不登校

【行かないとどうなる?】子どもが小学校に行かない時~確認したい5つのポイント~

投稿日:2024年1月10日 更新日:

子どもが学校に行かなくて悩まれてる方「小学校に行かないとどうなるの?子どもの将来が心配」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅小学校に行かないと
 どうなる?

子どもが小学校に行かない時に
 「確認したいポイント」


小学校以外の
 「選択肢」


小学校に行かない子が
 「備えておきたいこと」


お子さんが小学校に行かないと、

「不登校になったら困る」

「勉強の遅れはどうしよう」

「進学や就職はどうなるんだろう」

「将来自立できなくなる」

など、お子さんの今後の生活や将来の心配など、様々な不安を感じると思います。

そこで本記事では「小学校に行かない時に確認したいこと」をお伝えしたいと思います。

この記事の執筆者の私は、不登校・療育支援を10年以上しています。

小学校の行きしぶりが出始めた、小学校を休み始めたお子さんに対して、支援をする中で大事だと思った点をまとめています。

参考になれば幸いです。

小学校に行かないと「どうなる?

ここでは「小学校に行かないとどうなるのかについて触れていきます。

結論からお伝えすると、問題ありません。

「小学校に行かない=今後の生活で絶対困る」というわけではありません。

もちろん、変わりに学べる場、経験を積む場は必要になります。

どんな学びや経験が必要になるかは、3つに分けてお伝えします。

✅学習面(生活で使う最低限の)

最低限の読み、文章理解、計算が最優先になり、書きは極端な苦手さがなければ、次に大事になります。

文章を読んで、内容を理解する場面は、書きよりも、生活で必要になる場面が多い為です。

LD(学習障害)傾向など、学習面に困難さを抱えてる子は、生活面でいうと、

読み、書き、計算
⇨スマホ、タブレット、音声アプリ、電卓

などで代用ができますので、ツールを使うことを学ぶのも大切になります(受験になると必要性が変わりますが)。

生活で使う最低限の読み、書き、計算、文章理解は、どこかで学ぶ必要があります。

✅社会的交流

家族以外との社会的交流になります。絶対に友達を作らないといけないというわけではないですが、必要に応じて最低限のコミュニケーションがとれる必要はあります。

挨拶、お礼、謝る、質問する、困ったら助けを求める、状況説明ができる、周りに合わせて行動するなど、

社会生活で最低限必要になるコミュニケーションを学ぶ場は必要になります。

規則正しい生活

心身の健康のため、ある程度の規則正しい生活も必要になります。昼夜逆転など、不規則な生活でない範囲になります。

子どもが小学校に行かない時に「確認したいポイント」

子どもが小学校に行かない時に、

「確認したいポイント」は、5つあります。



①:本人の「気持ち・意思」

②:本人の「安心感」が十分か

③:本人の「不安感」を減らせるか

④:不登校の「原因と段階」

⑤:学校の「スタンス」


①:本人の「気持ち・意思」

本人が小学校含め、今の生活をどうしたいか聞きます。

「学校に行きたくない」
「本当は学校に行きたい」
「図工だけは行きたい」
「違う学校に行きたい」


など、本人の希望を聞きます。希望が出た場合は、可能な範囲で尊重します。

本人の意思がないことをしても、形だけになり、むしろ不満やストレス疲れがたまり、ネガティブな結果に繋がることが多いためです。

強引に学校に促し無理をさせても、後から反動が来て、結果的に学校に行けなくなるケースは多いです。

また、本人が言葉にできる場合は、何に困ってるのかを聞きます。

「先生が怖い」
「授業が分からない」
「教室がザワザワしてて疲れちゃう」

など、本人が感じてる困りを把握します。

困りの内容によっては、学校に相談し、個別の配慮が得られるか確認し、本人の負担を減らす対策を考えます。

②:本人の「安心感」が十分か

「小学校に行かない子(不登校)」は、安心感が足りてない場合が多いです。

「小学校にいくと緊張する」
「失敗したらどうしよう」
「授業で何していいか分からない」

など、小学校での安心感が足りてないケースが多いです。

安心感を作る方法は、例えば、

「先生に個別で声かけしてもらう」
「席を先生の目の前にしてもらう」
「手伝ってくれる友達を隣の席にする」

など、先生の協力を得ながら進める方法があります。

③:本人の「不安感」を減らせるか

先ほどの安心感とは逆に、不安感を減らす工夫をします。

例えば「困った時に先生に何も言えない。困ったらどうしよう…」という子には、机にカードを置いて、困った時はひっくり返して先生に伝えます(挙手で先生を呼ぶのが難しい場合)。

もちろん、先生にも事前に伝えておき、そのカードを見てもらう様にお願いしておきます。

不安が強くて言葉で助けが求められない子には、言葉以外のヘルプを出す方法が効果的です。

このように「困ったときは、◯◯すれば大丈夫」と本人が思えていれば、不安要素を減らすことができます。

④:不登校の「原因と段階」

不登校の原因は、分かる場合とそうでない場合があります。

もし本人が言語化できたり、話をしてくれる場合は、その原因に対して、できることを考えていきます。

学校に相談はもちろん、内容によっては、療育や医療機関などの協力が、必要な場合もあります。

また不登校の場合は、最初に不登校の全体像、本人の段階を把握することが大切になります。

不登校の段階によって、本人に必要な関わり、環境が変わる為です。

不登校の全体像や段階については、こちらの記事をご覧ください。

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点

⑤:学校の「スタンス」

学校・担任の先生が、協力的かどうか、理解があるかどうか、確認します。

協力・理解が得られるかどうかによって、学校でできる環境作りが大きく変わる為です。

先ほども触れましたが、学校での安心感を作ったり、不安要素を減らす為には、学校の先生の協力が必要になります。


相談次第で協力が得られるのか、事前に確認することが大切になります。

本人の気持ち、希望、困り、その上で学校でできる工夫などを相談する流れがスムーズになります。

【関連記事】

【不登校になる子とならない子の違い】6つの特徴・対策

小学校以外の「選択肢」

小学校以外の「選択肢」は、3つあります。



①:インターナショナルスクール

②:フリースクール

③:転校


①:インターナショナルスクール

基本的に、日本に住んでいる「英語が母国語」の児童が、教育をうける学校になります。

幼稚園~高校までの一貫校が多いです。日本国籍の児童は入学できない学校もあれば、一部の生徒が日本人という学校もあります。

「英語を学ぶ学校」ではなく、「英語で学ぶ学校」のため、英語でコミュニケーションが取れることが入学条件になります。

学校内のコミュニケーションは全て英語のため、少なくとも両親どちらかの英語力が必要になります。

②:フリースクール

様々な事情から、学校に行くことができない、行きたくても行けないという子どもたちが、小学校・中学校・高校の代わりに過ごす場所になります。

多くの不登校、ひきこもり、発達障害、身体障害、知的障害などの事情を抱える子が利用してます。

個人経営、NPO法人やボランティア団体などが運営する民間の教育機関になるので、方針や教育理念は様々になります。形態、費用なども違います。

③:転校

本人が「学校には行きたいけど、今の学校(在籍校)はイヤ」という場合は、転校するケースもあります。

・今の学区から少し外れた学校
通級や支援級がある学校

などの条件に合う学校に、転校する子がいます。

小学校に行かない子が「備えておきたいこと」

ここでは、小学校に行かない子が「備えておきたいこと」をお伝えします。

不登校の理由にもよりますが、多くの不登校の子は、自己肯定感が下がってる場合が多いです。

「学校に行かなきゃいけないのは分かってる。でも行けない…」

「自分は何もできない。周りに迷惑掛けてる…」

など、自己嫌悪に陥りやすいです。

本記事でお伝えした通り、まず本人のケア・環境作りが大切ですが、環境を変えるのは、本人にとって負担が大きく、丁寧に時間を掛ける必要があります。

不登校期間は、数ヶ月の子もいれば、数年、場合によっては、問題の解決が難しい子もいます。

個人的には、小学校以外の場所で、安心して、楽しめて、必要な学びと経験ができれば問題ないと思っています。

ただ、本人の状態によっては、新しい環境(小学校の代わり)を見つけるまでに、時間がかかります。

その一方で、卒業までの時間には限りがあり、進学面の問題も出てきます。

不登校期間の長さは、学習の遅れに比例して、進学・将来の選択肢に影響が出てきます。

そのため、不登校が長期化した場合にも備えて、学習対策が大切になります。

なるべく環境を変えない学習となると、自宅学習が有力な1つの方法になります。

✅学習対策は「タブレット学習」

自宅学習の1つに「タブレット学習」があります。

不登校の子にとって、タブレット学習が良い理由は、5つあります。

・自分のペースでできる
(自分で決められる)

・安心して過ごせる環境

(不安・ストレスが避けられる)

・分かりやすい勉強

(学習意欲が上がる)

成功体験が積める
(自己肯定感が高まる)

・ゲーム性がある
(苦手意識がある子向け)

本人の解答結果をAI分析し、その子に合う課題が自動で表示され、アニメーション/音声解説をしてくれます。

文字の読み書き、参考書・ドリルでの学習が苦手な子にも、理解がしやすいです。

AIが本人に合った問題を選んでくれる為『解く・解説を理解する』に集中できます。

その日の学習内容を選ぶ段階で、モチベーションが下がったり、集中力が落ちて時間だけ過ぎることが避けられます。

学習内容が、本人自身の課題とズレにくい為、同じ時間でも学習効果が変わってきます。

自分に合った課題を、反復学習することで、

「◯◯なら、自分にもできる!」
(自分に合った学習法を知る)

「◯点とれた!次は◯点をとる!」
(成功体験⇨学習意欲の向上)

など、学習の成功体験の積み重ねから、自分に合った学習方法を知り、学習意欲が高まります。

学習意欲が高まれば、学習時間が増え、結果的に学力に繋がります。

タブレット学習の、その他のメリット・デメリット等は、下の記事にまとめています。

学習法の1つとして、参考になると思います。

発達障害の子がテーマになりますが、不登校の子にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【行かないとどうなる?】子どもが小学校に行かない時~確認したい5つのポイント~」のまとめ

記事のポイントをまとめます。


✅小学校に行かないと
 どうなる?
・問題ない
・読み、書き、計算、文章理解
(最低限の学び)
・家族以外との社会的交流
・最低限のコミュニケーションスキル
(ex.挨拶・お礼・質問・説明・ヘルプ要求)

子どもが小学校に行かない時に
 「確認したいポイント」

・本人の気持ち・意思
・本人の安心感が十分か
・本人の不安感を減らせるか
・不登校の原因と段階
・学校のスタンス

小学校以外の
 「選択肢」

・インターナショナルスクール
・フリースクール
・転校

小学校に行かない子が
 「備えておきたいこと」

・本人に合う学習法の把握
・学習の失敗体験の予防
・自己肯定感を上げる
・タブレット学習


以上になります。

【関連記事】

【不登校の体験談】復帰した5つの事例~復帰に繋がった3つの共通点~

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事

-不登校

執筆者:


  1. […] 【行かないとどうなる?】子どもが小学校に行かない時~確認したい5つのポイント~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【相談支援員が解説】不登校でもスマイルゼミで出席扱いになる!7つの条件とは

スマイルゼミについて知りたい方「不登校の子が出席扱いになるって本当?出席扱いになる条件・方法・注意点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅スマ …

【不登校の小学生】家での過ごし方は何が大事?4つのポイント・注意点

不登校の子で悩まれてる方「不登校の小学生は家で何してるの?家での過ごし方で大切なこと・注意すべき点が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅不登校 …

【不登校の映画】不登校の子に向き合える「素敵な2作品」を紹介します

不登校がテーマの映画が知りたい方「不登校がテーマのオススメの映画が知りたい」 近年は「不登校」が取り上げられることが増えてきました。実際に不登校の子は、年々増加傾向にあります。 こちらの記事では、「不 …

【不登校の再登校】失敗した時はどうすればいい?4つの原因と対処法とは

子どもの不登校で悩まれてる方「再登校が失敗した時はどうすれば良い?再登校できる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅再登校の失敗に繋がりや …

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

子どもの不登校で悩まれてる方「別室登校はいつでもするもの?別室登校してる子の今後はどうなるの?どんな進路に進むのか事例も知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 & …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~