ADHD

どう本人に伝えるべき?ADHDの子供への障害告知【注意点3つあります】

投稿日:2020年7月31日 更新日:

子供に障害をどう伝えるか悩まれている方「障害について本人に伝えるべきか。いつ、誰が、どのように伝えたほうが良いのか知りたい。注意もあれば教えてほしい」

このようなお困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • ADHDの本人に伝えるポイント
    (障害告知)


  • ADHDの本人に伝えるときの注意点

発達障害を本人(子供)にどう伝えるべきか、そもそも伝えるべきか?

発達障害の子供の親であれば、誰でも悩まれると思います。

この記事の執筆者の私は、療育指導員を10年以上している2児の父親です。

私自身にも、言語発達遅滞/運動協調性障害の息子がいて、同じ悩みを持っている親でもあります。

私の支援経験をふまえ、障害告知のポイントと注意点をまとめました。

ADHDに限らず、自閉症スペクトラムやその他の発達障害の子供にも活かせる内容になります。

本記事が少しでもお役に立てれば、幸いです。

ADHDの詳細は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

ADHDの本人に伝えるポイント(障害告知)

ADHDの子供(本人)に伝えるポイントは、5つあります。

  • その①:「具体的」に伝える


  • その②:「できるようになること」を伝える


  • その③:「前向きな気持ちのとき」に伝える


  • その④:「長所」も伝える


  • その⑤:「対処法も一緒」に伝える

その①:「具体的」に伝える

障害名ではなく、具体的な行動や場面で伝えましょう。

例えば、

「机に気になるものがあると、授業に集中しづらいタイプ」

「人が話をしている途中でも、言いたいことが思いつくと、自分の話をするところがある」

などです。

子供が具体的にイメージできる伝え方が大切になります。

その②:「できるようになること」を伝える

工夫してできるようになる(していく)ことを伝えます。

たまに、「僕はADHDだからできないんだ。しょうがないよね」

とやらない理由にする子供がいます。

ネガティブな方向にいかないよう、丁寧に伝えていきましょう。

その③:「前向きな気持ちのとき」に伝える

子供が前向きな気持ちのときに、伝えましょう。

成功体験を積んだときなどポジティブな気持ちのときほど、受け入れやすくなります。

その④:「長所」も伝える

障害のことを、本人に伝えることはネガティブになりがちです。

そのため、子供の長所や得意なところも合わせて伝えましょう。

人より、頑張っていること、得意なこと、好きなこと。

どんな子供にも必ずあります。

一緒に伝えていきましょう。

その⑤:「対処法も一緒」に伝える

ここは、できる方だけで大丈夫です。

療育指導員の立場からすると、ここまで言えると理想的です。

その①で具体的な行動を伝えるときに、合わせて、

「○○すれば大丈夫」と対処法もセットで伝えられると良いです。

先程のその①の例で見ていきましょう。

  • 工夫前:「机に気になるものがあると、授業に集中しづらいタイプだよね」 
              

  • 工夫後:「机に気になるものがあると、授業に集中しづらいタイプだよね。でも授業前に使う物以外は、机の中にしまっておけば大丈夫だから、続けていこうね

もう1つ見ていきましょう。

  • 工夫前:「人が話をしている途中でも、言いたいことが思いつくと、自分の話を急にするところがあるよね」

             
  • 工夫後:「人が話をしている途中でも、言いたいことが思いつくと、自分の話をするところがあるよね。でも自分の話をする前に、一言相手に話をしていい?って聞ければ大丈夫だから、続けていこうね

事前に対処法が分かっていることが前提になるので、ハードルが上がりますが、

ここまで伝えられると、ネガティブで不安になるどころか

「○○すれば大丈夫!」と再確認でき、ポジティブに向き合うことができます。

もし対処法を知りたい方は、関連情報をいくつか載せておきますので、ご覧ください。


【ADHDの子供の忘れ物の対処法】

【忘れ物が減る!】ADHDの子供の忘れ物をしない7つの方法


【記憶が苦手なADHDの子供の対処法】

【療育セラピストが解説】記憶が苦手なADHDの子供の3つの工夫


【感情コントロールが苦手なADHDの子供の対処法】

家でもできる!ADHDの子供の感情コントロールの3つの方法

ADHDの本人に伝えるときの注意点

ADHDの本人に伝えるときの注意点は3つあります。

  • その①:障害名だけで伝えない


  • その②:落ち込んでいるときは、伝えない


  • その③:家族間/先生と話し合いをしておく

その①:障害名だけで伝えない

ADHDや自閉症スペクトラムなど、障害名だけ伝えるのは避けましょう。

理由は、不安だけ残り、自己肯定感が下がるためです。

障害名の響きだけ先行して、肝心な具体的な内容を伝えないと、子供にとってはネガティブです。

また子供の年齢によっては、ネットで調べたりと、ネガティブに捉えて、状況が悪化する場合もあります。

その②:落ち込んでいるときは、伝えない

これは、イメージされやすいと思います。

同じことを言うなら、前向きな気持ちの状態の方が、受け入れやすいです。

子供のコンディションが良いときに、伝えましょう。

その③:家族間/先生と話し合いをしておく

本人以外の、ご家族、そして先生と認識を合わせておきましょう。

家族はもちろんですが、先生にも事前に伝えておきましょう。

伝えた後の本人の些細な変化など、先生が注意深くみることもできるためです。

またタイミングについて、先生からアドバイスがもらえるかもしれません。

例えば、今は学校で上手くいってないから、伝えるタイミングをずらす、などです。

どう本人に伝えるべき?ADHDの子供への障害告知【注意点3つあります】のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ADHDの本人に伝えるポイント
    【①具体に伝える ②できるようになることを伝える ③前向きな気持ちのときに伝える ④長所も伝える ⑤対処法も一緒に伝える】



  • ADHDの本人に伝えるときの注意点
    【①障害名だけで伝えない ②落ち込んでいるときは、伝えない ③家族間/先生と話し合いをしておく】

以上になります。

本記事が少しでもお役に立たれば幸いです!

最後に関連する情報を載せておきます。

興味のある方は参考にご覧ください。


【ADHDの子供の接し方を本を学ばれたい方】

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】


【ADHDの子供の接し方を漫画で学ばれたい方】

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】


【親の接し方を学ばれたい方】

【ADHDの子供の親向け】ペアレントトレーニングとは【種類/費用/内容など概要を説明します】

-ADHD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

発達が気になる子の幼稚園選びで、悩まれている方「うちの子に合う幼稚園ってあるの?どう選べばいいの?子どもに合う幼稚園の選び方が知りたい」 こういった疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 「ADHD/グ …

【子供のADHD】ADHDの女の子の特徴とは。傾向~サポート法まで説明します

子供の発達が心配な方「ADHDの女の子の特徴って何?男の子とは違うの?女の子特有の困りやサポート方法があれば知りたい」 このような疑問/お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの女の子の特徴※ …

子供のADHDはいつわかる?【3才児健診での発見が多い】

子供のADHDがいつわかるか知りたい方へ「1歳半健診でしばらく様子を見ましょうと言われた。いつまで様子を見ればいい?子供がじっとしてられないのは、ADHDだから?」 こういった疑問にお答えします。 ✓ …

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

子どもにオススメな絵本/ADHDが学べる絵本を知りたい方「子供が絵本に興味もたない。どう読み聞かせしたら興味もってくれる?オススメな絵本があれば知りたい。あとADHDが知れる本も教えてほしい」 このよ …

ADHDの子供の自尊心は大切!【自尊心を高める5つの接し方】

ADHD(傾向)の子供の自尊心を高める接し方を知りたい方「子供の自尊心の大切さ、自尊心を高めるために必要な接し方や学べ方を知りたい。」 このようなご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 「ADHDの子 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/08

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点まで

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?