発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

不登校

【子どもの不登校が辛い】今より少しだけ。心が軽くなる情報をお届けします

投稿日:2021年5月19日 更新日:

子どもの不登校で悩まれている方「子どもがどうしても学校に行こうとしない。親として、学校に行けない我が子を見るのが辛い」

「お子さんの不登校」でお悩みの方への記事になります。

☑本記事の内容



不登校は「親の子育ての問題」ではない


・不登校でも大丈夫な理由


・不登校の子の選択肢


「親としてやれることはやったけど、子どもは不登校のまま…。もうどうしていいか分からない…。

我が子の不登校は、親として本当に辛い問題です。

不登校は、その子に環境がたまたま合わなかったということです。「自分に合った環境」を見つけることが大切になります。

この記事を執筆している私は、発達・相談支援を11年以上しています。不登校のお子さんへの支援も多くさせて頂きました。

その経験を通して、本記事では、お子さんの不登校で疲弊されている方に聞いてほしい「心の負担が軽くなるお話」をお届けしたいと思います。

不登校の子/親御さんが「自分に合う環境をどのように見つけ乗り越えてきたのか、私自身の経験に基づく内容になります。

本記事が、参考になれば幸いです。

不登校の原因

まず最初にお伝えしたいのは、

「不登校は親の育児の問題ではない」ということです。

不登校には、これらの原因があります。



①:授業についていけない


②:友達関係


③:先生との相性


中には、「学校に行く理由がないから」という子もいます。IQが高く、「学校で学ぶことがない」と考える子も少数ですが、いらっしゃいます。

このように、親では介入しきれない環境的な理由が多くあります。

とはいえ、お子さんが不登校のままですと「将来大丈夫かな・・」と不安になりますよね。

そこで次の章では、「不登校でも大丈夫」という理由をお話します。

✍イジメが原因の不登校は、全体の2%

不登校の原因の2%がイジメになります。イジメによる不登校は多くはないということが分かります。

不登校でも大丈夫な理由

「不登校でも大丈夫」な理由は、主に3つあります。

1つずつ見ていきましょう。



①:小・中学校は卒業できる


②:通信制の高校がある
※毎日の登校はしなくていい


③:高卒認定試験がある
※高校に行かなくても大学受験できる


1つずつ説明していきますね。

①:小・中学校は卒業できる

結論から言うと、義務教育(小・中学)は卒業できます。出席日数は関係ありません。

例えば小学1年生~中学3年生まで、1日も登校しなくても、卒業することが可能です。

私立の場合は、稀に卒業式に出ないと進級を拒まれたり、小中一貫校の中学への入学を断られるケースがあります。

この場合は、公立へ転校する必要が出ることもありますが、公立では問題なく進級・卒業が認められますので、ご安心ください。

理由は、義務教育は、進級/卒業の要件に出席日数はありません。

たまに公立でも、学校側や先生によっては、進級・卒業ができないかも・・などの話をしてくる場合があります(なるべく出席してもらう為に言っていることが多いと思うのですが・・)。

この場合は、上記の旨を学校側(校長や教頭などの管理職)に伝えましょう。それでも学校に受け入れてもらえない場合は、近くのフリースクールに相談してみましょう。

フリースクールは地域の学校と連携し、子どもたちの指導にあたっていることが多いため、具体的なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

【関連記事】

【不登校の子ども】通知表はどうなる?評価されることの多い成績とは。

②:通信制の高校がある

無事に中学校を卒業できた後は、高校に進学する子が多いと思います。

普通高校は、「週5日に対する出席日数」が進級/卒業に関わってきますが、通信制の高校は、毎日通う必要はありません。

通信制高校は、単位制を採用している所が多いです。

単位は、下の3つを中心に取得していきます。

・レポート
・テスト

・スクーリング(学校への登校)

スクーリングの頻度は学校によって様々です。毎日の学校もあれば、月に数回、中には年に1回という学校もあります。

ここは、学校選びの時点で確認べき大切なポイントになります。お子さんにどのぐらいの頻度なら通えそうか、一緒に考えることをお勧めします。

ちなみに、現在日本の通信制の高校では、「スクーリングが全くない学校」はありません…。

通信制の高校の情報収集は、高校卒業資格が取得できる通信制高校&サポート校!まずは一括資料請求を活用ください。

③:高卒認定試験がある

高卒認定試験に合格することで、大学・短大・専門学校の受験資格を得ることができます。

注意点としては、高校の卒業資格を得るためのものではありません。

例えば、高校に進学せず、高卒認定試験に合格して、大学受験に落ちた場合は、中卒扱いとなります。

あくまで進路の選択肢を広げられる受験資格を得るための試験ということになります。

✍高卒認定試験とは

文部科学省が主催する公的試験(正式名称:高等学校卒業程度認定試験)になります。

普通高校との大きな違いは、通常3年間必要とする期間を「短期間で資格取得」をすることができます。

✍高校卒業後の進路

進路の1つのとして、通信制大学があります。単位制であるため、毎日学校に行く必要はありません。

ただ、単位取得のためには、「出席が必須」という単位もあります。週に2~3日は学校に通わないといけないケースが多いです。

通信制の高校と違い、通信制の大学では、スクーリングなしの学校があります。1日も学校に通わずに進級・卒業できる学校があるということです。

お子さんに合う環境として「学校に通わなくても良い」という部分は、魅力的だと思います。

お子さんの意思があれば、スクーリングが少ない通信制の大学に通い、卒業することで、大学卒業資格の取得を目指すのも1つになると思います。

✍就職について

今は自宅でできる仕事が増えています。

例えば・・

・エンジニア
・Webライター
・Webデザイナー
・イラストレーター


などです。PC1台あれば、人に合わず仕事をすることができます。

もしお子さんがプログラミングなどに興味がある場合、まずは体験できる機会があると良いと思います。

参考程度に、私が実際に体験した教室を載せておきますね。

一般的なプログラミング教室と違って、発達障害のお子さんも多く通っているので、お子さんの特性の理解ある先生が多いのが特徴になります。

不登校の子の選択肢

私個人の考えになりますが、「今の学校に登校しなければならない」ということは、ありません。

考えられる手を尽くしても、お子さんに学校が合わないことはあります。

その場合は、他の選択肢を考えていくことも必要になると思います。

現状この2つが、不登校のお子さんが選択できる居場所になると思います。



①:フリースクール


②:通信制の学校


既に説明した部分もありますが、1つの選択肢として、ご覧ください。

①:フリースクール

フリースクールの運営は、個人、NPO法人などになります。

内容としては学習面よりは、生活面や精神面の支援を行う場所と言えます。基本的に入学資格はありません。

その地域の小・中学校と上手く連携していることも多く、フリースクールへの登校が学校の出席扱いとされるケースもあります。

ただ高校の場合は、出席扱いにならない所がほとんどになります(フリースクールが公的な教育機関でないため)。

このような事情もあり、フリースクールを利用する子には、小・中学生の割合が高くなっています。

フリースクールを探される場合は、下記を参考にご覧ください。

フリースクール一覧:FSNNPO法人フリースクール全国ネットワーク

②:通信制の学校

通信制の学校も、代表的な1つの選択肢になります。

通信制の高校は卒業要件を満たせば、全日制高校/定時制高校と同様に、高校卒業の資格を得ることができます。

全日制/定時制との大きな違いは、下の3つになります。

・毎日通学する必要がない
・学年制ではなく単位制
・留年がない


詳しく知りたい方は、高校卒業資格が取得できる通信制高校&サポート校!まずは一括資料請求をご覧ください。

どんな特色の学校があるのか、把握される所から始められることをお勧めします。

✍転校も1つの方法

「在籍校がどうしても合わない」という方の中には、転校される方も稀にいらっしゃいます。

在籍校への不信感が強く、学校見学などで、方針などに共感できる学校に出会えて、そこに通うために引っ越しをされるケースになります。

誰でもできる方法ではありませんが、私が経験した1つの事例として紹介させて頂きました。

「【子どもの不登校が辛い】今より少しだけ。心が軽くなる情報をお届けします」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



【不登校の主な原因】
・授業についていけない
・友達関係
・先生との相性
※親の育児の問題ではない


【不登校でも大丈夫な理由】
小・中学校は卒業できる
・通信制の高校がある
・高卒認定試験がある


【不登校の子の選択肢】
・フリースクール
・通信制の学校


以上になります。

本記事が、参考になれば幸いです。


【関連記事】

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

-不登校

執筆者:


  1. […] 【子どもの不登校が辛い】今より少しだけ。心が軽くなる情報をお届けします […]

  2. […] 【子どもの不登校が辛い】今より少しだけ。心が軽くなる情報をお届けします […]

  3. […] 【子どもの不登校が辛い】今より少しだけ。心が軽くなる情報をお届けします […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の中学生】定期テストは受けるべき?高校受験への影響と対策とは

不登校の子のテストで悩まれている方「定期テストは受けるべき?受験への影響が心配。不登校の子の高校受験が知りたい」 このような疑問/お悩みに、お答えします。 ☑本記事の内容 ・「テスト以前 …

【不登校の給食費】支払いは必要?支払いに悩んだ時の2つの方法とは。

不登校の子の給食費で悩まれている方「学校に行ってなくても給食費は払わないといけないの?なるべく無駄な給食費は払いたくない。良い方法があれば知りたい」 このような疑問/お悩みに、お答えします。 &#x2 …

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

不登校の子の担任がしつこくて困っている方「学校の先生が登校するよう連絡がしつこい。登校させるべき?でも子どもは登校を嫌がっているし…。親としてどうすべきか分からない」 このような疑問/お悩 …

【不登校】子どもに暇と言われたら?「将来役に立つ」4つのやれると良いこと

子どもの不登校で悩まれている方「子どもが暇!って言うんだけど、親として何をさせてあげればいいんだろう。参考になるものがあれば知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 …

【不登校の映画】不登校の子に向き合える「素敵な2作品」を紹介します

不登校がテーマの映画が知りたい方「不登校がテーマのオススメの映画が知りたい」 近年は「不登校」が取り上げられることが増えてきました。実際に不登校の子は、年々増加傾向にあります。 こちらの記事では、「不 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/07

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/28

【子どもの学習】勉強できないのは、なぜ?4つの理由と対策について。

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/21

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/25

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

2020/11/25

【家庭学習の天神】発達障害の子におすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因とクールダウンの方法とは。家庭でできる対処法を解説

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2020/02/29

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは

2021/06/14

【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策とは。