癇癪

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

投稿日:2021年1月12日 更新日:

療育を辞めるべきか迷っている方「療育やめたほうがいいか迷ってる。療育やめたら、子どもはどうなるのか不安」

こういったお悩みにお答えします。

☑本記事の内容

  • 療育をやめるタイミング


  • 療育を続けた方がいいケース


  • 療育をやめたお子さんの事例

「療育で、できること増えたから、そろそろ辞めてもいいかなと思ってる・・でも辞めて大丈夫なのか、不安・・」

「療育のやめどきが分からない、良いタイミングが知りたい」

療育を続けていくと、お子さんも成長され、園や学校、他の習い事を優先させるべきか、悩んでしまうことありますよね。

この記事の執筆者の私は、療育指導を10年以上していまして、1,200名以上の発達障害のお子さん、その親御さんの支援をしてきました。

その支援経験と私の息子の療育経験を元に、療育のやめどき/続けるべきポイントを、まとめてみました。

本記事が参考になれば、幸いです!

療育をやめるタイミング

「療育をやめる」には2つあります。療育先を変えるor辞めるです。

1つずつ見ていきましょう!

療育先を「変える」タイミング

①子どもが嫌がっている

療育の場所、先生を嫌がる様子がある場合です。

例えば、「○○先生ヤダ、○○は行かない」などの発言が、あるなどです。

療育先とご家族が、療育を楽しめる工夫を最大限しても、お子さんが心底嫌がっている場合は、タイミングといえるでしょう。

②子どもの成長が見られない

3ヶ月以上続けても、成長を感じない場合は、1つのタイミングになります。

お子さんにもよりますが、療育の指導内でも成長(些細な変化)が見られない場合は、お子さんと療育先が合っていない可能性が高いからです。

先生に成長について、詳しく聞いてみるのが良いでしょう。記録を見せてもらったり、説明で、納得ができる場合なら問題ありません。

療育先を「やめる」タイミング

療育先に「必要ないor大丈夫」と言われた

療育の専門家は、多くのお子さんを見ています。そして、お子さんが今後送る生活も把握しています。

懸念があれば「必要ない」と言われることは、ほとんどないです

②困りの解消/対処法が実践できる状態

療育に通うキッカケになった困りごとが解消されていたり、お子さん自身で対処法が実践できる状態なら、1つのタイミングです。

ただここは、専門的な部分ですので、療育先にも相談することをお勧めます。

⚠注意点:親の判断だけで決めない

専門家の客観的な意見を聞いた上で、判断することをお勧めます。理由は専門家は、お子さんの「未来」の困りを想定できるためです。

多くのケースを見てきて、どの年齢で何が困りやすいか、など把握しています。

お子さんの特性に合わせて、今後のライフステージに対して、懸念があるのかを聞くのは、大切なことです。

親御さんだけの判断ですと、「今」だけに焦点がいきやすいです。それだと、先の生活で「やっぱり辞めなかった方が良かった・・」となります。

療育を続けた方がいいケース

療育を続けた方が良いケースは、2つあります。

1つずつ見ていきましょう!

  • 1:環境が変わるとき


  • 2:専門家に「継続」を勧められたとき

1:環境が変わるとき

環境が変わる時は、お子さんへの負担が大きいです。

ここでいう「環境」とは・・

  • 担任/クラス
  • 学校/園
  • 家庭
    (引越し・家族が増える/減る)

になります。「療育をやめる」というのは、お子さんにとって大きな環境の変化です。環境の変化は、ずらすことでお子さんの負担を軽くすることができます。

また、進学/進級で、生活そのものに大きな変化がある場合は、その生活に慣れるまでは、環境の変化は避けるのが良いです。お子さんにもよりますが、具体的な期間は、短くても2~3ヶ月ぐらいです。

慣れるのと同時に、困りが出るパターンも多いからです。緊張していることで、一時的にお子さんが無理をして頑張って、困りが出づらいことも多いです。

慣れた状態で生活をしても、困りがでなければ安心して卒業できる、目安になります!

✍環境の変化が大きい時期

個人的には、4~6月、9~10月は、「今の生活に、子どもが困ったことがないか?」を見極める大切な期間になります。この時期に療育をやめることは、あまり勧められません。

4~6月は新年度の生活、9~10月は夏休み明けになります。療育が必要なレベルの困りの場合、1学期は、無理して頑張れても、2学期では、限界がくることがほとんどです。注意してお子さんの様子を見てみましょう。

2:専門家に「継続」を勧められたとき

ここは、さきほど説明しましたが、大事なとこですので・・。専門家とは、療育先の指導員/心理士などになります。

できれば2名以上が理想でして、その理由は、より客観性が増すためです。

なぜやめない方がいいのか、お子さんが具体的にどんな場面で何に困る可能性があるのかを、聞いてみてください。

そこが納得できるものであれば、続けられるのは良いと思います。

療育をやめたお子さんの事例

成功事例と失敗事例を、1つずつ紹介していきます。

私が実際に支援してきたお子さんの事例になります。

うまくいった事例

自閉症スペクトラムの年長さん👦

療育で見通しがある状態で、着席、課題への取り組み、順番を守ることができるようにあった年長さん。


小学校でも、見通しがあることを事前に伝えることを学校側に言えたことで、スムーズに。


事前の見通しがないと、課題拒否が出ますが、お子さんの療育で身につけた集団参加、自分の言動を周りに合わせる力、


そして親御さんと学校側の連携で上手くいったケースです。

失敗体験になった事例

ADHDの小学2年生👩

集中力が限られていて、課題量の調節と療育先にお子さんに合った学習への取り組み方で頑張ってきました。


課題の量を調節した上で、解き方を手順化し事前に説明することで、療育先でも学校の宿題もできていました。


その様子を見て、親御さんが療育やめ、小学校3年生で文章題や計算の応用問題についていけず、学習そのものに取り組めない状態になりました。


自己肯定感も下がり、「どうせ上手くいかない、何やってもできない」の発言が増え、療育に戻ってきたケースです。

「【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり」のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 【療育先を「変える」タイミング】
    ・子どもが嫌がっている
    ・子どもの成長が見られない


  • 【療育先を「やめる」タイミング】
    ・専門家に「必要ない」と言われた
    ・困りの解消/対処法が実践できる状態


  • 【療育を続けた方がいいケース】
    ・環境が変わるとき
    ・専門家に「継続」を勧められたとき

以上になります。

後悔のないよう相談して、決めてみてください!本記事がお役に立たれば幸いです!


【関連記事】

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

【発達障害の子の二次障害は治らない?】原因・予防/対処法を解説!

-癇癪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【4歳児ってわがまま?】療育指導員も実践してる癇癪の3つの対処法

子供の癇癪で困っている方「癇癪が多くて困ってる。気に入らないとすぐに駄々をこねたり大泣きする。癇癪を減らせる方法があれば知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ☑本記事の内容 4歳 …

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

子供の癇癪で困っている方「癇癪が多くて困っている。気に入らないとすぐに大泣きする。どうしたら癇癪はなくなる?癇癪の適切な対処法を知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ✓本記事の内容 癇癪とは癇 …

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

子供のわがままで困っている方「子どもがしつこくてイライラする。子どものわがままには、どう接すればいい?良い接し方が知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ☑本記事の内容 5歳児がわ …

【子どもの癇癪にアロマが効くって本当?!】おすすめのアロマと3つの使い方

子供の癇癪で困っている方「癇癪がひどくて困っている。癇癪にアロマが良いって聞いたけど本当?オススメのアロマを教えてほしい」 こういったお悩みにお答えします! ☑本記事の内容 アロマの効果 …

【あなたは何タイプ?】6秒で怒りがおさまらない人必見!7つの対処法

ついカッとなってしまう方「怒りは、6秒でおさまるって聞いたけど、全然おさまらない。どうすれば落ち着くことができる?」 こういったお悩み/疑問にお答えします! ☑本記事の内容 怒りが6秒で …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選