家での関わり方/その他

【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~

投稿日:2024年1月15日 更新日:

子どもの登校で悩まれてる方「子どもが登校班で行かなくて困ってる。何で登校班で行かないの?対策が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅登校班で行かない子
 「4つの原因」

✅登校班で行きやすくなる
 「4つの対策」

生活面に心配がある子が
 「備えたいこと」~登校班で行かない子~

✅学習面に心配がある子が
 「備えたいこと」~登校班で行かない子~


登校前の朝の時間は、多くの親御さんにとって、1日の中で最も大変な時間帯になると思います。

時間に追われる中、登校時間までにお子さんに出発してもらうことは、もはや戦いと言っても過言ではありません。

そんな中、お子さんが登校班で行かないとなると、ただでさえ忙しい朝なのに、親御さんは、とても困ってしまいますよね。

そこで本記事では、「登校班で行かない子」に関する情報をお伝えしたいと思います。

この記事の執筆者の私は、お子さんの療育/発達支援を10年以上しています。

様々な悩みを抱えてる親御さんの家庭支援をさせていただきました。

登校班に関するお悩みに対して、これまでの支援の中で効果的だった対策を、原因別でお伝えしていきます。

参考になれば幸いです。

登校班で行かない子「4つの原因」

登校班で行かない子「原因」は、

4つあります。

①②③⇨お子さんの特性になり、④⇨お子さんの状態になります。



①:1つ1つの行動自体に「時間がかかる」

②:注意が「散りやすい」

③:「周囲の目」が気になる

④:「学校の行きしぶり」のサイン


①:1つ1つの行動自体に「時間がかかる」

お子さんの特性として、1つ1つの動作がゆっくりで、時間がかかります。

「マイペース」に近いイメージなります。ただマイペース具合が、生活に影響が出てくるレベルになります。

特性として “動作のゆっくりさ” があるので、急ぐように声かけだけしても、変化が感じづらい傾向があります。

②:注意が「散りやすい」

気になるモノがあると、注意が逸れて、やるべきことを中断します。

よくあるのは、TV、おもちゃ、ゲーム、動画など、自分の好きなモノになります。

着替えをしていても、視界にお気に入りのグッズが入ればイジりだし、着替えが進んでない等があります。

③:「周囲の目」が気になる

同じ登校班、他の登校班の子の目が気になり、登校班で行きたがらない場合になります。

集団になることで、緊張感を感じたり、集団に合わせて行動するのを嫌がる子もいます。

④:「学校の行きしぶり」のサイン

「登校班で行きたがらない」が、学校の行きしぶりのサインになる場合があります。

学校の行きしぶりは、不登校になる可能性もある為、最も注意すべき様子になります。

学校がある日の朝、前日の夜に、学校へのネガティブな発言があるなど、何かしら気になる言動が見られることが多いです。

中には、親御さんが気づかず、学校でも良い子の為、不登校になるまで大人が気付かないケースもあります。

登校班で行きやすくなる「4つの対策」

登校班で行きやすくなる「対策」は、

4つあります。



①:「時間軸」を早める

②:「時間短縮の工夫・環境作り」をする

③:「親が同行」or「親と2人で行く」

④:「本人と対話」+「学校に相談」する


①:「時間軸」を早める

1つ1つの行動自体に「時間がかかる子」向きになります。

今、間に合ってない時間分の “生活時間を早める” 対策になります。

朝は10分、15分の短い時間でも、捻出するのは大変だと思います。

ただ、動作に時間がかかる子の場合は、その子に合わせた時間の確保が必要になります。

もし時間を早めても、家を出る時間がいつもと変わらない場合は、親御さんの中で「この時間(本当に家を出ないといけない時間)に間に合えばいいか」という気持ちが、お子さんに伝わってる可能性があります。

もしくは、本人が意図的に急いでない場合もあります。時間を気にしてない子もいれば、時間感覚が人と違う子もいます。

時間に対する考え方、認識に原因がありそうな場合は、普段の生活から「時間を見る、時間を振り返る関わり」が必要になります。

「あと◯◯分経ったら、◯◯(アニメ)が始まるね」

「家を出るまであと15分あるから、◯◯が1回できるね」

など、時間に意識を向ける機会、

何にどれぐらいの時間がかかったのか(本人の生活動作の中で)確認する機会が大切になります。

②:「時間短縮の工夫・環境作り」をする

1つ1つの行動自体に「時間がかかる子」には、時間短縮の工夫をします。

例えば、

・料理は、一口で食べれる物にする

・着替えは、前日に出しとく

・玄関に上着とランドセルを置いとく

などがあります。

注意が「散りやすい子」への環境作りの工夫は、例えば、

・本人が気になるモノを片付けとく
(やるべきことに取り組みやすい環境)

・時間で動かす
(ex.◯時になったらTV消す、食事を片付ける、電気を消す)

・部屋の温度の調節
(冬は暖かくする ※布団から出やすい環境作り)

など、行動しやすくなる環境を作ることが、効果的になります。

③:「親が同行」or「親と2人で行く」

周囲の目が気になる子、学校の行きしぶりが出てる子には、安心感が必要になります。

安心感を作る為に、親御さんが同行したり、登校班とは違う時間に、親御さんと2人で登校する方法があります。

『本人が一番安心できる方法』で登校することが大切になります。

④:「本人と対話」+「学校に相談」する

学校の行きしぶりがある子には『学校に登校する=不安やストレス』になってる可能性が高いです。

本人が自覚してなかったり、言葉にできないこともあります。

そのため、まず本人の話を聞きます。

「授業中、何していいか分からない」
「周りが気になって、集中できない」

など、本人の困りが出れば、その困りを先生に相談して、協力できないか確認してみます。

「授業中、何していいか分からない」
⇨全体指示の後に、個別でも声かけしてもらう

「周りが気になって、集中できない」
⇨一番の前の席に移す
(他児が視界に入りづらい環境作り)

このように、”本人の困りを減らす対策” を先生と考えていきます。

【関連記事】

【行かないとどうなる?】子どもが小学校に行かない時~確認したい5つのポイント~

「【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~」のまとめ

記事のポイントになります。



登校班で行かない子
 「4つの原因」

・1つ1つの行動自体に時間がかかる
・注意が散りやすい
・周囲の目が気になる
・学校の行きしぶりのサイン

登校班で行きやすくなる
 「4つの対策」
・時間軸を早める
・時間短縮の工夫/環境作りをする
・親が同行or親と2人で行く
・本人と対話+学校に相談する


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【登校班のトラブル】発達障害の子にできる4つの対策

-家での関わり方/その他

執筆者:


  1. […] 【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~ […]

  2. […] 【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読み聞かせは効果ない?】発達障害の子が絵本を読まない理由・関わり方

発達障害の子で悩まれてる方「子どもが絵本に興味を持たない。ペラペラめくって終わっちゃう。どう関わると良いか教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【自閉症】くるくる回るのは、いつから?3つの原因、3つの関わり方とは

子どもの接し方で悩まれている方「子どもがくるくる回るのは自閉症だから?いつからやるもの?止めた方がいいのか、対応方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &# …

【家で暴れる】発達障害の子への関わり方~4つの原因と4つの対処法~

発達障害の子の関わり方で悩まれてる方「外では良い子なのに、家で暴れて困ってる。なんで暴れるの?対応の仕方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【子供の自己肯定感】自信を取り戻す3つの方法とは?ほめ言葉リスト付き

子供の自信を取り戻したい方「子どもが自信をなくしていて、この先が心配。子供の自信を取り戻す方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅自信がない …

自閉スペクトラム症の子供は笑わない?主な症状とは【月齢別で解説します】

子供の発達が心配な方「うちの子、あまり笑わないし、他の子と様子が違う気がする…もしかして自閉症?自閉症の症状や判断基準が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~