療育

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

投稿日:2023年12月3日 更新日:

療育について調べてる方「療育に通うまでの流れが知りたい。注意点があれば教えてほしい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅療育に通うまでの流れ
 「6つのステップ」

✅療育に通う時の
 「3つの注意点」

✅運動面の発達が気になる子が
 「経験しておきたいこと」

✅療育を検討する子が
 「備えたいこと」


※記事内にプロモーションを含む場合があります

「療育」という言葉は、以前に比べ、聞く機会が増えました。

一方で、療育に通うとなると、

「どこで手続きすればいいの?」
「療育に通うまでの流れはどんな感じ?」

と迷われる方が少なくありません。

ただでさえ、お子さんの発達や困り事がある中で、療育の手続きを進めるのは、精神的にも肉体的にも、親御さんの負担が大きいものです。

療育が始まる前に疲れ果ててしまうことは、避けたいですよね。

そこで本記事では「療育に通うまでの流れ」を6つのステップでお伝えしたいと思います。

私は療育・発達支援を10年以上しており、これまで療育機関で多くのお子さん、親御さんの支援に携わってきました。

その支援経験を踏まえ、療育の通うまでの流れに加え、療育に通う時の注意点もお伝えします。

参考になれば幸いです。

療育に通うまでの流れ「6つのステップ」

療育に通うまでの流れは、

大きく6ステップになります。

療育を利用するには、通所受給者証、事業所の空き枠(利用日時・頻度・支援内容など)の確保が必要になります。

まずは、お住まいの自治体の障害福祉課へ連絡し「子どもの発達が気になっていて、療育を受けたいです」と伝えることで、ご案内があります。

通所受給者証は、医師の意見/診断書が必要な為、お子さんの様子によっては、療育が受けられない(通所受給者証が発行されない)場合もあります。

普段のお子さんの気になる様子をメモしておき、なるべく具体的な行動でお伝えできると、医師も療育の必要性の有無を判断しやすくなります。

✅意見書が出るかは「医師によって違う」

医師によっては、親御さんが希望すれば、意見書を出してくれる場合もありますし、逆に「様子を見ましょう」と簡単には出してくれない場合もあります。

✅通所受給者証は「1年毎の更新」が必要

基本的に1年毎の更新が多く、年度毎に更新するイメージになります。

必要な持ち物は、以下になります。

・印鑑
・申請書
・通所受給者証
・本人確認書類

【合わせて読みたい記事】

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

療育に通う時の「3つの注意点」

療育に通う時の「注意点」は3つあります。

注意点を知らないまま療育の手続きを進め、後から「思ってたのと違った..」と感じる方が少なくありません。

特に②・③は、区の窓口によっては、教えてもらえない場合もある為、注意が必要になります。



①:とにかく「時間がかかる」

②:「区の療育だけ」で検討しない
 (療育を早く受けたい方)

③:療育の「目的」と「タイプ」の相性


①:とにかく「時間がかかる」

通所受給者証を使った療育は、国の助成金を受けて、1割の負担で利用できます。

その分、利用・希望される方は多く、とても混み合っています。

私が知る範囲ですと、数ヶ月待ちは当たり前で、数年待ちも珍しくありません。

小学生以上の療育(放課後等デイサービス)の場合ですと、高校3年生まで対象になる為、お子さんの入れ替わりも少なく、混み合ってる事業所が多いです。

②:「区の療育だけ」で検討しない(療育を早く受けたい方)

お子さんの様子(困り具合)、ご家族のお困りの内容によっては、少しでも早く療育を受けた方が良い場合があります。

支援先と繋がりがなく、お子さんに下の様子が見られる場合は、早めの療育(まずは相談)をお勧めします。

・自傷、他害、暴言、癇癪
・不登校
・集団活動での逸脱行動
(ex.離席・参加拒否・癇癪)

とはいえ、区の療育は混み合ってる為、すぐに利用できない場合が多いです。

そのため、民間の療育が選択肢に入ります。私が知る中では、 リタリコジュニア がお勧めになります。

療育の業界では大手で、電話・無償面談で相談もできる為、情報収集だけでも有意義だと思います。

③:療育の「目的」と「タイプ」の相性

療育を利用する目的・療育のタイプ(形態)の確認が、大切になります。

例えば、目が合わないお子さんで発語を目指したい場合、最初に始めたい療育は、個別療育になります。

理由は、目を合わせて自分の要求が通る経験(本人のメリット)を作ることで、目が合うようになり、コミュニケーションの最初の1歩に繋がる為です。

発語をする為には、アイコンタクト(目を合わせる)が必要ですが、いきなり集団療育ですと、他の子がいる中、目を合わせる機会を作るのは困難です。仮に作れたとしても、60分の中で作れる機会は、不十分です。

まずは個別療育で、目を合わせて要求が通る経験を沢山積み重ね、コミュニケーションの土台を作ってく必要があります。

このように、お子さんに必要な機会・療育のタイプ(形態)のマッチングは、療育の成果に大きく影響する大切な点になります。

区の療育が空いたから、とりあえずそこに任せる(療育のタイプを確認せず)のではなく、判断する前に療育の中身の確認をしておけると安心です。

【関連記事】

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方

運動面の発達が気になる子が「経験しておきたいこと」

ここでは、運動面の発達が気になる子が、

「経験しておきたいこと」をお伝えします。

療育を検討する子の中には、運動面の発達がゆっくりな子が少なくありません。

“運動面の発達のゆっくりさ” とは、

・運筆、絵を描くのが苦手
・縄跳び、跳び箱が苦手
・何もない所で転びやすい
・体の動かし方がぎこちない
・手足を同時に動かすのが苦手
・ボールを投げる、取るが苦手
・手先が不器用
(ex.はさみ・お箸・ボタン)

など、個人差が出やすく、様々な形があります。

運動が少し苦手程度でしたら、問題はないと思いますが、運動(体の使い方)の苦手さが顕著で、

・自信がなくなる
(自己肯定感の低下)

・運動への苦手意識がつく
(運動への拒否感)

などに繋がる心配がある場合は、失敗体験が増える前の段階で、お子さんが必要な経験を積むことが大切になります。

その必要な経験とは、2つあります。

・体を動かす楽しさ
・体の動かし方を学ぶ

そして、周りの家族や先生にほめられたり、できることが増える中で自信がつき、その子の自己肯定感が上がります。

運動が苦手なことで、必ず困りに繋がるというわけでありません。

ただ、学校や園などの集団生活を送る以上、クラスの子と一緒に運動したり、人前で発表する場面もあります。お子さんによっては、自信を失うキッカケになり、運動自体が辛くなる場合もあります。

そんな失敗体験を積み重ねる前に「その子の発達に合った運動サポート」の機会が大切になります。

「運動」というと、走る、跳ぶ、などの全身運動のイメージが強いかもしれませんが、書字、道具の操作(ex.はさみ、お箸、ボタン)、工作など、手先の運動も含まれます。

運動は、大きい動き(ex.走る、跳ぶなどの粗大運動)⇨小さい動き(ex.書く、道具を使うなどの微細運動)になるにつれて、難しくなります。

小学校以降は、困りが表面化しやすい為、早めのサポートがあると安心です。

✅運動面のフォローは「へやすぽ」

発達が気になる時に、療育も選択肢になりますが、通所受給者証が必要であったり、空き枠が少なく、すぐに支援が受けられる保証がありません。

そもそも支援を受ける程の必要性があるのか、疑問に思われる親御さんも多いです。

そういった背景も考えると、オンラインでの運動サポートが選択肢の1つになります。

オンラインの運動サポートの特徴は、4つあります。


・気軽にできる
(自宅でオンライン)

・個別の発達に合うプログラム

(発達段階に合わせてくれる)

・畳2畳分で実施可能

(どこでも出来る)

・ゲーム性があり、楽しめる演出

(遊び感覚で参加しやすい)

運動面の発達が気になる子が、楽しく体の動かし方を学ぶことに必要な要素が含まれてます。

詳しい内容は、公式サイトをご覧ください。

へやすぽアシスト 公式サイト

療育を検討する子が「備えておきたいこと」

療育に通うことが現実的でなかったり、もう少し様子を見てもいいかな…という方に向けた内容になります。

健診、学校・園の先生に指摘されたり、親御さんから見てお子さんの発達が気になる時は、お子さん自身、特性を持っていることが少なくありません。

特性は、私たち誰もが持っているもので、個人差があります。生活で困らない程度の特性もあれば、生活で困りに繋がりやすい特性もあります(過ごす環境によっても変わります)。

ただ、「療育を検討してるけど、もう少し様子を見たい」という子の中には、学習面の困りが出る子が、一定数いらっしゃいます。

学習面は、離席や他害と違って緊急性の高い問題として捉えられないですが、

その分、見過ごされやすく、お子さんの失敗体験に繋がりやすい、注意すべき点になります。

失敗体験が多くなると、自己肯定感が下がり、物事へチャレンジする意欲が失われたり、自分自身が嫌になり、自分の殻に閉じこもってしまう場合があります。

「どうせ自分にはできない」
「どうせ自分はバカだ」

など、学習への拒否感が出てきます。

失敗体験を避ける為に本人に合った学習方法を見つけ、成功体験を積み、自己肯定感を上げる機会を沢山作ることが大切になります。

学習は、遅れが大きくなればなる程、取り返すまでに時間と労力が必要になります(お子さんによっては、取り返せない場合もあります)。

そうなる前に、本人に合った学習方法を見つけることから始めたい所です。

未就学の子は、就学前までに「学習(ひらがな・数字)は、嫌なものじゃない」と思えてる状態だと安心です。

小1・2は、学習姿勢の定着が大切ですので、学習の苦手さがあったり、既に苦手意識がある場合は、成功体験が積める機会が必要になります。

小学3~4年生頃から、学習面の困りが表面化する子が多い為、失敗体験が増える前に、自分に合った学習方法が見つけられるのが理想的です。

✅学習対策は「タブレット学習」

学校の授業や市販のドリル・プリントだけでは、学習に心配がある子には、タブレット学習は、心強い学習法の1つになります。

・集中力が途切れにくいテンポ
(集中力が切れやすい子向け)

・アニメーション/音声解説

(教科書、ドリルでは学びにくい子向け)

・AIによる学習課題の自動抽出

(自分に合った勉強箇所が教えてもらえる)

・ゲーム性があり、飽きない演出

(学習に拒否感がある子向け)

タブレット学習のメリット、デメリットなど、詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

“発達障害・グレーゾーン・発達ゆっくりな子” に、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。



療育に通うまでの流れ
 「6つのステップ」
・区の障害福祉課へ連絡
・申請書の提出
・面接
(ex.家族へのヒアリング)
・受給者証の交付
・事業所と契約
・療育開始

療育に通う時の
 「3つの注意点」
・時間がかかる
 (数ヶ月~数年)
・区の療育だけで検討しない
 (療育を早く受けたい方)
・療育の “目的” と “タイプ” の相性

運動面の発達が気になる子が
 「経験しておきたいこと」

・体を動かす楽しさ
・体の動かし方を知る
・運動の成功体験
・へやすぽ
 (運動サポート)

療育を検討する子が
 「備えたいこと」
・早めの学習フォロー
・自分に合う学習法の把握
・学習の成功体験
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【早期療育せず後悔】4つのパターン~療育で大切な考え方~

-療育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

療育の効果について知りたい方「療育で、周りの子に追いつくことは出来るの?実際に療育を経験した人の事例が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅療育 …

【療育の現場で見てきたこと】早期療育せず後悔した4つのパターン~療育で大切な考え方~

子どもの療育について悩まれてる方「早期療育をしないと後悔するって本当?療育は早いほどいいの?事例も知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅早期療育 …

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

療育の頻度について知りたい方「療育は、週何回通うもの?実際に通ってる子は、どのぐらいの頻度が多いの?効果が出る頻度・期間が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【療育】掛け持ちはできる?メリット・デメリット・療育の選び方を解説

療育通い方で悩まれている方「今の療育先では日数が足りなくて、もう少し増やしたいけど、掛け持ちはできるの?」「掛け持ちは、子どもが混乱するって聞いたけど本当?」「これから療育を始めたいけど、気になる療育 …

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

療育を辞めるべきか迷ってる方「療育をやめた方がいいか迷ってる。療育やめたら、子どもが将来困らないか不安。療育をやめても良い目安が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~