学級・進路

【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う時の3つの目安・注意点とは

投稿日:2021年3月8日 更新日:

通級(判定など)について知りたい方「通級ってどんな基準で判定されるの?うちの子が判定されるのか知りたい。通級が必要な目安、注意点も知りたい」

このようなお悩みにお応えします。

本記事の内容



通級の「判定基準」

通級が「必要になる目安」

通級の「入り方」

通級を検討する子に
 「最初に必要なもの」


✅通級を検討する子が
「備えたいこと」


我が子にとって、どの学級が合っているのか、悩む親御さんも多いと思います。

本記事では、通級の判定基準含め、通級に関する基礎的な情報を把握できるよう、まとめています。

私は、発達支援の相談/指導員を10年以上しており、これまで特別支援に携わってきました。

この経験を元にした情報になります。参考なれば幸いです。

通級の判定基準

結論からお伝えすると、通級の判定基準は、明確にはありません。

強いて言うなら、最終的には「親の判断」に委ねられています。

ただ支援している親御さん方を見ていると、「普通学級の受け入れ拒否された」と学校側に、遠回しに断られてしまうことも、少なくありません(結果として通級/支援級を利用するケースが多いです)。

ここで大切なのは、『お子さんにとって「通級」という場所が必要なのか?』、ということになります。

と言っても、通級が必要になる具体的な目安がないと、分からないですよね。

次の内容で、通級が必要になる目安の部分を、説明をしていきたいと思います。

通級自体の詳しい説明については、こちらの記事をご覧ください。

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準

通級が必要になる目安

通級が必要になる目安は、3つあります。



①:「普通学級」で子どもが困っている

②:子どもが「通級」を望んでいる

③:第3者(特に学校)から「通級」を勧められている


①:「普通学級」で子どもが困っている

お子さんが普通学級の生活(就学前の子は、園の生活)で、困っている場面があれば、そこのサポートを通級で受けられると良いことがあります。

例えば、友達への言い方がキツくなってしまいトラブルになるという場合は、

「相手の気持ちを考える/友達への伝え方などを学ぶ指導」を受けられるよ良いでしょう。

②子どもが「通級」を望んでいる

お子さん自身から、実際に困っていることを個別でゆっくり教えてほしい、など希望がある場合は、通級が必要な一つの目安になります。

普通学級の中で工夫をしても、状況が変わらなければ、通級を学校に相談するのが良いでしょう。

③第3者(特に学校)から「通級」を勧められている

第3者から、通級を勧められた場合も目安になります。

特に学校側から提案などあった場合は、学校生活を見て判断されているので、お子さんに必要な場合が多いです。

【関連記事】

【通級を勧められた時】利用すべき?3つの判断基準~事例も紹介~

通級の入り方

通級への入り方は、「就学前」、「就学後」の2つに分けられます。

①:就学前

教育委員会に、就学相談をすることができます。地域によって呼び方/手順が変わります。

『お住まいの地域の就学相談』については、お住まいの自治体・学校に問い合わせるのが、一番良いです。

✅就学相談

就学相談(7~9月が多い)とは、専門の就学相談員と保護者との面談を通してお子さんにとって、最適な就学先を決めます。

お子さんの状態を把握するための検査が行われたり、相談員がお子さんの在籍園・在籍校に赴いて、お子さんの様子を確認することもあります。

お子さんの様子、保護者/専門家の意見、学校や地域の状況などの総合的な情報をふまえ、就学指導委員会が、お子さんに一番良いと思われる就学先を決定します。

この決定に保護者の方が同意をすれば就学先が決定します。もし同意できない場合は、その旨を教育委員会に申し立て、再度就学相談を受けることもできます。最終的には、保護者の方の意向が尊重されます。

就学相談では、お子さんの状態を正確にしっかりと伝えることが大切です。医療機関で受けた診断書・療育手帳・検査結果などがあれば、持参することをお勧めします。

⚠注意点:私立/認可外の園は、情報が回らない場合もある

私立や認可外の保育園/幼稚園は、教育委員会の管轄外なので、就学関連の情報が回ってこない可能性があります。

その場合は、ご自身で市区町村の教育委員会に問い合わせをして、就学相談を受けることが良いでしょう。

②:就学後(普通学級⇨通級へ)

小学校入学時は普通学級に在籍していたお子さんが、そのあと通級が必要になることもあります。

その場合、まずは担任の先生に相談されるのが良いでしょう。担任⇨校長や校内委員会が動いてくれます。

✅校内委員会

校内委員会とは、子どもの状態に早期に気付き、適切な支援を行うために小・中学校に設置されたものです。

主な役割は6つになります。

・支援が必要な子の早期の把握
・支援計画書の作成
・保護者相談の窓口
・担任の指導のサポート
・全教職員の共通理解を図る(研修など)
・専門家に判断を求めるかどうかの検討


万が一、担任に言っても動いてくれる様子がなければ、管理職(校長、教頭など)かコーディネーターに、相談することをお勧めします。

通級を検討する子に「最初に必要なもの」

ここでは、通級を検討する子に「最初に必要なもの」をお伝えしたいと思います。

通級を検討されてるということは、

普通学級だと、これから困ることがあるかも
・個別の時間があると、本人の手助けになるかも
学校で困る前に環境を整えたい

など、ご不安やお考えなど、様々あると思います。

通級(学級)を検討する際には、大切な点が3つあります。

①:本人の特性の把握
②:必要な配慮/環境の把握
③:①②を学校へ相談

通級の検討は、判断が簡単ではありません。支援学級と比べると、お子さんの特性が見えにくいことも珍しくありません。

親御さんや先生によっても、意見が分かれることもあります。

通級の必要性の有無の判断をする為は、まず本人の特性、必要な配慮の把握が必要になります。

通級は、本人の捉え方によっては、デメリットになり得ます。

「自分がバカってこと?」
「何で自分だけ皆と違う教室に行くの?」

と、疑問や不安が募り、自己肯定感を下げる場合があります。

また、注意点として、学校や担任の先生によって、どこまで配慮してもらえるかも、大きく変わってきます。

そのため、“お子さんの特性、必要な配慮/環境が把握できた後” に、学校に相談する流れも大切になります。

相談の結果次第で、普通学級の中で対処して様子を見るのか、学校での配慮が難しいから通級が必要なのか..など、ある程度の方向性が見えてきます。

療育に通われてる方は、まず療育先への相談をお勧めします。

もし、療育に通われていなかったり、相談自体が難しいという方は、次でお伝えする相談先を、1つの選択肢として、ご覧ください。

✅本人の特性・必要な配慮/環境の把握は「リタリコジュニア

リタリコジュニア とは、発達/療育支援の教室になります。

専門の先生が、お子さんの行動を分析し「本人の特性/必要な配慮/過ごしやすい環境(ex.通級の必要性の有無)」について、丁寧に説明してくれます。

リタリコジュニアが良い理由は、大きく5つあります。

・療育の最大手
(実績と信頼がある)

・応用行動分析
(エビデンスに基づく指導)

・自己肯定感を高める指導
(子どもの自信/楽しみ)

・学級/学校生活の相談
(学級相談/学校連携)

・家での関わりサポート
(具体的な親の関わり方)
(ペアレントトレーニング)

例えば、集団指示が入りにくい子でしたら、

・聞いてない
(注意力/集中力/興味関心の偏り)

・聞いてるけど、理解してない
(理解する力、記憶する力、処理する力)

・聞いてるし、理解してるけど、やりたくない
(気持ちのきりかえ、苦手意識)

など、行動の根本的な原因を分析し、対処法を教えてくれます(本人の特性、必要な配慮)

見えてくる特性によって、普通学級で対処して様子を見た方が良い場合もありますし、通級があった方が安心な場合もあります。

このように、専門家の客観的な意見が得られると、学級を検討する上での参考材料になります。

その他、メリット・デメリットなど詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

【リタリコジュニア】療育支援員がおすすめする理由

発達障害、特性の有無にか関わらず、学校生活に心配がある子にとって、参考になる内容になっています。

通級を検討する子が「備えたいこと」

ここでは、通級を検討する子が「備えたいこと」をお伝えしたいと思います。

通級を検討する子の中には、これから学習面で困り抱える(困りが表面化されていない)可能性がある子が一定数います。

学校の授業のペースに遅れていなければ、様子を見ていく形でも良いと思います。

ただ、下の様子が見られる場合は、早めの学習フォローがあると安心です。

・テストが白紙
・テストの点数が低い
・学習の苦手意識がついてきた
・宿題に時間がかかる

(他の子の数倍かかる)


学校の授業に対して、お子さんの特性・理解の仕方・ペースが合っていない可能性がある為です。

同じ学習をするにしても、遅れを取り戻す学習と、周りと同じ授業のペースでの学習では、精神的な負荷が違ってきます。

学習の姿勢やモチベーションに直結するため、同じ学習量でも成果が変わってきます。

失敗体験を重ねて学習が嫌になる前に、フォローをしていきたい所です。

ちなみに、学習面で困りやすい(表面化しやすい)時期は、小学3~4年生が最も多いです。

✅学習対策は「タブレット学習」

理由は、大きく3つあります。

①タブレット1台で完結
(学習準備が不要)

②その子の学習課題の分析
(AIの学習ナビゲート)

③特性に合った学び
(ex.アニメーション/音声解説)

など、学習のサポート機能が充実しています。

タブレット学習のメリット、デメリットなど詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に 良いタブレット学習

発達障害の有無に関わらず、通級を検討される子に共通する内容になっています。

学習サポートの1つの選択肢として、参考にしていただけますと幸いです。

「【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う時の3つの目安・注意点」のまとめ

記事のポイントになります。



通級の「判定基準」
・明確な基準はない
・親の最終判断

通級が必要になる「目安」
・子どもが「普通学級」で困っている
・子どもが望んでいる
・第3者から勧められている
(特に学校)

通級の「入り方」
・就学相談(就学前)
・担任に相談(就学後)

通級を検討する子に
 「最初に必要なもの」

・子どもの特性の把握
・必要な配慮/環境の把握
・学校側への相談
 (本人の特性を把握して)

✅通級を検討する子が
 「備えたいこと」
・学習の失敗体験の予防
・本人に合う学習法の把握
・学習意欲を高める
・タブレット学習


以上になります。

本記事が、参考になれば幸いです。


【関連記事】

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準

-学級・進路

執筆者:


  1. […] 【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点まで […]

  2. […] 【どんな基準で判定される?】通級を徹底解説!通う目安と注意点 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【簡単にわかる!】特別支援学級と通級の違いとは。図で徹底解説!

特別支援学級と通級の違いが知りたい方「特別支援学級と通級って何が違うの?それぞれの特徴やメリット/デメリットが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【支援学級にいじめはある?】100名以上の子から見える”現状”とは

子どもの学級について悩まれてる方「特別支援学級にいじめはあるの?何となく、いじめがありそうで心配。支援学級を選ぶべきか悩んでる」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &# …

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

子どもの学級について悩まれている方「普通学級と支援学級、どっちを選ぶべきか悩んでる。うちの子に合う学級を見つけたい。普通学級と支援学級の違い、選ぶ基準が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 …

【ADHDの子は普通学級は避けるべき?】小学校の学級選びの3つのポイント

ADHDの子の学級で悩まれてる方「うちの子は普通学級で大丈夫かな。ついていけるか心配。学級選びのポイントや事例が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x27 …

【特別支援学級から普通高校に行くには何が必要?】5つのポイント・注意点とは

子どもの進学で悩まれてる方「特別支援学級から普通高校に行く子はいるの?何ができれば行けるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅特別支援学級⇨普通高校 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2022/06/02

【発達相談員が紹介】発語を促すおもちゃ12選~言葉が遅い子の4つの遊び方のコツ~

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~

2023/09/13

【知的障害の子におすすめ】おもちゃ19選!感覚遊び~全身運動まで紹介

2023/08/26

【知的障害の子におすすめ】室内遊び20選~おもちゃ・グッズを紹介~