不登校

【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法を解説。3つの注意点あり

投稿日:2022年4月25日 更新日:

子どもの不登校で悩まれてる方「うちの子、不登校でずっと寝てる。親として、どうしてあげたらいい?対応の仕方を教えてほしい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



不登校の子
 「ずっと寝てる原因」

✅昼夜逆転を治す為に
 「できること」 ~本人~

✅昼夜逆転を治す為に
 「できること」 ~親~

✅昼夜逆転を治す時の
 「注意点」

不登校の子に
 「必要なもの」

不登校の子が
 「備えておきたいこと」


お子さんの不登校で悩まれてる方は、今増えています。

その中でも「家で寝てるだけ」という、過ごし方で困っている方も多いです。

家での過ごし方は、親としても「何かできることはないかな…」と悩みのポイントになるかと思います。

この記事を執筆している私は、療育・相談支援を10年以上しています。不登校のお子さんの支援も多くしてきました。

その支援経験を通して、本記事では下記をまとめました。

「ずっと寝ている不登校の子の原因・できること(本人・親)・注意点」

本記事が参考になれば、幸いです。

不登校の子「ずっと寝てる原因」

不登校の子「ずっと寝てる原因」は、大きく3つあります。



①:「起きたくない」気持ち

②:「生活リズム」の乱れ

③:心身の「病気」


①:「起きたくない」気持ち

お子さん本人が、“何かしら” が嫌で「起きたくない」と思っている場合になります。

何が嫌かは、お子さんそれぞれですが、よくあるのは…


・担任の先生が嫌い
・苦手な友達がいる
・とにかく学校が嫌

・学校の授業が分からない

などが、あります。

お子さんによっては、何が嫌か分からなかったり、言葉にすることが難しいこともあります。

②:「生活リズム」の乱れ

何かしらの原因で「生活リズム」が乱れている場合になります。

生活リズムが乱れると、睡眠不足・昼夜逆転に繋がる可能性があります。

生活リズムが乱れる、よくある原因は、以下になります。

・夜更かし
・強い緊張/不安
(眠れない・寝付きが悪い)

本人として頑張ってても、生活リズムが乱れてしまう場合もあります。

③:心身の「病気」

日常生活に大きな支障がある場合は、”心身の病気” の可能性があります。

私はお医者さんではないので、医療的な専門知識はありませんが、

親御さんが少しでも、病気の可能性を感じる場合は、

心療内科・児童精神科に相談されるのも、1つだと思います。

かかりつけのクリニックがありましたら、まず担当の先生に相談されるのが良いと思います。

もしお子さんが思春期で足を運ぶのを嫌がる場合は、親御さんだけでも相談できないか、事前に電話で相談してみましょう。

【合わせて読みたい記事】

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法

昼夜逆転を治す為に「できること」~本人~

昼夜逆転を治す為に「本人ができること」は、3つあります。

お子さん・ご家庭の状況によって様々ですので、

できそうなイメージが湧くものがあれば、参考にご覧ください。



①:「決まった時間」に起きる

②:起きる「動機」を作る

③:「日中」に活動する



①:「決まった時間」に起きる

凄くシンプルですが、一番効果的な方法になります。

昼夜逆転の子に対して、支援の現場でもよく使われる方法になります。

私たち大人も、連休があると生活リズムが乱れ、寝すぎて寝付きが悪くなったり、朝起きづらいことがあると思います。

ただ、いざ仕事が始まると、最初は朝が眠くても、次第に生活リズムが戻ります。

これは「朝の決まった時間に起きてる」からです。

昼夜逆転の子も基本的には、これと同じ考え方になります。

②:起きる「動機」を作る

「決まった時間に起きる」という方法が分かっても、お子さんにその気がなければ、難しいですよね。

お子さん本人の “朝起きる動機(メリット)” を作ることが、必要になります。

例えば、朝の時間・日中時間だけ、いつもより “好きなことができる時間を増やす” などです。

本人が好きなことを、既に自由にできている状況だと難しいですが、

そうでなければ、

「夜は、好きなことできる時間が少ないけど、朝・日中なら長い時間できる」

という形なら、朝起きるメリットができます。

このように、本人の朝起きるメリットが作れると、最初のステップはバッチリです。

【合わせて読みたい記事】

【不登校】子どもに暇と言われたら?「将来役に立つ」4つのやれると良いこと

③:「日中」に活動する

朝起きるリズムができてきたら、日中の活動をしていきましょう。

当たり前ですが、社会生活は日中の活動が中心になります。

社会生活を想定して、日中に活動できる時間・活動の種類(過ごし方)を作っておきましょう。

お子さんによって、日中の活動は様々です。

ここでは、私が実際に支援していた子の例を紹介したいと思います。

お子さんが拒否しない範囲のもので、本人が選べることが大切になります。

・散歩
・読書
・買い物
・家の手伝い

(掃除・洗濯など)
・学習
(プリント・タブレット学習など)
・習い事

(オンライン可・本人の好きなこと)

具体的な不登校の子向けの習い事は、こちらの記事をご覧ください。

【不登校】オススメな習い事~4つの選ぶポイント~

1つの選択肢として、参考になれば幸いです。

昼夜逆転を治す為に「できること」~親~

昼夜逆転を治す為に「親ができること」は、3つあります。

お子さん・ご家庭の状況によって様々になりますので、

イメージの湧くものがあれば、参考にご覧ください。



①:話を聞き「共感」する

②:本人の意思が出るまで「見守る」

③:「環境作り・サポート」をする



①:話を聞き「共感」する

お子さんの話を、最後まで聞いて共感することです。

具体的には、2つの関わり方になります。

①:同じ言葉で、そのまま返す
(オウム返し)


②:お子さんの気持ちを代弁する


①:同じ言葉でそのまま返す

お子さんが「宿題めんどくさい!」と言ったら、

『宿題めんどくさいよね』と、同じ言葉で返すイメージになります。

「共感が苦手…」という方に、おすすめの方法になります。

②:お子さんの気持ちを代弁する

“お子さんの気持ち” を、親御さんが言葉にして伝える方法になります。

「宿題めんどくさい!」でしたら、

『宿題多いから、全部やるの大変だよね』と、お子さんの立場に立ち、気持ちに寄り添うイメージになります。

こちらの方が難易度は高めですが、

オウム返しの共感よりも「気持ちを受け止めてもらえた」と、お子さん自身が実感しやすくなります。

②:本人の意思が出るまで「見守る」

恐らくここが、親として一番むずかしい部分だと思います。

本人の意思が出るまで “見守る”、これがとても大切になります。

「そんなことしてたら、いつまでも外に出れないままだよ…」という方も、いると思います。

ここについては、【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方 で詳しく解説しています。

⚠「プレッシャー・叱責」は、不登校問題を長期化させる

親御さんや先生など、周囲の大人からの関わり方次第で、不登校が長くなることもあります。

我が子の将来が不安になる親の気持ちは、とても分かります…ただ不登校の子には、「見守る」が必要になります。

③:「環境作り・サポート」をする

不登校は、本人の意思が出るまでの期間(充電期間)に、

環境を作っておくことが、大切になります。

意思が出たとき(興味・関心)に、すぐ行動に移せるよう準備しておきます。

例えば、下のような環境作り・サポートがあります。

・興味を持った学校/場所につれていく
・新しいことに挑戦できる機会を作る
・ネットで一緒に調べる
・資料を取り寄せる
・興味あるものを購入し、家でやってみる


お子さんの希望に合わせて、選んでいけると良いです。

【合わせて読みたい記事】

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけ

昼夜逆転を治すときの「注意点」

昼夜逆転を治すときの「注意点」は、3つあります。



①:「強制」しない

②:本人を「責めない」

③:「プレッシャー」を与えない


①:「強制」しない

本人の意思を無視して、強制するのは避けたい点になります。

その場で出来たとしても、本人の中では

「やりたくなかったのに。もうやらない!」とネガティブな経験になってしまいます。

学校に登校したり、違う環境に進むときに、本人の意欲が低下していきます。

長期的に見て、逆効果になってしまいます。

②:本人を「責めない」

不登校であること・ずっと寝ていることを、責めないことです。

この「責めない」というのは、言葉だけでなく、声のトーンなども含まれます。

例えば、「○○やった?」というのも、”何気ない質問” の時もあれば、”疑うように確認する” トーンもあります。

本人が『責められてる』と、感じる可能性がある関わりは、避けた方が良いです。

責められてると思うと「やっぱり自分だダメなんだ。何をやっても上手くいかない」と、

自分の殻に、閉じこもるようになります。

③:「プレッシャー」を与えない

先ほどの「責めない」に似ていますが、誰でも無意識にやりがちな関わりになります。

「明日は学校行けそう?」
「今日学校の先生と電話で話したよ」
「明日は学校で○○やるんだって」


親御さんとしては、ただ伝えているつもりでも、

お子さん本人からしたら、プレッシャーになっていることが多いです。

「じゃあどう声掛けしていいか分からないよ…」という方は、

【不登校の子ども】何が正解なの?望ましい声かけ/避けたい声かけ をご覧ください。

朝、夕方、夜など場面に分けて使える、具体的な声かけをまとめています。

「【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法」のまとめ

記事のポイントになります。


不登校の子
 「ずっと寝てる原因」
起きたくない気持ち
・生活リズムの乱れ
・心身の病気

昼夜逆転を治す為に
 「できること」 ~本人~

・決まった時間に起きる
・起きる動機を作る
・日中に活動する

昼夜逆転を治す為に
 「できること」 ~親~

・話を聞き共感する
・本人の意思が出るまで見守る
・環境作り・サポートをする

昼夜逆転を治す時の
 「注意点」
・強制しない
・本人を責めない
・プレッシャーを与えない

不登校の子に
 「必要になるもの」

・家族以外との社会的繋がり
・学校以外の居場所
・本人の特性/対処法の把握
・不登校の相談先
(家族の関わり/学校の向き合い方)
(今後の方向性)


以上になります。

本記事が、参考になれば幸いです。

【関連記事】

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

-不登校

執筆者:


  1. […] 【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法を解説。3つの注意点あり […]

  2. […] 【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法を解説。3つの注意点あり […]

  3. […] 【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法を解説。3つの注意点あり […]

  4. […] 【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法を解説。3つの注意点あり […]

  5. […] 【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処法 […]

  6. […] 【不登校ですっと寝てる子】3つの原因・対処・注意点 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

発達障害の子の登校で悩まれてる方「母子登校はいつまですればいいの?子どもにどう関わるべきか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅発達障害の子が …

【不登校の親】ノイローゼになる前に。親のメンタルを守る為に大切なこと

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子の親は、問題にどう向き合って乗り越えればいいの?乗り越え方・事例も教えてほしい」 ☑本記事の内容 ✅不登校は 「親のメンタルが最重要 …

【不登校の子は放置していい?】見守る時の4つのポイント・注意点とは

子どもの不登校で悩まれてる方「不登校の子は放置していいの?どう関わっていいか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校の子に必要なのは 「手 …

【不登校だけど遊びには行く子】遊びに行かせて平気?関わる時の5つのポイント

子どもの不登校で悩まれてる方「学校は休んでるのに、遊びには行く..止めた方がいい?どう関わるべきか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校 …

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

不登校の子で悩まれてる方「不登校の小学生は家で何してるの?家での過ごし方で大切なこと・注意すべき点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~