家での関わり方/その他

【勉強できない中学生/高校生】ADHDの特性を活かす~7つの勉強法~

投稿日:2022年6月29日 更新日:

ADHDの子の勉強で悩まれてる方「うちの子、もう高校生なんだけど、勉強ができない。ADHDの子の勉強方法が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅ADHDの中/高校生
 「勉強できない理由」

✅ADHDの中/高校生
 「3つの特性に合わせた勉強法」

✅それでも
 「勉強できない時の対策」


「もう中/高校生なのに勉強できない…。やる気もなくて…進路が心配…」

「ADHDだから勉強できないの?子どもの特性に合った勉強法が知りたい」

お子さんの勉強で悩まれる方は多いですが、

特にADHDの特性を持つお子さんの場合、良い勉強法が見つからず、途方に暮れている方が少なくありません。

そこで本記事では、ADHDを3つの特性に分けて、

「ADHDの子(中/高校生)が勉強しやすくなる方法」をまとめました。

困り事がある場合は、本人と環境との間で起こります。

そのため、本記事では、「本人の特性」と「環境」の2つの視点でまとめています。

この記事を執筆してる私は、療育/学習支援を10年以上しています。

その支援経験を元に、実際に上手くいった方法をまとめています。

本記事が参考になれば、幸いです。

ADHDの中学生/高校生が「勉強できない理由」~特性~

ADHDの中/高校生が「勉強できない理由(本人の特性)」は、3つの特性からきます。



①:「多動性」がある

②:「衝動性」が高い

③:「不注意性」がある


①:「多動性」がある

落ち着きがなく、何かに熱中している時以外は、常に体を動かしてるイメージになります。

座っていても体を揺らしたり、席を何度も立ったり、歩き回ったりします。

動きたくなる欲求(感覚探究)が強く、勉強に取り組める時間が限られてる為、

勉強に支障が出る場合が多いです。

②:「衝動性」が高い

“何か気になるもの” があると、体が反応してしまう為、勉強以外に注意が向きます。

物や音、人の動きなど、お子さんの特性によって様々になります。

また、衝動的に問題を解くこともある為、問題文をあまり読まずに自分で解釈して解いたり、

できる計算問題でも、早く終えようと適当に解いてしまうこともあります。

問題を解くのは早いけど、ケアレスミスが多いなどの問題に繋がりやすいです。

③:「不注意性」がある

勉強に支障が出やすい「注意の特性」は、2種類あります。

✅注意が “散りやすい”(転動性が高い)

“他の刺激” に、注意が引かれやすい特徴になります。

個人差がありますが、下の様な刺激が多いです。

・音(聴覚)
(ex.テレビ・スマホ・人の声・外の音)

・視界に入るモノ(視覚)
(ex.人の動き・手先でイジれる物・好きな物)

本人にとって “気になるもの” になります。

✅注意が「続かない」(持続性)

“集中できる時間” が限られている特徴になります。

取り組める時間を設けても、集中力に上限がある為、十分な勉強が難しい場合が多いです。

✅ “注意を向けづらい不注意性” もある

優先順位が高いものに、注意が向けづらい特性(選択性)があります。

よくあるのは、授業中の先生の話よりも、周りの音・動き等が気になってしまい、

優先度が高い情報(先生の説明など)を聞き逃してしまうことです。

授業に参加していても、聞き漏れが多く、結果として勉強の遅れに繋がりやすくなります。

私たちは、色んな刺激(音・視界に入るもの)の中で、無意識に優先順位をつけて、意識(注意)を向けています。

例えば、部屋で人の話を聞いている時は、周囲の人、エアコンの音、外の車の音など、様々な刺激があります。

私たちは、無意識に話をしてる人に優先的に意識を向けています。

このコントロールの難しさが、”注意が向けづらい不注意性” と言われるものであり、

よく言われる “集中力が低い、先生の話を聞いてない子” に繋がっていきます。

ADHDの中学生/高校生が「勉強できない理由」~環境~

ADHDの中/高校生が「勉強できない理由(環境)」は、2つあります。

細かく言うと、たくさんありますが、

ここでは、”学習の場面でよくある2つ” を紹介したいと思います。



①:「気になる刺激」が多い

②:「見通し」がない


①:「気になる刺激」が多い

本人にとって “気になるモノ” が多い環境になります。

気になるモノとは、本人を取り巻く全てのものになります。

例えば、人、物、音、場所、匂い、温度などあらゆるモノです。

勉強においては、人、物、音、場所の影響が高いです。

頭ではなく、体が反応してしまう “勉強中に思わず触ってしまうもの、気になってしまうもの” が多い状況になります。

②:「見通し」がない

「何をどこまで解いたら終わりか」が分からない状態になります。

親御さんの中では、何となく「○○まで出来たら、終わりにしようかな」と考えていても、

本人が認識していなかったり、伝わっていない場合もあります。

この状態ですと、お子さんにとっては、ゴールのないマラソンをしてる様な状態になり、

モチベーションが下がり、勉強の成果が出づらくなっていきます。

✅「感覚が満たされてない」場合もある

「環境」ではありませんが、多動の子(常に動いてる子)には「動いて感覚を満たす」も大切になります。

例えば、「勉強の前に10分体を動かす」をするだけで、勉強の集中力が上がる(動きたくなる欲求が多少満たされる)子がいます。

席を立つこと、体を動かすことが減った分、勉強に向かえるようになります。

ADHDの中学生/高校生「3つの特性から考える勉強法」

ADHDの子の「3つの特性から考える勉強法」は、7つあります。

数が多いですが、該当する箇所だけを参考にする形で、問題ありません。

「多動性がある子」の勉強法

“多動性がある子” の勉強法は、3つあります。

①:「ゴール」を示す

勉強を始める前に、その日のゴール(終わり)を決めます。

例えば、「英語のプリント2枚」「数学の文章問題10問」など、誰が見ても分かる様な具体的なイメージになります。

多動の子は、ゴールが具体的ですと、集中力が高まりやすい(早く終えたい為)です。

事前に決めたゴールを本人とすり合わせしてから、その日の勉強を進めるのが理想になります。

中/高校生という年齢を考えると、本人に決めてもらい、

それが難しい場合は、一緒に決めていけると良いと思います。

思春期になると、お子さん自身の意思による影響が大きいこと、

そして自分で決めたことの方が、最後まで取り組める可能性が高い為になります。

②:「細かく」区切る

“1回の勉強時間” を細かく区切る方法になります。

ゴールが遠すぎると、早く終えようと適当に解いたり、

モチベーションが下がったままで、終えるまでに本来の何倍も時間が掛かることがあります。

そうならない為に、“本人の集中力できる時間” に合わせて、勉強時間を区切ると良いです。

例えば、15分が集中できる時間でしたら、

「最初の15分は数学の計算問題2P、1回休憩して、次の15分は漢字プリント2枚」

の様に、“課題” と “集中できる時間” を合わせながら区切るイメージになります。

③:「サポートツール」を活用

勉強への影響が大きい “座る” をサポートするツールになります。

ADHDの特性をもつ子の中には、姿勢の保持が難しかったり、疲れやすい子がいます。

姿勢が崩れる⇨集中が落ちる⇨勉強の質が落ちる

のように、負のサイクルに繋がりやすくなります。

参考例として、2つの “サポートツール” を紹介します。

✅ピントスクール

 

たーとるうぃず 重いひざかけ

「衝動性が高い子」の勉強法

“衝動性が高い子” の勉強法は、2つあります。

①:「余計な刺激」を減らす

勉強から気を逸らす原因になる “本人が気になるモノ” を片付けます。

ご家庭によっては、難しいこともあると思いますが、極力本人の視界に入らない様、工夫をします。

物が動かせない場合は、下のような工夫をする方法もあります。

・布をかぶせる
・パーテーションを立てる
・本人に壁に向いて座ってもらう

取り入れられる方法があれば、試してみるのも1つです。

【合わせて読みたい記事】

【療育指導員が紹介】ADHDの子が過ごしやすくなるグッズ8選


②:やることを「1つに絞る」

今やるべきことを “1つに絞り” 勉強します。

例えば「まず漢字を10個覚える」と決めたら、

それが終わるまでは、漢字の学習に使うモノ以外は、出しません。

他の科目などの本など、目につくモノがあると、注意が逸れる原因になる為、

今の勉強で使わないモノ以外は、視界に入らない環境にしておく、が大切になります。

「不注意性がある子」の勉強法

“不注意性がある子” の勉強法は、2つあります。

①:「集中しやすい環境」を作る

「集中しやすい」とは、“注意を逸らすモノがない環境” という意味になります。

ADHDの子にとって、勉強の妨げになる原因の多くは、視界に入る物・人・音などになります。

外からの刺激が少ない分、注意が逸れにくくなり、

勉強できる時間が増え、成果に繋がりやすくなります。

こちらは、”集中しやすい環境” の例になります。

・音が響きにくい部屋
・机は壁に向け設置
・勉強中は家族も静かに過ごす
・机は窓から離れた位置
(外の音を遠ざける)

②:「一問一答」で取り組む

余計な情報を最小限します。

例えば、プリントやドリルの問題を解く時に、そのまま解くのではなく、

・解く問題以外は、紙で隠す
(折って隠す)

など、“目の前の1問だけに集中できる状態”を作るのが効果的になります。

不注意性がある子は、他の問題に気を取られやすかったり、

どこから解けばいいか混乱したり、他の子より、体力・時間を消耗しやすいです。

そのため、解くべき問題以外は、視界に入らない様にした方が、集中力が落ちづらくなります。

「【勉強できない中学生/高校生】ADHDの特性を活かす~7つの勉強法~」のまとめ

記事のポイントになります。



ADHDの中/高校生
 「勉強できない理由」
・多動性がある
・衝動性が高い
・不注意性がある

多動性がある子の
 「勉強法」
・ゴールを決める
・短く区切る
・サポートツールを使う

衝動性が高い子の
 「勉強法」
・余計なモノをなくす
・やることを1つに絞る

不注意性がある子の
 「勉強法」
・集中しやすい環境を作る
・問題は1問ずつ出す


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【すらら】発達障害の子の評判は?オススメな子の特徴・理由・注意点

-家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

人前で話すことが苦手な子の育児で悩まれている方「家では普通に話せるのに、どうして外では話せないの?原因/接し方が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【作文が苦手】ADHDの子が書ける様になる!作文の6つの方法を紹介

ADHDの子の作文で悩まれてる方「子どもが作文が苦手で困ってる。作文が書ける様になる方法を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ADHDの子 …

【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~

子どもの登校で悩まれてる方「子どもが登校班で行かなくて困ってる。何で登校班で行かないの?対策が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅登校班で行か …

【行かなきゃ良かった】就学相談でショックを受ける2つのポイント~後悔しない為の4つの視点~

就学相談を受けるか迷われてる方「就学相談は行かない方がいいの?親が希望しない支援級や支援学校で決められちゃうって本当?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【発達性協調運動障害の子向け】自転車の練習方法~8つのポイント~

発達性協調運動障害の子の自転車で悩まれてる方「子どもが自転車に乗れなくて心配。運動が苦手な子でも乗れる様になる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~