発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

特別支援

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

投稿日:2021年3月3日 更新日:

特別支援学級について知りたい方「特別支援学級はどんな子が使うの?うちの子は判定下りるの?内容~卒業後の進路まで、詳しく知りたい」

このような疑問/ご要望に、お答えします。

本記事の内容



特別支援学級とは


特別支援学級の判定基準


特別支援学級の教育環境


特別支援学級の指導内容(障害種別)


特別支援学級のメリット/デメリット


特別支援学級の入り方


特別支援学級の卒業後の進路

「特別支援学級」という場所があっても、我が子は利用できるのか?そもそもどういった場所なのか?、いまいち分からないこと、ありますよね。

私は、発達支援の相談/指導員を10年以上しており、これまで特別支援に携わってきました。

この経験を元に、本記事では、判定の基準含めた「特別支援学級に関する基礎的な知識」をまとめてみました。

こちらの記事だけで、概要は把握できると思います。参考になれば幸いです。

特別支援学級とは

特別支援学級とは、原則8名以下のクラスで、お子さん一人一人に合った特別な支援を受けることができるクラスです。

通常の小/中学校において、特別な支援が必要な子を指導する場は、おもに3つあります。


①:特別支援学級


②:通級指導教室


③:普通学級

全体像が把握できると、特別支援学級の位置づけも理解されやすいと思います。

1つずつ説明をしていきますね。

①:特別支援学級(支援級)

特別支援学級に在籍となり、別の教室(クラス)で授業を受けて過ごします。

お子さんの特性に応じたクラスに分かれ、その子に必要な特別なサポートを、受けることができます。


【参考】「特別支援教育」パンフレット ※文部科学省

✍特別支援学級⇨増加傾向

特別支援学級を設置している小学校の割合は76.6%、中学校は73.7%。

つまり、ほとんどの小/中学校が特別支援学級を設置しています(2015年文部科学省の調査)。

また、特別支援学級に在籍している幼児児童生徒の数、特別支援学級の数は、どちらもここ20年間は、増加傾向にあります。

②:通級指導教室(通級)

普通学級に在籍している状態で、週1~2回程度(1~2h)、通級指導教室に通って、個別で授業を受けることができます。

お子さんによって、SST(ソーシャルスキルトレーニング)など、コミュニケーションの練習を取り入れる場合もあります。

学校により、学校内に設置されている場合(自校通級)と、近隣の学校に設置されている場合(他校通級)があります。

平成5年に、通級指導教室の設置が全国で制度化されたため、学校内で通級指導教室がある学校は、増加傾向にあります。

③:普通学級(通常学級)

一般的な学級のことで、1クラス40名以下で構成されています。

学校によっては、補助の先生がいるなど、体制に違いがあります。

特別支援学級の判定基準

結論からお伝えすると、特別支援学級の判定基準は、曖昧になります・・。

ただ、対象となる児童の特徴は、8つに分けられています。

  1. 知的障害
  2. 肢体不自由
  3. 病弱/身体
  4. 虚弱
  5. 弱視
  6. 難聴
  7. 言語障害
  8. 情緒障害


    【参考】日本の特別支援教育について ※文部科学省

たくさんありますが・・その中でも、近年「発達障害」が認知され、支援する動きが広まっています。

文部科学省によると、「特別支援学級に在籍する子の90%以上が、知的障害や発達障害をもっている」とのことです。

特別支援学級の教育環境

特別支援学級の指導内容を、見ていきましょう。

✍特別支援学級【小学校】教育課程

①各教科
②道徳
③外国語活動
④総合的な学習の時間
⑤特別活動
⑥自立活動


※国語、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭、体育、外国語

✍特別支援学校【中学校】教育課程

①各教科
②道徳
③総合的な学習の時間
④特別活動
⑤自立活動


※国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術/家庭、外国語

 ✍自立活動

障害による、学習or生活上の困難を解決・対処するための指導実施が目的になります。

「個別の指導計画」に基づいて、お子さんに必要な指導目標が決められ、達成していくための指導が実施されます。

例えば、コミュニケーションに不安のある子どもに対して、自分の気持ちを言葉で伝える練習などのSST(ソーシャルスキルトレーング)の時間をとるなどです。

具体的な内容は、お子さん一人ひとりに合わせたものになっています。

✍ 授業レベルの配慮

お子さんの理解力に応じて、各教科の目標・内容を下学年に調整することができます。

通常の学級に所属している場合は、このような配慮を受けることは、できません。

 ✍普通学級との交流

普通学級の子と、特定の時間を一緒に過ごすことができる機会になります。

これにより、特別支援学級の子と普通学級の子がお互い関わることができます。

例えば、下のような機会があります。

・朝の会や帰りの会は、通常の学級のクラスの子と一緒に過ごす
・給食や体育、音楽の時間は通常の学級で参加する

特別支援学級の指導内容(障害種別)

お子さんの障害の種別ごとに、教育内容に工夫がされています。

1つずつ見ていきましょう。

①:知的障害特別支援学級

大きく4つの指導に分かれています。

✍日常生活の指導
基本的生活習慣や集団生活をする上で必要な内容。

✍遊びの指導
遊びを学習活動の中に組み込んだ指導。体も動かし、他児と関わる機会も作っていくもの。

✍生活単元学習
生活上の課題/問題解決のためのスキルを身につける指導。

✍作業学習
手先を使った作業活動を学習活動の中に組み込んだ指導。将来の職業生活や社会自立を目指して総合的に学習するもの。

②:肢体不自由特別支援学級

通常の学級での授業のほかに、身体の動きや認知能力などの向上を目指した指導が行われています。

また、お子さんが可能な限り、自らの力で学校生活が送ることができるよう、廊下やトイレに手すりが付いていたりします。

また洋式の便座などの環境づくりがされていることも、多いです。

③:病弱/身体虚弱特別支援学級

病弱/身体虚弱特別支援学級には、病院内と学校内の2つがあります。

✍病院内の特別支援学級
入院中の病弱児のために、近隣の小学校や中学校を本校として、病院内に設けられている特別支援学級です。

ここでは、病院の職員との連絡を密にしながら、健康状態の回復・改善等を図るための指導が行われます。

✍小・中学校内の特別支援学級
入院を必要とせず家庭などから通学できる病弱/身体虚弱児のために、小学校や中学校の中に設けられている特別支援学級です。

ここでは、お子さんの病状や発達段階等に応じたの教育内容が指導されることがあります。

普通学級の子どもに関われる機会を積極的に設け、家庭などとの連絡を密にしながら、健康状態の回復・改善や体力の向上を図るための指導もあわせて行われます。

④:弱視特別支援学級

基本的には、小/中学校と同様の学習指導が行われます。

ただ、子どもの視覚障害の実態に合わせた少人数のクラス編制になっており、一人ひとり目標や内容は違い、特別な配慮や工夫がある指導が行われます。

⑤:難聴特別支援学級

こちらも基本的には、小/中学校と同様の学習指導が行われます。また、自立活動などが時間割に取り入れられることもあります。

コミュニケーションの訓練(ex.相手の気持ちに配慮した伝え方など)なども、よくある内容になります。

指導以外でも、専用の機器が用意されています。聴覚活用のためにオージオメータや集団補聴器、発音・発語指導のための音声直視装置などになります。

⑥:言語障害特別支援学級

主に、言語障害の状態の改善/克服を目的とする指導が取り入れられています。

・国語/算数(数学)⇨特別支援学級。
・生活科/図画工作(美術)/体育科/道徳/特別活動⇨普通学級。

このように、個別や集団など、科目に合わせて、参加する学級を変えて、学びを深める取り組みもあります。教室間の行き来をすることもあります。

⑦:自閉症・情緒障害特別支援学級

通常の小・中学校の教育課程を基準にしながら、必要に応じて、特別支援学校学習指導要領を参考にし、お子さんに合わせた指導をしていきます。

また、将来の社会生活に適応できるよう、長期的な目標の元、指導が行われています。

✍日常生活習慣形成のための指導
お子さんに合わせて、食事・排泄・衣服の着脱などの指導を学校生活の中で行います。例えば、食事では、

・スプーン/フォーク/箸で食べる
・食器を使い分ける
・マナーを守って食べる

など、長期的な目標から、逆算して、段階的に指導目標を進めていきます。

✍運動機能・感覚機能を高めるための指導
運動や感覚遊びを通して、情緒の安定/言語の発達/感覚を満たし、行動の安定化をするための指導です。

感覚の偏りがある子は、光や音、匂い、肌触りなど配慮が必要になります。その中で、できるだけ不安を軽減できる環境を作り対処の仕方の指導をしていきます。

✍言葉の内容を理解するための指導
アイコンタクト、相槌、返事、挨拶、人の話を最後まで聞く、相手の話が終わってから話をする、など社会生活に必要なコミュニケーションの指導を行います。

お子さんによっては、絵カード、写真、文字、ジェスチャー、などのツールを使って、やりとりの手助けをすることもあります。

✍人とのかかわりを深めるための指導
人とのコミュニケーションを円滑にするために、まずは大人との一対一の関係性構築から始めて、少しずつ小集団の児童との関係に広げていくような指導になります。

特別支援学級のメリット/デメリット

✍メリット

・発達/障害に合った指導が受けられる
・普通学級と行き来ができることもある
・給食の時間など普通級の子との関わる経験ができる

✍デメリット

・在籍基準があいまい
・受け入れ可能人数など地域差が大きい
・お子さんのストレスになることがある
・高校では、ほぼ特別支援学級が設置されていない
・学区内に支援級がない場合、遠くの学区に通学しなければならない

特別支援学級の入り方

「小学校入学前」、「入学後」に分けて見ていきましょう。

①:小学校入学前

小学校入学前に、教育委員会に就学相談をすることができます。地域によって内容や呼び方、手順が変わります。

お住まいの地域の就学相談については、お住まいの自治体・学校に問い合わせるのが一番良いです。

✍年中の年~6月頃:情報を集める

お住まいの市区町村の教育委員会に問い合わせたり、HPを参照して、地域にある特別支援学級の有無などについて、情報を集めましょう。

また4月~6月ごろにかけて、教育委員会が幼稚園や保育園、発達支援センターや療育センターに「個人調査票」「就学に関する調査票」の作成を依頼します。

就学への不安があると思われるお子さんについて、園やセンターは親御さんの了承を得て、調査票を作成します。

そして該当のお子さんの親御さん向けに、教育委員会が就学についての説明会を行います。

⚠注意点:私立/認可外の園は、情報が回らない場合もある

私立や認可外の保育園/幼稚園は、教育委員会の管轄外なので、就学関連の情報が回ってこない可能性があります。

その場合は、ご自身で市区町村の教育委員会に問い合わせをして、就学相談を受けることをお勧めします。

✍7~9月ごろ:就学の相談をする

市区町村の教育委員会へ連絡すれば、就学相談ができます。

就学相談では、専門の就学相談員と保護者との面談(複数回の場合もあり)を通してお子さんにとって、最適な就学先を決めます。

お子さんの状態を把握するための検査が行われたり、相談員がお子さんの在籍園・在籍校に赴いて、お子さんの様子を確認することもあります。

障害の状態、障害に基づく教育的ニーズ、保護者・専門家の意見、学校や地域の状況などの総合的な情報をふまえ、就学指導委員会がお子さんにとって良いと思われる就学先を決定します。

この決定に保護者の方が同意をすれば就学先が決定します。もし同意できない場合は、その旨を教育委員会に申し立て、再度就学相談を受けることもできます。最終的には保護者の方の意向が尊重されます。

就学相談では、子どもの状態を正確にしっかりと伝えることが大切です。医療機関で受けた診断書や療育手帳などがあれば、持参することをお勧めします。

②:小学校入学後(普通学級⇨特別支援学級へ)

小学校入学時は普通学級に在籍していたお子さんが、その後通級や支援学級による指導が必要となることもあります。その場合、小・中学校の校内委員会が関係しています。

校内委員会とは、子どもの状態に早期に気付き、適切な支援を行うために小・中学校に設置されたものです。

その役割とは・・

・支援が必要な子の早期の把握
・支援計画書の作成
・保護者相談の窓口
・担任の指導のサポート
・全教職員の共通理解を図る(研修など)
・専門家に判断を求めるかどうかの検討

このような役割を持った校内委員会が、必要な子への支援の機会提供につなげていきます。

✍中学校への進学

小学校で特別支援学級に在籍していたお子さんが、中学校でも特別支援学級に在籍する場合、同じ学区域内であれば、指導内容は小・中学校の先生、特別支援教育コーディネーターを通して引き継がれます。

【関連記事】

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

特別支援学級の卒業後の進路

進学する子の割合は94.1%です。進学した子どもの中では63.4%が特別支援学校の高等部に進学しています。

高校(高等学校)は、特別支援学級が、設置されていないのが現状です。

理由としては、

・義務教育でないこと
・入学試験などの選抜があること
・高等学校学習指導要領に特別支援学級に関する記述が少ない

などがあります。

ただし通級については、2018年度~文部科学省が準備を進めています。中学卒業後の進路は、早めの情報収集や見通しが大切になってきます。

詳しくは、【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説しますをご覧ください。

「【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで」のまとめ

記事のポイントをまとめます!



【特別支援学級とは】
・少人数で子ども一人一人に合った指導が受けられる教室


特別支援学級の判定基準】
・知的障害
・肢体不自由
・病弱/身体
・虚弱
・弱視
・難聴
・言語障害
・情緒障害


【支援学級の教育環境】
・各教科
・道徳
・外国語活動
・総合的な学習の時間
・特別活動
・自立活動

【特別支援学級の指導内容】
・知的障害特別支援学級
・肢体不自由特別支援学級
・病弱/身体虚弱特別支援学級
・弱視特別支援学級
・難聴特別支援学級
・言語障害特別支援学級
・自閉症・情緒障害特別支援学級

【特別支援学級のメリット】
・発達/障害に合った指導が受けられる
・普通級との行き来ができることもある
・普通学級の子との関わる経験ができることもある



特別支援学級のデメリット
・在籍基準があいまい
・学級数や受け入れ可能人数などに地域差が大きい
・お子さんのストレスになることがある
・高校は、ほぼ支援級が設置されていない
・学区内に支援級がない場合、遠くの学区に通学しなければならない

【特別支援学級の入り方】
・お住まいの自治体に問い合わせ
・就学相談

【特別支援学級の卒業後の進路】
・進学する子どもの割合は94.1%
・進学した63.4%⇨特別支援学校

以上になります。

本記事が何かのお役に立てれば幸いです。

【関連記事】

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

-特別支援

執筆者:


  1. […] 特別支援学級の詳しい説明は、【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路までをご覧ください。 […]

  2. […] 【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで […]

  3. […] 【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで […]

  4. […] 【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

通級について知りたい方「通級って効果あるの?どんな場所でどんな子が通うの?通級について、詳しく知りたい」 こういった疑問、ご要望にお答えします。 ✓本記事の内容 ・通級とは ・通級の効果 ・通級の支援 …

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点まで

通級(判定など)について知りたい方「通級ってどんな基準で判定されるの?うちの子が判定されるのか知りたい。通級が必要な目安、注意点も知りたい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑ …

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選

特別支援学級の担任について知りたい方「特別支援学級の担任になったら、何から準備すればいいの?知っておいたほうがいいことを、教えてほしい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑本記 …

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

特別支援学級の教員の給料が知りたい方「特別支援学級って普通の教員より、給料が高いって本当?具体的な金額や、普通の教員との給料の違いも知りたい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 &#x2611 …

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

特別支援学級の担任に不安がある方「特別支援級の担任にはずれが多いって本当?はずれの担任の場合、どうすればいい?」 このような疑問/お困りに、お答えします。 ☑本記事の内容 ・特別支援学級 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/07

【不登校】しつこい先生にはどう対応すべき?3つの対策を説明します。

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/28

【子どもの学習】勉強できないのは、なぜ?4つの理由と対策について。

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/21

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/25

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

2020/11/25

【家庭学習の天神】発達障害の子におすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因とクールダウンの方法とは。家庭でできる対処法を解説

2020/05/18

自閉症スペクトラムの子供の親が読むべき本【プロが選ぶ厳選5冊】

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2020/02/29

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは

2021/06/14

【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策とは。