発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

家での関わり方

【泣き止まない時に放置はNG?】イヤイヤ期の6つの対処法を解説します

投稿日:2021年9月10日 更新日:

イヤイヤ期の子の育児に悩まれている方「イヤイヤ期の子どもが泣き止まない時に放置はしていい?イヤイヤ期の子の対処法が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



・イヤイヤ期の子どもの「対処法」


・イヤイヤ期の子どものNGな「接し方」


・親の「イライラ解消法」



「イヤー!!」「これがいいの!」

成長に必要な時期とはいえ、毎日強烈な自己主張を繰り返されると、親御さんが疲れてしまいますよね。

育児において、このイヤイヤ期は、多くの親御さんにとって、悩ましい時期になると思います。

本記事では、そんな悩みを少しでも解消できる「イヤイヤ期の対処法、NGな接し方、イライラ解消法」まとめています。

この記事の執筆者の私は、育児で悩まれている方への相談支援を、10年以上してきました。

また2児の親でもあるため、支援者/親としての経験を元に、まとめています。

本記事が参考になれば、幸いです。

イヤイヤ期の子どもの「対処法」

イヤイヤ期の子どもの「対処法」は、6つあります。

できそうなイメージの湧くものがあれば、ぜひお試し下さい。



①:できるだけ「尊重」する


②:「気持ちの代弁」をする


③:他のことに「注意をそらす」


④:親が気持ちに「余裕をもつ」


⑤:「主語をママ」にして伝える


⑥:事前に「約束」をする




①:できるだけ「尊重」する

イヤイヤ期の「自分でやりたい」は、お子さんの自己主張の芽生えです。

これを尊重することで、お子さんが「自分で決めて取り組む」に繋がっていきます。

危ないことや周囲の人に明確がかかってしまう場合は、避ける必要がありますが、

それ以外は、『できる範囲でお子さんに自由にさせてあげる』ことが、良いと思います。

上手くいかなくて、大泣きをしたり、怒ったりすることもあると思います。

それも含めて、お子さんにとって大切な「学び」になります。

ただ、親御さんが「余裕がなくて怒っちゃいそう」などの場合は、無理をしなくて大丈夫です。

育児の他にも、家事や仕事など、日頃から大忙しの日常はストレスが溜まります。

チャレンジさせて、結界的に親御さんが怒ってしまうことになると、お子さんも親御さんも辛いですよね。

親御さんが『お子さんを手伝える余裕がある時』で、十分です。

②:「気持ちの代弁」をする

「○○できなくて、悔しかったんだよね」「○○をやってみたかったんだよね。それは悲しいよね」など、

お子さんの気持ちを、親御さんが言葉にして伝えたり、共感をするイメージになります。

私たち大人もそうですが、「自分のことを分かってくれている人」の話は、聞きますよね。

逆に、「自分のことを全然分かってない人」の話は、聞きたくないですよね。

これと同じで「ちゃんと自分の気持ちを分かってくれてる」を、お子さんに実感してもらうことが、大切になります。

:他のことに「注意をそらす」

『他のことに注意をそらす』ことも、効果的です。

時と場合によっては、「子どもの話をゆっくり聞いてる時間がない!」ということもあると思います。


そんな時に、効果的な方法になります。

例えば、お子さんにとって『もっと魅力的なもの』に、注意をそらすのが良いです。

「アンパンマン始まっちゃうよ!」
「今日の夜ご飯はハンバークだよ!」

「帰りに○○の電車で乗って帰るよ」

これは一例ですが、このようなイメージになります。

もし、家のオモチャや遊びも飽きてしまって、注意をそらせるものがない…という方は、

おもちゃのレンタル【キッズ・ラボラトリー】がお勧めになります。

オモチャのレンタルサービスで、定期的にオモチャが変わるので、

新しいオモチャに触れる機会が増え、お子さんの注意をそらすのに、効果は抜群になります。

④:親が気持ちに「余裕をもつ」

イヤイヤ期が始まったら、大人が『時間に余裕を持って行動する』ことが、大切になります。

時間の余裕は、気持ちの余裕に繋がります。

人は、時間に追われると、イライラするものです。

・明日の準備
・家事などの段取り

・時間に遅れないように

イライラする予測のつくものは、事前に余裕を持って行動できる状態にするのが、一番です。

ただでさえ、イヤイヤ期は突然の癇癪で予定が狂います。

日頃の育児に加えて、家事やお仕事もあると難しいことも多いかもしれませんが、

時間に+30分加えて予定を立てるなどができると、余裕が生まれやすくなります。

親御さんの余裕が生まれると、先ほどの①~③の方法も実践しやすくなります。

このように好循環が生まれると楽になりますので、この循環を作るまで大変かと思いますが…やる価値のあることです。

⑤:「主語をママ」にして伝える

幼児のお子さんは、自分より身近な人が喜ぶ方が、やる気スイッチが入ります。

例えば、朝お子さんを起こす場面でしたら…

①:幼稚園に遅れちゃうから起きて!
②:起きてくれると、○○(お子さん)と朝ごはん食べられるからママ嬉しいな

一般的には、②の声掛けの方がお子さんが頑張ろうと思える声掛けになります。

『ママ(お子さんが親しい人)を主語』にして伝えることで、お子さんは頑張りやすくなります。

⑥:事前に「約束」をする

イヤイヤ期が始まると、癇癪を起こす場面が、ある程度分かってくると思います。

そこが把握できたら、その場面になる前に、事前にお約束をしましょう。

例えば、買い物で外出する前に「今日は野菜だけを買うよ。お菓子は買えないよ」と伝えます。

お子さんが話を聞いていること、納得していることが確認できたら、お約束はバッチリです。

✍泣くキッカケの原因を避ける方法もある

先ほどの買い物の例でいうと、「事前に約束をしていても、その場になると癇癪を起こす子」もいらっしゃいます。

その場合は、癇癪のキッカケになる場所を避けるのも1つです。

買い物のお菓子コーナーが泣く原因でしたら、お菓子コーナーの前は通らないで買い物をするなどです。

他のご家族の方がいらっしゃる場合は、お留守番したり、車の中で待つ(お出かけの帰りに買い物をする時)なども方法もあります。

事前のお約束が通じない子には、効果的になります。

イヤイヤ期の子どものNGな「接し方」

イヤイヤ期の子どものNGな「接し方」は、3つあります。

できそうなイメージのつくものがあれば、お試し下さい。



①:泣いたら「要求に応える」


②:「泣かないで!」と言う


③:「ずっと泣いてなさい!」と言う


①:泣いたら「要求に応える

お子さんが泣いたら、要求に応えることは、逆効果になってしまいます。

お子さんからしたら「泣けば、要求が通る」と誤った学習をし、泣くことが増えていきます。

もし今まで、「泣いたら要求に応えてきちゃってたよ…」という方は、

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方をご覧ください。

そういう方に役立つ対処法を、図でまとめています。

②:「泣かないで!」と言う

「泣かないで!」と言うことで、お子さんは「泣く=悪いこと」と考えるようになります。

そのため、辛いことがあっても、泣くことを我慢したり、誰にも言わず『一人で抱える癖』がつきます。

一人で抱み続けると、早い子では小学校低学年頃から、

『鬱傾向や不登校など、違う問題』に繋がる可能性が高まってきます。

③:「ずっと泣いてなさい!」と言う

『ずっと泣いてなさい!』と言うことで、お子さんは、戻るタイミングを失ってしまいます。

言いたくなるお気持ちは、私も親なので、とてもよく分かります。完全にすることは難しいと思いますが、

できる範囲で距離をとって、親が冷静になる時間をとるのも、1つだと思います。

親の「イライラ解消法」

親御さんの「イライラ解消法」は、3つあります。

できそうなイメージのつくものがあれば、お試し下さい。



①:「成長」に目を向ける


②:人に話をする


③:「自分の時間」を楽しむ


①:「成長」に目を向ける

人は、ネガティブな印象が残りやすく、目にも付きやすいです。

ただ、振り返ってみるとお子さんの「成長した所」を、たくさん発見することができます。

・言葉が増えた
・ジャンプができるようになった
・難しかったパズルができた
・遊べるオモチャが増えた


このように、お子さんの成長に目を向けることで、

「うちの子頑張ってるな。すごいな」と親御さんが実感でき、ストレスを減らすことができます。

家族の中で、お子さんの成長した点を話し合うのも、お勧めになります。

②:人に話をする

日頃の育児の苦労など、人に話せると、気持ちが軽くなります。

私が支援してき方の中で、育児の悩みで精神的に参ってしまう方がいらっしゃいましたが、皆さん共通していたのは、

・一人で抱え込んでいた
話を聞いてくれる人がいなかった

になります。

そのため、一人で抱え込まず、人に話をすることは、とても大切なことになります。


もし話せる人がいない!という方は、SNS(ツイッター/インスタグラム等)で愚痴や苦労などを発信するのも1つです。

共感してくれる人からの反応があったり、同じ境遇の方と繋がる、ストレスの解消に繋がります。

当サイトの発達マップ(@hattatu map)も、育児で悩まれている方に役に立つ、情報を発信しています。

③:「自分の時間」を楽しむ

人によっては、難しい場合もあると思います。

ただ、親御さんの「自分自身のための時間」を確保することは、とても大切なことです。

真面目な方ほど、自分を疎かにしやすいですが、

「自分の時間」もお子さんのことと同じぐらいの優先順位で、時間を作って良いと思います。

例えば、週末の午前中はパパに預け、ママは外出して…

・友人とご飯
一人で晩酌
・美容室へ行く
・好きな映画を見る
・カフェでコーヒーを飲む

などです。

あと、自治体が運営しているファミリーサポートもお子さんを預けることができるので、お勧めになりますす。

「【泣き止まない時に放置はNG?】イヤイヤ期の6つの対処法」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



イヤイヤ期の子どもの対処法
・できる範囲で「尊重」する
・「共感・気持ちの代弁」をする
・他のことに「注意をそらす」
・親が時間・気持ちに「余裕をもつ」
・「主語をママ」にして伝える
・事前に「約束」をする「きりかえ」ができるようになる


イヤイヤ期の子どものNGな接し方
・泣いたら「要求に応える」
・「泣かないで!」と言う
・「ずっと泣いてなさい!」と言う



親のイライラ解消法
・「成長」に目を向ける
・人に話をする
・「自分の時間」を楽しむ



以上になります。

本記事が参考になれば、幸いです。


【関連記事】

【子育て】不安がある人が9割!子供を育てる…自信がない時の対処法

【ワンオペ育児】今より楽になる!休日の過ごし方とは。5つの方法を紹介

-家での関わり方

執筆者:


  1. […] 【泣き止まない時に放置はNG?】イヤイヤ期の6つの対処法を解説 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【宿題をやらない子が激変!】発達障害の子に効果的な4つの対処法とは

発達障害の子の宿題で悩まれてる方「子どもが宿題をやらなくて困ってる。発達障害の子が宿題がやれる様になる方法を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x27 …

【子供のゲーム時間】平均時間は?1日の適切な時間とルールの決め方とは

子供のゲーム時間が気になる方「子供のゲーム時間って平均でどれくらい?子どものゲーム時間は制限すべき?適切な1日の時間が知りたい。他の家庭はどうしてるのか、教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えしま …

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

子どもの癇癪で困っている方「癇癪が多くて困っている。気に入らないと、すぐに癇癪を起こす。適切な癇癪の対処法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2705 …

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

発達障害の子の勉強で悩まれている方「子どもが勉強してる時、あまりに進みが悪くてイライラしちゃう。子どももイラついてる。今より上手くいく勉強方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x2 …

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

子どもの発達が心配な方「子どもにクレーン現象が出て、発達障害なのか心配。子どもにクレーン現象があるときの、親としての適切な接し方・やるべきことが知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 &#x26 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/12

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/02/03

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/12/16

【療育支援員が解説】すららの発達障害の子の評判は?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/12/09

【療育支援員が解説】リタリコワンダーは発達障害の子に合う?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/11/19

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

2021/11/11

【ピアノは効果あり?】発達性協調運動障害の子への効果とは。注意点も解説

2021/11/05

【習い事でふざける子は発達障害?】5つの理由・対処法・習い事の選び方

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観の感想の例文】たった1つ!書き方のコツとは?注意点もあり

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/31

【中学生の進路】勉強できない子の将来はどうなる?3つの進路と対策とは

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/26

【普通学級にこだわる】我が子の障害受容ができないと起こる、2つの問題

2021/04/13

【発達障害】幼稚園から指摘された時、親はどうするべき?2つの考え方とやるべきこと

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/11

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説します

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/09

【グレーゾーンの子供に合う習い事はある?】3つのポイント/注意点

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選26選】

2020/05/28

【自閉症を描くオススメ映画17選】感動邦画~アクション洋画まで紹介

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/18

【支援者が選ぶ厳選5冊】自閉症スペクトラムの子の親に読んでほしい本

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/30

【ADHDの子ども向けサッカースクール】選び方を解説。発達障害の子は、リベルタサッカースクールがおすすめ

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2022/05/30

【療育支援員がおすすめ】発語を促す絵本12選!読み聞かせの3つのコツ

2022/05/20

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめの絵本12選!読み聞かせの3つのコツ

2022/05/09

【療育指導員がおすすめ】療育では定番!人気のおもちゃ~厳選26選~