癇癪

【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法

投稿日:

子供のわがままで困っている方「子どもがしつこくてイライラする。子どものわがままには、どう接すればいい?良い接し方が知りたい」

こういったお悩みにお答えします!

本記事の内容

  • 5歳児がわがままで、しつこい「原因」


  • わがままで、しつこい5歳児の「対処法」


  • 親のイライラ対策

「子どもがわがままで、困ってる」

「ダメだと分かってても、イライラして、つい子どもを怒ってしまう」

お子さんのわがままに、手を焼いている方も少なくないのではないでしょうか。

この記事の執筆者の私は、教育/療育指導を10年以上していて、1,200名以上のお子さんと親御さんを支援してきました。

その中で、未就学のお子さんのわがままで困っている方が大勢いらっしゃいました。

そこで本記事では、「5歳児のわがままの原因/対処法/注意点/親のイライラ対策」を解説したいと思います。

本記事がお役に立てれば、幸いです!

5歳児がわがままで、しつこい「原因」

お子さんの「わがまま」の原因は、4つあります。

1つずつ見ていきましょう!

  • ①:自立心の成長


  • ②:親が「わがまま」に応えている


  • ③:気持ちが満たされていない


  • ④:幼稚園/保育園で溜まったストレス

①:自立心の成長

5歳になると語彙がかなり増え、物事の理解する力もつきます。物事の矛盾に気づいたり、自分で伝える力も成長します。

その成長のために、できることが増え、「自分でやりたい」という気持ちが強まります。

②:親が「わがまま」に応えている

今まで親御さんが、お子さんの要求に応え続けている場合になります。

お子さんとしては、「しつこく要求したら要求が通った」という経験があれば、次も、しつこく要求をするようになります。

「親御さんが要求(わがまま)を通す→お子さんがしつこく要求してくる」、といった流れが多いです。

③:気持ちが満たされていない

普段の親御さんの関わりが少なく、甘えたい気持ちなどが、満たされていない場合になります。

本来お子さんは、親との間で甘えなど一定の関わりを持って、気持ちを満たしていきます。

その過程で、「自分でブロック遊びをして楽しむ」「自分でお絵かきをして、満足する」など、親と離れても、一人で過ごし満足することができます。これを愛着といいます。

「愛着」を簡単に理解されたい方は、こちらの図でまとまっている愛着の形成をご覧ください。

こちらの④の状態になって初めて、「気持ちが満たされていないが原因」のわがままは、無くなっていきます。

④:幼稚園/保育園で溜まったストレス

幼稚園や保育園では、先生の言うことをしっかりやっているのに、家に帰った途端に、わがまま放題になってしまうタイプのお子さんもいますよね。

元気に園に通っているように見えても、「○○をやらなきゃ」と力が入っていたり、行事のときには「間違えたらどうしよう」などと、抱えていることもあります。

わがままで、しつこい5歳児の「対処法」

5歳のお子さんのわがままの対処法は、4つあります!

  • ①:「わがまま」に応えない


  • ②:「我慢できたこと」をほめる


  • ③:「他の過ごし方」を探してみる


  • ④:「親子で過ごす」時間を作る

1つずつ見ていきましょう!

①:「わがまま」に応えない

「わがまま」に応えないことで、わがままは減っていきます。

お子さんが、「あれ?わがまま言っても、変わんない・・」と思えば、わがままを言う理由がなくなります。

本当は、通したくない「わがまま」は、応えないことが、一番効果的です!

✍事前の環境づくりも大切

「わがまま」が出やすい環境を避けるのも、1つです。

要求に応えられない、大人が一人だけで手が足りない場合などです。

例えば、お菓子を買って欲しがるお子さんの場合・・

  • 買い物のときに、お菓子コーナーの前は通らない


  • 事前にお菓子が買えないことを伝える

のイメージになります。

わがままが出ないなら、それが一番良いですよね。

②:「我慢できたこと」をほめる

「わがまま」が通らず、我慢できたとき、思いっきりほめてあげましょう。

我慢するだけでは、お子さんにとって、嬉しいことは何もありません。そうなると我慢する理由がなくなるので、他の方法でわがままを言う可能性もあります。


そこで、我慢できたことをほめることで、「我慢したらほめてもらえる!」「次も頑張って我慢してみよう!」と、次の行動に繋がりやすくなります(わがままが減ります)。

③:「他の過ごし方」を探してみる

わがままを減らすためには、他の楽しく過ごせる遊びを探すことも、1つです。

「わがまま言うよりも、○○してる方が楽しい!」とお子さんが思えれば、わがままは減っていきます。

お子さんが夢中になって楽しめる、オモチャや遊びを探してみましょう。

④:「親子で過ごす」時間を作る

わがままの原因が、お子さん自身が満たされていない場合は、我慢を求めることは、お子さんにとって、ハードルが高い可能性があります。

先ほどの説明と重なりますが、「満たされている気持ち(愛着)」がベースにあって、我慢したり、一人で過ごすことができるようになります。

そこで「親子の時間を作る」です。内容は何でも大丈夫です。強いていうなら、親御さんもなるべく楽しめるものがいいです。

理由は続かなくなるからです。我慢が続くと、物理的に一緒にいるだけで、お子さんの気持ちは満たされにくいです。

✍「甘え」と「甘やかし」は違う

お子さんの成長にとって、パパやママに甘えるのは必要で、甘やかしとは意味が違います。

「甘え」は親子でスキンシップをたくさん取る、「抱っこ」と言ってママに抱っこしてもらうなど、甘えを受け止めてもらうことで、お子さんは「自分は愛されている」と安心できるものです。

「甘やかし」は、お子さんの無理な要求もすべて受け入れるなど、親の行動によってお子さんがわがままな性格になる可能性があることです。

この区別が、しっかりできていれば「これは甘やかしになるから、やめておこう」と、お子さんに必要な接し方を、判断しやすくなります。

親のイライラ対策

癇癪って親もストレスが溜まりますよね。頭で分かっていても「しまった!怒っちゃった!」と、後から反省する方も少なくないと思います。

育児で大切なのは、お子さんへの接し方だけではなく、親のストレスを溜めないことです。

親の状態が良くないと、お子さんに必ず影響が出ます。お子さんのためにも、まだされていない方は、ぜひ試してみてください!

  • その①:人に話を聞いてもらう


  • その②:親の「息抜き」の時間を作る

その①:人に話を聞いてもらう

家族でも友人でも、身近に「話を聞いてくれる人がいる」ことが大切です。解決できなくても、話を聞いてもらえるだけで、気持ちを軽くなることも多いです。

例えば、ツイッターもその1つです。同じ境遇の方を知るだけで、気持ちが楽になる方には、オススメです。

その②:親の「息抜き」の時間を作る

お子さんのわがままは、ストレス溜まりますよね。私も親なので、お気持ち、すごく分かります。

人によっては、時間を作ることが難しいかもしれませんが、1日15分でも読書やゲーム、散歩など、自分だけの時間を作ることをお勧めします。

もし「近くに頼れる人なんていないよ!」という方は、お子さんにTVや動画を見てもらうのも1つです(安全を確保した上で)。

少し離れて、好きな音楽を聴く、コーヒーを一杯飲むなどして、心を落ち着かせるのもいいでしょう。何もやらないより、ずっと良いです・・!

ときには、親を優先にする日が合っても良いと思います。親の状態が良いと、それが巡り巡って、お子さんに繋がっていきますので。

「【5歳児のわがままは、これで解決!】4つのしつこい原因とその対処法」のまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 【5歳児のわがままの「原因」】
    ・自立心の成長
    ・親が「わがまま」に応えている
    ・気持ちが満たされていない
    ・幼稚園/保育園で溜まったストレス


  • 【5歳児のわがままの「対処法」】
    ・「わがまま」に応えない
    ・「我慢できたこと」をほめる
    ・「他の過ごし方」を探してみる
    ・「親子で過ごす」時間を作る


  • 【親のイライラ対策】
    ・人に話を聞いてもらう
    ・「息抜き」の時間を作る

以上になります。

本記事がお役に立てれば幸いです!


【関連記事】

【4歳児ってわがまま?】療育指導員も実践してる癇癪の3つの対処法

ADHDの子供が切り替え上手になる4つの接し方【家庭でできます!】

-癇癪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

子供の癇癪で困っている方「癇癪が多くて困っている。気に入らないとすぐに大泣きする。どうしたら癇癪はなくなる?癇癪の適切な対処法を知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ✓本記事の内容 癇癪とは癇 …

【発達障害/グレーゾーンのおすすめブログ9選】療育/経験談/子育てのタイプ別で紹介!

発達障害/療育のブログを探している方「発達障害や療育の情報収集をしたい。おすすめのブログ、それぞれの特徴も知りたい」 このようなご要望に、お答えします! ☑本記事の内容 発達障害/グレー …

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

療育を辞めるべきか迷っている方「療育やめたほうがいいか迷ってる。療育やめたら、子どもはどうなるのか不安」 こういったお悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 療育をやめるタイミング療育を続 …

【癇癪持ちの旦那】妻の3つの対処法とは~我慢は解決にならない!

旦那さんの癇癪で悩まれている方「旦那が癇癪持ちで困ってる。我慢するのも限界。どう対応すればいいのか知りたい」 こういったお悩みにお答えします。 ☑本記事の内容 癇癪の原因旦那さんの癇癪を …

【4歳児ってわがまま?】療育指導員も実践してる癇癪の3つの対処法

子供の癇癪で困っている方「癇癪が多くて困ってる。気に入らないとすぐに駄々をこねたり大泣きする。癇癪を減らせる方法があれば知りたい」 こういったお悩みにお答えします! ☑本記事の内容 4歳 …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選