家での関わり方/その他

【ADHDの宿題】取りかかれない子に効果的!9つの対処法・4つの視点

投稿日:2023年6月12日 更新日:

ADHDの子の宿題で悩まれてる方「子どもが宿題に取りかかれない。宿題に取り組める方法が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅ADHDの子が
 「宿題に取りかかれない原因」

✅宿題に取りかかれない時の
 「対処法」

✅ADHDの子の宿題で
 「大切な視点」

✅それでも宿題の状況が
 「進展しない時の対策」


宿題は、お子さんはもちろん、親御さんにとっても負担が大きいものです。

ただでさえ負担になる宿題に加え、ADHDの特性を持ってる子にとっては、

宿題に “取り組む” までの過程で、大変なことが沢山あります。

そこで本記事では、

ADHDの子が「宿題に取りかかれない5つの理由・対処法・大切な視点」を紹介します。

この記事の執筆者の私は、お子さんの療育/学習支援を10年以上しています。

その支援経験を元に、本記事をまとめています。

日々の宿題の負担が、少しでも軽くなるキッカケになれば幸いです。

ADHDの子が「宿題に取りかかれない原因」

ADHDの子が「宿題に取りかかれない原因」は、5つあります。

私の経験上では、①②が最も多い原因になります。



①:「自分の欲求」を優先する
 (衝動性・自己コントロール)

②:「きりかえ」が難しい
 (気持ちの折り合い)

③:注意が「逸れる」
 (不注意性)

④:学習自体の「困難さ」
 (ex.読み・書き・運筆)

⑤「苦手意識」の強さ
 (失敗体験が多い)


①:「自分の欲求」を優先する(衝動性)

ADHDの衝動性が高いタイプの場合、自分の「やりたい!」を最優先にする特性があります。

宿題をやらなきゃ、と頭で分かっていても「○○がしたい!」と思ったら、咄嗟に体が動いてしまうイメージです。

「やるべき」 よりも 『やりたい』 を優先する特性になります。

②:「きりかえ」が難しい(気持ちの折り合いのつけ方)

自分の好きなことをしてる時に、なかなか辞められない状態になります。

何度約束をしても「あと1回、もう少し」と時間が延びていきます。

自分の気持ちに折り合いをつけることが難しく

結果として宿題に取りかかれない(取りかかるまでに時間がかかる)状態になります。

③:注意が「逸れる」(不注意性)

ADHDの不注意性(注意が散りやすい)が、原因になります。

例えば、テーブルの上にある物をいじりだしたり、兄弟姉妹の動きが気になったり、

TVや外の音に反応したりと、宿題から注意が逸れてしまうパターンです。

④:学習自体の「困難さ」(ex.読み・書き・運筆)

ADHDとは別の特性で、学習の困難さ(ex.読み・書き・運筆)がある場合です。

学習障害(LD)に近い困難さを持っている子もいれば、

処理速度(頭の中で情報を整理する)に困難さがあるケースもあります。

⑤「苦手意識」の強さ(失敗体験が多い)

本人が「どうせ自分にはできない」と思い込んでる状態になります。

理由としては、過去の “勉強の失敗体験が多さ” になります。

・やっても、出来なかった
・やっても、指摘された/怒られた


という経験が苦手意識になり、結果として「宿題に取りかかれない」状態に繋がっています。

ADHDの子が宿題に取りかかれない時の「対処法」

ADHDの子が、宿題に取りかかれない時の「対処法」は、9つあります。



①:「具体的なゴール」を決める

②:「ハードル」を下げる

③:できた後の「楽しみ」を決める

④:できたら「本人が喜ぶ関わり」をする

⑤:「環境」を作る

⑥:「補助グッズ」を活用する

⑦:「小休憩」をはさむ

⑧:「親も一緒」にやる

⑨:「タブレット学習」の導入


①:「具体的なゴール」を決める

見通しがあった方が頑張れる子には、事前の “宿題の中身の確認” が大切になります。

どのぐらい頑張れば終わりなのか、事前に分かっていると、精神的な負担が軽くなる為です。

例えば、私たちがマラソンをする時に「走って下さい」とだけ言われるよりも、

「1キロ先のコンビニまで走って下さい」と言われる方が、気持ち的に楽だと思います。

これは、”具体的なゴール(見通し)” がイメージできている為です。

お子さんにも、具体的なゴールを示し、取り組む促しをする方が効果的です。

紙に書き出すことで、案外宿題がそこまで多くなかった、と感じる場合もあります。

⚠「量の多さ」で嫌になってしまう子もいる

先ほどの説明と、逆になる子もいます。

最初から宿題全部を認識してしまうと、イヤになってしまう子の場合は、避けた方が良い場合もあります。

ただ、その場合は、宿題の取り組み以前に、担任の先生に “宿題の量の相談” が必要かもしれません。(担任への相談は、後述します)

②:「ハードル」を下げる

本人が頑張れるハードル(目標)を調整する方法になります。

例えば、一人ではプリント1枚が限界でしたら、残りのプリントは、大人が一緒に手伝うなど、

本人が “少し背伸びして頑張れるライン” に合わせて、ハードルを設定するイメージになります。

③:できた後の「楽しみ」を決める

宿題が終わった後の “お子さん本人の楽しみ” を、事前に決めておきます。

例えば…

・宿題終了後~18時までゲームできる
・好きなお菓子が食べれる

・ポイントが貯まる
(一定数貯めれば、好きなモノと交換)

私たちも週末の趣味、買い物、友人と食事の時間など、”仕事の後の楽しみ” を目指して頑張ってることが多いと思います。

お子さんには、もう少し短いスパンで楽しみを認識してもらい、頑張るエネルギーに繋げることが大切になります。

またここでのポイントは、本人の頑張り次第で、”本人が得られる結果” を変えることです。

例えば、早めに宿題が終われば、その分遊べる時間が増える、ようなイメージです(宿題終わり次第~夕食までが自由時間の場合)。

大人が全部決めるのではなく、自分(子ども本人)次第で、

自分の楽しみが変わるという経験は、長い目で見ても大切になります。

④:できたら「本人が喜ぶ関わり」をする

宿題ができたら、本人が喜ぶ関わりをします。

・言葉でほめる
・ハイタッチする
・好きなことをさせてあげる


宿題が終わることが、かなり難しい(時間がかかる)場合は、

プリント1枚毎にほめたり、5問解けたらほめるなど、お子さんに合わせて変えることが大切になります。

また、「ほめられる」ことが嬉しくない子には、無理に言葉でほめる必要はありません。

その時は「宿題終わったんだね」と大人が認識したことだけ、さりげなく伝えて、本人の好きなことをさせる形で十分です。

⑤:「環境」を作る

“宿題に取り組みやすい環境” を作ります。

ADHDの子は、衝動性・不注意性など、環境に左右されやすい特性があります。

例えば、

気になるモノは片付ける
・音が響きづらい部屋でする
・机の向きは壁にする

など、なるべく本人に刺激が入らない様にします。

また人が刺激になることも多い為、宿題の時間は、家族・兄弟姉妹に静かに過ごしてもらえると安心です。

⑥:「補助グッズ」を活用する

ADHDの特性自体は、変わることはありません。その特性を理解し、対処していくことが大切になります。

そのため、本人や周囲の工夫だけではなく、グッズに頼るのも、立派な方法の1つになります。

姿勢保持の負担を軽くするクッション
音を遮音するヘッドホン
目印と音が分かりやすいアラーム

など、色んなグッズがあります。

宿題をする上で、お子さんが感じてる負荷を軽くすることができます。

具体的なグッズは、下の記事にまとめています。参考程度にご覧ください。

【関連記事】

【療育指導員が紹介】ADHDの子が過ごしやすくなるグッズ8選

⑦:「小休憩」をはさむ

「宿題が終わるまで」ではなく、お子さんの “集中力が切れそうになったタイミング” で休憩を入れます。

お子さんの集中できる時間によって、5分、10分などの時間でも良いですし、宿題のキリが良いところで区切るのも1つです。

ここで避けたいのは、集中力が切れているのに宿題をしようとして、形だけになって、なかなか進まない状態になることです。

⑧:「親も一緒」にやる

お子さん一人では、どうしても取りかかれない場合は、大人も一緒に宿題をするのも1つです。

親御さんの負担は大きいですが、一緒にすることで、最終的に時間は短く済む場合ともあります。

親御さんと一緒に宿題をするのが、モチベーションになる子には、オススメの方法になります。

ADHDの子が宿題に取りかかれない時に「大切な視点」

ADHDの子が、宿題に取りかかれない時に「大切な視点」は、4つあります。



①:「本人が得られる経験」を考える

②:「宿題の調整」の相談をする

③:本人が「選択できる機会」を作る

④:ネガティブな気持ちに「共感」する


①:「本人が得られる経験」を考える(宿題を通して)

「宿題=必ずやらなければいけない」と思われてる方が多いかもしれません。

実際に宿題をしないことで、先生から指摘されたり、怒られることがありますので、お気持ちは,、とても分かります。

ただ、宿題をすることで、お子さんの癇癪が増えたり、親子関係の悪化に繋がるぐらいなら、宿題を全部やることが、必ずしもベストとは限らないです。

逆に、本人に合った適切な量の宿題をすることで、

「面倒くさかったけど、できた!」
「イライラもしたけど、終わったよ!」


など、本人の達成感や喜びに繋がるのなら、それは良いことだと思います。

今向き合ってる宿題に取り組むことで、本人がどんな気持ち(感情)を抱くのか、そこが一番大切だと思います(宿題に限らずですが)。

もしそれが、明らかにネガティブに作用するものでしたら、宿題すること自体を、一度見つめ直す必要があると思います。

②:「宿題の調整」の相談をする

宿題のレベル・量が明らかに、本人に合っていない場合は、担任の先生に相談することをお勧めします。

調整してもらえるかは、担任次第ですが、相談して調整できた方も少なくありません。

もし担任が調整しないスタンスであれば、本人ができる所を親御さんと決めて、その範囲で進めていく方が良いと思います。

「宿題ができない」よりも、

・親子関係の悪化
・本人のストレス過多

これらの方が、中長期的に、遥かにリスクになる為です。

③:本人が「選択できる機会」を作る(尊重する)

宿題をどこまで頑張るのか、を本人に選んでもらう(考えてもらう)形にします。

人に決められたことは、反発心を生みやすく、宿題をやらない理由の正当化にも繋がります。

自分で決めた方が頑張れますし、本人の自己決定スキル(自分で決める力)にも繋がる為です。

④:宿題へのネガティブな気持ちに「共感」する

宿題に対するお子さん本人のネガティブな気持ち・発言に共感をすることです。

「これぐらいで文句言わないの!」「皆もやってることでしょ!」と言いたくなることもあると思います。

ただ、共感してもらえると、本人は理解してくれたと思い、その後の親御さんの話も入りやすくなったり、

本人のストレスも軽減されるため、結果的に宿題に取り組みやすくなります。

「【ADHDの宿題】取りかかれない子に効果的!9つの対処法・4つの視点」のまとめ

記事のポイントになります。



ADHDの子が
 「宿題に取りかかれない原因」

・自分の欲求を優先する
・きりかえが難しい
・注意が逸れる
・学習自体の困難さ
・苦手意識の強さ

宿題に取りかかれない時の
 「対処法」

・具体的なゴールを決める
・ハードルを下げる
・できた後の楽しみを決める
・できたら本人が喜ぶ関わりをする
・環境を作る
・補助グッズを活用する
・小休憩をはさむ
・親も一緒にやる

ADHDの子の宿題で
 「大切な視点」
・宿題を通して本人が得られる経験を考える
・宿題の調整の相談をする
・本人が選択できる機会を作る
・宿題へのネガティブな気持ちに共感する


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【発達障害の子向け】タブレット学習~ADHD/自閉症の子に合う4つの特徴~

-家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

発達障害の子の勉強で悩まれている方「子どもが勉強してる時、あまりに進みが悪くてイライラしちゃう。子どももイラついてる。今より上手くいく勉強方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x2 …

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

子どもの癇癪で困っている方「癇癪が多くて困っている。気に入らないと、すぐに癇癪を起こす。適切な癇癪の対処法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2705 …

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

縄跳びが苦手な子で悩まれている方「発達性協調運動障害の子が縄跳びが跳べなくて困ってる。どう教えれば跳べるようになるの?効果的な練習方法が知りたい」 このような “発達性協調運動障害の子の縄 …

【発達障害の子の授業参観に行きたくない】参観で嫌な思いをしない~3つの方法~

授業参観に行きたくない方「うちの子(発達障害)は、周りに迷惑をかけてるかもしれない。子どもに目立つ言動があり、他の親に引け目がある。授業参観を乗り切る方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします …

【幼稚園のトラブル】子どもの他害を止めたい~4つの原因/対応方法~

子どもの他害に悩まれてる方「子どもが手を出して困っている。何回言ってもやめない。対処法が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅他害が出る 「4つの …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~