学級・進路

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

投稿日:2023年2月22日 更新日:

子どもの学級で悩まれてる方「通級に通うのは、恥ずかしいこと?通わせるべきか迷ってる。通う基準・実際に通った子の事例を教えてほしい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅通級の「メリット」

通級の「デメリット」

通級に通った「成功事例」

✅通級に通った「失敗事例」

✅通級に「通う基準」

通級に「通うまでの流れ」

通級を検討する子が
 「備えたいこと」
~通級の注意点~


お子さんの発達・今後の学校生活に心配がある方の中には、

「通級って通った方がいいの…?」と疑問に持たれる方も少なくないと思います。

どんな基準で通級を利用すべきか、判断は難しいですよね。

そこで本記事では、通級を検討する上で参考になる情報をまとめています。

この記事を執筆者の私は、療育指導/発達相談を10年以上しています。

その支援経験を元に、通級に通った子の事例・よくある落とし穴をまとめています。

通級を検討される上で、参考になれば幸いです。

通級の「メリット」

通級のメリットは、5つあります。



①:「特性に合った指導」が受けられる

②:「安心できる場所」が増える

③:「自己肯定感が下がる場面」を減らせる

④:支援結果が「書面に残る」

⑤:「普通級の在籍扱い」になる


1つずつ見ていきましょう。

①:「特性に合った指導」が受けられる

通級を検討される子の多くは、特性がある場合が多いです。

言い方を変えると、その子に合った配慮・環境が必要な場合が多いです。

通級は個別(少人数)になる為、先生も柔軟に対応しやすく、必要な配慮・環境が得やすいです。

②:「安心できる場所」が増える

お子さんの「落ち着いて学べる場所」として、安心感に繋げられます。

・話を丁寧に聞いてもらえる
・分からないことは、何度も質問できる


など、”通級” という場所という存在が、お子さんが安心する要素になります。

学校生活を安心して過ごしやすくなります。

③:「自己肯定感が下がる場面」を減らせる

お子さんによっては、普通級だけでは、失敗体験が増える場合があります。

通級があると学びやすくなる子が、通級を利用せず、今の環境(普通級)だけで学ぼうとすることで、

「できなかった」という失敗体験に繋がりやすくなります。

失敗体験があまりに多いと、授業や学校自体が嫌になってしまうこともあります。

そんなリスク(失敗体験)を減らすことができます。

④:支援結果が「書面に残る」

通級では、担当の先生が日々記録(支援内容/子どもの様子)をとってくれます。

書面に残るので、どんな指導(関わり)がお子さんに合っているのか把握できたり、

療育などの機関に、情報共有として活用することもできます。

⑤:「普通級の在籍扱い」になる

普通級の在籍になる為、内申にも含まれます(公立校の受験が選択肢として増える)。

“他校にある通級” で受けた授業(自校に通級がない場合)でも、自校で行った授業としてカウントされます。

通級の「デメリット」

通級のデメリットは、5つあります。



①:通える基準が「曖昧」

②:「自己肯定感が下がる」可能性がある

③:抜けた分の「授業の補修がない」

④:「場所が遠い」場合がある

⑤:「専門性のない先生」の場合もある


1つずつ見ていきましょう。

①:通える基準が「曖昧」

通級の支援対象となる基準は、明確にはありません。

「普通級での学習に概ね参加でき、一部特別な指導を必要とする程度」とされています。

「○○だから、通級が利用できる」とは一概に言えず、

生活・学習面など、学校生活で子どもが困難を抱えていないか、様々な面から判断されます。

地域によっては「離席せず授業が受けられる」など、基準を設けてる場合もあります。

ただ基本的には、明確な基準が曖昧なため、学校(地域)によって違いがあるのが現状になります。

②:「自己肯定感が下がる」可能性がある

通級は、授業を抜けて参加するため、お子さんによっては「なんで自分だけなの?恥ずかしい」と疑問や不満を持つことが少なくありません。

特に小学校中学年以降は、周りからの見え方を意識する子が増えるため、そう感じる子が多いです。

③:抜けた分の「授業の補修がない」

通級は、授業を抜けて通うものですが、その分の補修がありません。

お子さんのタイプや抜ける授業によっては、遅れを取り戻すのに、苦労する場合があります。

④:「場所が遠い」場合がある

通級は、在籍校にないことがあります。

他校の通級に通う場合は、親御さんの送迎が必要になる場合があります。

私が支援していた方の中には「仕事の関係で送迎ができないので、通級はギリギリまで様子を見ます..」と、

送迎の問題で、通級の利用を踏みとどまっている方もいました。

学校よって様々ですので、在籍校に通級があるのか、事前に確認できると安心です。

担任の先生に相談するのが早いと思いますが、お住まいの自治体に、通級の設置校を聞くのも1つです。

ただ、以前より通級が設置されている学校は増えていますので、在籍校にないケースの方が少ないと思います。

⑤:「専門性のない先生」の場合もある

通級の先生は全員、教員免許を持っていますが、特別支援の免許(特別支援学校教諭免許)は持っていない場合が多いです。

これは制度上の問題なので、仕方のないことなのですが、先生によって専門性に差があるというのは事実です。

もちろん、特別支援の免許がなくても、素敵な先生はいますし、その逆のパターンもあります。

ただ、そういった背景も把握しておけると、通級の検討の材料になるかと思い、ここで紹介させていただきました。

【関連記事】

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法

級に通った「成功事例」

級に通った子の「成功事例」を2つ紹介します。

ここでいう成功とは、“お子さんの過ごしやすくなったか” という軸になります。

私が実際に支援に携わってきた中でも、特に多かったケースになります。

【通級が安心できる場所になった】小学2年生 ADHD傾向あり👦



授業の内容理解が難しく、次第に授業を嫌がるようになってきました。

それでも授業には参加していましたが、特に国語の理解が難しく、ただただ教室で時間を過ごすだけになっていました。


離席など、周囲に影響を出す子でないこともあり、支援級ではなく、個別の時間(通級)があると良いのではと、学校からお話がありました。

通級に通いだしてからは、本人の中で「通級は楽しい所」という意識がついたようで、普段の授業で拒否感を示すことはなくなりました。

通級の「興味に合わせて楽しく、分かりやすい教えてくれる指導」が本人の安心感に繋がったケースでした。


【SSを学ぶ場になった】小学5年生 ASD(自閉スペクトラム症)傾向あり👧



お子さんが思春期に入り、本人の言動がキッカケで、友達とトラブルになることが増えてきました。

トラブル自体は大きいものではないものの、本人の悪気のない言葉で友達が不快になり、小さな言い争いに発展していました。

本人はイラストカードなど、視覚的に振り返るだけで理解ができる力のある子でした。

学校との相談から、通級を利用することになり、SS(ソーシャルスキル)を学ぶ機会を作ることができました。


1年間通うことで、多少の伝え方の不器用さはあるものの、

トラブルに発展するまではなく、穏やかに過ごせるようになったケースになります。


級に通った「失敗事例」

級に通った子の「失敗事例」を2つ紹介します。

ここでいう失敗も、先ほどと同様で、“お子さんが過ごしにくくなった(辛い思いが増えた)” という軸になります。

こちらも私が実際に支援に携わってきて、特に多かったケースになります。

2つ目のケースは、対策を打って結果的には良い形で乗り越えたケースになります。


【本人が傷ついた】小学2年生 ADHD傾向あり👦



親御さんと学校側で、通級を利用することでお話が進んでいました。


ただ、本人にはしっかりとした説明はせず、本人は何となく違う場所に行くんだぐらいの感覚でした。

いざ通いだしたら、授業から抜けること、周りの目が気になるということを理由に、通級自体を嫌がるようになりました。


「何で僕だけなの?恥ずかしい」「僕がダメだからだ」と、本人が傷つく結果になってしまいました。

そこからは、通級に通うことは難しくなり、支援のない普通級のクラスで過ごすことになりました。


【学習の遅れ】小学3年生👦



通級で、週6コマ利用していたお子さん。

通級自体は、お子さんも楽しんでいて、SSを目的に利用していたので、コミュニケーション面の成長があり、順調でした。


ただ、通級は授業を抜ける形になるので、その分の授業の遅れを取り戻すことが大変で、本人・ご家族の大きな負担になっていました。

ただ通級はまだ必要性があったため、最終的には学習フォローの対策を打ち、家庭でタブレット学習を導入して、授業に大きな遅れが出ないような形で乗り切ることができました。


【合わせて読みたい記事】

【通級にいじめはある?】10年以上の現場から見えた”実態”

通級を「選ぶ基準

通級を選ぶ基準は、大きく3つあります。



①:本人の「意志」

②:本人に必要な「配慮・環境」が多いか

③:「第3者」の意見


1つずつ見ていきましょう。

①:本人の「意志」

通級に通うことに、お子さんの意志(納得感・必要性)があるのか、が1番大切になってきます。

客観的に必要性があったとしても、本人が望まなければ、

「行きたくなかったのに」「勝手に決められた」とネガティブな気持ちになります。

お子さんの意志がないと、良い方向には進展しません。

それでも通級の必要性がある場合は、通級のメリット・デメリットを伝え、

本人に選んでもらう機会を作ることしかありません。

それでも本人が望まないのであれば、本人の気持ちを尊重し、必要性を感じるまで待つほかないと思います。

具体的な本人への伝え方は、こちらの記事をご覧ください。

特別支援学級を例にしていますが、本質的には同じ内容になっています。

【合わせて読みたい記事】

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点

②:本人に必要な「配慮・環境」が多いか

先ほども通級が必要な子には、配慮すべき特性があることが多いというお話をしました。

ここでは、本人に必要な配慮が “通級で得られやすいのか?” の確認をすることが重要になってきます。

例えば「一斉指示の理解は苦手だけど、個別でゆっくり説明が必要」であれば、

検討される通級では、その配慮があるのかを確認していきます。

可能でしたら、担任や通級の先生に、本人に必要な配慮を確認できると安心です。

③:「第3者」の意見

担任、通級の先生、スクールカウンセラー、心理士、療育の指導員など、第3者の意見を聞くことも大切になります。

客観的に見て、必要性があるのか、お子さんが過ごしやすくなるのか、を判断できる材料になります。

第3者の方が必要だと判断する場合は、どういう場面でそう感じるのか、具体的に確認しておけると安心だと思います。

具体的な場面が分かれば、必要な配慮も具体的に考えられる為になります。

通級に「通うまでの流れ」

通級に「通うまでの流れ」は5つのステップになります。




①:学校(担任)に相談

②:学校側で検討

③:入級の申込み

④:教育委員会が面接・検査・審査

⑤:通級指導がスタート


①:学校(担任)に相談

まずは、担任の先生に相談します。この時に、在籍校に通級があるのか、ない場合は、どこの学校にあるのかも確認できると安心です。

また、学校側から提案されるケースもあります。この場合も、最初は、担任の先生とお話をして進めていきます。

②:学校側で検討

学校側が「その子への通級指導の必要性」を検討します。学校側の判断によっては、この段階で「もう少し様子を見ましょう」と言われることもあります。

③:入級の申込み

学校側で検討した結果、「通級指導の必要性あり」と判断された場合は、入級の申込み手続きへと進みます。

その際には「保護者⇨学校へ申込み」→「学校⇨教育委員会へ申込み」という流れで手続きが進みます。

④:教育相談会にて面接・検査

教育相談会(教育委員会内で実施)で、入級の必要性について検討されます。通級が必要かどうかの最終的な決定は、教育委員会でされます。

その際には、「保護者面接」や「医師の観察記録」や「発達(知能)検査結果」「担任の観察記録」などが必要になる場合があります。

通級が必要であると判断される場合もあれば、特別支援学級の必要があると判断される場合もあります。その場合は、再度、特別支援学級への入級相談をする必要があります。

⑤:通級指導がスタート

通級の利用が認められた場合、「入級決定通知」を受け取ります。

その後、通級の指導日が決定し、通級指導が開始となります。


学校によって流れが違いますので、詳しくは在籍校の担任の先生に確認してみましょう。

通級を検討する際の「注意点」

最後に、通級を検討する際の「注意点」と「対策」をお伝えします。

⚠【注意点】学習の遅れ



通級を検討する子が「備えたいこと」~通級の注意点~

ここでは、通級を検討する子が「備えたいこと」お伝えします。

通級を利用する子の中には、先々学習で困ることが少なくありません。

通級は、週に1~8コマと限られた時間になります。授業を抜けるため、学習の遅れが出やすい子がいます。

もちろん、支障が出るほどの困りにならない子もいます。

ただ、学習で困りを抱える子も少なくない為、事前に選択肢(対策)を知っておくのは大切なことになります。

遅れてから始めるより、遅れる前に始める方が、同じ頑張りでも、お子さんの自己肯定感や成果は大きく変わってきます。

学習対策は「タブレット学習」

特性ある子にとって、タブレット学習が良い理由は、4つあります。

・自分のペースで進められる
(在籍校にも合わせられる)

・理解しやすい勉強

(苦手意識を減らす)

成功体験が積める
(自己肯定感が上がる)

・ゲーム要素がある
(勉強嫌いの子も取り組みやすい)

また、よくある学習の困りポイントとして、

「問題が少し変わると解けなくなる」
「時間が経つと、解けなくなる」

などがあります。タブレット学習は、この問題に効果的にアプローチできます。

本人の解答結果を、AIが分析し、本人に必要な課題のみを提示してくれます。その問題を解き続けることで、学力に繋げてくれます。

①「問題が少し変わると解けなくなる」
⇨アニメーション解説で本質的な理解を促す
(考え方・論理的な理解を促す)

②「時間が経つと、解けなくなる」
⇨②の繰り返しでアプローチ

また、AIにより、問題を微妙に変えて出題されることもあり、パターンや丸暗記による表面的な理解は避けることができます。

アニメーション/音声解説は、文字の読み書き、参考書・市販ドリルの学習が合わない子も、理解しやすい特徴があります。

その他のメリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細は、下の記事にまとめています。

学習方法の1つとして、参考になれば幸いです。

グレーゾーン、未診断の子にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



通級のメリット
・個人に合わせた指導
・安心できる場所が増える
・自信を失う場面が減らせる
・支援の結果が書面に残る
・普通級の在籍になる

通級のデメリット
・通える基準が曖昧
・子どもが傷つく可能性がある
・抜けた分の授業の補修がない
・場所が遠い場合がある
・専門性のない先生の場合もある

✅通級に通った「成功事例」
・通級が安心できる場所になった
・コミュニケーションを学ぶ場になった

✅通級に通った「失敗事例」
・本人が傷ついた
・学習が遅れた

通級を選ぶ基準
・本人の「意思」
・必要な「配慮/環境」の多さ
・第3者の意見

通級に通うまでの流れ
①学校(担任)に相談
②学校側で検討
③入級の申込み(親⇨学校⇨教育委員会)
④教育相談会にて面接・検査・審査
⑤通級指導スタート

通級を検討する子が
 「備えたいこと」
~通級の注意点~
・授業に遅れない為の対策
(通級は授業を抜ける為)
・学習の失敗体験の予防
・本人に合う学習方法の把握
・タブレット学習

以上になります。

本記事が参考になれば、幸いです。

【関連記事】

【発達障害の子におすすめな習い事】選び方・注意点

-学級・進路

執筆者:


  1. […] 【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準 […]

  2. […] 【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準 […]

  3. […] 【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準 […]

  4. […] 【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準 […]

  5. […] 【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【中学生の進路】勉強できない子の将来はどうなる?3つの進路と対策とは

子どもの将来が不安な方 「勉強できない子どもの将来が心配。勉強できない子には、中学卒業後にどんな進路があるの?対策も教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 & …

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

特別支援学級について知りたい方「特別支援学級はどんな子が使うの?うちの子は判定下りるの?内容~卒業後の進路まで、詳しく知りたい」 このような疑問に、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

子どもの学級について悩まれてる方「特別支援学級って”いじめ”はあるの?何となく、”いじめ”がありそうで心配。支援学級を選ぶべきか悩んでる」 このようなお …

【通級を勧められた時】利用すべき?3つの判断基準とは。事例も紹介します

子どもの学級で悩まれてる方「学校から通級を勧められた。通級を利用すべきか迷ってる。学級選びの判断基準を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【現場でよくある事例】支援級(情緒級)を選んで後悔する3つのパターン・対策とは

子どもの学級で悩まれてる方「支援級を選ぶと後悔するって本当?どういう所で後悔するの?支援級を選ぶ時のポイントや注意点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &# …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~