不登校

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

投稿日:2023年7月4日 更新日:

学校とのやりとりで悩まれてる方「子どもが不登校で学校に相談したいけど、具体的にどんな “やりとり” をすればいいか分からない」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



学校とのやりとりで
 「大切なこと」

“学校とのやりとり” が難しい時の
 「2つの対策」

“学校とのやりとり” 以外で
 「家でできること」

“学校とのやりとり” 以外で
 「不登校の子が備えたいこと」


お子さんにとって、学校の理解や担任の先生のスタンスは、とても重要になります。

特に不登校のお子さんの場合、良くも悪くも、その影響は大きいものです。

学校とのやりとりが大事だと分かっていても、具体的にどうやりとりをすればいいのか..悩まれてる方は、多いと思います。

そこで本記事では、不登校の子に関する “学校とのやりとり” に役に立つ情報をまとめました。

私は、療育・相談支援を10年以上しており、不登校・発達障害の子と親御さんの支援に携わってきました。

学校とのやりとりに関するご相談も多く受け、中には私が学校に訪問して、お話をさせていただくこともありました。

その支援経験を元に、本記事をまとめてます。

また “学校とのやりとり” 以外で、不登校の子に「家庭できること・備えておきたいこと」も紹介してます。


参考になれば幸いです。

“学校とのやりとり” で大切なこと~子どもが不登校の時~

“学校とのやりとり” で大切なことは、3つあります。



①:「学校内の味方」を一人作る

②:「お願い<相談」のスタンスをもつ

③:「本人・親の負担」を考える


1つずつ、見ていきましょう。

①:「学校内の味方」を一人作る

学校内の味方は、2人以上でも構いません。むしろ多いのは良いことです。

少なくとも一人、学校内で味方を作れることが大切になります。

お子さん・ご家庭のことを理解してくれて、歩み寄ってくれる先生の存在です。

学校内で繋がりがあると、”学校とのやりとり” は、円滑になりますし、学校と上手くいかない時にも、間に入ってもらえる場合もあります。

お子さん、親御さんとして「学校には、理解してくれる○○先生がいる」となると、

これからの “学校とのやりとり” も、前向きに進められます。

信頼できる先生を窓口にして、学校とやりとりをすることが大切になります。

具体的には、下の先生が多いです。

・担任の先生
・学年主任
・管理職の先生

(ex.校長、副校長)
・スクールカウンセラー
(SC)

中には、保健室の先生が拠り所という子もいました。

面談で個別の時間をとってもらい、相談する中で、頼れる先生を見つけてくことをお勧めします。

②:「お願い<相談」のスタンスをもつ

あくまで、”対等のスタンス” で、相談をします。

お願いしたいことは沢山あると思いますが、一方的なお願いは、よっぽど理解ある先生でない限り、協力を得られる可能性が下がります。

親御さんの “○○を相談したい” と、

“先生の立場として、どこまでの範囲なら可能か?”

2つのバランスを、一緒に確認して進めてくことが必要になります。

③:「本人・親の負担」を考える

“学校とのやりとり” は、本人にとっても、親御さんにとっても、大きな負担になります。

ここで大切なのは「無理をしない」ことです。

不登校に関する “学校とのやりとり” は、お子さんの状態によっては、中・長期的に続きます。

精神的にも肉体的にも、無理をすれば、必ずその反動は、後からきます。

例えば、

・欠席の連絡は、登校時だけ学校に連絡する
・担任への近況報告は、週に1回にする

など、負担が大きくなり過ぎない形にします。

ここの部分は、担任の先生に相談できますので、親御さんの中で無理のない方法・ペースを確認した上で、相談するのが望ましいです。

【関連記事】

【不登校の母親】今より気持ちを軽くする4つの過ごし方・5つの視点

“学校とのやりとり” が難しい時の「2つの対策」

“学校とのやりとり” が難しい時の「対策」は、2つになります。



①:「第3者」へ相談

②:「学校以外の選択肢」を考える


①:「第3者」へ相談

区の相談窓口や児童精神科への相談になります。

区の相談相談窓口は、地域の支援機関を紹介してもらえます。

放課後デイ等の福祉サービス、民間療育、フリースクールなどの情報が確認できます。

児童精神科は、かかりつけのクリニックがあれば、紹介してもらえる場合があります。

今後の方向性、家庭での関わり・過ごし方、学校への向き合い方、将来のことなど、

各機関毎に役割を分けながら、相談できる場所を見つけることが大切になります。

②:「学校以外の選択肢」を考える

現在は、”学校以外の選択肢” が増えてきてます。

・フリースクール
・通信制
・転校
・家庭学習

(家庭教師・タブレット学習)

オンラインで出来る場所も増えてますので、どんな選択肢があるのか、情報を集めることが大切になります。

⚠注意点①:本人の意思を無視しない

本人の意思がないと、どんなに魅力的な選択肢でも、意味を成しません。

本人が感じる必要性・納得感があって、初めて選択肢に進むことができます。

もちろん、どんな選択肢があるのか、事前に情報収集すること自体は問題ありません。

⚠注意点②:学校との対立は避ける

学校から離れることになっても、なるべく穏便に距離をとることをお勧めします。

理由としては、これからどんな形で学校と関わりを持つか分からない為です。

私が支援してきた中では、お子さんの気持ちが変わって再登校(一時的)になったり、

本人が先生と話をしたがる、などが実際にありました。

関係性さえ悪くなければ、後からやりとりを再開することは可能ですので、安心です。

【関連記事】

【別室登校の過ごし方】メリット・デメリット・教室へ復帰する5つのポイント

家でできること学校とのやりとり以外で

学校とのやりとり以外で、“家でできること は、2つになります。



①:本人の話を「傾聴・共感」する

②:「本人の意思に合わせて」サポートする


文面にするとシンプルですが、いざ生活となると、これがとても難しいです。

①:本人の話を「傾聴・共感」する

本人の話を遮らず、最後まで聞くことです。

「話しても、聞いてくれない」
「話しても、否定されるだけ」


と、お子さんに思われてしまうと、それ以上のコミュニケーションが生まれず、親御さんからの話が伝わらなくなってしまいます。

そこを避ける為にも「自分のことを否定せず聞いてくれた。分かってくれた」という本人の経験が、

心を回復させ、親御さんとやりとりができる状態(家庭全体で前進できる状態)に繋がってきます。

②:「本人の意思に合わせて」サポートする

不登校のお子さんは、時期によって気持ちに波があります。

自分の殻に閉じこもって、気持ちを休ませる時期もあれば、

心がある程度回復してきて、気持ちが外に向き始める時期など、段階があります。

共通して大切なのは、“お子さんの意思” を最大限尊重(サポート)することです。

明らかに常識外でない限りは、お子さんの意思が形になるように、

一緒に考えたり、手伝うなど、周りの理解とサポートが大切になります。


【関連記事】

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

不登校の子が備えたいこと~学校とのやりとり以外で~

ここでは、”学校とのやりとり以外” で、不登校の子が備えておきたいことをお伝えします。

学校や先生によっては、親御さんがどんなに手を尽くしても、やりとりが難しい場合があります。

残念ながら、私が支援する中でも、理解が得られない学校や先生は、少なくありませんでした。

学校を変えるか、年度終わりで先生が変わるまで耐えるか…苦渋の選択を求められることもあります。

いずれにしても、共通してお子さんにネガティブな影響を与えるのが、“学習の遅れ” になります。

学習の遅れは、不登校のお子さんの代表的な困りの1つです。

当たり前ですが、不登校期間の長さに比例して、学習の遅れは大きくなってきます。

学校への進学を含む将来の選択肢の減少など、ネガティブな影響が出ます。

その対策の1つとして、家庭学習がお勧めになります。

不登校の子にとって、

無理せず
安心できる環境(自宅)で
自分のペースで

これらが、大切な要素になります。

学力を上げるまでいかずとも、学習習慣をつけたり、今までの学習を忘れない為の復習でも良いと思います。

学習が、一度大きく遅れてしまうと、取り戻すのに時間がかかり、勉強が嫌になって自己肯定感が下がってきます。

そうなると、学習の遅れ以外にも、影響が出てきます。

学習面に心配がある子には、早めの学習フォローをお勧めします。

もちろん、本人が学習に向かえる気持ち・エネルギーがある状態が前提になります(この段階にない子は、まず休息が必要になります)

✍学習の遅れは「タブレット学習」で対策

不登校の子に合った1つ学習方法として「タブレット学習」があります。

家庭で自分のペースで取り組めて、課題の自動抽出・アニメーション解説など、

「分かりやすい。でも、勉強っぽくない勉強」ができます。

塾や家庭教師ですと、先生との相性が出たり、”勉強をやらされてる感” を本人が感じることもあります。

そうなると、モチベーションが下がり、成果に繋げることは困難になります。

そういった点からも、タブレット学習は、学習の再スタートとして、苦手意識・モチベーションが低い子にも、取り組みやすい内容になっています。

メリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細については、下の記事にまとめています。

お子さんの学習フォローの選択肢として、情報収集されたい方にも参考になると思います。

発達障害の子向けの記事ですが、不登校の子にも共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

「【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



学校とのやりとりで
 「大切なこと」

・学校内の味方を一人作る
・”お願い<相談” のスタンスをもつ
・本人・親の負担を考える

学校とのやりとりが難しい時の
 「2つの対策」
・第3者へ相談
・学校以外の選択肢を考える

学校とのやりとり以外で
 「家でできること」
・本人の話を傾聴・共感する
・本人の意思に合わせて、サポートする

注意点
・本人の意思は無視しない
・学校と対立は避ける

学校とのやりとり以外で
 「不登校の子が備えたいこと」

・早めの学習フォロー
・タブレット学習


以上になります。

本記事が、お役に立てば幸いです。

【関連記事】

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

-不登校

執筆者:


  1. […] 【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点 […]

  2. […] 【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

学校への欠席連絡で悩まれてる方「不登校で休む場合、欠席の理由はどう伝えるべき?不登校のご家庭は、皆どう伝えてるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【不登校の映画】不登校の子に向き合える「素敵な2作品」を紹介します

不登校がテーマの映画が知りたい方「不登校がテーマのオススメの映画が知りたい」 近年は「不登校」が取り上げられることが増えてきました。実際に不登校の子は、年々増加傾向にあります。 こちらの記事では、「不 …

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

不登校の子向けの習い事を調べてる方「不登校の子に合う習い事ってあるの?うちの子に合う習い事を教えてほしい。選び方・注意点も知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【親のストレス】不登校に子にイライラする~3つの対策・5つの大切なこと~

子どもの不登校に悩まれてる方「子どもが家で普通に過ごしてる姿を見てると、イライラして仕方ない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子に 「イライ …

【不登校でも受けるべき?】テストを受ける5つのポイント・受けない時の影響とは

不登校の子で悩まれてる方「不登校でもテストは受けるべき?受けなかったらどんな影響が出る?テストを受ける方法・注意点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/13

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/06/24

【療育支援員が紹介】家庭療育グッズ30選!使う時の2つのポイントとは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【2023年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【自閉症の子向け】人と楽しめる!おすすめゲーム7選!療育指導員が紹介