【自己紹介】個人で発信する想い

こんにちは。発達マップです。

普段の発信では、自分自身のお話することは少ないですが、

ここでは私自身のこと、発信に対する想いをお話したいと思います。

何をしてる人?

画像1

私は普段、療育/相談支援員として、発達障害・グレーゾーンと言われるお子さん・親御さんの支援をしています。中には不登校の子もいらっしゃいます。

お子さんは、2才~中学3年生頃が中心になります。その中でも特に、未就園~小学2年生のお子さんが多いです。

支援に携わって10年以上が経ちます。お仕事以外のお話も少しだけ。

私は2児の父で、妻・8才の息子・6才の娘の4人家族です。

長男は4才の時に、言語発達遅滞、発達性協調運動障害の診断を受けており、療育に通ってました。

小さな躓きはあるものの、日々楽しく、毎日を送っています。

どんな支援をしてるの?

画像2

現在は、親御さんへの相談支援が中心になります。

個別でお話をお伺いしながら、

・お子さんへの関わり方
・家族間での認識のすり合わせ
・問題行動への具体的な対応方法
・学校への相談方法
・学級/支援先の選び方


など、相談内容に応じて支援をしています。

お子さんへの直接支援に携わっていた頃は、SST/ライフスキルトレーニングを中心にしてました。

・言葉の遅れ
・会話のキャッチボール
・感情コントロール
・集団参加
・学習の苦手意識
・癇癪
・自傷/他害
・その他家庭内の問題


色んな困りを抱えた子と関わる中で、様々な支援をしてきました。

何のために発信するの?

画像3

私が活動する目的は1つです。

それは、育児で悩まれてる親御さんが、

「ちょっと気持ちが軽くなった」
「子どもへの理解が深まった」
「子どもと向き合うのが少し楽になった」
「子どもと過ごしやすくなった」


と、少しでも感じていただくことです。

困りを抱える子の育児をする上での、視点・関わり方・事例などの情報に触れてもらうことで、

育児で大変な思いをされてる親御さんが「今よりちょっと前向きになれる」を目指してます。

私は今、療育機関に勤務していますが、組織にいると、伝えたいけど伝えられないことが少なからずあります。

また相談に来ていただかない限り、こちらから支援をすることは出来ません。

ただ実際には、相談できずに困っていたり、早い段階で情報を知るだけで子育ての不安・困りを減らせる場合も少なくありません。

そのため、組織に縛られず、誰でもすぐに情報に触れられるSNS・ブログを中心に、個人で発信するスタイルが、今の私にとって一番良い形になりました。

私の発信に触れることで、少しでもポジティブな気持ちになっていただけたら。と思ってます。

なぜ発信活動をしようと思ったの?

画像4

元々私は「困ってる子どもの力になりたい」という、漠然とした想いがありました。そんな想いから、子どもに携わる仕事に就くことを決めてました。(いつ頃から決めていたかは、定かではないのですが…)。

専門学校を卒業後、児童福祉施設で生活指導員になり、施設で生活する子(家庭の複雑な事情で養育が困難。当時は7~8割の子が発達障害)と衣食住を共にしてました。

数年共にした子ども達は、施設を退所します。多くの子は家庭に戻るのですが、正直私は指導員として「心から安心して送り出せる」と思ったことは、1度もありませんでした。

何かしらの懸念があり、これからの生活で、子どもに困りが生じることが、容易に想像できたからです。ただ子どもが施設で過ごせる期間には決まりがある為、そうせざる得ない現状を沢山見てきました。


退所する子を見ていく中で、家庭のあり方を考えさせられました。親御さんの考え方・関わり方が、お子さんに与える影響の強さを目の当たりにしてきました。

そんな経験を通して「発達障害の子が生きやすくなる支援がしたい。家庭の支援がしたい」という思いから、療育に携わる道に進むことを決めました。

療育の現場では、多くのお子さんの支援に携わることができました。発達障害といっても、一人として同じ子はいなく、本当に多くの困りを抱えた子がいることを知りました。

そこで支援をして数年が経つ頃、私の息子が生まれました。そして我が子の育児が、私の今の発信活動の大きなキッカケとなりました。

私の息子は、当時4才のとき、保育園で発達の遅れを指摘され、専門機関への相談を勧められました。そして療育に通うことになりました。

私も仕事柄、息子の発達の遅れには気付いていた為、家での関わりは意識していました(当時は、妻と共通認識を持って意識的に関わっていました)。

ただ息子を育てる中で「親ってこんなに大変なんだ…こんなにイライラするんだ…こんなに傷つくんだ…こんなに理解されないんだ」と厳しい現実を突きつけられました。

それまでの私は、正直「親が関わり方を学んで、子どもに合った接し方ができれば、多くの問題は解決できる」と思い込んでました。

今となっては、とても恥ずかしい考えですが、当時の私は本気でそう信じ、支援をしてました。実際に自分が親になって、発達に心配がある我が子を育てる中で。理屈通りにはいかないこと、

親の感情を抑えるのも難しいこと、周囲の言動で傷つくことが、日常的にあることを知りました。仕事柄、多少の知識がある分、できない自分をその都度痛感し、自己嫌悪に陥る時期もありました。

保育園からも何度も息子の発達について、傷つく言葉を言われてきました。不安や焦りを感じながら、妻と今後の子どもの支援など、何度も話を重ねてきました。

当時の保育園の先生に言われた「○君、今日も○○できなかったですよ。○君だけ皆から遅れてましたよ」と、何度も繰り返し言われたことは、今でも忘れられません。また医師から診断書を受け取った時の、あの言葉にならない気持ちは、今も胸に残ってます。

その当時の辛い思い・孤独感を経験して「親のサポートが圧倒的に足りていない」ことを、身をもって知りました。そんな経験を経て「困りを抱えた子の親御さん」に向けて、個人で情報発信することを決めて、今に至ります。

これからどんな発信をするの?

画像5

「困りを抱えた子の育児」に役に立つ発信をしていきたいと思います。

・子どもに向き合う視点
・具体的な関わり方
・親が抱える葛藤
・実際に支援した事例


このような情報発信をしていきます。

また当事者以外の方にも知ってもらうことで、周囲の理解が広がり、

困りを抱えた子や親御さんが少しでも過ごしやすくなる社会に繋がればと思っています。

その為に、一人でも多くの方に届く様、日々発信していきたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

投稿日:2020年2月3日 更新日:

執筆者:


  1. […] います。2才前後~中学3年生のお子さん・親御さんが中心になります。お子さんへの直接指導や親御さんへの相談支援などをしてきました。詳しくは、プロフィール をご覧ください。 […]

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/18

【自閉症の子におすすめ】感覚刺激グッズ13選!療育支援員が紹介します

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/12

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/12/16

【療育支援員が解説】すららの発達障害の子の評判は?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/13

【発達障害】幼稚園から指摘された時、親はどうするべき?2つの考え方とやるべきこと

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/11

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/09

【グレーゾーンの子供に合う習い事はある?】3つのポイント/注意点

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選26選】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/27

【ADHDの子におすすめ】絵カード 4選!3つの活用方法も紹介します

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2022/11/14

【自閉症の子向け】人と楽しめる!おすすめゲーム7選!療育指導員が紹介

2022/11/16

【発達障害の子におすすめ】遊び9選!楽しい!成長する!~療育支援員が紹介~

2022/08/08

【発達障害の子向け】楽しい!学べる!療育支援員おすすめゲーム7選!