癇癪

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

投稿日:2020年5月21日 更新日:

子供の癇癪で困っている方「癇癪が多くて困っている。気に入らないとすぐに大泣きする。どうしたら癇癪はなくなる?癇癪の適切な対処法を知りたい」

こういったお悩みにお答えします!

✓本記事の内容

  • 癇癪とは


  • 癇癪の原因


  • 癇癪の対処法(クールダウンも)


  • 癇癪のNGな対応


  • 親のイライラ対策


  • 癇癪の解決方法

癇癪は、お子さんや親御さんも疲弊して、大変ですよね。家はもちろん、外出先だと、周囲の目も合って余計疲れると思います・・。

この記事の執筆者の私は、療育指導を10年以上しています。支援をする中で、癇癪の相談を頂くことが多く、対処に困っている方が大勢いらっしゃいました。

そこで本記事では、「癇癪の原因/対処法/NGな対処法/親のイライラ対策」を解説したいと思います(主に発達障害のお子さんを想定していますが、内容自体はどのお子さんにも活かせます)

その場だけの対処法ではなく、癇癪の根本解決(癇癪を減らすorなくす)の方法もお伝えします。

誰にでもすぐに実践できる内容になっていますので、安心して読み進めてください!

癇癪とは

癇癪とは・・

  • 1:床にひっくり返って泣く


  • 2:周りの人を叩く/蹴る/噛む


  • 3:物を投げる、壊す


  • 4:自分を傷つける
    ※頭をたたく、壁に頭突きなど

このような行動になります。どう接すればいいか、困ってしまう行動ですよね。

ただ、癇癪を含めた全ての行動には、必ずその子なりのメッセージ(意味)があります。

この意味を把握し、接することが大切になります。癇癪とは、大きく2つの意味があります。

  • 1:自己表現


  • 2:コミュニケーション手段

1つずつ解説していきます!

1:自己表現

自分を傷つけるレベルの癇癪が出るお子さんは、言葉の発達がゆっくりな場合が多いです。本来なら、自分の気持ちを言葉で伝えられる所が、言葉の未発達が原因で、「癇癪」という表現になることがあります。

お子さんの発達段階に合った、適切な自己表現を身につけることが、必要になります。


【関連記事】

自閉症スペクトラムの子供の症状とは?【4つの特徴と7つの接し方】

2:コミュニケーションの手段

相手に要求/拒否などを伝える「コミュニケーションの手段」として、癇癪を起こしている場合があります。癇癪の中で最も多いパターンです。

お子さんは、癇癪を起こせば、要求が通る/親が動いてくれると誤学習(間違った学び)をしていることが多いです。

癇癪への適切な対応/癇癪以外の行動(代替行動)を教えていく必要があります。


【関連記事】

自閉症スペクトラムの子供とコミュニケーションがとれる7つの方法

癇癪の原因

癇癪の原因は3つあります。それぞれの原因を見ていきましょう!

  • その①:ほしい/やりたい欲求


  • その②:やりたくない/拒絶


  • その③:注目を得たい

その①:ほしい/やりたい欲求

  • 癇癪で最も多い原因
  • 欲しい物/したいことを得るための要求
  • 大人の一貫した対応が求められる
  • 要求を通すことで、癇癪が悪化しているケースが多い※

※ex.欲しいお菓子がもらえない→癇癪→お菓子をあげる

その②:やりたくない/拒絶

  • 苦手/興味のないことを避ける行動
  • 課題が難しい、興味ない時が多い
  • 見通しがない為、できないことも多い
  • 無理強いすると一層、癇癪が強くなる

その③:注目を得たい

  • 周囲の人の注意を引くための行動
  • 周囲の人の反応を楽しむ
  • 適切な注目の引き方を知らない
  • 行動後に、周りの人の反応を確認する
    (注目を得られているか)

※ex.親が自分以外と会話中に、大声を出す/物を投げるなど

癇癪の対処法(クールダウンも)

癇癪に関わらずですが、癇癪などの困った行動には、原因へのアプローチが必要です。まず原因を絞り、対応していきます。

原因にアプローチできれば、癇癪自体が減り、癇癪を起こしたとしても、クールダウンしやすくなります。ここでは、原因の絞り方を解説します!

まず行動が起きるときは、3つの要素に分けられます。「お菓子を食べる」という行動で見ていきましょう!

もう1つ例をみていきましょう。

このように行動とは「きっかけ→行動→結果」のサイクルで繰り返されます。

行動は、「行動後に、行動した人のメリットがあれば、その行動は増える」。


逆に「メリットがなければ、その行動は減る」、という特徴があります。

ここは、言葉だけではイメージしづらいので、具体例で、さらに理解を深めていきましょう。料理を作る母親の例になります。

料理を作った結果、家族が喜んでくれれば(母親のメリット)、「また作ろう!」と料理をしようと思います(行動が増える)。

逆に家族の反応が悪ければ(母親のデメリット)、料理を作ろうとは思わないですよね(行動が減る)

この行動のサイクルを理解し、関わることで、癇癪の根本解決へグッと近づきます。

次は原因の種類/絞り方を見ていきます!同じ行動でも、原因によって対処法が分かれます

ここでは「癇癪を起こす」という行動を、原因別で解説していきます。

その①:ほしい/やりたい欲求

  • 癇癪による要求には応えない
  • 適切な要求(表現)のみ応える
  • 要求に応えられない場合は、事前に要求がでない環境を作る

要求に応えられないことが事前にわかっている場合は、なるべく要求がでづらい環境を作りましょう。

例えば、

  • オモチャを買ってほしくて癇癪が出る子:買い物のときに、オモチャコーナーの前は通らない

  • エレベーターに乗りたくて癇癪を起こす子:エレベーターの近くは通らない

のイメージになります。なるべく癇癪の原因になるものが、視界/耳に入らないようにすることが、大切になります。

子供の要求がでそうだけど、要求に応えられない・・・ですと、適切な要求ができても、メリットを感じづらくなります(言葉での要求が減ります)。

癇癪以外で要求すれば、嬉しいことがある(要求が通る!)と理解し、経験を積んでいくことが大切になります。

その②:やりたくない/拒絶

  • 無理やりさせない
  • 子供ができるレベルに調整する
  • 子供が「やりたい」と思う促しをする
  • できたときに褒める

発達障害のお子さんは、興味が限定されていたり、「やりたくないこと」への拒否感が強く出やすいことが多いです。特に、興味が限定されていると、「やりたい!」と思えるものが、限られてきます。

誰だって興味がないことは、他人に強要されたくないですよね?そこでお子さんが興味の持てる要素を課題に入れて、促すことがポイントになります。

まずは楽しく、続けられることが必要です。例えば、片付けを促す場面でしたら、何個片付けられるか親と競争をする、などです。

1個入れたら1ポイントカウントして、片付けが終わったら何ポイント貯まったか発表するなど、ゲーム性を取り入れたりすることです。

大切なのは、「どうやらせるか」ではなく、「どうやりたい!と思ってもらえるか」です。お子さんの好きな要素を、どう入れるか考えてみましょう!

その③:注目を得たい

  • 不適切な行動には無反応
    (注目を与えない)
  • 適切に注目が引けたときは応える
    (注目を与える)

癇癪では、誰も反応してくれない(注目得られない)けど、言葉で呼べたら(適切な注目引き)、ちゃんと聞いてくれた(注目得られた)という、経験をしてもらうことが大切です。

頭突きなど、怪我の恐れがある癇癪は、お子さんの頭にそっと手を添えて安全確保し、クールダウンするまで見守りましょう(反応は最小限にしつつ)。

このように、同じ癇癪でも、原因によって、対処法は変わってきます。ここは、発達障害に関わらず、どのお子さんの困った行動にも活用することができます。

1回で理解がむずかしい場合は、ぜひ何回でも読んでみましょう!このアプローチは、療育の現場では多用されている、非常に効果的な手法になります!

✍注意点

お子さんのコンディションが良くないとき(眠い、空腹、風邪気味など)は、まずコンディションを整えましょう。普段できることも、できづらくなります。生理的な原因は、意思での解決は難しいです!

癇癪のNGな対応

よくあるNGな対応を3つ解説します。困っている方ほど、これから解説するNGな対応をしています・・!

  • 1:物を与えて解決


  • 2:怒る/無理やりさせる


  • 3:動揺する

1つずつ解説していきます!

1:物を与えて解決

「癇癪が起きる→要求に応える」は、必ず避けましょう。癇癪を通して物がもらえたら、癇癪はさらに増えます。物を与えるのは、その場しのぎになり、長期的に悪化していきます。

ただ、本記事の対処法の通り、要求に応えないことをすると、一時的に癇癪が増える可能性が高いです。お子さんからしたら「今までOKだったのに、何でダメなんだよ!」と怒るでしょう。

実はここが、踏ん張りどころなのです。
お子さんが・・

  • 「癇癪しても意味がないな」


  • 「○○(言葉で要求など)の方が、要求が通るな」

と思ってもらえるまでは、お子さんとの根比べです。癇癪の解決には、避けて通れないところになります!

✍困った行動には傾向がある

お子さんの困った行動には、傾向があります。癇癪に対して適切な対応(要求を通さない)をすると、癇癪が一時的に増えます。
図をご覧ください。

お子さんが「癇癪を起こしても意味がないと実感した瞬間」に、癇癪が減ります。ピークを超えるまでが勝負です!

逆にこのピークの前に「癇癪がひどくなったから、やっぱり物をあげよう」とすると、

お子さんとしては「粘れば良いこと(メリット)がある」と誤った学習し、より癇癪が強まります。

見通しがあると、少し安心できますよね。このピークを超えることを目指して、関わっていきましょう!

2:怒る/無理やりさせる

怒ることは解決にはなりません。お子さんがどの行動をすればいいのか、伝えられないためです。また無理やりさせるのも同じです。

「自分はダメなんだ・・」「もうやりたくない!」とネガティブな感情/ストレスが溜まり、良い方向にはいきません。

時間を掛けて正しい関わり方で、癇癪の根本解決を目指していきましょう!

3:動揺する

毅然とした対応が必要です。癇癪を起こしても「何も変わらない」ことを知ってもらうことが大切です。

癇癪を起こすことで、親御さんが動揺したら、「動いてくれるかも?良いことあるかも?」とお子さんの期待が膨らみます。そして期待が高まれば、癇癪を起こす動機になります。

✍注意点

原因を確認せず、感覚で対処するのは避けましょう。仮に上手くいったとしても、次上手くいくとは限りません・・。

原因と対処法がズレると、癇癪が悪化する可能性が高いくなるためです。

例えば、授業中に離席する子に対して、先生が「椅子に座るよ」と声を掛けるケースです。

この離席の原因が、注目引きだった場合、お子さんとしては「席から離れれば先生が見てくれる、またやろう」とメリットを感じ、離席は増えます。

このように対応してるはずなのに、行動が変わらないor悪化する場合は、原因と対処法がズレている可能性が高いです。

親のイライラ対策

癇癪って親もストレスが溜まりますよね・・。頭で分かっていても「しまった!怒っちゃった!」と後から反省する方も少なくないです。

親のストレスを溜めないことは、とても大切です。育児で悩まれている方は、ご自身のことを疎かにされやすいです。

親の状態が良くないと、お子さんに必ず影響が出ます。お子さんのためにも、まだされていない方は、ぜひ試してみてください!

  • その①:人に話を聞いてもらう


  • その②:子どもと離れる時間を作る


  • その③:成長を振り返る


  • その④:睡眠をとる

その①:人に話を聞いてもらう

家族でも友人でも、「話を聞いてくれる人がいる」ことが大切です。解決できなくても、話を聞いてもらえるだけで、気持ちを軽くなる方が多いです。

理想は近い境遇の方とお話ができることです。同じ悩みを抱えている方とお話できることで、自分だけじゃない!と前向きな気持ちになれることもあります。

その②:子どもと離れる時間を作る

子どもと離れる時間を作り、一呼吸おくことのも効果的です。

例えば、ご家族や親族に預けて30分だけ外出をする、子どもの習い事の間離れる、保育園の一時預かりを利用する、などがあります。

お子さんに罪悪感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、親が無理をしてイライラした状態で接するより、お子さんにとってもずっと良いと思います。

もし「近くに頼れる人なんていないよ!」という方は、お子さんの安全を確保した上で、別の部屋に行って、深呼吸をしたり、好きな音楽を聴く、コーヒーを一杯飲むなどして、心を落ち着かせるのもいいでしょう。

その③:成長を振り返る

過去のお子さんと比べて、振り返ることです。例えば「1ヶ月前は、自分の意思を表現することなかったけど、今は主張するようになった!」などです。

一緒に生活していると気付きにくいですが、振り返ると発見があったりします。

その④:睡眠をとる

これは当たり前の話になりますが、睡眠不足は心身のコンディションを乱す原因にもなります。ある程度意識して睡眠時間を確保されることをオススメします。

正しい知識があっても、体調が優れず実践できなければ、意味がなくなってしまいますので・・。

癇癪の解決方法

親だけで解決がむずかしい場合、解決する方法は、主に3つあります。

  • 1:療育


  • 2:ペアレントトレーニング


  • 3:独学(本/ネット)

1つずつ解説していきます!

1:療育

療育とは、子供と親の訓練になります。主に子供の訓練がメインになります。詳細は、こちらをご覧ください!


【関連記事】

【徹底解説】療育って何?自閉症スペクトラムの子供が受けられる支援とは

2:ペアレントトレーニング

親が専門家の指導を受け、子供の関わりを学ぶ講座のことです。区では、安い費用で受講ができ、内容としては基礎的な知識になります。

具体的に解決したい問題がある場合は、民間の個別のペアレントトレーニングをオススメします。詳しくは、こちらをご覧下さい!


【関連記事】

【ADHDの子供の親向け】ペアレントトレーニングとは【種類/費用/内容など概要を説明します】※ADHD以外の発達障害の子にも共通する内容になります。

3:独学(本/ネット)

本で学ぶ方法もあります。学ぶことに意欲があり、継続できる方には、オススメです!

【関連記事】

【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

「【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!」のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 【癇癪とは】
    ・自己表現
    ・コミュニケーション手段


  • 【癇癪の原因】
    ・目的を通そうとしたい
    ・嫌なことから逃げたい
    ・注目を引きたい


  • 【癇癪の対処法】
    ・適切な表現で要求に応える
    ・できる/興味のあるものを促す
    ・適切に注目が引けたら、応える


  • 【癇癪のNGな対応】
    ・物を与えて解決
    ・怒る/無理やりさせる
    ・動揺する


  • 【癇癪の解決方法】
    ・療育
    ・ペアレントトレーニング
    ・独学(本/ネット)

以上になります。

本記事が参考になれば幸いです!


【関連記事】

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】

【自閉症スペクトラムの子供の奇声】5つの理由と5つの対処法

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

-癇癪

執筆者:


  1. […] 関連記事:自閉症(スペクトラム)の子供の癇癪の3つの対応方法 […]

  2. […] 自閉症(スペクトラム)の子供の癇癪の3つの対応方法 […]

  3. […] 自閉症(スペクトラム)の子供の癇癪の3つの対応方法 […]

  4. […] 【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法 […]

  5. […] 【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法 […]

  6. […] 【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法 […]

  7. […] 【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法 […]

  8. […] 【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法 […]

  9. […] 【療育指導員も実践!】自閉症スペクトラムの子供の癇癪の3つの対処法 […]

  10. […] 【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法! […]

  11. […] 【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【あなたは何タイプ?】6秒で怒りがおさまらない人必見!7つの対処法

ついカッとなってしまう方「怒りは、6秒でおさまるって聞いたけど、全然おさまらない。どうすれば落ち着くことができる?」 こういったお悩み/疑問にお答えします! ☑本記事の内容 怒りが6秒で …

【4歳児ってわがまま?】療育指導員も実践してる癇癪の3つの対処法

子供の癇癪で困っている方「癇癪が多くて困ってる。気に入らないとすぐに駄々をこねたり大泣きする。癇癪を減らせる方法があれば知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ☑本記事の内容 4歳 …

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

子供のわがままで困っている方「子どもがしつこくてイライラする。子どものわがままには、どう接すればいい?良い接し方が知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ☑本記事の内容 5歳児がわ …

【癇癪持ちの旦那】妻の3つの対処法とは~我慢は解決にならない!

旦那さんの癇癪で悩まれている方「旦那が癇癪持ちで困ってる。我慢するのも限界。どう対応すればいいのか知りたい」 こういったお悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 癇癪の原因旦那さんの癇癪を …

【発達障害/グレーゾーンのおすすめブログ9選】療育/経験談/子育てのタイプ別で紹介!

発達障害/療育のブログを探している方「発達障害や療育の情報収集をしたい。おすすめのブログ、それぞれの特徴も知りたい」 このようなご要望に、お答えします! ☑本記事の内容 発達障害/グレー …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選