不登校

【不登校の給食費】支払いは必要?支払いに悩んだ時の2つの方法とは。

投稿日:2021年5月14日 更新日:

不登校の子の給食費で悩まれている方「学校に行ってなくても給食費は払わないといけないの?なるべく無駄な給食費は払いたくない。良い方法があれば知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅「給食費」について

✅不登校の場合の
 「給食費」

✅給食費を止める時の
 「先生への伝え方」

不登校の子に
 「必要なもの」


不登校の子が
 「備えておきたいこと」


不登校の子を持つ親御さんですと、給食費は大きな悩みの1つになる方も、少なくないと思います。

この記事を執筆している私は、療育/相談支援を11年以上しています。その中には、不登校のお子さんも多くいらっしゃいました。

その経験を通して、本記事では「不登校の子の給食費」について、まとめてみました。

本記事が、参考になれば幸いです。

給食費」について

✅小学校の給食費

月の平均額は、4,000円程度(200円程度/日)になります。

✅中学校の給食費

月の平均額は、4,350円~5,600円程度(300円程度/日)になります。

✅滞納した場合

以前は、現金による集金が多かったですが、現在は口座引き落としが、ほとんどになります。

引き落としは、便利ですが、口座の残高が不足していると未納になるので、注意が必要です。

口座に残高がない場合、

・支払いの通知書が自宅に送付
・未払い分の現金を学校に持参する
・次の引き落とし時に2か月分の引き落とし


など、学校によって対応が様々になります。

✅催促に応じない場合

学校や市から保護者に「催告書」が送付されます。

さらに滞納が続くと、簡易裁判所から「支払促申立書」「異議申立書」が送付されます。

この後も滞納を続けると、2週間が経過した時点で法的措置が実行されます。

法的措置とは財産の強制差し押さえの事です。例えば、自動車や不動産などの差し押さえが実施されてしまいます。

ちなみに給食費の未納率は、0.8%程度になります。

不登校の場合の「給食費」

原則、支払う必要があります(経済的な問題がない限り)

ただ、保護者の申し出により、給食費の支払いを止めることができます。

例えば、家庭で不登校生活を続ける事を選択し、給食を食べる必要がないと判断した場合などになります。

またお子さんが、急に学校に行くようになった場合は、数日経過すれば再開する事は可能です。

学校によっては、急であっても1食くらいは何とかしてくれる場合がありますので、学校や担任の先生に相談をして、決められると良いと思います。

次は、具体的に先生への伝え方を見ていきたいと思います。

給食費を止める時の「先生への伝え方」

まず「給食費を止める」ということが、先生や学校にとっては、手間ということです。それを踏まえた上で丁寧に伝えることが、大切になります。

個人的には、先生の業務範囲内と思いますので、そこまで考える必要はどうかと思いますが、実際には色んな先生がいます。

今まで私は、伝え方が先生に合わず、学校側と関係性が悪くなったり、対立して苦労されてきた親御さんを多く見てきました。

そういった理由があり、「先生が受け入れやすい伝え方」を一緒に見ていければと思います。

こちらが、参考例になります。



「先生、普段のお仕事でお忙しいとは思うのですが、うちの子が学校に行ける見通しが立たないため、一度給食費を止めて頂くことは可能でしょうか?」


「もしうちの子が学校に行ける状態になってきましたら、再度給食をお願いできればと思います。また相談させてください」


先生のタイプや関係性によっても、変わると思いますので、参考程度に把握して頂ければ幸いです。

✅先生があまり確認もせず、対応してくれない場合

校長や教頭先生など管理職の方に、相談することをお勧めします。

管理職の先生は、学校運営の役割があります。そのため、学校として対応が可能か、判断しやすい立場にあります。

✅教育委員会は最終手段

1つの方法として、よく教育委員会に相談がありますが、これは最終手段になるかと思います。

既に学校との関係性があまり良くなく(不信感があるなど)、相談しても一向に話が進まない場合などの方法になります。

理由としては、学校側(主に校長)としては、自分たちへの相談を飛び越えられることで、心証を悪くする可能性がある為になります。

✅就学援助制度

経済的な理由から支払いが難しい場合、国の助成金を受けられる場合があります。

代表的な対象となる費用をまとめました。

・学用品
・給食費
・教材費
・クラブ活動費

・医療費
・PTA会費

・入学児童の学用費

詳しく知りたい方は、文部科学省:就学援助制度 をご覧ください。

問い合わせ先も確認ができます。

「【不登校の給食費】支払いは必要?支払いに悩んだ時の2つの方法」のまとめ

記事のポイントになります。



給食費について
・小学校:4,000円程度/月
・中学校:4,350円~5,600円程度/月

滞納が続くと
・催告書が自宅に送付
・支払促申立書、異議申立書が自宅に送付
・財産の差し押さえ

不登校の場合の
 「給食費」
・原則支払う
(経済的理由がない限り)
・給食費の請求を止めることができる

給食費を止める時の
 「先生への伝え方」
・手間がかかることを踏まえ、お願いする

担任が協力的でない場合
・管理職の先生に相談

学校が協力的でない場合
・教育委員会に相談

支払いができない場合
・就学援助制度


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

-不登校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不登校だけど遊びには行く子】遊びに行かせて平気?関わる時の5つのポイント

子どもの不登校で悩まれてる方「学校は休んでるのに、遊びには行く..止めた方がいい?どう関わるべきか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校 …

【不登校】学校に行き始める前、行き始め後に押さえたい8つのポイント・注意点

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子が学校に行き始めた時に、気をつけた方が良いことが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅学校に行き始め & …

【親のストレス】不登校に子にイライラする~3つの対策・5つの大切なこと~

子どもの不登校に悩まれてる方「子どもが家で普通に過ごしてる姿を見てると、イライラして仕方ない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子に 「イライ …

【欠席理由はどう伝える?】不登校の欠席連絡・電話が辛い時の対策とは

学校への欠席連絡で悩まれてる方「不登校で休む場合、欠席の理由はどう伝えるべき?不登校のご家庭は、皆どう伝えてるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

学校とのやりとりで悩まれてる方「子どもが不登校で学校に相談したいけど、具体的にどんな “やりとり” をすればいいか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x261 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~