自閉症スペクトラム

運動が苦手な自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動【12選】

投稿日:2020年6月8日 更新日:

自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動を知りたい方「体を動かすことが苦手、指先が不器用・・。運動させたいけど、どうすればいいか分からない。オススメな運動を知りたい。」

こういったお困りにお答えします。

✓本記事の内容

  • 自閉症スペクトラムの子供の運動が苦手な原因
    【特性の1つの不器用さ】


  • 運動が苦手な子供の特徴と時期
    【乳幼児がほとんど】



  • 自閉症スペクトラムの子供に運動を促すポイント
    【5つ】


  • 家庭でできるオススメな運動方法
    【12選】


  • 家庭以外でできるオススメな運動方法
    【療育or運動教室】

この記事を執筆している私は、療育セラピスト歴10年程で、発達障害児とその親支援をしています。

息子が「発達性協調運動障害」を診断され、家庭でも多くの運動を取り入れてきました。

私自身の療育指導員の経験と、発達性協調運動障害の息子を育てた、実際に成功した取り組みをまとめてみました。

今では、我が息子も、不器用ではありますが、運動が好きで、楽しく取り組めています。

集団生活でも支障がないレベルまで、体を動かすことができるようになりました。

本記事のノウハウは、育児が初めてのママ/パパでも簡単に実践ができる内容になっています。

「これならできそう!」というものがありましたら、家庭で楽しみながら、実践してみてください!

では「運動が苦手な自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動」について見ていきましょう。

自閉症スペクトラムの子供の運動が苦手な原因【特性の1つの不器用さ】

自閉症スペクトラムは、代表的な特徴が3つあります。

  • その①:言葉の遅れ

  • その②:コミュニケーションの困難さ

  • その③:こだわりの強さ/興味の狭さ

※自閉スペクトラムの詳しい解説は、
自閉症スペクトラムの子供の症状とは?【4つの特徴と7つの接し方】をご覧ください。


この特徴以外で、「体の不器用さ」があることが多いです。

全身運動~手先の運動まで全てです。

全身運動は、粗大運動といって、
走る/ジャンプ/投げる/登るなど、全身を使う運動です。

手先の運動は、微細運動とって、
運筆、はさみ、靴紐、ボタン、スプーン/フォークなど、道具の操作で使う細かい運動になります。


ここで大切なことは、

子供の運動が苦手な原因が、育児が悪い/子供の努力不足でないということです。

特性(元々持っている性格のようなもの)が原因で、運動が苦手なのです。

そこを理解することが、子供に合った関わりを見つける第一歩です。

運動が苦手な子供の特徴と時期【乳幼児がほとんど】

「運動の遅れ」は、乳幼児で分かることがほとんどです。

理由は、運動機能が急速に発達する年齢のためです。

ただここで、多くのママ/パパが疑問に思う1つの問題があります。

それは、運動が
ただ苦手or特性的なもの
なのかが、分からないということです。

「うちの子運動が苦手かも?他の子より明らかに発達が遅い・・」と思いつつも、

ただ運動が苦手なのか、特性が原因の苦手なのかは、分かりづらいですよね。

ここでは、1つの目安として、特性が原因で苦手な場合の、チェックリストを載せます。

年齢的に過ぎた子でも、過去の様子を振り返ると、参考になると思います。

乳児の場合・・

  • 3ヶ月過ぎても首がすわらない
  • 寝返りができない
  • ハイハイがぎこちない
  • ミルクを飲むときにむせやすい
  • 安定して歩けるのが、1歳半以降

幼児の場合・・

  • 発音が不明瞭
  • 片足立ちができない
  • 公園の遊具で遊べない
  • 筆圧が強すぎる/弱すぎる
  • 両足ジャンプがむずかしい
  • 一人で着替えがむずかしい
  • 枠内に書くことがむずかしい
  • 階段の上り下りが1段ずつになる。
  • 年齢相応にスプーン/フォーク/お箸が使えない

次は、運動が苦手な子供に関わる上で、大切な視点について解説していきます。

自閉症スペクトラムの子供に運動を促すポイント【5つ】

自閉症スペクトラムの子供に運動を促すときに、大切な5つの視点を解説します。

  • その①:不器用さを受け入れる

  • その②:子供が楽しめる運動にする

  • その③:子供自身に選んでもらう

  • その④:できたら褒める

  • その⑤:担任の理解を得る

1つずつ見ていきましょう。

その①:不器用さを受け入れる

本記事で解説したとおり、自閉症スペクトラムの子供の運動の苦手さは、特性が原因になります。

自閉症スペクトラムの特性を理解した上で、関わりを工夫することが大切になります。

その②:子供が楽しめる運動にする

運動に関わらずですが、子供が楽しめないと、物ごとは継続できません。

継続できないということは、身にならないということです。

必ず、楽しめる運動を見つけていきましょう。

間違っても、子供が嫌がっているのに、親が強引に運動をさせるようなことは避けましょう。

運動の拒否感が出て、長期的にはマイナスになります。

その③:子供自身に選んでもらう

いくつか、楽しめそうな運動が見つかったら、子供に選んでもらいましょう。

子供に選んでもらうことが大切な理由は、2つあります。

1つ目は、継続する可能性が上がるためです。

「自分で決めたこと」は、周りに言われてやるより、続く可能性が高いです。

これは私達大人も一緒なので、イメージが湧きやすいかと思います。

2つ目は、子供の自立に繋がるためです。

人生は、「自分で決めること」の連続です。

日々、決める機会を作っていくことは、子供の自立心を高める大切な関わりになるのです。

もし年齢的or性格的に、
自分で選ぶことがむずかしいときは、

ママ/パパが実際にやってみせて、子供に見てもらいましょう。

嫌がる様子がなければ、試しに一緒にやってみても良いです。

子供が「やりたい!orやりたくない!」
と判断するための材料を

たくさん渡してあげましょう。

その④:できたら褒める

運動できたあとに、褒められると、子供が「またやってみよう!」と思い、次の運動に繋がりやすくなります。

運動は反復が大切なので、褒めることで、子供が「またやってみたい!」と思ってもらえることが重要です。

子供のやる気に火をつけましょう!

その⑤:担任の理解を得る

担任の先生に、事前に子供の運動の苦手さを伝え、配慮してもらうよう協力をしてもらうことが大切です。

理由は、子供が運動を楽しめる環境を作るためです。

自閉症(スペクトラム)の子は、特性上運動が苦手なため、同学年の子と比べ、運動の苦手さが出やすいです。

子供によっては、他の子と運動をする場では、自信をなくすきっかけになりやすいです。

そのため、先生が子供の特性を理解していれば、組み合わせや順番など、配慮してくれる場合があります。

また先生から、褒めてもらえたりすることで、子供も一層頑張れます。

担任の先生との面談でお話ができると良いでしょう。

もし面談まで期間が長い場合は、電話をし、個別でお話をする相談をするのも1つです。

熱心な先生でしたら、協力してくれる場合も十分にあります。

家庭でできるオススメな運動方法【12選】

自閉症(スペクトラム)の子供にオススメな運動を解説します。

私が療育指導/育児で実際に上手くいった運動になります。

購入するだけで簡単にできるもの、関わる機会を作るだけでできるものに絞っています。

また「粗大運動」と「微細運動」で種類を分けています。

運動は、基本的に粗大運動より、微細運動がむずかしいです。

発達段階上、大きな動きができるようになり、次第に小さい動きが身につきます。

赤ちゃんなどをイメージすると分かりやすいと思います。

最初は手足をバタバタ動かせるようになり、次第に握る/離すなど、オモチャを使った遊び(手先の動き)に変わっていきます。

ここも踏まえ、子供が、大きな動きが苦手なのか?手先の動きが苦手なのか?を意識して、選んでみましょう。

その中で、子供が楽しめそうなものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

粗大運動を同じ考え方になります。

基本的には、指先を使って楽しく遊べれば、何でもOKです!

こちらも参考程度に、私が実際に使っている物を載せておきますね。

100均などでも全部揃えられます!

友田商会 吹き棒10本入り シャボン玉液1本付 

友田商会 トモダしゃぼん玉液 1800ml 

ぺんてる 絵の具 エフ水彩 WFC2-12 ポリチューブ入り 12色

当たり前の内容ばかりだったかもしれません。

実はこの当たり前を、子供の興味に合わせて継続することが、成長に繋がっていくのです。

家庭以外でできるオススメな運動方法
【療育/運動教室】

家庭以外で、自閉症(スペクトラム)の子供の運動の機会を作る方法は2つあります。

  • 1:療育
  • 2:運動教室

1:療育

療育とは、子供を中心とした専門家の指導になります。

指導形態は個別と集団指導に分かれます。

詳しくは、

ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】

をご覧ください。

ADHDと記載ありますが、内容は自閉症スペクトラム含め、発達障害の子供に共通していますので、安心して読み進めてください。

2:運動教室

一般的な習い事です。

子供が好きなこと/楽しめる教室であれば、大丈夫です。

サッカー教室になりますが、こちらの教室のように、子供個人に合わせた指導方針の教室がオススメです。

  • サッカー教室

子供が好き!という場合は、体験教室で様子を見られるのが良いと思います。

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 自閉症スペクトラムの子供の運動が苦手な原因
    【特性の1つの不器用さ】


  • 運動が苦手な子供の特徴と時期
    【チェックリストで確認/乳幼児が多い】


  • 自閉症スペクトラムの子供に運動を促すポイント
    【①不器用さを受け入れる ②子供が楽しめる運動にする ③:子供自身に選んでもらう ④:できたら褒める ⑤:担任の理解を得る】


  • 家庭でできるオススメな運動方法
    【①粗大or微細運動から選ぶ ②子供が楽しめるもの】


  • 家庭以外でできるオススメな運動方法
    【療育or運動教室】

以上になります。

子供が楽しく継続できる運動や活動を選び、親子で楽しく運動をして頂ければ幸いです。

もし「専門の人に相談したい」という方は、専門の窓口に相談しましょう。


相談されたい方は、

ADHDの子供の検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】

の後半をご覧ください。

ADHDに関わらず、自閉症スペクトラム、その他の発達障害、グレーゾーンの子供の相談ができる窓口の情報になります。

参考になれば幸いです。

関連記事

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは

-自閉症スペクトラム

執筆者:


  1. […] 運動が苦手な自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動【12選】 […]

  2. […] 運動が苦手な自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動【12選】 […]

  3. […] 運動が苦手な自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動【12選】 […]

  4. […] 運動が苦手な自閉症スペクトラムの子供にオススメな運動【12選】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自閉症スペクトラムは治る?】治療/療育の種類/子供への接し方を解説します!

子供の発達が心配な方「自閉症スペクトラムって治るの?治療法や接し方が知りたい。それぞれのメリット、デメリットも教えてほしい。」 こういった疑問/お困りにお答えします。 ✓本記事の内容 自閉症スペクトラ …

自閉症スペクトラムの子供への叱り方とは【8つの接し方を解説】

自閉症スペクトラムの子供への叱り方で悩まれている方へ「ダメだと思っても、つい怒ってしまう。今の叱り方が合っているか不安。怒っても子供が同じことを繰り返してしまう。子供に合った接し方を知りたい」 こうい …

7歳の自閉症スペクトラムの子供の4つの特徴とは【8つの対処法も解説!】

7歳の子供の発達が心配な方「子供の小学校生活が心配。小学校では、何に困りやすくて、何ができると良い?就学に必要な準備などやるべきことが知りたい」 このようなお困り、疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 …

【自閉症スペクトラムの子供の奇声】5つの理由と5つの対処法

子供の奇声に悩まれている方「なんで子供は奇声を上げるの?近隣から苦情がきそうで心配。外出できる場所も限られて困ってる。奇声はどうすればなくなるの?対処法が知りたい」 このような疑問、お困りにお答えしま …

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

子供の発達が心配な方「クレーン現象が出て、子供の発達が心配。このまま様子を見ていていいのかな。クレーン現象の適切な接し方を知りたい」 こういったお困り、疑問にお答えします。 ✓本記事の内容 クレーン現 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?