療育

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

投稿日:2020年3月27日 更新日:

通所受給者証について知りたい方「通所受給者証ってどんなデメリットあるの?詳しく知りたい」

こういった疑問にお答えします。

☑本記事の内容

  • 通所受給者証のデメリット


  • 通所受給者証のメリット


  • 通所受給者証で使えるサービス


  • 通所受給者証の申請/取得/更新方法


  • オススメな療育の選び方

ネットで調べては見たものの、「色んな手帳があって、よくわからない!」

こんな思いをされた方も、少なくないのではないでしょうか?

本記事では、10年以上療育指導をしている私が、

「通所受給者証の押さえるべきポイント」を紹介していきたいと思います。

本記事だけで、通所受給者証に必要な知識は、十分得られると思います。参考になれば幸いです!

通所受給者証のデメリット

通所受給者証を取得すること自体に、デメリットはありません。

ただ私が支援している中で、実際に親御さんの声として頂いたデメリットを3つ、紹介したいと思います。

  • ①:家族の気持ちの負担


  • ②:混み合っている


  • ③:手続きに時間がかかる

通所受給者証のデメリット①:家族の気持ちの負担

これは人によりますが、「通所受給者証」をネガティブに捉えられる方は、お気持ちとして負担になることがあります。

「うちの子は障害がある」「レッテルが貼られそうで心配」など、不安に繋がる方がいます。

通所受給者証とは、お子さんの支援の1つの方法になります。そういった考え方をするのが難しい場合は、負担になる場合もあります。

通所受給者証のデメリット②:混み合っている

個人的には、ここが最大のデメリットだと思います。のちほど詳しく説明しますが、利用料が安いので、その分かなり混み合っています。

数ヶ月~数年待たれる方も珍しくないので、すぐに支援を受けたいは、民間の療育など違う方法を並行して探すことも、お勧めします。

通所受給者証のデメリット③:手続きに時間がかかる

取得までのステップが多い上に、1回1回のステップの時間が1ヶ月ほど空く場合もあります。

自治体によりますが、時間がかかるということは、共通しています。

通所受給者証のメリット

通所受給者証を取得するメリットは、3つあります。

こちらも私が支援している中で、実際に親御さんに聞かせて頂いた、最も多かった声になります。

  • ①:利用料が安い


  • ②:個別~集団指導まで経験できる


  • ③:ママ友が作れる

通所受給者証のメリット①:利用料が安い

これが一番のメリットととして、感じる方が多いです。

福祉サービスになるため、国の助成金を受け利用することができます。1割の負担で利用ができ、所得に応じて負担額の上限が決まっています。

本来1日あたり10,000円弱の料金が掛かるものが、1,000円弱で利用ができます。利用される方が多い、理由の1つになります。

💰利用料(月額)

非課税世帯0円
世帯所得900万以下4,600円
世帯所得900万以上37,200円
    

②:個別~集団指導まで経験できる

事業所や地域によって、異なりますが、個別、小集団(2~4名程度)、集団(5名以上)など、様々な指導があります。

お子さんに合わせて、個別→小集団→集団と、同じ場所でステップアップすることができます。

療育では、個別で身につけたことを、集団の場や友達に活かすことが大切になります。

個別で身につけたスキルを実践する場として、集団指導は大切になります。

それが同じ場所で学べるのは、メリットの1つになります。

通所受給者証のメリット③:ママ友が作れる

ここは、「情報がほしい!」「話せるママ友がほしい」という方には、メリットになります。


逆に、「療育では、ママ友はいらないかな」という方は、読み飛ばしてください!

療育では、集団指導が多くあります。同じグループのママと席が隣になったり、お子さん同士が仲良しになって、話すこともあります。

そこで、ママ友ができて、情報交換や同じ境遇だからこそ話せることがあり、交流を楽しまれている方が、多くいらっしゃいます。

✍「通所受給者証」と「療育手帳」は別物

端的にいいますと、通所受給者証より、更に手厚いサポートが受けられるのが「療育手帳」になります。

例えば、対象の子でいうと・・

・通所受給者証:「知的障害ない子」も対象
・療育手帳:「知的障害がある」子が対象

もし知的障害がある場合は、療育手帳の申請もあった方が良いでしょう。手当や医療費の控除など、メリットがたくさんあります。

療育手帳については、【療育手帳の2つのデメリット】メリット/活用法も解説しますをご覧ください。

通所受給者証で使えるサービス

「通所受給者証」は、区の療育を受けるときに、必要になるものです。

利用できるサービスは、大きく2種類あります。

  • 1:障害児通所支援


  • 2:障害児入所支援

障害児通所支援の「児童発達支援、放課後デイ」に関しては、利用される方が多いです。

この2つについては、少し説明も補足したいと思います。

では見ていきましょう!

1:障害児通所支援

1-1:児童発達支援

  • 対象:未就学の児童(2才頃~年長)
  • 形態:個別/集団指導あり
  • 内容:SST/就学準備など

SSTの指導は、説明の練習、切り替え、ルールの理解を促すものなど、幅広くあります。

就学準備は、机上課題の取り組み(着席の練習)、挙手をして意見を言う、運筆、文字や数字の学習などがあります。

1-2:放課後デイサービス

  • 対象:就学以上の児童(小1~高3)
  • 形態:個別/集団指導あり
  • 内容:SST/学習など

児童発達支援との大きな違いは、対象年齢になります。児童発達支援が終わったら、放課後デイを利用される子も多くいらっしゃいます。

小学生以上ですと、SSTでは、感情のコントロール、他者の気持ち理解、状況理解などがあります。

また学習指導やお金、時間、物の管理の練習をする子も多いです。

1-3:保育所等訪問支援

  • 対象:未就学の児童(2才頃~年長)
  • 形態:訪問(園に)
  • 内容:現状把握/情報共有/助言など

1-4:医療型発達支援

  • 対象:身体機能の障害がある児童
  • 内容:発達支援/治療

2:障害児入所支援

2-1:福祉型障害児入所施設

  • 福祉サービス(介護)

2-2:医療型障害児入所施設

  • 福祉サービス+医療サポート

通所受給者証の申請/取得/更新方法

手帳の申請の流れは、大きく5つのステップになります。

最初はお住まいの区の障害福祉課へ連絡し、通所受給者証(手帳)の手続きしたいことを伝えれば、ご案内があります。

事業所を利用する前に、親御さんとお子さんで来所し、事業所の担当がヒアリング/お子さんの様子を見ることがあります。

お子さんの様子を見た上で、個別指導or集団指導なのか、判断しながらご案内を受ける形になります。

✍更新は1年ごと

自治体にもよりますが、基本的に1年毎に更新が多いです。年度毎に更新するイメージになります。

必要な持ち物は・・

・申請書
・本人確認書類
・印鑑
・通所受給者証

になります。

オススメな療育の選び方

最後に、療育の選び方を説明したいと思います。

親御さんのタイプ別に、療育の選び方をまとめました。

✍一刻も早く、困りを解消したい方

  • 民間の療育+民間のペアレントトレーニング

費用も労力かけられる場合は、民間の療育をおすすめします。

理由は「すぐに・お子さんに合った・質の高い」療育が受けられるためです。 合わせて区の療育の申請も並行して進め、療育の選択肢があると安心です。

✍多少制約があっても、費用を抑えたい方

  • 区の療育
  • 民間の療育
  • 民間のペアレントトレーニング
  • 独学(本・ネット)

まず、区の療育の手続きを進めましょう。ただ利用ができるまで時間がかかります。

その間に、民間の療育で予算に見合う教室を探し、ペアレントトレーニングも受けられると、良いと思います。

親御さんの学習意欲・実践力が高い場合は、独学も1つの方法です。

発達障害について、本で学ばれたい方は【厳選3冊】療育セラピストの私がおすすめのグレーゾーンの子供の本をご覧ください。

✍情報収集したい方

  • 民間療育の資料請求
  • 発達障害関係の本
  • 親の会(繋がりを広げたい方)

民間の療育の資料請求をしましょう。施設によってスタンスが違います。世の中にどんなアプローチや施設があるのか、把握しましょう。

具体的な関わりは、網羅的に学べる本が、おすすめです。

お子さんがADHDの傾向がありそうな場合は、【ADHDの子供の親向け】おすすめのADHDの本【厳選5冊】を参考にしてみてください。

✍子供の状態を知りたい方

  • 区の療育
  • 発達検査を受ける

検査を受け、専門家の意見をもらいましょう。

発達/心理検査とは【種類/受診方法/相談窓口まで徹底解説】をご覧ください!(記事の内容はADHDのお子さんと記載ありますが、どの子にも共通する検査ですので、ご安心ください)

✍これからどうしていいか、わからない方

  • 区の相談窓口へ相談

お住まいの相談窓口(障害福祉課)へ連絡しましょう。

「子どもの発達について相談したいです」とお伝え頂ければ、必要なご案内を受けることができます。

「【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。

  • 【通所受給者証のデメリット】
    ・家族の気持ちの負担
    ・混み合っている
    ・手続きに時間がかかる


  • 【通所受給者証のメリット】
    ・利用料が安い
    ・個別~集団まで経験できる
    ・ママ友が作れる


  • 【通所受給者証で使えるサービス】
    ・障害児通所支援
    ・障害児入所支援


  • 【通所受給者証の申請/取得/更新方法】
    ・区の障害福祉課へ連絡
    ・事業所から内定をもらう
    ・書類を揃える
    ・ご家族へのヒアリング
    ・利用契約


  • 【オススメな療育の選び方】
    ・急いでる:民間療育
    ・費用抑えたい:療育+民間ペアトレ
    ・情報収集した:資料請求/本
    ・子どもの状態が知りたい:検査予約
    ・判断迷う:地域の障害福祉課へ連絡

以上になります。

お子さんに合った支援先が見つかるキッカケなれば、幸いです!

【関連記事】

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

-療育

執筆者:


  1. […] 【ADHDの子供の親向け】ADHDの子供の4つの療育 […]

  2. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  3. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  4. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  5. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  6. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  7. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  8. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  9. […] ADHDの子供にオススメな4つの療育【種類/内容/費用を解説】 […]

  10. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  11. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  12. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  13. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  14. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  15. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  16. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

  17. […] ADHDの子供の療育とは【種類・費用・通所受給者証のメリット/デメリットを解説】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【療育手帳の2つのデメリット】メリット/活用法も解説します

療育手帳について知りたい方「療育手帳のデメリットが知りたい。療育手帳使うことで、子どもの将来が不利になるか心配」 こういったご要望/お悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 療育手帳のデメ …

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例/注意点あり

療育を辞めるべきか迷っている方「療育辞めてよかった人の事例が知りたい。療育を辞める目安が知りたい」 こういったご要望にお答えします。 ☑本記事の内容 療育を辞めてよかったお子さんの事例療 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選