療育 家での関わり方/その他

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

投稿日:2023年9月1日 更新日:

発達ゆっくりな子が心配な方「発達ゆっくりな子は、その後どうなるの?時間が経てば、皆に追いつくもの?それとも困りが大きくなるの?」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



✅発達ゆっくりな子の「その後」
 ~よくある事例を紹介~

子どもの発達が
 「どうしても心配な時」

発達ゆっくりな子に
 「今、家族にできること

子どもの発達が気になる時に
 「注意したいこと」

発達ゆっくりな子の今後に
 「備えておきたいこと」


現在の小・中学校には、発達障害の可能性がある子の割合が8.8%と言われています。

診断がつく程ではなくても、発達がゆっくりだったり、やや特性が見られてる子も多くいます。

「発達はゆっくりだけど、今は生活で大きな困りはない。でもその後はどうなるの?支援は必要ないの?」

実際に、こんな疑問や不安を抱えて悩まれてる親御さん方は、増えています。

そこで本記事では「発達ゆっくりな子のその後」に関する情報をまとめました。

私は、発達・療育支援の相談/支援員を10年以上しており、

これまで発達障害・発達ゆっくりな子(親御さん)の支援に携わってきました。

私が現場で支援してきた事例を元に、まとめています。

参考になれば幸いです。

発達ゆっくりな子の「その後」~よくある事例を紹介~

発達ゆっくりな子の「その後」で、

よくある3つの事例を紹介します。

私が支援する中で、特に多かったケースになります。



①:「緩やかに近づく」
 (発達ゆっくりだけど、生活に支障なし)

②:困りが「大きく」なる
 (日常生活に支障が出る)

③:「自己肯定感」が低い状態になる
 (問題なさそうに見えて本人は辛い)


①:「緩やかに近づく」(発達ゆっくりだけど、生活に支障なし)

生活上、大きな困り感なく、過ごせている状態になります。

周りより1テンポ遅い、コミュニケーションがやや不器用、など、

発達のゆっくりさが影響してる部分はありますが、周りの理解もあり、本人も楽しく過ごせています。

周りからしたら「ちょっと◯◯が苦手なのかな」「ちょっと変わってるな」と、

思われることはありますが、嫌われたり、距離を置かれるなどはありません。

本人が、周囲との違いをそこまで気にしないタイプで、

周りにも大きな影響を与えない場合は、大きな問題には、なりにくいです。

ここでいう大きな問題とは、授業妨害・友達を不快にさせる・著しい学習の遅れなどになります。

②:困りが「大きく」なる(日常生活に支障が出る)

周りとの違いが大きくなり、困りが顕在化してくるパターンになります。

例えば、言葉がゆっくりな未就学の子で、今まではオモチャを通してお友達と関われていたけど、

周りが言葉でコミュニケーションを取る機会が増えてきたため、お友達との関わりが減っていく(言葉でやりとりが難しい為)ことです。

就学前~小学校低学年ですと、ルールのある遊び・活動が増え、

そのルール理解が難しいことで、周りとトラブルになったり、孤立するなどがあります。

このように、周囲の成長、周囲との関わり方が変わることで、困りがハッキリ出てくることは、よくあります。

③:「自己肯定感」が低い状態になる(表面上は問題なさそう⇨本人は苦しんでる)

思春期を迎える頃の子に、特に多いです。中には、小学校低学年の子もいます。

周りと自分の違いを認識するようになり、

「何で自分だけ出来ないんだろう」

「自分は何をやってもできないんだ」

と、思うようになり、自己肯定感が下がってきます。

初めてのこと・環境などに対して、不安や苦手意識が強まってきます。

子どもの発達が「どうしても心配な時」

子どもの発達が「どうしても心配な時」は、

ご家族ができることは、3つあります。



①:「相談窓口」に相談する
 (お住まいの障害福祉課)

②:「療育」を受ける

③:「家での関わり」を工夫する


①:「相談窓口」に相談する(お住まいの障害福祉課)

お住まいの自治体(障害福祉課)に相談をすることです。

「子どもの発達について相談がしたい」とお話されれば、そのままご案内があります。

お子さんの様子にもよりますが「様子を見ましょう」と言われる方も多いので、

その場合は “家でできる関わり” を具体的に聞いてみると良いと思います。

言葉の発達がゆっくりな子でしたら、

「言葉の成長を促すために家でできる具体的な関わり方はありますか?」と聞くイメージになります。

②:「療育」を受ける

療育とは、困りがあるお子さん(親御さん)に対して、必要なスキル獲得をする支援を指します。

お子さんが困っていたり、周りから見て困りが出そうな様子があれば、早めに療育を受けるのも1つです。

療育の詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

メリット・デメリットなど、事前に把握しておけると、見通しも立ち、考えやすいと思います。

【合わせて読みたい記事】

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方

③:「家での関わり」を工夫する

家で、お子さんに “必要な関わり” をすることです。

例えば、発語を促したい子でしたら、

“言葉で要求できた⇨本人の要求に応える” などの関わりをすること(発語するメリットを学んでもらう為)です。

ご家族間で統一した関わりがあると、家で過ごす時間も、お子さんの成長として、より充実した時間になります。

ただ、“今のお子さんにどんな関わりが必要か” の判断は、ご家族には難しいと思いますので、

専門家の方に、アドバイスをもらうことをお勧めします(専門家の方に一度、直接お子さんを見てもらう)。

発達ゆっくりな子に「今、家族にできること

発達ゆっくりな子と過ごす中で、

「家族にできること」は、5つあります。



①:その子自身を「認める・ほめる」

②:「ハードル」を下げる

③:「ポジティブな視点」で向き合う

④:「過去の本人」と比べる

⑤:「周囲の理解」を広げる


①:その子自身を「認める・ほめる」

「年齢を基準にした発達」ではなく『その子自身』を受け入れ、目を向けることになります。

得意・不得意、成長のペースなど、一人ひとり違います。

“その子自身” のを認めて、できたことをほめていくことが、ご家族にとって大事な視点になります。

②:「ハードル」を下げる

「年齢相応のこと」を求めるのではなく、”その子にとって” を考えることになります。

「周りの子ができること」よりも「その子が頑張ってできること」を目標にして、

“本人が頑張るハードル” を、下げていくイメージになります。

✍甘やかしは「できることをさせない」こと

「ハードルを下げる」を “甘やかし” と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、これは甘やかしではありません。

周りと同じことを求めて、失敗体験が重なれば、本人は自信を失い、意欲を失っていきます。

そうなると、本人自身が一番困ることになります。

“ハードルを下げる” は、本人が成功体験を重ね、自己肯定感を上げていく為のものです。

自己肯定感は、生活する上での原動力になる、とても大切なものになります。

③:「ポジティブな視点」で向き合う

“できなかったこと” より、“できたこと” に視点を置くことになります。

例えば、言葉の発達がゆっくりな子でしたら、

「2語文(ex.◯◯やって)が出ない」
⇨『単語が出せる』

宿題が苦手な子でしたら、

「プリント3枚終わらなかった」
⇨『プリント2枚まで終えられた』

このように、ポジティブな側面で物事を見ていく(リフレーミング)ことが大切になります。

ご家族がポジティブな視点が持てると、本人への関わりもポジティブになり、

結果として、本人の自己肯定感が上がりやすくなります。

④:「過去の本人」と比べる

頭で分かっていても、親御さんはつい、周りの子と比べてしまうことがあります(私も親なので、お気持ちは分かります..)。

ただ、特に発達がゆっくりな子と関わる上では「過去の本人と比べる」ことが大事になります。

「◯歳だから」
「◯年生だから」
「周りの子はできてるから」

このような視点で関わるのは、本人の自己肯定感を下げるだけです。

「1ヶ月前の本人」
「去年の本人」
「前回、取り組んだ時の本人」

など、過去の本人と比べ、成長を見ることが大切になります。

⑤:「周囲の理解」を広げる

幼/保育園、小/中学校の先生、場合によっては、クラスメイトなど、

本人と関わる機会が多い人(特に大人)に、本人の特性を伝えてくことになります。

周囲の理解があるだけで、本人が助けを求めやすかったり、周りからサポートを受けやすくなります。

ただ、お子さん本人によっては、特別扱いを嫌う場合もあるので、

「先生には伝えるけど、クラスメイトには伝えない」など、本人の気持ちに合わせて、線引きする必要があります。

先生と相談しながら、クラスメイト(親御さんも)の雰囲気やタイプに合わせて、相談できるのが良いと思います。

子どもの発達が気になる時に「注意したいこと」

子どもの発達が気になる時に、

「注意したいこと」は、4つあります。



①:本人の「失敗体験」

②:「周りの子」と比べる

③:「他の子に追いつく」という思考

④:親が「一人で抱え込む」


①:本人の「失敗体験」

本人の失敗体験を「重ねない」「増やさない」様にすることです。

誰にでも失敗はあるので、失敗自体が必ずしも悪いわけではないのですが、

失敗体験が続くと、自己肯定感が下がり、今後の本人の生活に大きな影響を与えます。

【関連記事】

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

②:「周りの子」と比べる

こちらは、先ほども触れた内容になります。

“周りの子” は、一つの目安程度に留め、『過去の本人と比べる』ことが大切になります。

③:「他の子に追いつく」という思考

発達や成長は、一人ひとりペースがあります。

「他の子と同じことができる為」
「クラスメイトに追いつく為」


このような視点は、本人を苦しめることに繋がりやすいです。

本人が、自分自身を否定されてる様に感じます。

あくまで、”その子自身” を認めて、関わることが大切になります。

【合わせて読みたい記事】

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

④:親が「一人で抱え込む」

お子さんの発達の悩みは、親御さんの気持ちのご負担が大きいです。

一人で抱え込むには、重すぎます。

身近な方・相談できる人を見つけ、話せる繋がりを持つことが、親御さん自身を守る意味でも大切になります。

【関連記事】

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

発達ゆっくりな子の今後に「備えておきたいこと」

発達ゆっくりな子の今後の生活で、

「備えておきたいこと」は、4つあります。



①:「早め」の学習フォロー

②:本人に合った「学習方法」

③:学習の「成功体験」

④:「タブレット学習」


①:「早め」の学習フォロー

学習の遅れ(理解・定着)が全くない子は、読み飛ばして問題ありません。

ただ、学習の理解・定着までに時間がかかる子は、早めの学習フォローがあると安心です。

特に多いのは、小学校低学年頃から、学習の失敗体験が増え、学習の苦手意識が出たり、拒否感に繋がることです。

早い子は小学校1年、最も多いのは、小学校3~4年頃になります。

そこを考えると、早い内から、本人に合った学習フォローを用意しておけると安心です。

②:本人に合った「学習方法」

発達がゆっくりな子は、理解したり定着までに、時間がかかることがあります。

そして、エネルギーも使うので、他の子よりも消耗しやすいです。

学習が難しくなるにつれ、その傾向は強まります。

そのため、早い内から「本人に合った学習方法」を見つけておくことが大切になります。

現在は、プリント学習、動画、音声、人に教わるなど、多様な学び方があります。

③:学習の「成功体験」

特に、発達がゆっくりな子の学習において、最初に大事なのは「学習の成功体験」になります。

「〇〇ができた!」

「◯◯が分かる!」

このような成功体験があることで「次もやってみる!」と学習姿勢の定着に繋がります。

“学習姿勢” は、学習する上での土台になりますので、最初に作っておく必要があります。

学習姿勢の影響は、小学3・4年生以降から、影響が出やすくなります。

④:「タブレット学習」

発達がゆっくりな子の “学習サポート” の1つになります。

理由は、

・自分のペースでできる
(在籍校の進度に合わせられる)
・個人の学習課題の分析/抽出
(AIの学習ナビゲート)
・多様な学び方
(ex.アニメーション/音声解説)
・ゲームに近い感覚でできる
(拒否感を下げる)

など、”学びやすさ・成功体験・楽しさ” に特化したサポート機能が充実していることです。

特に、アニメーションは、プリント学習(イラスト)では、理解しにくい子に心強いです。

音声もゆっくりで、聞きやすいため、理解のしやすさに繋がります。

在籍校の進度に合わせられるため、授業の予習・復習として、活用することができます

その他、メリットやデメリットなど詳細は、下の記事をご覧ください。

発達障害をテーマにしていますが、発達がゆっくりな子” にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習

「【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



✅発達ゆっくりな子の「その後」
 ~よくある事例を紹介~
・緩やかに近づく
 ⇨発達ゆっくりだけど、生活に支障なし

・困りが大きくなる
 ⇨日常生活に支障が出る

・自己肯定感が低くなる
 ⇨問題ない様に見えて、本人は辛い

子どもの発達が
 「どうしても心配な時」

・相談窓口に相談する
 (お住まいの障害福祉課)
・療育を受ける
・家で関わり方を工夫する

発達ゆっくりな子に
 「今、家族にできること

・その子自身を認める・ほめる
・ハードルを下げる
・ポジティブな視点で向き合う
・過去の本人と比べる
・周囲の理解を広げる

子どもの発達が気になる時に
 「注意したいこと」

・本人の失敗体験
・周りの子と比べる
・”他の子に追いつく” という思考
・親が一人で抱え込む

発達ゆっくりな子の今後に
 「備えておきたいこと」
・早めの学習フォロー
・本人に合った学習法
・学習の成功体験
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法

-療育, 家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

縄跳びが苦手な子で悩まれている方「発達性協調運動障害の子が縄跳びが跳べなくて困ってる。どう教えれば跳べるようになるの?効果的な練習方法が知りたい」 このような “発達性協調運動障害の子の縄 …

【宿題に時間がかかる】4つの理由から考える!発達障害の子に効果的な対処法

発達障害の子の宿題で悩まれてる方「子どもが宿題に時間がかかって困ってる。宿題がスムーズにできる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅宿題に …

【絶対に謝らない夫】どうして一言出ないの?3つの原因と7つの対策とは

謝らない夫に悩まれている方「自分に非があっても夫は謝らない。夫に謝ってもらう方法が知りたい。謝れない夫と上手く生活する方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

子どもが逆さバイバイをして心配な方「逆さバイバイはいつまで続くの?逆さバイバイは治した方がいい?今できることが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

子どもの接し方で悩まれている方「子どもがくるくる回るのは自閉症だから?いつからやるもの?止めた方がいいのか、対応方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &# …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/13

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/06/24

【療育支援員が紹介】家庭療育グッズ30選!使う時の2つのポイントとは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【2023年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【自閉症の子向け】人と楽しめる!おすすめゲーム7選!療育指導員が紹介