA(行動分析)を元にし、体系化されていますので、今日から実践ができる内容になっています。

私が支援してきたママ/パパが、実際に成功した例だけ厳選しています。

参考になれば幸いです。

今回は「家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法」について見ていきましょう。

ADHDについては、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

感情コントロールできない原因【2つ】

感情のコントロールができない原因は、ADHDの2つの特徴からきています。

ADHDには、本来3つのタイプがありますが、感情のコントロールがむずかしいADHDのタイプは、その中の2つです。

  • 多動タイプ
  • 衝動タイプ

ADHDのタイプについては、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

タイプが混在している子供もいますが、上の2つのいずれからのタイプに当てはまる場合は、本記事での方法が参考になります。

多動も衝動タイプもその特性上、人や周りに合わせることが苦手な傾向になります。つまりその分、人よりストレスを感じやすいです。

例えば、「授業中50分座る」の場合、周りの子供が3割の力でできるとしたら、ADHDの子供は8~9割の力を使っているようなイメージです。(子供によっては10を超えて授業に参加できない子もいます)

私たちも同じで、例えば「初対面の人と話をする」が楽しめてしまう方もいれば、人見知りでストレスを強く感じる方もいます。

大人と違って、子供は上手く立ち回る術が少ないため、一層ストレスに繋がりやすいです。

こういった背景から、ストレスが溜まりやすく、些細なキッカケで感情が爆発しやすいです。

これは決して、子供の努力不足ではないです。子供に「ストレスを感じやすい特性との付き合い方」を学んでもらうことが大切です。

この「付き合い方」を、本記事で解説していきます。

ADHDの子供の感情コントロール方法【3つ】

ここから「感情のコントロール」の解説をしていきます。といっても、具体的に何をするのか、イメージがわきづらいですよね。

まずは「感情のコントロール」を3つの段階で解説していきます。子供が今、どの段階にいるのか確認しながら、見ていきましょう。

感情のコントロールの3つの段階は、こちらです。

  • 1:自分の気持ちを言葉でいえる(把握できてる)
  • 2:自分の気持ちを落ちつかせる方法が言える
  • 3:自分の気持ちを落ちつかせる方法が実践できる

1つ1つの具体的な方法を解説します。

1:自分の気持ちを言葉で言える(把握できる)

少し固い表現でいうと、「認知できる」です。子ども自身が、今の気持ちを正しく把握できる。これが感情コントロールの最初の一歩です。

どのように言葉で、子供に表現してもらえれば良いのか?こちらについては後述します。

1-1:子供が「理解している概念」での表現を促す

例えば、色や数字です。

色でいうと「青(平常心)→黄色(イライラ)→赤(爆発!)」です。療育の現場ですと「気持ちの温度計」とって表現をすることが多いです。数字は「1(平常心)→2(イライラ)→3(爆発!)」などです。

もし色も数字もむずかしい場合は、子供の好きなキャラクターなどでも良いと思います。 子供が理解し、表現しやすいものを選んで、子供自身の気持ちを表現できれば大丈夫です。

親が決めるのか、子供と一緒に決めるのかは、ご家庭に合わせて選ぶ形で大丈夫です。

1-2:気持ちの「マッチング」をする

子供にあった気持ちの表現が決まっても、子供自身がそれを使えなければ意味がありません。

色の例でいうと「黄色=イライラ」だから、黄色の気持ちになったらまず家族に言える!ことを目指していきます。

そのためには、親からみて「今イライラしてるな」と感じたら「今イライラしてるんだね。黄色の気持ちだね」と、イライラする気持ちと黄色を紐付ける(マッチング)必要があります。日々の場面で声掛けし、子供が理解ができるまで続ける必要があります。

子供から「今黄色の気持ち(イライラ)」といえることができれば、このステップはクリアです。親から「今何色の気持ち?」と聞いて答えられるのでも良いです。
(質問攻めはNGです)

2:自分の気持ちを落ちつかせる方法が言える

自分が落ちつける方法を理解していなければ、自分でコントロールして落ちつくことはできません。理解ができていることは「説明ができるか」を親が確認、判断し、次の実践のステップにいきましょう。

また説明できるということは、学校の先生や友達など、周りの理解を深めることにも繋がります。

2-1:子供が落ちつける方法を一緒にきめる

子供自身が落ちつける方法を、親子で一緒にきめます。

例えば「目をつぶって深呼吸を5回する」「水を1杯飲む」「伏せて10数える」「クッションを20回叩く」などです。子供がこれなら落ちつける、という方法をきめることが大切です。

たまに「水を1杯飲むって、できる場所限定されちゃいますよね?」と言われる方がいますが、問題ありません。

最初は子供がとにかく落ちつける(成功できる)方法をきめます。その方法で、自分で落ちつくことができるようになってから、次の方法(自分だけで落ちつける方法)にステップアップすれば良いのです。

最初に失敗してしまうと、いくら親が促しても子供が嫌がるようになります。最初に子供にとってのメリット(実践すれば落ちつける)を作ることが大切です。焦らず1つ1つ丁寧に進めていくことが大切です。

2-2:落ちつける方法を子供自身の言葉で説明してもらう

落ちつける方法がきまったら、子供に説明してもらいましょう。

例えば「イライラしたらどうする?」と聞いてみましょう。「黄色の気持ち(イライラ)になったら、好きなポケモンのキャラクターを5個言う!」など、事前にきめている方法を、子供が自分の言葉で言えれば大丈夫です。

3:自分の気持ちを落ちつかせる方法を実践する

いよいよ最後のステップです。子供自身が落ちつける方法を理解し、説明ができていれば、あとは実践あるのみです。

ではみていきましょう。

3-1:イライラしたときに方法を実践の促しをする

「黄色の気持ちになった=落ちつく方法が実践できる」この状態を作っていきます。

子供が「今黄色の気持ちだ」と発言があったら、「黄色の気持ちになったらどうするんだっけ?」と実践することを促しましょう。

この流れでストレス発散ができれば、あとは同じパターンを繰り返すだけで、次第に声を掛けなくても、子供が自分でできるようになっていきます。

3-2:実践して落ちつけたら褒める

方法を実践し、落ちつけたら必ず褒めましょう。落ちつけた結果、子供にとっての喜び(メリット)が実感できなければ、次の行動には繋がりません。

ここの促しは

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

の後半をご覧ください。

もし褒めることがあまり喜ばなそう・・という場合は、「○○して落ちつけたからまだ遊べる時間があるね」「○○して落ち着けたから○○見れたね!」など声を掛けましょう。

落ちつけたことにより、子供にどういったメリットがあるのか?を「親が言葉にして伝える」ことも有効です。

まとめ:感情コントロールがむずかしいADHDの子供の対応で大切なこと

記事のポイントをまとめます 。

  • 感情コントロールがむずかしい原因
    【ADHDの特徴の ①多動 ②衝動】

  • 感情のコントロールの3ステップ
    【①気持ちを言える ②落ちつく方法を説明する ③落ちつく方法を実践】

  • 気持ちが言える
    【①子供が理解してる概念で表現を促す ②気持ちのマッチングをする】

  • 落ちつく方法
    【①落ちつける方法を一緒にきめる ②落ちつく方法を説明してもらう】

  • 落ちつく方法の実践
    【①イライラしたときに実践を促す ②落ちつけたら褒める 】

  • 落ち着けたことによるメリット
    【親が言葉にして伝える」も効果的】

  • いきなり完璧は目指さない

以上になります。 継続することで、今よりも感情が爆発することが減っていきます。

もし1ヶ月以上継続して変化がない場合は、こちらをご覧ください。

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

原因が違う可能性があります。

原因の見極め方、対処法を参考にご覧ください。

-ADHD

執筆者:


  1. […] 今日からできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法 […]

  2. […] 家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法 […]

  3. […] 家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法 […]

  4. […] 家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜尿症とは【ADHDの子供との関係は?原因、対処法、治療法を紹介します】

子供のおねしょが心配な方「子供の年齢が上がってもおねしょがある。もしかして病気なの?夜尿症について詳しく知りたい。」 こういった疑問、お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 夜尿症とは夜尿症の原因とタ …

ADHDの子供に合う習い事とは【選び方~通い方まで徹底解説】※注意欠陥障害も含まれてます

ADHDの子供に合う習い事について知りたい方へ「ADHDの子供って習い事した方がいい?どんな習い事が合ってる?選べ方も知りたい」 こういった疑問・お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 習い事は4種類 …

ADHDの子供の長所は6つ!【長所の伸ばし方~習い事まで解説します】

ADHD(傾向)の子供の長所の伸ばし方を知りたい方「子供の長所が見つけられない。子供の長所を伸ばしてあげたい。子供の長所を活かせる接し方や習い事も知りたい」 このようなお困り、ご要望にお答えします。 …

ADHDの子供が増えてるって本当?【10人に1人と言われる理由とは】

ADHDの子供の数の傾向が知りたい方「ADHDの子供は増えてるの?増えてる理由を知りたい」 このような疑問/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子供の割合ADHDの子供が増えている3つの …

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

ADHDの子供の親「子供のことを本で理解したい。でも活字だと続かないかも。気軽に漫画で読んで知りたい。オススメな漫画って何だろう? 」 こういった疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子ども …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選