ADHD

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

投稿日:2020年4月6日 更新日:

発達が気になる子の幼稚園選びで、悩まれている方「うちの子に合う幼稚園ってあるの?どう選べばいいの?子どもに合う幼稚園の選び方が知りたい」

こういった疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • 「ADHD/グレーゾーンの子」に合う幼稚園の4つの特徴


  • 「ADHD/グレーゾーンの子」の幼稚園選びの3つのポイント

「幼稚園に入園できるか心配・・」「うちの子に合う幼稚園ってあるのかな」

お子さんの幼稚園選びは、何が正解が分からず、不安を感じる方も少なくないと思います。

この記事を執筆している私は、療育指導員を10年以上していて、1,200名以上の発達障害のお子さんとその親御さんを支援してきました。

その経験を元に、本記事では、幼稚園選びのポイントを4つにまとめてみました。

お子さんが安心して楽しめる幼稚園が見つかるキッカケになれば幸いです!

ADHD/グレーゾーンの子」に合う幼稚園の4つの特徴

ADHD/グレーゾーンには、いくつか特徴があります。この特徴に配慮される環境なのか、ここがとても大切になります。

✍ADHDとは

多動、衝動性、不注意タイプに分かれ、お子さんによって、混在することもあります。

詳しい特徴は、【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法をご覧ください。

✍グレーゾーンとは

グレーゾーンとは「発達の凸凹が多少あるけど、日常生活に大きな支障がでづらい(対処できる範囲)」ことをいいます。

詳しい特徴は、グレーゾーンの子供の6つの接し方【困り/特徴/サポートを説明します!】をご覧ください。

  • 1:少人数>大人数


  • 2:適度なカリキュラム&自由時間


  • 3:柔軟な関わりの方針/体制


  • 4:スタンス=「褒める>怒る」

1つずつ見ていきましょう!

1:少人数>大人数

大人数より、少人数の園の方が良いです。発達が気になるお子さんには、感覚が過敏な場合が多いです。

ザワザワする音/人の多さなど、他の子が気にならない刺激を、ストレスとして感じます。ストレスがたまると、奇声/癇癪など困った行動に繋がりやすくなり、過ごしづらくなります。

マンモス園のような、大人数の園は、慎重に見られた方が良いでしょう。

2:適度なカリキュラム&自由時間

適度なカリキュラム/自由時間のバランスが大切になります。ここでいうカリキュラムとは、「みんなで工作をする時間」など、集団活動(集団に合わせなければいけない)のことをいいます。

あまりにカリキュラムが多いと、苦手なことを強要されることも増え、失敗体験にや自信の喪失に繋がります。

また自由時間が多すぎると、ただ一人で過ごして終わり、友達と関わる経験を積むことが難しくなります。空間にいるだけになり、学ぶことが少なくなってしまいます。

「カリキュラム=周囲に合わせる力をつける」、「自由時間=リフレッシュできる」、になりますので、この時間のバランスが大事になります。

個人的には、カリキュラムが全体の7割以上を締めなければ、良いと思います。ここはお子さんによって様々ですので、ご家族や園の先生にも相談しましょう。詳しくは後述します!

3:柔軟な関わりの方針/体制

ADHD/グレーゾーンの子は、こだわりが強かったり、急な変更が苦手なことがあります。その特性から、集団活動に参加できないこともあります。

そんなときは、強要するのではなく、お子さんの特性/状態に合わせて関わる方針が大切になります。

また個別でサポート頂ける園の体制がないと、実際の配慮は難しいため、人員体制(補助の先生がいるのか)も大切なポイントになります。

4:スタンス=「褒める>怒る」

お子さんにとって、「褒められる」ということは、次も頑張ろう!というモチベーションになります。

逆に怒るということは、恐怖で無理強いしたり、自己肯定感が下がるネガティブなものになります。

例えば、片付けの場面で・・

  • A:「あと1個残ってるでしょ!片付けなさい!」


  • B:「4個片付けられて偉いね。よーし!あと1個で終わりだ!」

どちらの関わりの方が、お子さんが「片付けをしよう!」と思えるかは、説明するまでもないですよね。

お子さんが前向きな気持ち/行動がしやすくなる「褒める関わり」、これが大事になります!

ADHD/グレーゾーンの子」幼稚園選びの3つのポイント

幼稚園選びの3つのポイントを、見ていきましょう!

  • 1:プレ幼稚園に参加する


  • 2:事前に子供の特性を伝える


  • 3:似た特性の子が在籍してるか聞く


  • 4:園ができる具体的配慮を聞く

1:プレ幼稚園に参加する

  • 幼稚園の体験ができる
  • 先生の関わり/スタンスがみれる
  • 子供/園の相性が確認できる

幼稚園の生活を体験し、お子さんの「安心/楽しい/学び」に繋がるのか、確認しましょう。先生のお子さんに対する接し方が、確認できます。

2:事前に子供の特性を伝える

  • 子供の特徴を具体的に伝える
  • どういう配慮が必要か伝える

園の先生の理解/配慮は、集団生活で必須となります。そのためには、先生がお子さんの特性を理解することが、重要です。

把握していることは、情報として伝えて、お子さんの過ごしやすい環境を作っていきましょう。

3:似た特性の子が、在籍してるか聞く

  • 実際に似た特性のある子が通ってるか
  • 発達障害の傾向がある子の受け入れをしているか

似た特性のある子の受け入れ実績があるか確認しましょう。もし受け入れ実績があれば、園も接し方に慣れている場合があります。1つの判断材料になります。

4:園ができる具体的配慮を聞く

  • どういった配慮が、具体的にできるのか

具体的な配慮、加配などの人員体制があるのか、を事前に確認することが大切です。

具体的な配慮が分かれば、似た特徴の子の受け入れ実績がなくても、安心できる環境の可能性があります。

※加配:特定の子をサポートする補助の先生

✍障害/診断名は、園に伝えられた方がいい

よく「障害について、園に言うべきでしょうか・・入園断られそうで・・」と悩まれている方がいらっしゃいますが、伝えた方が良いです。

理由は、言わずに入園できたとしても、入園後の生活で、お子さんが困る可能性が高いためになります。

もし話をした結果、園の態度がネガティブに変わるようでしたら、そこは検討されない方が良いかもしれません。その園の反応がそのまま、お子さんに直結するためです。

✍入園の目的が大切

目的は「入園する」ではなく、お子さんが「安心して、楽しく過ごしながら成長するため」になります。

事前にお子さんの特性を伝え、園の理解/配慮が得られることを確認した上で、入園を検討していくことが大切になります。

「【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • ADHDとは】
    ・動きが多い
    ・衝動性が高い
    ・注意散漫



    【グレーゾーンとは】
    ・発達の凸凹があるけど、生活に大きな支障がでづらい


  • 幼稚園選びのポイント
    ・少人数>大人数
    ・適度なカリキュラム/自由時間
    ・柔軟な関わりの方針/体制
    ・スタンス=「褒める>怒る」


  • 入園までの進め方
    ・プレ幼稚園に参加する
    ・事前に子供の特性を園に伝える
    ・似た特性の子が、在籍してるか聞く
    ・園ができる具体的な配慮をきく

以上になります。

素敵な幼稚園が見つかりますように・・!

【関連記事】

【グレーゾーンの子ども】癇癪を減らす3つの接し方!療育指導員が解説!

【グレーゾーンの子供に合う習い事】5つのポイント/3つの注意点

【療育指導員が厳選】ADHDの子供にオススメな絵本5冊【ADHDが学べる絵本5冊も紹介!】

-ADHD

執筆者:


  1. […] 【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント【注意点あり】幼稚園行きだして癇癪を避けるために! […]

  2. […] 【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント【注意点あり】幼稚園行きだして癇癪を避けるために! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ADHD?グレーゾーン?子供の発達が心配なら絶対すべき3つの行動

子供がADHD、グレーゾーンの疑いがあり、何をすべきか知りたい方へ「健診や検査でADHD傾向orグレーゾーンといわれたけど、グレーゾーンって何?この先何に困るの?これから具体的に何をすればいい?」 こ …

大人しいADHDの子供とは【不注意型の特徴~3つの接し方を説明します】

子供の発達が心配な方「大人しいADHDの子供っているの?どんな特徴?接し方やサポート方法があれば知りたい」 このような疑問/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 大人しいADHDの子供の特徴※チェッ …

ADHDの子供の自尊心は大切!【自尊心を高める5つの接し方】

ADHD(傾向)の子供の自尊心を高める接し方を知りたい方「子供の自尊心の大切さ、自尊心を高めるために必要な接し方や学べ方を知りたい。」 このようなご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 「ADHDの子 …

ADHDの子供は友達がいない?【結論:他の子よりできづらい】

ADHDの子供に友達ができるのか不安な方へ「ADHDの子供が友達ができるのか不安。この先、子供にずっと友達できないんじゃないか心配。親として何をした方がいい?」 こういった疑問/お困りにお答えします。 …

ADHDの子供に必要な3つの支援【種類/費用など概要を説明します】

ADHDや発達障害の子供の支援について知りたい方へ「発達障害の子供の支援ってどんな種類があるの?それぞれのメリット/デメリットを知りたい。子供に合う支援を教えてほしい 」 こういった疑問、ご要望にお答 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選