家での関わり方/その他

【登校班のトラブル】発達障害の子にできる4つの対策~4つの原因から考える~

投稿日:2024年1月11日 更新日:

登校班のトラブルで悩まれてる方「うちの子は発達障害なんだけど、登校班でトラブルを起こしやすくて困ってる。できる対策が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅発達障害の子によくある
 「登校班のトラブル」

✅登校班トラブルの
 「4つの原因」

登校班トラブルの
 「4つの対策」

生活面に心配がある子が
 「備えたいこと」~登校班トラブルが多い子~

✅学習面に心配がある子が
 「備えたいこと」~発達障害の子の学習対策~


登校班のトラブルは、親の目が届かず、介入しずらい問題になります。

中には、親御さんも含めたトラブルに発展することがあります。

特に発達障害を持つ子ですと、悪気がなくてもトラブルに発展してしまうことは、少なくありません。

学校が嫌になる前に、親御さんとして、1日でも早く解決してあげたいと思いますよね。

そこで本記事では、「発達障害の子の登校班のトラブル」に関する情報をお伝えしたいと思います。

この記事の執筆者の私は、お子さんの療育/学習支援を10年以上しています。

発達障害、グレーゾーンの子の支援に携わってきた中で、効果的だった考え方・対策をまとめています。

参考になれば幸いです。

発達障害の子によくある「登校班のトラブル」

発達障害の子によくある

「登校班のトラブル」は、4つあります。



①:「他児とケンカ」をする

②:班のペースに「合わせられない」

③:「仲間はずれ」にされる

④:時間が「守れない」


①:「他児とケンカ」をする

同じ登校班の子に注意や促しをされたことで、本人が怒り出してケンカになったり、暴言や悪態をついて、相手の子が困るケースになります。

相手によっては、手を出し合って殴り合いに発展することもあります。

共通するのは、登校班の子の言動がキッカケで、本人の怒りスイッチが入り、トラブルに発展する点になります。

②:班のペースに「合わせられない」

登校班は、班の足並みを揃えて歩く必要があります。

スピードや歩く位置など、周りに合わせる必要があります。ただ、周りに合わせることが苦手な特性がある子は、一人だけペースが違ったり、違う所を歩くことがあります。

また、気になるモノがあると触りたくなり、登校班の列から外れたり、自分の興味の赴くままに動くこともあります。

結果的に、登校班に影響が出るため、登校班の子・親御さんによっては、トラブルに発展する場合があります。

③:「仲間はずれ」にされる

登校班は、基本的に近所の子で構成される為、顔見知り・仲良しの子もいる為、最初からグループができてる場合があります。

また、本人の特性によっては、コミュニケーションがとりづらく、周りの子とのやりとりが難しい場合もあります。

登校班の子が心無い子の場合、仲間はずれにされたり、中にはイジワルをする子もいます。

本人の特性によっては、仲間はずれにされてることに気付いてなかったり、気付いてて困ってるけど周りに説明できない場合があります。

トラブルとして目立つわけではない為、親御さんが気付きにくい面もあります。

④:時間が「守れない」

切り替えが苦手だったり、1つ1つの動作に時間がかかり、集合時間に間に合わないパターンになります。

登校班の子が待ってる状態が続くと、相手の子や親御さんから不満が出ることもあり、トラブルに発展することがあります。

ただ、本人には悪気はなく、困ることでもないので、親御さんが本人に働きかけても、なかなか状況が変わらないことが多いです。

登校班トラブルの「4つの原因」

登校班トラブルの「原因」は、

4つあります。

ここでは、困りに繋がりやすい本人の特性の説明になりますが、

特性自体が悪いというわけではなく、特性を踏まえてどんな関わり・配慮をするかが大切になってきます。



①:「感情コントロール」が苦手

②:「他者の気持ち・状況理解」が苦手

③:「登校班の子との相性」が悪い

④:「きりかえ」が苦手


①:「感情コントロール」が苦手

本人の特性として、感情コントロールが苦手な面があります。

同じ班の子に、促しや注意を受けた時など、カッと怒ります。

周りの子に言われたことにイライラしたり、大声で怒鳴るなど、怒りを大きく表現することがあります。

本人の許容量が限られている為、感情が爆発したり、イライラして周囲に悪態をつくなど、トラブルに繋がりやすいです。

【関連記事】

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

②:「他者の気持ち・状況理解」が苦手

自分の言動が、相手や登校班にどんな影響が出るのか、想像や理解がしにくい特性になります。

例えば、登校班から外れた時に、同じ班の子が声を掛けてくれた状況を「悪口を言われた」と捉えたり。

また、自分が時間に遅れることで、周りの子に迷惑が掛かることが、ピンとこないなどもあります。

このように、相手の気持ちや立場に立って考えたり、周りの状況理解が苦手な特性が大きな理由になります。

③:「登校班の子との相性」が悪い

シンプルに登校班の子との相性が悪い、もしくは、登校班の子に心無い子がいる場合になります。

例えば、人に指摘されることに敏感な特性がある子と、世話好きで正義感が強いタイプの子は、同じ班ですと、トラブルになりやすいです。

誰が悪いというわけではなく、相性が悪いため、どうしても摩擦が起きやすいです(勿論、お互いが関わりを工夫をする必要はありますが)。

また、相性以前に、イジワルな子。特に、陰湿で口が上手い子は、大人の見えない所でやる為、発見や解決は難しく、根本的な解決は難しいことが多いです。

④:「きりかえ」が苦手

切り替えが苦手な特性のため、1つ1つの動作に時間がかかり、登校班の集合時間に間に合わない場合になります。

TVなど、好きなモノから切り替えが苦手なパターンもあれば、

着替えてる途中にリビングにあるマンガ・グッズなど、気になるモノに気を取られて、注意が散ることで時間がかかるパターンもあります。

また、1つ1つの動作自体がゆっくりで、時間がかかる子もいます。

・1つ1つの行動の切り替え
・注意の散りやすさ
・動作自体のゆっくりさ

などの特性が、原因になります。

登校班トラブルの「4つの対策」

登校班トラブルの「対策」は、

4つあります。

中には、学校に相談することが、前提のものもあります。

トラブルが頻発していたり、怪我などの危険がある場合は、事実の把握をしてもらう為、まず学校へ相談するのが望ましいです。



①:「頼れる子」にフォローをお願いする

②:「登校班の列の順番」を変える

③:「親が同行」or「親と2人で行く」

④:「登校班」を変える


①:「頼れる子」にフォローをお願いする

登校班の中に、頼れる子がいれば、フォローをお願いします。

フォローといっても、軽いお願いするイメージで、

例えば、「〇〇(本人)は、気になるモノがあると、足が止りやすいから、その時は声を掛けてくれる?」と直接お願いするイメージになります。

年上で、本人と相性が悪くない子だと良いです。

もし、登校班の子の協力で、ポジティブな変化があれば、お礼を言って、協力してくれた登校班の子も喜んでくれれば、その後もフォローしてもらいやすくなります。

②:「登校班の列の順番」を変える

学校への相談も必要になりますが、登校班の子の歩く順番を変えます。


これは、トラブルの相手が、本人の前後を歩いてる子の場合の対策になります。

物理的に離すことで、接触頻度が減るため、トラブルが減りやすくなります。

登校班は、基本的に班長以外は、下の学年の子から歩きます。

これは、安全上の理由からではありますが、その順番でトラブルが起こりやすく、危険が及ぶ可能性がある場合は、順番を入れ替え、トラブルがある子との距離をとる方が安全です。

ただ、学校としても判断が難しいと思うので、今の登校班の順番だと「◯◯」な危ないことがあると、いつ、どこで、誰が、のような具体的に事実で伝える必要があります。

事実が把握できないと、学校としても判断が難しい為です。

③:「親が同行」or「親と2人で行く」

登校班に、親御さんが同行するのも1つです。

他の対策が打てず、解決が難しい場合は、親御さんが正門前まで一緒に登校する場合もあります。

また、本人が登校班での登校を嫌がる場合は、親御さんと2人で登校も1つです。

その場合は、時間を遅らせて他の子の目に触れにくい配慮があると、本人も通いやすい場合が多いです。

特に、学校への行きしぶりが出てるなど、不登校になる心配がある子には、必要なフォローになります。

④:「登校班」を変える

学校への相談が、必要な対策になります。

本人の特性と登校班のメンバーによっては、登校班を変えないと、問題の解決が難しい場合があります。

ただ、登校班を変えるのは、他の子にも影響する為、学校に相談する際は、登校班を変えたい理由を、事実を元に伝える必要があります。

いつ、どこで、誰が、どんな困り事があったのか、を伝えていきます。頻度が多い出来事ほど、学校の印象も変わると思います。

学校としても児童の安全面が大事ですので、登校班を変えないことで、本人、他の子の安全面に懸念を感じれば、何か相談に応じてくれる可能性はあります。

もし難しかった場合は、親御さんが同行するか、親御さんと2人で登校するのが望ましいです。

✅「学校に相談する」ときのポイント

学校に相談する時に大切なのは、

・具体性
・影響度
・頻度


になります。この3つが多い、大きいほど、学校が応じてくれる可能性が高まります。

具体的な出来事を、いつ・どこで・誰が・何を・どのように、などの要素でお伝えできるのが望ましいです。

生活面に心配がある子が「備えたいこと」~登校班トラブルが多い子~

ここでは、生活面に心配がある子が「備えたいこと」をお伝えします。

登校班トラブルがある子は、他の生活場面でもトラブルになりやすかったりと、困りを抱えてる可能性があります。

今は表面化してなくても、先生や周りの子次第で、トラブルに発展する可能性を秘めています。

「登校班でのトラブル」は、一部の集団行動が難しい状態を指します(相手に100%の非がない限り)。

登校班でのトラブルは、1つの表面的な問題に過ぎず、根本的にはお子さんの特性が起因している場合があります。

例えば、登校班でのトラブルでは、他の子に言われた一言を被害的に捉え、感情コントロールが難しく手を出したり、班のペースに合わせる嫌で、帰り道に班から外れてしまったり、様々な形であります。

これらは他の子と過ごす集団生活では、必ず影響がありますし、登校班のペースに合わせるのも、クラスの集団の動きに合わせるのと共通しています。

登校班での困りは、生活面での困りに繋がる場合が多いです。もちろん、登校班と教室では、環境の違いがあるので、必ずしもというわけではありません。

ただ、潜在的に困りが出る可能性を抱えています。

「集団行動に合わせるのが苦手」
「自分のやりたいことを優先する」
「相手の気持ち、状況の理解が難しい」
「自分の気持ちを言葉で伝えられない」

など、生活場面で困ってる可能性があります。

親御さんから見て、もし上記のような点が気になる場合は、早い段階で一度、専門の先生にアドバイスがもらえると安心です。

✅お子さんの相談は「リタリコジュニア

リタリコジュニア とは、療育/発達支援の教室になります。

発達障害、グレーゾーン、不登校など、特性に関わらず、様々な困りを抱えてる子が通われてます。

お子さんの年齢/特性/困り事によっても、変わりますが、

・コミュニケーション
(気持ちを言葉にする/ヘルプ要求)

自己管理
(感情コントロール/時間/物)

・学習
(特性に合う学習方法/学習計画)

学校連携
(ex.学校での配慮/担任とのやりとり)

など、本人に必要なサポートが受けられます。

小学校中学年以下の子でしたら、好きな遊び(ex.ボードゲーム、カードゲーム、工作)を中心に、

小学校高学年以降(思春期)の子は、本人の好きな話など、対話ベースで進めることが多いです。

リタリコジュニアが良い理由は、大きく5つあります。

・療育の最大手
(実績/信頼/豊富な知見)

・応用行動分析
(エビデンスに基づく指導)

・自己肯定感を高める指導
(安心感/楽しさ/自信をつける)

・家での関わりサポート
(具体的な親の関わり方)
(ペアレントトレーニング)

・学校/学級の相談
(学校連携/担任とのやりとり)

1回の指導で、本人の特性、本人への関わり方、学校で配慮すべきことなど、必要なことを教えてもらえます。

もちろん、必要性に応じて、継続的な支援を受けることもできます。

また、色んなタイプの子を支援してきた先生から、他の子の事例なども具体的に聞けると、今後の本人、学校生活を考える上で参考になります。

その他、メリット・デメリットなど詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

【リタリコジュニア】発達/療育支援教室

教室に行くことを嫌がる子もいますが、本人への伝え方など、教室に事前相談ができます。

お子さんの気持ち/様子、家庭の状況に合わせて、活用いただけますと幸いです。

学習面に心配がある子が「備えたいこと」~発達障害の子の学習対策~

ここでは、学習面に心配がある子が「備えたいこと」をお伝えします。

発達障害の子は、生活面だけでなく、学習面で困りを抱えてる子も多いためです。

生活面も同様ですが、学習面においても、学習の失敗体験を予防し、本人に合った学習方法を見つけ、成功体験を重ねることが大切になります。

特性上、学習面に難しさを抱えてる子は、授業、宿題、テストなど、自己肯定感が下がる場面が多いです。

そして、学校そのものがイヤになったり、癇癪、学習拒否、提出物を出さないなど、学習以外にも影響が出てきます。

そして、学習面は、進学・就職など、将来の選択肢に大きな影響を与えます。

早い段階で、

・学習の成功体験
・学習意欲
・自己肯定感
・自分に合った学習方法

これらの要素を高め、増やし、確保することが重要になります。

✅学習対策は「タブレット学習」

発達障害の子の学習対策の1つに、
「タブレット学習」があります。

特性ある子にとって、タブレット学習が良い理由は、5つあります。

・自分のペースでできる
(在籍校にも合わせられる)

・人に教わらない

(人に教わるのが苦手な子向け)

・分かりやすい勉強

(学習意欲の向上)

成功体験が積める
(自己肯定感が上がる)

・ゲーム性
(勉強に抵抗感がある子向け)

また、発達障害の子の学習を妨げる要因として、

「何をどう勉強すればいいか、分からない」
「問題がちょっと変わると、解けない」
「時間が経つと忘れる(定着しない)」

などがあります。学習を阻害する大きな要因になりますが、タブレット学習ですと、この問題にアプローチしやすいです。

①「何をどう勉強すればいいか分からない」
⇨本人の解答結果をAIが分析し、必要な課題を提示

②「問題がちょっと変わると解けない」
⇨アニメーション解説で本質的な理解を促す

③「時間が経つと忘れる(定着しない)」
⇨①②の繰り返しでアプローチする

また、アニメーション/音声解説がある為、文字の読み書き、参考書・市販教材での学習が苦手な子の理解しやすいです。

タブレット学習の、その他のメリット・デメリット等は、こちらの記事をご覧ください。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

発達障害の有無に関わらず、困りを抱えた子に共通する内容になっています。

1つの学習方法して、参考になれば幸いです。

「【登校班のトラブル】発達障害の子にできる4つの対策」のまとめ

記事のポイントになります。



発達障害の子によくある
 「登校班のトラブル」

・他児とケンカをする
・班のペースに合わせられない
・仲間はずれにされる
・時間が守れない

登校班トラブルの
 「4つの原因」

・感情コントロールが苦手
・他者の気持ち、状況理解が苦手
・登校班の子との相性が悪い
・きりかえが苦手

登校班トラブルの
 「4つの対策」
・頼れる子にフォローをお願いする
・登校班の列の順番を変える
・”親が同行” or “親と2人で行く”
・登校班を変える

生活面に心配がある子が
 「備えたいこと」~登校班トラブルが多い子~
・子どもの特性/対処法の把握
・子どもの関わり方の把握
・学校で配慮したい点



学習面に心配がある子が
 「備えたいこと」‐発達障害の子の学習対策

・本人に合う学習方法の把握
・学習の失敗体験の予防
・タブレット学習


以上になります。

【関連記事】

【発達障害の子と担任が合わない時】3つのポイント・対処法

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

-家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【家で暴れる】発達障害の子への関わり方~4つの原因と4つの対処法~

発達障害の子の関わり方で悩まれてる方「外では良い子なのに、家で暴れて困ってる。なんで暴れるの?対応の仕方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【幼稚園のトラブル】子どもの他害を止めたい~4つの原因/対応方法~

子どもの他害に悩まれてる方「子どもが手を出して困っている。何回言ってもやめない。対処法が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅他害が出る 「4つの …

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

発達障害の子の宿題で悩まれてる方「子どもが毎日の宿題で癇癪を起こしちゃう。癇癪を起こさず、宿題がスムーズになる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

【すぐ泣く子(小学生の高学年まで)】5つの原因・3つの接し方とは

すぐ泣く子に悩まれてる方「うちの子、もう小学生なのに、些細なことですぐに泣いちゃう。何が原因なの?すぐ泣く子どもの接し方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選

特別支援学級の担任について知りたい方「特別支援学級の担任になったら、何から準備すればいいの?把握すべきことが知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~