ADHD

ADHDの子供に合う習い事とは【選び方~通い方まで徹底解説】※注意欠陥障害も含まれてます

投稿日:2020年3月16日 更新日:

ADHDの子供に合う習い事について知りたい方へ「ADHDの子供って習い事した方がいい?どんな習い事が合ってる?選べ方も知りたい」

こういった疑問・お困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • 習い事は4種類

  • ADHD(注意欠陥障害)の子供の習い事のおすすめ
    【結論ありません】

  • ADHD(注意欠陥障害)の子供に合った習い事の選び方
    【3つ】

  • ADHD(注意欠陥障害)の子供の習い事の始め方
    【体験で3つ確認】

  • 習い事が開始!親がすべき1つのこと
    【通塾2ヶ月目までチェック!】

この記事を書いている私は、療育セラピスト歴10年程になります。1000人以上の子供とその親を支援してきた経験を通して、記事をまとめています。

ADHDの子供にとっての習い事とは、『楽しむ』『自信をつける』『学べる』の3つが大切になります。ADHDの子供は他の子供より、注意される、失敗する経験が多く、楽しめず自信を失ったり、集団に参加できず、何もできなかった・・で終わることも少なくありません。習い事を選ぶときにも「子供に何を得てほしいのか」を考えていくことが大切になります。

というわけで今回は「ADHDの子供の習い事」について見ていきましょう。

ネット上には多くの習い事があり、選ぶのに迷ってしまいますよね。本記事で解説するポイントに沿って探していけば、子供に合った習い事の視点が身につきます。

ADHDの特徴を把握されていない方は、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の3つの特徴と7つの対応法

をご覧ください。

※記事は3分くらいで読み終わります。深掘りした解説は、関連記事を貼っておきました。

習い事は4種類

ここでは、メジャーな習い事に絞って、解説していきます。まずどんな選択肢があるのか、全体像から一緒に見ていきましょう。

それぞれの種類のメリット、デメリットを解説していきます。ここは説明するまでもないので、簡単にまとめていきます。

それでは1つずつ一緒に見ていきましょう。

運動系

メリット

  • ストレス発散ができる
  • 学校の体育などの活躍に繋げられる

デメリット

  • 集団参加しづらい(自由に動けるため)
  • 体育会系の厳しい先生だと怒られる機会が増える

学習系

メリット

  • 小学校の勉強や受験など進路に繋がる
  • 目で見て成果が確認しやすい
  • 学校のテストの点数UPに繋がる

デメリット

  • 苦手だと、苦痛になりやすい
  • 成長していないことも、形に残りやすい(点数など)
  • 嫌いだと、拒否感や苦手意識が一層強まる

楽器系

メリット

  • 学習や運動などと違ったジャンルの特技ができる

デメリット

  • 集中しにくい場合あり(音が注意を散らす)
  • 音の大きさの調整などが難しい(目で確認できないため)

その他

メリット

  • 将来の進学・就職などにも繋げられる
  • 個性に繋げやすい

デメリット

  • メジャーな習い事ではないため、学校で同じ習い事の友達が見つけづらい
  • 習い事をすぐに活かせる場面が少ない(進路や就職など長期的には良い)

細かく見るとかなりの種類があります。どんな選択肢があるのか、全体像が把握できれば、ここでは大丈夫です。

ADHD(注意欠陥障害)の子供の習い事のおすすめ【結論ありません】

一番気になっている方も多い、おすすめの習い事です。いきなりで申し訳ないのですが、結論からいうと、おすすめの習い事はありません。

「じゃあ意味ないじゃん!」と思われるかもしれませんが、ここから、子供に合った習い事の見極め方をお伝えしますので、安心してください。

その前に、私が「おすすめの習い事がない」と言った理由を説明します。それは、子供1人1人によって、合うものが違うからです。

例えば、ADHDといっても様々なタイプがあります。そして同じタイプ(多動型など)だったとしても、子供の興味のあるもの、得意・不得意、育ってきた環境、性格によっても変わっていきます。全く同じ人が存在しないように、全く同じ子供はいません。

私は今まで1000人以上の子供を支援してきましたが、全く同じ助言をした子供は1人もいません。

必ず1人1人の子供とそのご家庭に合った選択肢があります。そういう意味で、「おすすめはありません」という結論です。子供の習い事において、最も重要なことは親が「子供に合った習い事の見極め方を学ぶ」ことにあります。

では実際に子供にあった習い事をどう選べばよいのか、ここについて解説していきます。

ADHD(注意欠陥障害)の子供に合った習い事の3つの選び方

選ぶポイントは3つあります。特に最初の2つが重要になります。

  • その①:好きなことorやりたいことか
  • その②:成功体験が積めるか
  • その③:学びに繋がるか

その①:好きなことorやりたいことか

当たり前ですが、子供の好きなこと、やりたいことが大前提です。注意点として「得意≠好き」であるということ。熱心な親ほど、良く混同されるのですが、能力と興味は、別になります。

その②:成功体験が積めるか

なぜ成功体験が必要か?それは、習い事をする楽しさ(子供にとってのメリット)がないと、継続できないためです。

もしくは継続できても、失敗が続いて自信を失ったり、やらされている感が募るなど、マイナス作用が働く場合があります。

成功体験が積めれば、積極的に参加でき、楽しみながらより多くのことを学べます。

詳しくは、

【療育セラピストが解説】ADHDの子供の癇癪を減らす3つの方法

をご覧ください。

その③:学びに繋がるか

さきほど解説した、その①・②ができていれば、自然に学びに繋がります。強いて言えば、親が「何を学んでほしいか?」ここの目的意識を持つことが大切です。

たまに「周りの子が通っているので何となく通っています・・」と、お話される親もいるのですが、せっかくの習い事です。子供の楽しさ・幸せに繋がるよう、考えた上で選んでいきましょう。

選ぶポイントのイメージが湧いたでしょうか?

「この習い事はうちの子に合っているかも!」と候補が見つかりましたら、次はいよいよ「始め方」です。親のイメージと実際の子供の受け止め方は違うもの。

次は、本当に子供に合っているのか?を、見極める上で、大切な「始め方」について解説していきます。

ADHD(注意欠陥障害)の子供の習い事の始め方【体験で3つ確認】

まず、体験を受けることをオススメします。

気になる習い事を見つけましたら、事前に子供に説明し、納得や理解が確認できたら、体験に行ってみましょう。

習い事を選ぶポイントと、ほとんど同じになりますが、ポイントが3つあります。

  • その①:安心し、楽しめているか
  • その②:成功体験が積めているか
  • その③:子供が「成功体験を積む」ことができているか

その①:安心し、楽しめているか

  • 子供の気持ちに寄り添った声掛けがあるか
  • 感情的に怒られたり否定されることはないか

※『怒られる=自信をなくす(やる気をなくす)』です。先生の伝え方と子供の受け止め方にも、左右されますが、怒られることは、基本的に避けていただくのが望ましいです。

その②:成功体験が積めているか

  • 子供に合った難易度か
  • 子供のコンディションに合わせて柔軟に対応してくれるか
    (難易度調整・ペースなど)

※先生や教室のスタンスによって、大きく変わる部分です。必ず確認しましょう。

その③:学べているか

  • 1つでもできることが増えたか(できそうでもOK)

習い事が始まったら、親がすべき1つのこと【通塾2ヶ月目までチェック!】

一番抜けがちなのが、始まってからのこと。子供が体験して、楽しかったから大丈夫!ではなく、始まってからもポイントを見ていくことが、ADHDなど特性を持った子供の習い事には大切です。

子供のタイプによっては、慣れと同時に、普段出ている困りが出てくることも少なくありません。衝動的な言動などは、典型的な例ですね。毎日厳密にチェックではなく、最初の1~2ヶ月、あとは時々思い出して確認するなど、無理のない範囲で大丈夫です。

  • 「始め方のポイント」を最初の1~2ヶ月は毎回確認
  • 3ヶ月目以降は1ヶ月に1回のペースで確認

ここが、できていれば大丈夫です。

注意点

ここまで習い事について解説していきましたが、子供によっては「習い事をしない」ということも立派な選択肢になります。「急に何?」と思われるかもしれませんが、理由があります。

習い事をする為には、「先生の指示を聞いて、行動に移せる」「待てる」など一定のスキルが必要になります。

まだ未獲得な子供は、そこが育つまで、「習い事をしない」は1つの選択肢だと思います(本記事で解説している『始め方』のポイントを押さえていれば、ここの判断もできるようになっていますので、安心してください)

たまに『私がピアノをやっていたから、子供にもピアノを習わせたくて』とお話される親がいます。本記事で解説した『選び方』『始め方』のポイントを押さえていれば問題ないですが、明らかに子供が望んでいないのに、習わせ続けるのは避けた方が良いです。

親が「習わせたい」と思うのは、習い事をするキッカケとしては、良いことですので、ぜひポイントと合わせて確認してもらえればと思います。

ADHDの子供に合う習い事とは【選び方~通い方まで徹底解説】のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 習い事
    【①運動系 ②学習系 ③楽器系 ④その他】

  • ADHDの子供へのオススメの習い事はない

  • 子供1人1人に合った習い事を探すことが大切

  • 習い事のポイント
    【①選び方 ②始め方 ③始めて1~2ヶ月】

  • 選び方
    【①興味があり楽しめること ②成功体験が積めること ③学びになること】

  • 始め方のポイント
    【①安心・楽しめる・成功体験・学び ②教室や先生の関わり・スタンス・体制】

  • 始めて1~2ヶ月
    【始め方のポイントを確認する】

  • 体験だけで安心しない
    (慣れと同時に、困りが表面化することがある)

以上になります。

私が子供の支援をしていて、習い事で悩まれている親の一番の原因は『親視点の習い事』になっていること。子供と習い事の間で摩擦が起きている状態が続き、親子で困ってしまうケースが多いです。

親自身が習い事の「正しい選び方・向き合い方」を把握し、子供に向き合っていくことが大切になります。

ここさえできれば、習い事での大きな困りになることは、かなり減ります。

最後に選択肢に入りやすい習い事を載せておきます。本記事のポイントを照らし合わせながら、探しやすいと思います。

-ADHD

執筆者:


  1. […] ADHDの子供の習い事【選び方~通い方まで解説します】 […]

  2. […] ADHDの子供に合う習い事とは?【選び方~通い方まで徹底解説】 […]

  3. […] ADHDの子供に合う習い事とは?【選び方~通い方まで徹底解説】 […]

  4. […] ADHDの子供に合う習い事とは【選び方~通い方まで徹底解説】※注意欠陥障害も含まれてます […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

ADHDの子供の親「子供のことを本で理解したい。でも活字だと続かないかも。気軽に漫画で読んで知りたい。オススメな漫画って何だろう? 」 こういった疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 ADHDの子ども …

ADHDの子供の暴言は止められる?【2つの原因と3つの対応法】

ADHDの子供の暴言の対応法を知りたい方へ「些細なことで、子どもの暴言がでる、外で暴言がひどくなり、周りの人に迷惑を掛けてしまう、どう関わっていいか分からない」 こういったお困りごとの解消方法を解説し …

大人しいADHDの子供とは【不注意型の特徴~3つの接し方を説明します】

子供の発達が心配な方「大人しいADHDの子供っているの?どんな特徴?接し方やサポート方法があれば知りたい」 このような疑問/ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 大人しいADHDの子供の特徴※チェッ …

【療育セラピストが解説】記憶が苦手なADHDの子供の3つの工夫

記憶が苦手なADHDの子供の対応方法を知りたい方「子供が物忘れが多くて困る、記憶力は良くなるの?家庭ですぐに始められる子供への関わり方を知りたい」 こういったお困り/疑問にお答えします。 記憶力とは、 …

【ADHDの子供の偏食】4つの原因/10の対処法を解説!

子どもの偏食で困っている方「子どもの好き嫌いが激しい。同じものしか食べなくて困ってる。偏食について、できることを知りたい」 こういったお困りにお答えします! ☑本記事の内容 ADHDの子 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?