不登校

【学校をまた休む…】不登校の復帰後の4つのポイント・注意点とは

投稿日:2023年8月17日 更新日:

子どもの不登校で悩まれてる方「せっかく復帰したのに、学校をまた休んじゃった。どうすれば休まずに行けるの?復帰後の子にどう関わると良いか知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



不登校の復帰後に
 「また休む理由」

✅復帰後に
 「休まない為のポイント」

✅復帰後に休んだ時の
 「対策」

✅不登校の復帰後に
 「大切なこと」

不登校の復帰後の
 「注意点」


不登校の子が
 「準備しておきたいこと」


不登校問題は、不登校期間中だけでなく、

復帰後の登校の不安定・家での関わり方など、様々な難しさがあります。

「復帰したのに、また休んじゃった..」

「登校を促すべき?無理させないべき?」

など、疑問やお悩みを抱えてる方も多いです。

そこで本記事では「不登校の復帰後」に関する情報を紹介します。

この記事を執筆している私は、不登校・療育支援を10年以上しています。

その支援経験・事例を通して、本記事をまとめています。参考になれば幸いです。

不登校の復帰後に「また休む理由」

不登校の復帰後に「また休む理由」は、

3つあります。



①:「回復」が不十分

②:本人が「無理をしてる」

③:「学校の環境」が悪い


1つずつ、見ていきましょう。

①:「回復」が不十分

不登校のお子さんは、心が疲弊していて、精神的に弱った状態なことが多いです。

そのため、まず最初に「休息」を十分にとる必要があるのですが、

この休息が不十分な場合、復帰後に休むことがあります。

周囲が登校するように何度も促してることが、原因の1つになります。

②:本人が「無理をしてる」

本人が無意識に頑張りすぎてるケースになります。

「学校に行かなきゃ!」と強い気持ちに対して、体が追いついてない状態です。

本人は無自覚なことが多いため、周りが気付くのに遅れることも珍しくありません。

③:「学校の環境」が悪い

「その子の特性・状態」と「学校の環境」が合っていないケースになります。

例えば、以下のような理由があります。

・担任の理解がない
・陰湿なクラスメイト
・学校側の配慮がない
(個別対応を認めない)

このような環境ですと、お子さんのコンディションが整っていても、環境的な問題で難しいことが多いです。

不登校の復帰後に「休まない為のポイント」

不登校の復帰後に

「休まない為のポイント」は4つあります。



①:本人に合う「通い方・ペース」を決める

②:「学校に行けない時」の対策も考える

③:「休む時の基準」を決めておく

④:「学校に行く・行かない」以外の選択肢


1つずつ、見ていきましょう。

①:本人に合う「通い方・ペース」を決める

本人と一緒に「通い方・ペース」を具体的に決めていきます。

あくまで一例ですが、通い方は、以下のような選択肢があります。

・保健室登校
・放課後に課題だけ取りに行く
・好きな授業だけ参加
・オンラインで参加


ペースは「週◯日登校」「好きな授業の日だけ登校」などがあります。

その日のコンディションにもよるので、

“ペースを守ること” が目的にならない様に注意が必要です。(ex.◯曜日は必ず登校、週◯日は必ず登校)

本人の意思がある
・できそうなイメージが持てる
 (本人が)

この2つの条件を満たす選択肢を見つけ、本人に決めてもらう過程が大切になります。

また、学校や担任の理解も必要なため、話を通しておく必要があります。

【合わせて読みたい記事】

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点

②:「学校に行けない時」の選択肢も考える

通い方やペースを決めても、学校に行けない時は行けません。

むしろ、行けない時がある子の方が多いです。

そのため「行けない時」にどうするのか、本人と決めておくことが重要になります。

例えば、以下のような例があります。

・別室登校
・特定の授業だけ参加

・オンラインで授業参加

本人に選んでもらい、その日の過ごし方を決めてもらいます。

中には、放課後に課題だけ取りに行くお子さんもいます。

【関連記事】

【別室登校の過ごし方】メリット・デメリット・教室へ復帰する5つのポイント

③:「休む時の基準」を決めておく

本人・家族も、共通認識が持てる目安(学校を休む基準)を決めておきます。

不登校の子は、前日まで学校に行くと言っていても、当日に「今日は休む」と言うことがあります。

本人としては、学校に行くのが本当に辛いのですが、

家族としては「昨日は行くって言ってたじゃん」と思われることもあると思います。

そこで本人のコンディションを、数値や天気で表現をします。

例えば、以下のような表現・基準があります。

・10段階中、2以下なら休み
(数字が大きいほど、体調が良い)

・晴れ~曇~雨で、雨なら休み
(晴れが体調が良い)

具体的な表現ですと、周りの人も本人のコンディションが把握でき、必要な配慮がしやすくなります。

④:「学校に行く・行かない」以外の選択肢

家で過ごす選択肢も、本人と一緒に決めておきます。

・家の手伝いをする
(洗濯・掃除・ゴミ捨て・買い物)
・家で自宅学習
(ドリル・プリント・タブレット)

「学校に行かない=やることがない=ダメなこと」と本人が思わないよう、事前に選択肢を用意しておきます。

“学校を休んだからダメ” ではなく、

「学校に行く変わりに、今日は◯◯ができた」と、“本人が前向きに思えるような環境” を作っていきます。

不登校の復帰後に休んだ時の「対策」

不登校の復帰後に休んだ時の「対策」は、

3つあります。



①:「十分な休息」をとる


②:復帰のプランを「見直す」


③:「違う選択肢」を検討する


1つずつ、見ていきましょう。

①:「十分な休息」をとる

休息が足りなかった場合の対処法になります。

本人に好きなことをして過ごしてもらい、十分に休んでもらいます。

休息が足りなかった理由で多いのが、本人が頑張りすぎてたり、周りが登校の促しをしてることです。

“休息が足りてるかどうかの目安” の見極め方は、下の記事をご覧ください。

【関連記事】

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点

②:復帰のプランを「見直す」

復帰のプラン・方法が、本人に合っていなかった場合は、見直しが必要です。

また、復帰のプラン自体はなく「何となく行けそうだったから」という理由の場合も、プランを考える必要があります。

本記事の、不登校の復帰後に「休まない為のポイント」の①の通り、通い方やペースを本人と決めることが必要になります。

【関連記事】

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

③:「違う選択肢」を検討する

復帰後に休む理由が、環境的な理由(学校の環境が合わない)が大きい場合は、

別の選択肢を検討するのも1つです。

こちらは、選択肢の例になります。

・別室登校
・フリースクール
・転校
・自宅学習

(担任が変わるまでの期間)

選択肢を伝え、本人の気持ちを確認することが大切になります。

不登校の復帰後に「大切なこと」

不登校の復帰後に「大切なこと」は、

3つあります。

家族が、認識しておきたい点になります。



①:復帰後に「休む子は多い」

②:「学校に復帰」は選択肢の中の1つ

③:「学校を休む」=本人を守る手段


1つずつ、触れていきます。

①:復帰後に「休む子は多い」

先ほども触れましたが、不登校の復帰後に休む子は多いです。

私の感覚的には、休む子の方が多いです。

復帰しても、本人のペースで通う(ex.体調に合わせて、月に1回休む)ケースも少なくありません。

②:「学校に復帰」は選択肢の中の1つ

「学校に行く」は、あくまで選択肢の1つになります。

お子さんの特性・状態、学校の環境によっては、「学校に行く」が最善でない場合もあります。

今は、他の選択肢も増えています。

・フリースクール
・通信
・転校

・自宅学習

「”本人に合う選択肢” を探す」という視点が、大切になります。

“学校” という集団生活が、本人にとってハードルが高い場合は、習い事から始めるのも1つです。

習い事の選択肢など、詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

【合わせて読みたい記事】

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点

③:「学校を休む」=本人を守る手段

「学校を休む」自体は、悪いことではありません。

過度なストレス、失敗体験、自己肯定感の低下から、本人を守る手段になります。

この認識をご家族が持つこと自体が、本人を守る要素となります。

【関連記事】

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

不登校の復帰後の「注意点」

不登校の復帰後の「注意点」は、

4つあります。



①:「強引に」復帰させない

②:「一喜一憂」しない

③:「成功・失敗」で捉えない

④:「学校の話」を無理に聞かない


1つずつ、見ていきましょう。

①:「強引に」復帰させない

本人の意思がない(はっきりしない)状態で、登校を促すことは避けた方が良いです。

また本人が無理をしてる自覚がない場合ですと、口では「学校行く」と言っても、

実際は、登校できる状態でない場合が多いです。

本人のコンディションを見つつ、別室登校・1部の授業だけ参加など、

ハードルを下げながら、学校との向き合い方を、丁寧に見つけることが大切になります。

②:「一喜一憂」しない

本人の1つ1つの言動・変化に、過剰に反応しないことになります。

親御さんとしては、本人のポジティブな変化・発言は嬉しいものです。

ただ、それは一時的なもので、根本的な解決に繋がる変化でない場合が多いです。

例えば、下のような言動になります。

・「学校に行く」と発言した
・数回登校できた

不登校の子は、気持ちの振り幅が大きいです。

前日の夜に「明日は学校に行ってみる」と言っても、当日の朝には「今日はやっぱり休む」と言うことも珍しくありません。

数日登校できたとしても、その後に反動でしばらく学校に行けなくなることもあります。

家でイライラしやすかったり、疲弊して家でぐったりしてることもあります。

大人の過剰な反応は、本人にプレッシャーを与え、無理をさせてしまいます。

「これ(今の子どもの言動・状態)は、気持ちの波の1部分なんだ」と思うことが、

親御さんの気持ちの負担を減らし、結果的に、本人に良い影響(安心感)を与えます。

③:「成功・失敗」で捉えない

学校の再登校、別室登校など、不登校問題は、チャレンジしても上手く行かないことが少なくありません。

ここで大切なのは「また振り出しに戻った..」と考えず、どんな出来事も大人側が「失敗」と捉えない姿勢を示すことになります。

例えば、保健室登校をした時に「2時間過ごしたけど、疲れて早退した」とします。

この場合は「早退しちゃった(最後まで過ごせなかった)」ではなく、

今は「1時間がちょうどいいんだ(本人に合ったライン)」という気付きを得た、ということになります。

このように、一見失敗に見えることも、良い側面で捉える(リフレーミング)ことが、

本人・親御さんの心を守る意味(前進してる感覚が持てる)で、重要になります。

④:「学校の話」を無理に聞かない

不登校の子の中には、学校の話に触れられたくない子も多いです。

私たちもですが、辛い経験・失敗体験など、人に触れられたくないことはあると思います。

「明日は、学校頑張れそう?」
「今日先生と電話で話したよ」
「来週、学校で○○やるみたいだよ」


これらの声掛けは、お子さんの状態に合わせて慎重になる必要があります。

不登校の子が「準備しておきたいこと」

ここでは、中長期的な視点で、不登校の子が準備しておきたいことをお伝えします。

不登校問題は、中長期的な問題になることが多いため、

その子の状態に合わせ、家庭で無理のない範囲で、今後の準備をすることが、大切になってきます。

不登校の子が抱える問題の1つが、 “学習の遅れ” になります。

不登校期間の長さに比例して、学習の遅れは大きくなり、進学・将来の選択肢に影響が出てきます。

ただ不登校問題は「◯日間で解決できる」など、見通しがあるわけではありません。

そのため、早めの対策として、自宅学習があります。

不登校の子にとって、

無理をしない
安心できる環境
自分で決められる

これらの要素が大切になります。

学力だけでなく、学習習慣の定着、過去の学習内容を忘れない為の復習も大切になります。

また、生活リズムを作るために、学習時間を設けたり、

復帰先・新しい場所(学校や進学先)に繋がる準備として活かすこともできます。

✍学習の遅れは「タブレット学習」で対策

不登校の子の自宅学習の1つとして、

「タブレット学習」があります。

個人の学力に合わせた、課題の自動抽出やアニメーション解説があり、

「その子に、今必要な課題を、丁寧に解説してくれる学習」になります。

自分に必要な課題を、自分で決めて学習することは、

学力だけでなく、お子さんの精神面でもポジティブな影響があります。

不登校の子に対しての、

「1日◯分は、勉強しないとダメよ」
「学校行かない分、勉強するよ」

などの声掛けは、お子さんのストレス値を高め、学力以前に不登校問題をより長期化させます。

そして、家族のストレスも増える一方です。

自分で決めた問題数のタブレット学習でしたら、家族からの声掛けも減り、お互いのストレスも減らせます。

難易度が本人の学力に合わせられてる為、苦手意識・モチベーションが低い子にも向いています。

メリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細は、下の記事にまとめています。

不登校の子の学習方法の選択肢として、情報収集をされたい方にも、参考になると思います。

発達障害の子向けの記事ですが、不登校の子にも共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

「【学校をまた休む..】不登校の復帰後の4つのポイント・注意点」のまとめ

記事のポイントをまとめます。


不登校の復帰後に
 「また休む理由」

・”回復” が不十分
・本人が無理してる
・”学校の環境” が悪い

復帰後に
 「休まない為のポイント」

・本人に合う “通い方・ペース” を決める
・”学校に行けない時” の選択肢も考える
・”休む時の基準” を決めておく
・”学校に行く・行かない” 以外の選択肢


復帰後に休んだ時の
 「対策」

・十分な休息をとる
・復帰のプランを見直す
・違う選択肢を検討する

不登校の復帰後に
 「大切なこと」

・復帰後に休む子は多い
・”学校に復帰” は選択肢の中の1つ
・学校を休む=本人を守る手段

不登校の復帰後の
 「注意点」

・強引に復帰させない
・一喜一憂しない
・成功・失敗で捉えない
・”学校の話” を無理に聞かない

不登校の子が
 「準備しておきたいこと」

・早めの学習フォロー
・タブレット学習


以上になります。

【関連記事】

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策

-不登校

執筆者:


  1. […] 【学校をまた休む..】不登校の復帰後の4つのポイント・注意点 […]

  2. […] 【学校をまた休む…】不登校の復帰後の4つのポイント・注意点 […]

  3. […] 【学校をまた休む…】不登校の復帰後の4つのポイント・注意点 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校の再登校】気をつけたい4つの注意点~復帰する時の6つのポイント~

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子が再登校する時の注意点が知りたい。復帰する時のポイントも教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅再登校 …

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

子どもの不登校で悩まれている方「家では元気なのに学校にいけないのは何で?学校に行かせるべき?休ませるべき?子どもへの接し方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【親のストレス】不登校に子にイライラする~3つの対策・5つの大切なこと~

子どもの不登校に悩まれてる方「子どもが家で普通に過ごしてる姿を見てると、イライラして仕方ない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子に 「イライ …

【復帰が怖い】不登校の中学生が再登校する時の4つのポイント・注意点とは

子どもの不登校で悩まれてる方「子ども(中学生)が復帰を怖がってる。どうすれば怖がらずに登校できるの?再登校する為の方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 & …

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

学校とのやりとりで悩まれてる方「子どもが不登校で学校に相談したいけど、具体的にどんな “やりとり” をすればいいか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x261 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~