不登校

【不登校でも受けるべき?】テストを受ける5つのポイント・受けない時の影響とは

投稿日:2021年5月26日 更新日:

不登校の子で悩まれてる方「不登校でもテストは受けるべき?受けなかったらどんな影響が出る?テストを受ける方法・注意点が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



不登校の子が
 テストを受けなかった時の影響」

✅不登校の子がテストを受ける時
 「5つのポイント」

✅不登校の子がテストを受ける時
 「2つの注意点」


✅不登校の子におすすめ
 「学習対策」


不登校の子をもつ親御さんの悩みの1つとして、「テスト」があります。

多少頑張ってテストを受けてもらった方がいいのか、受けないと、どんな影響があるのか…

不登校の子のテストは、悩みが尽きないものだと思います。

そこで本記事では「不登校の子がテストを受けなかった時の影響・テストを受ける時のポイント・注意点」を紹介したいと思います。

この記事を執筆している私は、相談支援を10年以上していて、不登校の子の支援にも携わってきました。

その経験を元に、本記事をまとめています。参考になれば幸いです。

不登校の子がテストを受けなかった時の影響」

不登校の子が「テストを受けなかった時の影響」は、1つあります。

それは、内申点が影響する “私立の高校受験” に影響が出ることです。

私の地域では、私立の高校は内申点の評価が入る為、私立受験が厳しくなっています。

ここは、地域によって違いがあるかもしれませんでの、事前に学校に確認しておけると、安心です。

不登校の子がテストを受ける時「5つのポイント」

不登校の子が「テストを受ける時に大事な点」は5つあります。



①:子ども本人の「気持ち」
 (無理をしていないか)


②:「困った時の対処法」を決めておく


③:本人・家族・学校の「共通認識」をもつ


④:テストを受けやすい「環境」を作る

⑤:「テスト科目」を選んでもらう

それでは、1つずつ見ていきましょう。

①:子ども本人の「気持ち」(無理をしていないか)

本人が “どう思ってるのか” を確認することになります。

「テストを受けたい」「受けたくない」「迷ってる」など、本人の気持ちを聞いていきます。

本人が決めかねる場合は、選択肢を伝えるのも1つです。

「初日だけテストを受ける」「○科目だけテストを受ける」などを伝え、選んでもらうのも良いと思います。

選択肢の場合は、事前に学校に相談が必要になりますが、”本人が選ぶこと” は、不登校の子にとって、とても意味のあることです。

その理由は、不登校が続くと、自分で決める力(自己決定)、自分で何かをする行動(活力)が減りやすくなる為です。

そういった背景を考えると、不登校の子が「自分で選ぶ・決める」はとても大事な機会になります。

②:「困った時の対処法」を決めておく

「テストを受ける」となっても、テスト中に困ることもあります。

そこを想定して、本人と「困った時は、○○する」と決めておくことが大切になります。

例えば、

・手を挙げる
・教室を出て深呼吸
・保健室に移動する

・ヘルプカードを出す
・早退する

※ヘルプカード=言葉の代わりに困りを伝えるカード

などがあります。

困ったとしても「○○すれば大丈夫」と本人が思えていれば、安心感にも繋がります。

③:本人・家族・学校の「共通認識」をもつ

本人と確認したこと(本人の気持ち・対処法)を、学校の先生にも伝えておきます。

学校側と認識が揃ってないと、本人と家庭が良かれと思って頑張っていることも、

学校側から否定されたり、本人が注意を受けてしまうことにもなりかねません。

「本人が、今頑張るハードルの高さ・頑張り方」を “本人・家庭・学校” で共通認識を持つことが大切になります。

④:テストを受けやすい「環境」を作る

本人が “安心できる要素” は増やし、”不安になる要素” を減らしてくイメージになります。


例えば、安心できる要素でしたら、

・個室
・人が少ない
・先生が近くにいる

逆に不安になる要素でしたら、

・周囲の視線
・周りの音

周りの人の動き

などがあります。

学校で可能な範囲で、本人が “テストを受けやすい環境” を作ることが必要になります。

下は、その一例になります。

・保健室で受ける
・得意な科目だけ受ける
・時間帯を変えて受ける

このような方法を、学校と相談して決めておけると安心です。

⑤:「テスト科目」を選んでもらう

先ほどの④でも軽く触れましたが、本人が受けやすい科目を選んでもらうのも1つです。

全部の科目を受けることが、負担が大きい子には、

得意(嫌じゃない科目)な科目を選んでもらうのも、よくある方法の1つになります。


【関連記事】

【不登校の子】勉強しない心理とは?4つの理由・対処法・大切なポイント

不登校の子がテストを受ける時「2つの注意点」

不登校の子が「テストを受ける時の注意点」は、2つあります。



①:「とりあえず受ける」は避ける

②:失敗しても「責めない」

1つずつ見ていきましょう。

①:「とりあえず受ける」は避ける

テストに限らずですが「とりあえず受ける」は避けたい所です。

テストを受ける時に大切なのは、その子が、

「テストを受けて良かった(○○はできた)」「不安だったけど、大丈夫だった」という思えることになります。

テストが受けられても「辛くて嫌だった」「もうテストなんか受けたくない」という気持ちになれば、

本人にとって、ネガティブな経験にしかなりません。

本人の成功体験(結果的に、大丈夫だったという経験)を作っていくことが、一番大切になります。

②:失敗しても「責めない」

当日急に学校に行けなくなったり、テストが途中で受けられなくなっても、責めないようにします(テストに限らずですが)。

理由は、先ほど触れた通りで、本人のネガティブな経験になることを避ける為です。

不登校の子におすすめ「学習対策」

ここでは、不登校の子の1つの「学習対策」を紹介したいと思います。

私がお勧めするのは、タブレット学習になります。

本来は、市販教材・家庭教師なども選択肢に入りますが、

不登校の子の多くは、勉強のモチベーションが低い為、機会だけ与えても、形だけで成果に繋がらないことが多いです。

支援をする中で、実際にそんな子を沢山見てきました。

まず、不登校のお子さんには、勉強するモチベーションを高める(動機を作る)必要がある為、

「解けた!分かる!」という機会(ポジティブな経験)を作ることが大切になります。

✍小さい成功体験が積める「タブレット学習」

タブレット学習は、良い意味で勉強っぽくない為(キャラクターが解説してくれたり、ポイント制でゲーム感覚に近い)、

お子さん本人の “勉強してる” という感覚が、薄まりやすいです。

お子さんの学習レベル、学習への苦手意識の強さによって、どのタブレットを選ぶべきか、選択肢は変わってきます。

その他のメリット、デメリットなど詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

不登校の子にも共通する内容になっています。

【タブレット学習】

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

「【不登校でも受けるべき?】テストを受ける5つのポイント・受けない時の影響」のまとめ

記事のポイントをまとめます。


不登校の子が
テストを受けなかった時の影響」
・私立高校の受験が厳しくなる

不登校の子がテストを受ける時
 「5つのポイント」
・子ども本人の「気持ち」
・困った時の「対処法」を決める
・本人/家族/学校の「共通認識」をもつ
・テストを受けやすい「環境」を作る
・「テスト科目」を選んでもらう

不登校の子がテストを受ける時
 「2つの注意点」

・「とりあえず受ける」は避ける
・失敗しても「責めない」

不登校の子におすすめ
 「学習対策」
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

-不登校

執筆者:


  1. […] 【不登校の中学生】定期テストは受けるべき?高校受験への影響と対策 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の子】勉強しない心理とは?4つの理由・対処法・大切なポイント

不登校の子に悩まれてる方「うちの子、全然勉強しない。何で勉強しないの?不登校の子の勉強対策を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子 …

【相談員が解説】すららで不登校を出席扱いにする方法!7つの条件とは

すららについて知りたい方「すららっていう通信教材を使えば出席扱いになるって本当?出席扱いになる条件・方法・注意点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2 …

【不登校の再登校】失敗した時はどうすればいい?4つの原因と対処法とは

子どもの不登校で悩まれてる方「再登校が失敗した時はどうすれば良い?再登校できる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅再登校の失敗に繋がりや …

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

不登校の子の担任がしつこくて困っている方「学校の先生が登校するよう連絡がしつこい。登校させるべき?でも子どもは登校を嫌がっているし…。親としてどうすべきか分からない」 このような疑問/お悩 …

【不登校は連鎖するの?】兄弟で不登校。親の心構え・関わり方を解説します

兄弟で不登校について悩まれてる方「不登校は兄弟にも連鎖するの?兄弟で不登校になった時はどうすればいい?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅兄弟で不登校 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/13

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/06/24

【療育支援員が紹介】家庭療育グッズ30選!使う時の2つのポイントとは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【2023年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【自閉症の子向け】人と楽しめる!おすすめゲーム7選!療育指導員が紹介