不登校

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

投稿日:2023年8月4日 更新日:

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の回復期は、よく寝るものなの?どう関わればいいか分からない」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



不登校の「回復期」とは

✅回復期の「サイン」

✅回復期の「関わり方」

✅回復期の「注意点」

回復期の「心構え」

不登校の子に「必要なもの」

不登校の子が「備えておきたいこと」


不登校のお子さんの状態を表す言葉の1つとして「回復期」があります。

ネットで調べると、回復期の子は「よく寝る」と言いますが、

具体的にどういう意味を指してるのでしょうか?そして、どんな関わりが必要なのでしょうか?

このような悩みをお持ちの方が増えています。

そこで本記事では「不登校の回復期」に関する情報を紹介します。

この記事を執筆している私は、不登校・療育支援を10年以上しています。

その支援経験を通して本記事をまとめています。参考になれば、幸いです。

不登校の「回復期」とは

不登校には段階があり、

回復期」は、その段階の一部になります。

不登校の全体像としては、以下のような状態(時期)があります。

「開始期→引きこもり期→回復期」

ここでは詳しく触れませんが、要点だけ確認していただければと思います。


①開始期

行きしぶりが出始める時期になります。

・朝起きるのが、遅くなった
・朝の登校の準備が、遅くなった
・行きしぶりの発言がある


このような様子が、出始める時期を指します。

②引きこもり期

学校を本格的に休む状態になります。自室にこもったり、生活リズムが乱れることもあります。

歯磨きや入浴もせず、自分の殻に閉じこもる場合もあります。

ベクトル(矢印の向き)が全て “自分自身(本人)” に向いている状態になります。

③回復期

お子さんの言動が外(自分以外)に向く時期になります。

自分自身に向いていたベクトル(矢印の向き)が、”自分以外” に向き始めます。

具体的には、本を買いたい、人に会いたいなどの発言があったり、身だしなみを整えたり、家の手伝いをする、などです。

不登校の全体像と回復期の位置づけの確認ができましたら、

ここからは回復期について、深く見ていきたいと思います。

不登校の回復期の「サイン」

不登校の回復期の「サイン」は、

3つあります。



①:「自分以外」に関心が出る

②:「外出の頻度」が増える

③:「暇」などのニュアンスの発言が増える



①:「自分以外」に関心が出る

本人の言動が「自分(本人)以外に向く」状態になります。

よくある例としては、以下の言動になります。

勉強する
家の手伝い
・買い物
・身だしなみを整える
将来の話をする
家族との会話
必要な物を欲しがる
(ex.勉強に必要な物)

お子さんの発言・行動から、状態が見えてきます。

②:「外出の頻度」が増える

ほとんどの時間を、家や自室で過ごしてた子の場合、外に出る機会が増えます。

また、外出できる時間帯が広がる場合もあります。

不登校の子にとって、外出は、負荷がかかりやすいです。

特に、同級生がいる夕方の時間は、外出を避けたがる子も少なくありません。

外で過ごせる時間が増えることは、お子さんのポジティブな変化の1つになります。

③:「暇」などのニュアンスの発言が増える

「やることがない」

「家にいても、つまんない」

このような発言があると、お子さんの回復期のサインである可能性があります。

家での過ごし方は、以下のものがあります。

・散歩
・読書
・買い物
・家の手伝い

(洗濯・掃除など)
・学習
(ドリル・タブレット学習など)
・習い事

(本人の好きなこと・オンラインなど)

【関連記事】

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

不登校の回復期の「関わり方」

不登校の回復期の「関わり方」は、

3つあります。



①:本人の意思・関心に「応える」

②:本人の気持ちに「共感」する

③:「ポジティブ」なスタンスを持つ



①:本人の意思・関心に「応える」

本人の意思・関心が出たときには、本人がその情報に触れられる機会を作っていきます。

具体的には、下のような例になります。

・資料を取り寄せる
・ネットで、一緒に調べる
・実際に一緒に行ってみる
・購入し、家で触ってみる

・習い事/フリースクールの見学

“お子さんの気持ち” を聞きながら、選びたい点になります。

②:本人の気持ちに「共感」する

不登校の子は、心に傷を負ってることが多いです。

・学校の辛い経験
・自責の念
・自己肯定感の低下

など、様々なものを抱えています。

「どうせ自分なんて、何もできない」
「皆ができてることは、自分はできない」
「皆に迷惑かけてる自分はダメだ」


このような気持ちを抱えています。

この気持ちに対して「◯◯なんだね」と、寄り添うことが大切になります。

③:「ポジティブ」なスタンスを持つ

不登校の子の中には、何でもネガティブに捉える子がいます。

被害的に捉えたり、攻撃的になったり、自分自身で失敗したと思い込む場合もあります。

そのため、関わる大人の方は「ポジティブな姿勢」を持つことが必要になります。

すぐできる方法の1つは、大人の言葉の表現を肯定的にします。

「走らないで」→「歩こう」

「片付けできてないよ」→「片づけしよう」

「時間過ぎてるよ」→「◯時までにやろう」

このようなイメージで、否定的なニュアンスを避ける伝え方をしていきます。

不登校の回復期の「注意点」

不登校の回復期の「注意点」は、

4つあります。



①:「一喜一憂」しない

②:安易に「学校・将来」の話をしない

③:「失敗」と捉えない

④:「体力の低下」を考慮する


①:「一喜一憂」しない

お子さんの1つずつの言動・変化に、過剰に反応しないことになります。

例えば、下のような言動になります。

・「登校する」と発言した
・学校に1回行けた
・ドリルを1Pできた

不登校の子は、気持ちの波が大きいです。

前日の夜に「明日は学校にいく」と言っても、当日の朝には「やっぱり休む」と言うこともあります。

数日登校できても、その後に反動でしばらく学校に行けなくなることもあります。

大人の過剰な反応は、本人にプレッシャーを与え、無理させてしまいます。

「これ(今の子どもの状態)は、大きな波の1部なんだ」と思うことが、親御さんの気持ちを楽にさせ、

結果として、本人にも良い影響(安心感)を与えます。

②:安易に「学校・将来」の話をしない

親御さんは、焦り・不安から、以下の声掛けをしやすくなります。

「明日は、学校行けそう?」
「今日学校の先生と電話で話したよ」
「明日は学校で、○○やるんだって」


我が子を心配しての声掛けですので、お気持ちは、とても分かります。

ただ親御さんとしては、心配して伝えているつもりでも、

お子さん本人からしたら、”プレッシャー・心の負担” として受け止めます。

本人から話(関心)が出るまで、大人側から積極的に聞くのは、避けた方が良いです。

③:「失敗」と捉えない

不登校の子の気持ちには波があり、チャレンジしても上手く行かないことも多いです。

ここで大事なのは、どんな出来事も大人側が「失敗」と捉えない姿勢を示すことです。

例えば、自宅学習のため、タブレット学習にチャレンジしたけど、結果的に合わなず途中で辞めてしまったとします。

このような時は「タブレット学習は合わないことが分かったね(他の学習方法を探せる)」と声をかけます。

これは、チャレンジしたからこそ「本人には合わない」と分かったということです。

このように、一見失敗に感じられそうなことも、良い側面で捉える(リフレーミング)ことが、

お子さんの心を守る意味で、重要になります。

もちろん、お子さんの捉え方によって変わるため、上記の関わりも合う・合わないがあります。

これまでのお子さんの言動を想像して、何が合うか考えることが必要になります。

④:「体力の低下」を考慮する

不登校期間が長い子は、体力が低下してることが多いです。特に、家で過ごす時間が長い子は該当しやすいです。

大人の想像以上に疲れやすい為、そこを考慮して本人に合うペースで、生活リズムを作ったり、体を動かす機会があると良いです。

もちろん、本人の意思があることが前提になります。

不登校の回復期の「心構え」

不登校の回復期の「心構え」は、

3つあります。



①:大人の想像以上に「時間が必要」

②:「学校に行く」≠ゴール

③:「正解はない」「ダメなこと」はある


①:大人の想像以上に「時間が必要」

不登校の問題は、時間がかかることが多いです。

私が支援してきた中ですと、早くても数ヶ月、中には数年かかる子もいます。

お子さんの状態(不登校期間の長さなど)によりますが、短期間で問題が解決することは少ないです。

大人側が「数ヶ月~数年の時間がかかる可能性がある」という認識を、持つ必要があります。

②:「学校に行く」≠ゴール

お子さんにとって「学校に行く」は、

選択肢の1つに過ぎません。

お子さんの特性・状態によっては、「学校に行く」が最善でない場合もあります。

今は、他の選択肢も増えています。

・自宅学習
・フリースクール
・通信
・転校


「”本人に合う選択肢” を探す」という視点が、大切になります。

③:「正解はない」けど「ダメなこと」はある

不登校支援において「正解」はありません。ただ「避けるべきこと」はあります。

そのため、正解を探すよりも、まずは「避けるべきこと」を確認する方が良いです。

理由は、不登校問題の多くは、

「本人にしてはいけないこと・良くない環境」が多いことで、深刻化している為です。

【関連記事】

【親のストレス】不登校に子にイライラする~3つの対策・5つの大切なこと~

不登校の子に「必要なもの」

ここでは、不登校の子に「必要なもの」をお伝えしたいと思います。

不登校といっても、別室登校、五月雨登校、完全不登校など、お子さんによって様々になります。

原因も様々で、理由が明確な場合もあれば、本人にさえ分からない場合もあります。

ただ、どの子にも共通して言えるのは、本人の状態/状況が、1~2か月以上、進展しない場合は、こちらの4つの必要性が高くなるという点になります。

・家族以外との社会的繋がり
・家/学校以外の居場所
・本人の特性/対処法の把握
・不登校の相談先
(家/学校の過ごし方/家族の関わり)
(今後の方向性)

前提として、本人の安心感がベースになります。

自分の思ってること、好きなもの、疑問、不満など、日頃感じてる心の内を、リラックスして話せる人の存在が必要になります。

気持ちを受け止めてくれる人の存在は、本人の安心感に繋がり、行動を起こす活力になります。

そんな “信頼できる人との繋がり” ができたら、

・本人が抱えてること
(今の気持ち、困り事の相談)

・今後したいこと
(家の過ごし方/学校生活/進路)

・自分の特性/対処法を知る
(自身の得意/苦手/思考の癖/対処法を知る)

など、本人が “自分自身に向き合う機会” が必要になります。

その最初の入口が、自分の話を否定せず聞いてくれて、共感してくれて、同じ目線で考えてくれる大人の存在になります。

そして、この大人の存在は、家族以外の第三者でないと難しいことが多いです。
(親子間だと感情が入り、問題の本質まで届きにくい為)

不登校問題は、本人の安心感をベースに、本人の気持ちを引き出し、1つ1つの気持ち(意思や不安)に寄り添いながら、丁寧に進めることが大切になります。

最初は、本人が “この人と話してると、気持ちが落ち着く” と思えれば十分ですが、

問題の根本解決を考えると、本人の特性を理解し、本人の過ごしやすさに繋がる『視点/考え方/対処法』を示してくれる、専門性がある先生が必要になります。

例えば「学校で不安を感じると、周囲に言えず限界まで我慢する子(体調を崩すまで)」の場合、

授業中辛くなったら、机に置いてるヘルプカード(裏面に「保健室に行きたいです」と記載)をめくり、先生が確認したら、保健室に行く流れを作ります。

本人の精神的な負担を考慮し、一般的な “言葉で伝える方法” は避け、カードをめくる意思表示に変えることで、本人の “ヘルプ発信力(周囲に助けを求める力)” を高める意図があります。

事前に学校に説明しておき、本人が発信したら、すぐにフォローしてもらえる様に、環境を整えておきます。

「辛くなっても、カードをめくれば保健室で休める」という本人の安心感が、結果的に学校で過ごせる時間の長さに繋がっていきます。

そして、”ちゃんと伝えれば、分かってもらえるんだ” という本人の成功体験になり、新しい環境に進む際も、本人が行動(ヘルプ発信)しやすくなります。

これは生きる上で、最も重要なスキルの1つになります。

このように、本人の特性、学校の環境、今後の生活を踏まえて、長期的な視点で、具体的な対処法が示せる相談先が必要になります。

家族の関わり、学校との連携方法など、本人以外のサポート要素も重要になります。

本人が身近な人に心を開いて話せていたら、それはとても素晴らしいことですが、根本的な問題に進展が見られない場合は、本人に必要な要素が、まだ足りてないということになります。

その場合は、本人の特性に合わせた具体的な対処法を示してくれる、支援経験がある先生が必要です。

✅不登校の相談は「リタリコジュニア

リタリコジュニア とは、療育/不登校支援の教室になります。

お子さんの “年齢/特性/困り事/気持ち” によっても、変わりますが、

・コミュニケーション
(会話のキャッチボール/物事の捉え方)

・学習
(特性に合う学習方法/学習計画)

自己管理
(家の過ごし方/体調/時間/物)

困り事の相談
(気持ちを吐き出せる時間/居場所)

学校連携
(ex.学校の過ごし方/進路)

など、本人、ご家庭の状況に合ったサポートが受けられます。

小学校中学年以下の子でしたら、好きな遊び(ex.ボードゲーム、カードゲーム、工作)を中心に、

小学校高学年以降(思春期)の子は、本人の興味関心がある話など、対話ベースで進めることが多いです。

リタリコジュニアが良い理由は、大きく5つあります。

・療育の最大手
(実績/信頼/豊富な知見)

・自己肯定感を高める指導
(安心感/楽しさ/居場所)

・学校/学級の相談
(学校の過ごし方/進路)

・家での関わりサポート
(具体的な親の関わり方)
(ペアレントトレーニング)

・応用行動分析
(エビデンスに基づく指導)

不登校の子の支援は、本人の安心感、家族の関わり、学校への向き合い方が、最も重要になります。

特に、本人と、”家/学校の過ごし方” が合ってないことで、状況が悪化してるケースは多い為「本人の自己肯定感の回復/家族の関わり/学校サポート」は欠かせません。

「〇〇の話(本人が好きなモノ)ができる先生がいるんだけど、試しに1回行ってみる?」ぐらいの、良い意味で軽い気持ちで、実際に先生と関われると良いと思います。

もし、本人がまた話したい思えば、通うこともできますし、気持ちが向かなければ、1回限りで終えることもできます。

「本人の特性/家族の関わり/家、学校の過ごし方」など、1回の指導の中で、専門の先生からアドバイスをもらうことができます。

そして、不登校の支援経験がある先生から、他の子の事例(成功/失敗)も具体的に聞けると、

本人への関わり方、学校との向き合い方、進路など、今後の方向性を考える上で参考にすることができます。

特に不登校ケースは、避けるべき関わり/環境などが多くある為、その部分だけ聞くだけでも、すぐに活かせる部分が多いです。

その他、メリット・デメリットなど詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

【リタリコジュニア】療育支援員がおすすめする理由

思春期のお子さんの場合、本人が嫌がることは少なくないですが、本人への伝え方から、教室に相談ができます。

お子さんの気持ち/様子、家庭の状況に合わせて、活用していただければ幸いです。

不登校の子が「備えておきたいこと」

ここでは、不登校の子が「備えておきたいこと」をお伝えします。

不登校の子には「休息、安心感、信頼できる人・居場所との繋がり、楽しみ」が必要になります。

本人の気持ちが安定したり、学校で過ごせる時間が増えたり、フリースクールなど違う場所に通うエネルギーに繋がる為です。

ただ、そんな中でも多くの不登校の子が困る問題が、学習面の遅れになります。

不登校は、個人差がありますが、時間がかかることが多いです。数ヶ月~数年、もしくは、不登校と復帰をずっと繰り返す子もいます。

学校に復帰すること、違う場所に通えるなど、いつどうなるのか、見通しが立ちません。その為、学習対策が後回しになってしまいます。

ただ、卒業までの時間は限られてる為、不登校の長期化にも備えて、早めの学習対策が必要になります。

不登校期間の長さは、学習の遅れに比例する為、影響が大きく出る前に動くことが、問題解決の1歩となります。

進学・将来の選択肢を減らさない為にも、まずは親御さんが動いていきたい点になります。

✅学習対策「タブレット学習」

不登校の子の学習対策の1つに、
「タブレット学習」があります。

不登校の子にとって、タブレット学習が良い理由は、5つあります。

・自分のペースで進められる
(自分で選ぶ/決める)

・安心して過ごせる環境

(環境に左右されない)

・分かりやすい勉強

(自信がつく)

成功体験が積める
(学習意欲を高める)

・ゲーム要素がある
(苦手意識がある子向け)

また、不登校の子の学習の妨げ要因として、

「どこから勉強すればいいか分からない」
「問題が少し変わると解けなくなる」
「時間が経つと、忘れちゃう」

などがあります。タブレット学習は、この問題に効果的にアプローチできます。

①「何をどう勉強すればいいか分からない」
⇨本人の解答結果をAIが分析し、必要な課題のみ表示

②「問題が少し変わると解けなくなる」
⇨アニメーション解説で本質的な理解を促す

③「時間が経つと、忘れちゃう」
⇨①②の繰り返しでアプローチ

アニメーション/音声解説は、文字の読み書き、参考書・市販教材での学習が合わない子にも、理解しやすいです。

その他のメリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

発達障害の有無に関わらず、不登校の子にも、共通する内容になっています。

1つの学習方法として、参考になれば幸いです。

「【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点」のまとめ

記事のポイントになります。


不登校の「回復期」とは
・不登校の子の回復の兆し
・本人の言動が外(自分以外)に向く時期

回復期の「サイン」
・自分以外に関心が出る
・外出の頻度が増える
・”暇” などのニュアンスの発言が増える

回復期の「関わり方」
・本人の意思・関心に応える
・本人の気持ちに共感する
・ポジティブなスタンスを持つ

回復期の「注意点」
・一喜一憂しない
・安易に学校・将来の話をしない
・失敗と捉えない
・体力の低下を考慮する

回復期の「心構え」
・大人の想像以上に時間が必要
・”学校に行く=ゴール” ではない
・”正解はない” けど “ダメなこと” はある

不登校の子に
 「必要になるもの」

・家族以外との社会的繋がり
・学校以外の居場所
・本人の特性/対処法の把握
・不登校の相談先
(家族の関わり/学校の向き合い方)
(今後の方向性)

不登校の子が「備えておきたいこと」
・学習の成功体験を積む
・本人に合う学習方法の把握
・学習意欲を高める
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法

-不登校

執筆者:


  1. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方 […]

  2. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 […]

  3. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 […]

  4. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方 […]

  5. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 […]

  6. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 […]

  7. […] 【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 […]

  8. […] 休息が必要かの判断基準は、【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点 をご覧ください。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【親のストレス】不登校に子にイライラする~3つの対策・5つの大切なこと~

子どもの不登校に悩まれてる方「子どもが家で普通に過ごしてる姿を見てると、イライラして仕方ない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子に 「イライ …

【別室登校の過ごし方】メリット・デメリット・教室へ復帰する5つのポイント

子どもの不登校で悩まれてる方「別室登校って、どんな風に過ごすの?教室へ復帰する為には何をすればいい?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅別室登校の 「 …

【不登校の再登校】失敗しない為の4つの注意点~復帰する時の6つのポイント~

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子が再登校する時の注意点が知りたい。復帰する時のポイントも教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅再登校 …

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけとは

子どもの不登校で悩まれている方「不登校の子どもに、どう声かけしていいか分からない。不登校の子に合った声かけが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2705 …

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子に言ってはいけない言葉って、具体的にどんな言葉?NGになる具体的な言葉・声かけが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 & …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2022/06/02

【発達相談員が紹介】発語を促すおもちゃ12選~言葉が遅い子の4つの遊び方のコツ~

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~

2023/09/13

【知的障害の子におすすめ】おもちゃ19選!感覚遊び~全身運動まで紹介

2023/08/26

【知的障害の子におすすめ】室内遊び20選~おもちゃ・グッズを紹介~