不登校

【不登校は家庭環境の問題?】原因/対策/相談先を説明します

投稿日:2021年3月29日 更新日:

子どもの不登校で悩まれている方「子どもの不登校の原因は家庭環境って本当?家庭環境のどこを変えればいいのか知りたい」

このような疑問/お悩みに、お答えします。

☑本記事の内容



不登校の原因


・不登校の原因の「家庭環境」


・不登校のサポート法


・不登校の子の進路


・不登校の相談先


「もしかしたら不登校の原因は、家庭環境にあるかもしれない・・でも家庭環境のどの部分に原因があるのかわからない・・」という方が、多くいらっしゃるかと思います。

この記事を執筆している私は、発達・育児相談支援を11年以上しています。その中には、不登校のお子さんも多くいらっしゃいました。

その経験を通して、本記事では「不登校の原因、親の傾向、対策、相談先」をまとめました。

本記事が、参考になれば幸いです。

不登校の原因

結論からお伝えすると、「家庭環境が原因」の不登校が一番多いです。

特に小学生の子の不登校の原因に繋がることが倒的に多いです。

こちらの図は、小/中学生の不登校の子の原因別になります。

※複数回答のため、合計が100%ではありません。

 ✍不登校生徒数の推移

不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説しますの画像

図表出典:平成28年版 子供・若者白書 第2節 困難な状況ごとの取組|内閣府https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h28honpen/pdf/b1_03_02_02.pdf

平成27年度時点、不登校の子どもの数と割合
小学生:2万7581 人(0.42%、228人に1人)
中学校:9万8428 人(2.83%、35人に1人)
高校生:4万9591 人(1.49%、67人に1人)

中でも割合の高い中学生に関しては、40人のクラスに、約1人以上の不登校児がいる計算になっています。

✍不登校児童の発達障害児の割合

不登校のお子さんの20%が、発達障害(知的遅れなし)のお子さんになります。

私の知っているクリニックは、不登校の相談に来所される70~80%が発達障害のお子さんだそうです。発達障害のお子さんの不登校が、どれだけ増えているのかが分かります。

【関連記事】

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

不登校の原因の「家庭環境」

不登校の「家庭環境」による原因は、大きく3つあります。



①:親子関係


②:生活環境の急激な変化


③:家族関係の不和


1つ1つ見ていきましょう。

①:親子関係

親子関係のこじれが不登校の要因となる場合もあります。

虐待やネグレクト(育児放棄)による親子関係はもちろんですが、思春期の子どもとのコミュニケーションのとり方で悩まれている方も、少なくありません。

コミュニケーションにすれ違いが積み重なり、関係性の悪化に繋がる場合があります。

②:生活環境の急激な変化

両親の別居、離婚や身近な人の他界など、お子さんにとって大切な人との「別れ」を伴う出来事は、大きなストレスになります。

成人を対象にしたストレス評価の研究でも、「配偶者の死」はストレス原因の1位であり、その他の「別れ」についても上位を占めています。(参考:第103回日本精神神経学会総会シンポジウム「出来事のストレス評価」)

大人でも相当なストレスになるので、お子さんならなおさらです。

また、転職、リストラ、人事異動など、親御さんの生活環境の変化によるストレスが、間接的にお子さんのストレスにつながっているケースも少なくないです。

例えば、

親が子どもに八つ当たりする
両親の不安定さを子どもに伝わる

などになります。

③:家族関係の不和

こちらは、親子関係に問題がなくても、他の家族関係が悪いケースです。

例えば、

両親の不仲
祖父母と両親の不仲
自分以外の兄弟との不和

などがあります。

家族がこのような状態ですと、お子さんにとって家庭は安心できる場所ではなくなります。

その結果、家庭で消耗をして、学校へ行く気力をそがれ、不登校に繋がります。

【関連記事】

【発達障害の夫(妻)】の接し方/相談先について

✍イジメが原因の不登校は、全体の2%

不登校の原因の2%がイジメになります。意外に思われる方も多いかもしれませんが、不登校の原因は、イジメより家庭環境が多いのです。

不登校のサポート法

不登校の子のサポート法は、5つあります。

お子さんやご家庭の状況によって様々ですので、できそうなイメージのものがあれば、参考にご覧ください。



①:ストレスを減らす


②:生活リズムを整える


③:ポジティブなコミュニケーション


④:家での役割をお願いする


⑤:夢中になれるものを見つける


1つずつ説明していきますね。

①:ストレスを減らす

お子さんの「ストレスの元」を減らしましょう。

例えば、「学校にいく」ことがストレスなら、無理に学校に行かせることは、避けた方が良いです。

この場合、行けたとしても「無理やり行かされた」となり、大人への警戒心を強めたり、学校での自己肯定感が下がったり、疲弊して途中から学校にいけなくなるようになります。

お子さんに不安などのストレスを聞くのが良いです。もしストレスの強さが分かりづらければ、ストレスを数値にして教えてもらうのが有効です。

ストレスの合計を100%として、「学校の宿題は50%、給食が30%」など、具体的なストレスを数値で答えてもらうなどです。

お子さん本人の言語化が難しい場合は、共通認識が持てる数字などがお勧めです。

②:生活リズムを整える

学校に行く日と、同じ生活リスムで過ごせるようにしましょう(起床/着替え/食事/課題など)

学校に行くことが困難で、生活リズムが崩れている場合は、「学校に行く」というのは、触れず「家庭で学校と同じリズムで過ごせる」ことに重点を置かれた方が良いです。

不登校のお子さんの場合、学校が最も厳しい環境なため、家庭でできないことは、学校でできないのは、当たり前のことだからです。

まずは、家庭でできることを増やし、安定してきたら、学校を視野に入れる方が長期的に上手くいきます。

③:ポジティブなコミュニケーション

お子さんが、できたこと/手伝ってくれたことに感謝の言葉を伝えましょう。

「片付けしてくれてありがとう」など簡単な一言で大丈夫です。

不登校のお子さんは、学校に行かなければいけないことを理解しています。その上で行けない自分自身に嫌気が指したり、自信を失っています。

そんな状態でも、できていること/人に感謝されることが実感できると、前を向くエネルギーになります。

④:家での役割をお願いする

不登校のお子さんは、自己肯定感が保てるような機会が少ないです。

家の中で「誰かの役に立った」「今日は○○ができた」など、自分を肯定的に捉えられるよう機会を作ることが大切になります。

その1つとして、「家の中の役割」があります。役割は、本人ができて嫌いなことじゃなければ、何でもよいです。


例えば、ゴミ捨て、お風呂掃除、洗濯物を畳むなどです。お子さんと話をして、一緒に決めることをお勧めです。

⑤:夢中になれるものを見つける

お子さんの「夢中になれるもの」を見つけることです。

先ほどの「役割」の説明と同じですが、お子さんの自己肯定感が上がる時間、活動、場所、人とのつながりを作ることです。

「これは楽しい!」「これは自信を持ってできる」などの気持ちになれる好きなことを見つけ、没頭できる環境を用意してあげましょう。

不登校の子の進路

個人的には、必ずしも今の学校に登校しなければならないとは思いません。

お子さんに学校が合っていなければ、他の選択肢を考えていくことも必要になると思います。

これらは、私が支援してきた不登校のお子さんが選択された場所になります。



①:フリースクール


②:通信制の学校


③:転校


あくまで1つの選択肢として、把握して頂ければ幸いです。

①:フリースクール

不登校のお子さんの居場所として、学校の代わりとなる場所になります。下記のリンクから、フリースクールを探すことができます。

フリースクール一覧:FSNNPO法人フリースクール全国ネットワーク

②:通信制の学校

通信制の学校も、代表的な1つの選択肢です。詳しくは、「通信制高校」とはどんな学校?世界一わかりやすく解説!をご覧ください。


中学と高校の情報は、こちらになります。

③:転校

こちらは最後の手段の1つです。引っ越しができる方に限られてしますが・・。

私が支援させて頂いている親御様では、約1~2%の方が、実際に引っ越しをされ、環境を変えています。

前の学校の理解がなく、解決手段がなかったためは、1つ検討されるのも良いと思います。

ちなみに引っ越された方は、小さい問題はあるものの、以前に比べ、学校にもいけるようになり、生活自体はできている子が、比較的多いです。

不登校の子の相談先

 ✍在籍校

在籍校と連絡をとり、今の環境でできる最大限をことを話し合いましょう。まずは担任の先生に相談するのが良いでしょう。

 ✍教育委員会が運営する相談窓口

お住まいの地域で「○○県○○区 教育相談窓口」と検索すれば、相談窓口がみつけられます。

種類は、教育センター/教育相談所/教育支援センター(適応指導教室)などがあります。通所指導(カウンセリング・教科指導)を行っている場合もあります。

 ✍厚生労働省によって運営されている施設

「児童相談所」「保健所」「保健福祉センター」でも相談ができます。

ただし、地域によって名称が異なるので、詳しくはお住まいの都道府県・市区町村に「子供の教育相談をしたいです」と問い合わせるとよいでしょう。

「【不登校は家庭環境の問題?】原因/対策/相談先を説明します」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



【不登校の原因】
・過度な疲労
・友達関係
・叱責/失敗体験



不登校の原因の「家庭環境」
・親子関係
・生活環境の急激な変化
・家族関係の不和


【不登校のサポート法】
・ストレスを減らす
・生活リズムを整える
・ポジティブなコミュニケーション
・家での役割をお願いする
・夢中になれるものを見つける



不登校の子の進路
・フリースクール
・通信制の学校
・転校


【不登校の相談先
・在籍校
・教育センター
・教育相談所
・教育支援センター
・児童相談所
・保健所
・保健福祉センター


以上になります。

本記事が、参考になれば幸いです。


【関連記事】

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

-不登校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校のADHDの子供に必要な12の接し方【相談先も解説】

不登校のADHDの子供の対応方法を知りたい方「不登校で困っている、この先不登校になりそうで不安、不登校になったときの親の対応方法を知りたい」 こういったお悩みにお答えします。 ✓本記事の内容 不登校と …

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

不登校の子供で悩まれている方「不登校の子供へ何をしてあげればいいか分からない。この先、不登校になりそうで不安。不登校になったときの親の接し方を知りたい」 こういったお悩みにお答えします。 ✓本記事の内 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/29

【不登校は家庭環境の問題?】原因/対策/相談先を説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/03/01

【特別支援学級の高校ないって本当?】中学支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/25

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

2020/11/25

【家庭学習の天神とは】発達障害の子にオススメって本当?内容/料金/効果/口コミ/退会まで解説!

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/21

早期発見が鍵!自閉症スペクトラムの赤ちゃんの症状とは【子供のチェックリストあり】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/09

自閉症スペクトラムの子供は笑わない?主な症状とは【月齢別で解説します】

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/20

【子供の偏食】単なる好き嫌いじゃない!4つの原因と10の対処法を紹介します

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/17

【簡単にわかる!】特別支援学級と通級の違いとは。図で徹底解説!

2021/03/11

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

2021/03/08

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点まで