発達マップ

発達が気になる子の「子育て・保育・教育」に役立つ情報をお届けします

療育 その他

【療育手帳のデメリットは2つ】メリット・申請方法も解説します

投稿日:2021年1月14日 更新日:

療育手帳について知りたい方「療育手帳のデメリットが知りたい。療育手帳使うことで、子どもの将来が不利になるか心配」

こういったご要望/お悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅療育手帳のデメリット


✅療育手帳のメリット


✅障害のある子が使える手帳
(療育手帳、その他の手帳の解説)


療育手帳とは、知的障害のある人に発行される手帳になります。ここ数年、療育手帳使うべきか、悩まれる方が増えています。

私自身の10年以上の療育指導を通して、発達障害/知的障害のお子さん、その親御さんの支援をしてきました。

その支援経験を元に、「療育手帳のデメリット/メリット/申請方法」を、まとめてみました。

参考になれば、幸いです。

療育手帳のデメリット

療育手帳のデメリットは、知的障害を「ネガティブ」に捉えた場合の、『本人や家族の気持ちの負担』になります。

これは、手帳に対してどう感じるか?個人の感じ方により、デメリットになるか変わってきます。

その他に、療育手帳を持っていて、マイナスになることは基本的にありません。

療育手帳のデメリット

・本人の気持ちの負担になる
・家族の気持ちの負担になる

療育手帳のデメリット①:知的障害を持つ本人の気持ちの負担

個人差がありますが、『お子さんが小学校高学年以降の場合』、デメリットになる可能性があります。

お子さん自身が「自分は人と違うんだ、病気なんだ」など、手帳の存在をネガティブに捉える場合は、デメリットになります。

小学生高学年頃までなら、療育手帳が出ていることを、伝えないこともできると思います。

ただ、お子さんが中学生くらいになると、周囲との違いを感じ、自分を責めたり、自己肯定感が下がる場合があります。

逆に、本人が気にしない場合は、デメリットにはなりません。

実際に私が支援している子の中にも、気にしない子も多くいて、問題なく手帳を使っていることも、少なくありませんでした。

重度の知的障害の場合は、自分が知的障害者という認識が難しいですが、軽度の知的障害の場合、成長していくと、自分自身に知的障害があると、自覚してきます。

療育手帳のデメリット②:家族の気持ちの負担

お子さんに障害があることが、「知られたくない・レッテルを貼られるように感じる方」には、デメリットになります。

療育手帳は、『知的障害がある証明書』になるので、手帳を持つことで、気持ちとして負担になる方もいます。

✍療育手帳を持っていても、普通学級に入れる

学級選びは、最終的には「保護者の意思」になります。

手帳が理由で、普通学級に在籍できなことはありません。

【関連記事】

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリット

✍療育手帳は返還できる

使わなくなったり、お子さんが成長されて嫌がった場合は、途中で返還ができます。

療育手帳のメリット

療育手帳のメリットは、9つあります。

たくさんありますね。1つずつ見ていきましょう。



①:障害者手当

②:医療費助成

③:税金の控除

④:交通機関の割引

⑤:公共機関の割引

⑥:教育

⑦:就労支援

⑧:災害時の支援

⑨:施設でのサービス割引


①:障害者手当

お子様の障害の程度に合わせて、毎月手当がもらうことができます。

・1級:52,500円
・2級:34,970円

 ※児童1名

詳しく知りたい方は、【特別児童扶養手当】金額/条件/申込方法をご覧ください。

②:医療費助成

「障害者医療費助成制度」が使えます。地域、障害の程度、所得によって変わります。

区の障害福祉課などの窓口へ、電話をしてみましょう。

③:交通機関の割引

交通機関の割引が提供されます。

・鉄道
・航空
・バス/タクシー
・レンタカー

④:公共料金の割引

公共料金の割引が適用されます。

・NHK受信料
・携帯電話の通信料




※NHK:障害判定Aなど条件は厳しい
※携帯電話:会社により異なる

⑤:教育

地域によっては、保育園に入れる優先順位が上がる場合があります。

特別支援学校に入学するときは、提出が必要になります。

⑥:就労支援

就労の際に、使える制度になります。

・障害者雇用奨励金
・障害者トライアル奨励金
・特定求職者雇用開発助成金
・障害者雇用枠での就労

⑦:税金の控除

下の控除、免税が適用されます。

・所得税
・住民税
・自動車税
・相続税

⑧:災害時の支援

災害時要援助者支援制度の対象者になります。一言でいうと、災害時に地域から避難の協力を得やすくなります。

「災害時要援助者支援制度」とは、災害時に一人で避難が困難な方を、地域で協力してサポートできる体制作りの為の制度になります。

詳しくは、自治体のHPをご覧ください。

⑨:施設でのサービス割引

下のサービスの利用料が、割引適用になります。

・映画
・動物園
・水族館
・遊園地
・博物館
・美術館


ちなみにUSJは半額になります。

障害のある子が使える手帳(療育手帳の解説あり)

ここからは、発達障害のあるお子さんが利用できる可能性のある手帳(支援)について、解説していきます。

療育手帳の詳しい解説もありますので、興味のある方は、ご覧ください。

手帳には3種類あります。



・療育手帳


・精神障害者保健福祉手帳


・障害福祉サービス受給者証


こちらの図のとおりになります。

※身体障害者手帳もありますが、発達障害に関連する内容に絞っています。

障害者手帳は「療育手帳」と「精神障害者保健福祉手帳」の2種類になります。

図で一緒にみていきましょう。

項目療育手帳精神障害者保健福祉手帳
対象者IQ:70~75以下。日常生活に特別な援助が必要な方精神障害や発達障害が理由で、日常生活/社会生活へ支障が出る人
申請方法①自治体の窓口(障害福祉課の窓口)へ申請

②医師による判定(児童相談所)
①障害福祉課の窓口or福祉事務所で申請書をもらう

②医師の診断受け、診断書をもらう

③申請書/診断書/写真を担当窓口へ提出
判定時期原則2年ごと

18才未満:3・6・12才に再判定
18才以上:18才で更新判定
原則2年ごと
区分
等級
自治体により違いあり

例1)2区分
①IQが概ね35以下の人orIQが概ね50以下+肢体不自由などの身体障害を重複

②IQが概ね35~50の人。

例2)4区分
①最重度の知的障害(IQ19以下)

②重度の知的障害(IQ20~34)

③中度の知的障害(IQ35~49)

④軽度の知的障害 (IQ50~75)
1~3級までの等級がある

1級:自立しての生活が困難な方。他の人の手を借りながらでなければ日常生活が送れない方。

2級: 常に人の手を借りなければならないほどではないが、日常生活が困難な状態の方。

3級: 障害は軽度だが、日常生活や社会生活で何らかの制限を受けている方。
サービス・税金の優遇措置
・医療費の助成
・公共料金・電話料金などの割引
・公共の交通機関/施設・各施設の無料化・割引
・生活保護の障害者加算
基本的に療育手帳と同じだが、サービス自体は療育手帳の方が手厚い
メリット特別支援学校高等部に進む場合は療育手帳の取得が条件になる場合あり
将来、障害者雇用枠での就職もできる。(一般枠でも可)
将来、障害者雇用枠での就職もできる。(一般枠でも可)
デメリット①家族、周囲の理解が得られない場合がある
②ご本人、家族のストレスが高まる/自己肯定感が下がる可能性がある
③障害者雇用の場合、昇進や待遇面で一般のルートから外れる可能性がある
療育手帳と同じ
※自治体により、療育手帳の名称は異なります(愛の手帳、みどりの手帳など)

自治体により、異なる部分もあるため、詳細はお住まいの障害福祉課の窓口へ聞いてみましょう。

参考:厚生労働省「療育手帳制度について」

✍障害者手帳があっても障害基礎年金はもらえない

障害基礎年金は20才以上の方が対象になるため、障害者手帳があっても受給できません。手帳と年金は別物になります。

詳しく知りたい方は、社会保険労務士に相談することを、お勧めします。

「【療育手帳のデメリットは2つ】メリット/活用法」のまとめ

記事のポイントを、まとめます。



✅療育手帳のデメリット
・本人の気持ちの負担になる場合あり
・家族の気持ちの負担になる場合あり

療育手帳のメリット
・障害者手当
・医療費助成
・税金の控除
・交通機関の割引
・公共機関の割引
・教育
・就労支援
・災害時の支援
・施設でのサービス割引

障害のある子が使える手帳
療育手帳
・精神障害者保健福祉手帳


以上になります。



お子さんにとって、必要な支援が見つかるキッカケになれば、幸いです。


【関連記事】

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選び

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点

-療育, その他

執筆者:


  1. […] 療育手帳については、【療育手帳の2つのデメリット】メリット/活用法も解説しますをご覧ください。 […]

  2. […] 【療育手帳のデメリットは2つ】メリット・申請方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【幼稚園のトラブル】子どもの他害とは。4つの原因と対処法を解説します

子どもの他害に悩まれている方「子どもが友達に手を出して困っている。何回言ってもやめない。対処法が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅子どもの他害 …

【授業参観の感想の例文】たった1つ!書き方のコツとは?注意点もあり

授業参観の感想文で悩まれている方「授業参観の感想文って何を書けばいいの?感想を書くのが苦手だから困ってる。うまく書けるコツが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【育児しないでゲームする旦那】どうして?3つの理由と4つの対策とは

育児をしない旦那に悩まれている方「育児よりゲームを優先する旦那にイライラする。旦那が育児するようになる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2705 …

【不登校】子どもに暇と言われたら?「将来役に立つ」4つのやれると良いこと

子どもの不登校で悩まれている方「子どもが暇!って言うんだけど、親として何をさせてあげればいいんだろう。参考になるものがあれば知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 …

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

療育の頻度について知りたい方「療育は、週何回通うもの?実際に通ってる子は、どのぐらいの頻度が多いの?効果が出る頻度・期間が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2022/11/14

【自閉症の子向け】人と楽しめる!おすすめゲーム7選!療育指導員が紹介

2022/10/18

【自閉症の子におすすめ】感覚刺激グッズ13選!療育支援員が紹介します

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/08/03

【療育指導員が紹介】療育のおすすめ本!12選~目的別に紹介します~

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/12

【発達支援員が解説】週何回?療育の頻度と期間とは。目的と通い方で変わる

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/27

【不登校の子は勉強追いつくの?】学習支援でも実践してる6つの勉強法

2022/01/12

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良いタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/12/16

【療育支援員が解説】すららの発達障害の子の評判は?オススメな子の特徴・理由・注意点

2021/10/22

【療育で追いついた?】療育で成果が出るポイント、成功・失敗事例を紹介

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/10/15

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

2021/10/12

【特別支援学級から普通学級】デメリットはある?判断する基準を説明します

2021/07/27

【不安が強い子供】今日から始められる!2つの原因と8つの対処法とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/23

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/06/09

【子供の心理】しつこい原因は何?「3つの原因」の対処法を説明します

2021/06/02

【不登校】兄弟が受けやすい3つの影響とは。対策、逆効果な接し方も説明します

2021/05/11

【障害児の学級選び】普通学級は親のエゴ?子どもに合った学級選びとは

2021/05/10

【不登校】元気なのに学校に行かない?3つの理由と接し方を説明します

2021/05/02

【子供の偏食】食わず嫌いとは違う!原因別に10個の対処法を説明します

2021/04/13

【発達障害】幼稚園から指摘された時、親はどうするべき?2つの考え方とやるべきこと

2021/03/19

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

2021/03/11

【通級は効果がない?】通級指導教室を徹底解説!内容から判定基準まで

2021/03/03

【どんな子が判定される?】特別支援学級を徹底解説!指導内容~卒業後の進路まで

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/30

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説します

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/11/20

【リベルタサッカースクール】入会~退会/料金/内容について解説します!

2020/11/09

【グレーゾーンの子供に合う習い事はある?】3つのポイント/注意点

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/07/02

【落ちた人も多い?】特別児童扶養手当とは。金額/条件/申込方法を解説

2020/06/24

【自閉症スペクトラム】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/17

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

2020/06/15

【健常児にもある?】子どものオウム返しとは。言葉を増やす2つの関わりを説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ【厳選26選】

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/27

【ADHDの子におすすめ】絵カード 4選!3つの活用方法も紹介します

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2020/03/27

【通所受給者証のデメリット】3つの注意点・メリット・申請方法を解説

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2022/11/16

【発達障害の子におすすめ】遊び9選!楽しい!成長する!~療育支援員が紹介~

2022/08/08

【発達障害の子向け】楽しい!学べる!療育支援員おすすめゲーム7選!