発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

療育

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

投稿日:2021年6月16日 更新日:

療育を受けるべきか迷っている方「療育しないで後悔することってあるの?療育受けないまま過ごすと、子どもの将来、どんな可能性があるの?療育を受けるべき目安が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



療育受けず、後悔された方の「事例」


療育を受ける「目安」



お子さんの発達が気になると「療育を受けるべきか」、「もう少し様子を見るべきか」など、迷われる方が多いと思います。

特に診断名がつく程ではなかったり、家で困っていない場合は、判断に迷われますよね。

この記事の執筆者の私は、療育指導を11年以上していまして、発達障害・グレーゾーンのお子さんの支援をしてきました。

その支援経験を元に、「療育を受けず後悔された方のよくある事例・療育が必要になる目安」をまとめました。

本記事がお役に立てれば、幸いです。

療育受けず、後悔された方の「事例」

私が支援してきた中で、療育を受けずに後悔される方が、一定数いらっしゃいました。

実際に私が関わった事例を元に、いくつかの共通点を、紹介していきたいと思います。

療育受けず、後悔した事例

言語がゆっくりな年長さん👦


3才児健診では、言葉の遅れがあったものの、「今困ってないから様子を見よう」ということで、過ごされてきた年長さん。


3語文以上で表現が難しく、状況の説明や自分の経験したことを伝えることが、難しい状態でした。


年中までは、大きな困りもなく過ごせていたのですが、年長になり周りが、5W1H(いつ・どこで・だれが・何を・なぜ・どのように)に沿った説明、

ルールのある遊びが増え、言いたいことが伝えられず、困る場面が増えてきました。


「友達と特定の話題の話をするとき」、「帰園して親御さんに園でやったことを説明するとき」、「友達とトラブルがあって、先生に状況の説明をするとき」など、

文章で伝える場面が増え、次第に相手に伝えることを避けるようになり、園で孤立するようになり、一時期は登園拒否までいきました。


多動傾向の小学1年生👦


保育園時代から、活発で集団行動が苦手な様子だった小学1年生の男の子。


ただ保育園が自由保育で、園の方針としてもお子さんに無理させず、本人のペースを守るというものでした。

そのため、園での生活の大きな困りはなく、家でも自由にさせていたので、親御さんも心配することはありませんでした。


いざ小学校入学すると、40~50分程の授業をずっと椅子に座っていることができず、立ち歩きが増え、その度に先生に叱責をされるようになりました。


そんな状態が3ヶ月以上続き、ついに学校から「授業中の親の付き添い」を頼まれてしまいました。

授業中は、後ろで母親が様子を見守り、立ち歩いたら、個別で声を掛けて授業に参加をするような状態でした。

お子さんの自己肯定感は下がり、母親も疲れ切ってしまいました。そんな状態になり、療育をスタートすることになりました。


完璧主義な小学2年生👦


家の外では、「良い子だね」「何でもできるね」と言われる女の子。


外で困ったことは一度もなく、家でときどき癇癪がある程度で、家族が融通をきかせれば、大きな問題ではありませんでした。


ただ小学2年生になり、家で毎日癇癪を起こすようになり、常にイライラしていて、些細なキッカケで怒りが爆発するようになってきました。


学校の面談では、先生からも「何の問題もありませんよ。よく頑張ってますよ」と、今までと同じように言われ、一見問題はなさそうですが、

実は、完璧な自分を意識するあまり、外の頑張り(ストレス)の反動が、家で癇癪になって爆発していました。


幼少期に一度、区の相談窓口に育児相談にいったとき、療育に繋がることも勧められたそうですが、

「今の生活」では、親御さんが対処できる範囲だったため、療育を見送っていました。

学習が苦手な小学4年生👩


学習の困難さがある小学4年生の子。

「文章題の理解が難しい」、「掛け算・割り算などの問題が混ざると、分からなくなる」、「その日に理解したことが次の日にはできない」、などの困りを抱えていました。


小学4年生で、文章読解・複雑な計算問題・単位など応用問題が増えてきたタイミングで、授業についていくことが、難しくなりました。


課題の拒否も出るようになり、家での宿題は癇癪の連続。母親も熱心に勉強を教えるも、なかなか理解が難しい様子に怒ってしまい親子関係も良くない方向に…。

学習の難しさから、学校への行き渋り・親子関係が悪くなるなど、困りが大きくなってしまいました。


自閉症スペクトラムの小学5年生👩


知的な遅れなく、勉強も言葉の遅れもない女の子。


ただ思春期になり、女の子同士のグループができてきて、孤立するようになりました。


理由は、コミュニケーション。伝えている内容は合っているものの、相手が傷ついてしまう伝え方をし、友達が距離を置くように…。

ただ本人としては、悪いことをした認識はないので、理由が分かっていません。

これまでも、言葉を言葉のまま受け取ったり、具体的に言わないと違った解釈になることがありましたが、家族だからこそ、分かってしまうこともあり、

学校に何か言われるわけではないので、家族も大きな問題として、認識されていませんでした。


⚠二次障害になるケースも

よく「早期療育が大事」と言われますが、そう言われる1つの理由が、二次障害を防ぐためです。

二次障害とは、1つの困りごとが原因で、新たな困りが生まれることをいいます。

例えば、学習障害の子が学校での失敗体験を重ね、不登校になる場合などです。

二次障害は、発達障害と違い防ぐことができるものです。

詳しくは、【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説をご覧ください。

療育を受ける「目安」

ここまでの内容は、ネガティブな内容が多かったですよね。

ただ気づいた段階で、療育などのサポートをお受けできれば、今の状況が悪化することは、ほとんどありません。

ここでは、「療育が必要になる目安」について、2つのポイントを見ていきたいと思います。



①:子ども/家族が困っている


②:第3者(園/学校)から勧められている


①:子ども/家族が困っている

お子さんや家族が、今の生活で困っているのかが大切になります。

個人的には、困っている状態が2ヶ月以上続いている場合は、療育を検討される目安になると思います。

理由としては、2ヶ月以内ですと、環境の変化など一時的な影響による場合もあるためです。

②:第3者(園/学校)から勧められている

第3者から、支援を勧められた場合も目安になります。

特に園/学校側から勧められた場合は、実際の集団生活を見て判断されているので、お子さんに必要な場合が、多いです。

✍療育の必要性は、「発達障害かどうか」は関係ない

療育の目的は、「定型発達の子に追いつく」、「欠点を克服するためのもの」ではありません。

療育とは、主に3つの意味合いがあります。

・子ども/家族の困りの解消をする
・対処法をお子さん自身が身につける
・子どものサポートを家族ができる


極端な例かもしれませんが、個人的には、発達障害でも本人が対処できていれば、支援は必要ないと思います。

逆に発達障害でなくても、お子さんが困っていれば、支援は必要になると思います。

ちなみに最近では、医師の診断書がなくても、利用ができる民間の療育も増えています。

「【療育の後悔】受けないままだと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



療育を受けず後悔した「事例」
・説明が難しい年長さん
・集団参加が苦手な小学1年生
・完璧主義で外で頑張りすぎる子
・文章題や複雑な計算が難しい子
・思春期特有の会話が難しい子

療育を受ける「目安」
・子ども/家族が困っている
・第3者(園/学校)から勧められている
・発達障害かどうかは関係ない


以上になります。

最終的なご判断は、親御さんに委ねられます。ただ簡単には判断できないことだと思います。

お一人で抱え込まず、信頼できる人に相談されながら、焦らずじっくり考えて頂ければ、幸いです。


【関連記事】

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説

-療育

執筆者:


  1. […] 【療育の後悔】受けないと、子どもの将来はどんな可能性が?事例を元に解説 […]

  2. […] 【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説 […]

  3. […] 【療育の後悔】受けないと、子どもの将来はどんな可能性が?事例を元に解説 […]

  4. […] 【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説 […]

  5. […] こちらに関しては、【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説で詳しくまとめています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【療育】掛け持ちはできる?メリット・デメリット・療育の選び方を解説

療育通い方で悩まれている方「今の療育先では日数が足りなくて、もう少し増やしたいけど、掛け持ちはできるの?」「掛け持ちは、子どもが混乱するって聞いたけど本当?」「これから療育を始めたいけど、気になる療育 …

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

発達障害の子どもにおすすめな椅子が知りたい方「子どもの集中力を上げる椅子が知りたい。おすすめを教えてほしい」 このようなご要望に、お応えします。 ☑本記事の内容 ・おすすめの椅子2選 ・ …

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点も解説

療育を辞めるべきか迷っている方「療育辞めてよかった人の事例が知りたい。療育を辞める目安が知りたい」 このようなご要望に、お応えします。 ☑本記事の内容 ・療育を辞めてよかったお子さんの事 …

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

園に療育を勧められて悩まれている方「通ってる保育園に療育を勧められたけど、療育は受けるべき?うちの子は早生まれなだけで、発達障害じゃないと思うけど、園から勧められたら、受けた方がいい?他の人はどうして …

【療育手帳のデメリットは2つ】メリット・申請方法も解説します

療育手帳について知りたい方「療育手帳のデメリットが知りたい。療育手帳使うことで、子どもの将来が不利になるか心配」 こういったご要望/お悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ・療育手帳の …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/10/05

【干すだけで大丈夫?】おねしょ布団の臭い・シミをとる3ステップを紹介

2021/09/22

【母親に依存するのはなぜ?】不登校の子が依存する2つの理由と対処法

2021/09/16

【すぐ泣く子供(小学生)】何が嫌なの?5つの原因と3つの接し方とは

2021/09/13

【ご飯を食べない!】イヤイヤ期でも食べられる!8つの対処法について

2021/09/06

【自閉症に良いって本当?】くるくるチャイムとは。効果的な遊び方を解説

2021/09/02

【怒り爆発!】育児をしない口だけの旦那!今日からできる7つの対処法とは

2021/08/30

【育児しない夫の末路】4つのリスクと対処法について

2021/08/05

【ワンオペ育児】今より楽になる!休日の過ごし方とは。5つの方法を紹介

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/21

【子育て】不安がある人が9割!子供を育てる…自信がない時の対処法

2021/07/12

【子供の習い事】自信をつけさせる習い事の選び方。3つのポイントと注意点

2021/07/08

【授業参観に行きたくない】参観で嫌な思いをしない!3つの方法とは。

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/28

【療育】掛け持ちはできる?メリット・デメリット・療育の選び方を解説

2021/06/25

【育児ノイローゼの夫(妻)】家庭でできる!4つの原因と対処法とは。

2021/06/24

【テレビばかり見る子供】親のイライラ…!効果的な4つの方法とは

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【集中力は環境作りから!】発達障害の子におすすめな椅子2選!※選ぶ時の注意点あり

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/11

【子供の宿題】親のストレスにならない教え方・自分から宿題をするようになる方法

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/04

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事とは。選ぶポイントも説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/02/08

【ママパパ必見】子どもに見せたい教育映画!おすすめ10選!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点も解説

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/28

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/07/29

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選19選】

2020/05/28

自閉症を描くオススメ映画17選【感動邦画~アクション洋画まで!】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/18

【支援者が選ぶ厳選5冊】自閉症スペクトラムの子の親に読んでほしい本

2020/05/05

【ADHDの子供の親向け】親が読むべきADHDの漫画【厳選3冊】

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【ADHDの子ども向けサッカースクール】選び方を解説!発達障害の子は、リベルタサッカースクールがおすすめ!

2020/04/27

ADHDの子供にオススメ!4つの絵カード【家でできる活用法も解説】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【ADHDの子どもの親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】

2020/03/27

【受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説します

2020/02/29

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは