学級・進路

【どっちがいい?】支援学校か、支援学級に行くのか~迷った時の4つの手順・考え方~

投稿日:

子どもの進路について悩まれてる方「支援学校か、支援学級に行くべきか、迷ってる。うちの子に合ってる進路を選びたい。選ぶ基準が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



✅支援学校or支援学級
 「どっちがいい?」

支援学校or支援学級
 「選ぶ時の4つの手順」

支援学校と支援学級の
 「違い」~メリット・デメリット

支援学校が合いやすい子の
 「特徴」

支援学級が合いやすい子の
 「特徴」

支援学級を選ぶ子が
 「備えたいこと」


特性ある子の進学先は、多くの親御さんが悩まれる難しい判断だと思います。

以前と比べ「支援学級」「支援学校」は、増え、お子さんの選択肢は増えました。

一方で、「うちの子はどっちが合ってるの?」「選ぶ基準が分からない」という方が多いのも事実です。

そこで本記事では、お子さんの進学先を選ぶ際に関わる「支援学校・支援学級」に関する情報をお伝えします。

私は、療育・発達支援員を10年以上しており、これまで特性ある子の支援に携わってきました。

その支援経験を元に、本記事をまとめています。参考になれば幸いです。

支援学校or支援学級「どっちがいい?」

支援学校と支援学級は、お子さんによって、どっちが良いのか、変わってきます。

ただ、支援学校の方が支援の厚さがあり、その分生活面での困り度が大きい子が通う場所になります(詳しくは後述します)。

そこを踏まえ、具体的にどんな視点で、選んだ方が良いのかお伝えします。

支援学校or支援学級「選ぶ時の4つの手順」

支援学校or支援学級を「選ぶ時の手順」は、4つあります。

基本的には、段階を踏んで情報を把握・まとめる内容になります。



①:支援学校、支援学級の「違い」を知る

②:本人の「発達のバランス・知能レベル」を把握する

③:「通学圏内の支援学校・支援学級」をピックアップする

④:検討中の支援学校・支援学級に見学にいく
 (似た特性の子の受け入れ実績・得られる配慮・先生の意見を聞く)


①:支援学校、支援学級の「違い」を知る

当たり前になりますが、支援学校と支援学級の違いを把握します。

目的、対象となる児童、支援内容、卒業後の進学先、支援をする先生を把握した上で、メリット・デメリットを確認します。

支援学校と支援学級の違いについては、後ほど図でお伝えします。

②:本人の「発達のバランス・知能レベル」を把握する

お子さんの発達のバランス(得意・不得意・凸凹)、知能レベルを把握します。

代表的なのは、WISCなどの検査を受け、書面で残す形が望ましいです。

WISCの場合ですと、「言語理解」「知覚推理」「ワーキングメモリー」「処理速度」の4つの領域から、客観的に数値化されます。

お子さんの得意、不得意、生活上で想定される困りなど、心理士の所見から確認することができます。

注意点は、「口頭だけで言われて書面に残ってない」「何を言われたか覚えてない」など、勿体ないケースもありますので、検査前に書面が残るのか、確認することをお勧めします。

かかりつけの小児科、クリニックなどで実施してもらえる場合もあれば、実施してもらえる病院などを紹介してもらえることもあります。

お近くのクリニック、児童精神科、教育支援センターなどに問い合わせをするのが良いです。数ヶ月待ちは当たり前になるぐらい、混み合ってる所が多いです。

③:「通学圏内の支援学校・支援学級」をピックアップする

現実的に、通学できる支援学校・支援学級をピックアップします。

お住まいの地域によっては、そもそも選択肢が少ない場合も考えられます。

④:検討中の支援学校・支援学級に見学にいく(似た特性の子の受け入れ実績・得られる配慮・先生の意見を聞く)

支援学校、支援学級の違い、お子さんの発達バランス・知能レベルが把握できたら、通学可能な支援学校、支援学級に見学に行きます。

見学の際に、本人に似た特性の子の受け入れ実績があるか、本人が通った場合に得られる配慮を聞けるとベストです。

例えば、予定外のことが起こるとパニックになる特性の子に対しては、クールダウンできる部屋が設けらているなどです。

また、本人の様子を伝え、見学先の先生の意見を聞くのも重要です。先生から見て「配慮があれば通えそうです」「うちの学校だと過ごしにくいかもしれません」など反応があると、参考材料になる為です。

支援学校と支援学級の「違い」~メリット・デメリット

支援学校と支援学級の「違い」になります。

項目特別支援学校特別支援学級
呼び方支援学校(2007年まで:ろう学校、盲学校、養護学校)支援級、なかよし学級など
人数3~8名8名以下
内容自立と社会参加
(ex.社会ルールの遵守、道具の使い方、時間理解)
個別の支援計画に基づいた授業
メリット支援が手厚い・自立に直結しやすい個々の特性に応じた指導が受けられる
デメリット関わる人・経験できることが限定されやすい・専門的な先生とは限らない
・内申点がほとんどつかない  ※中学

支援学校と支援学級のメリット、デメリットは、こちらになります。

✅支援学校のメリット

・専門性が高い支援
・知識、スキルが高い先生
(特別支援学校教諭免許状)
・進学や就職の相談ができる
(通常の学校より情報が集まる)

✅支援学校のデメリット

・手続きが複雑
・本人が嫌がる場合がある
・関わる人が限られる

✅支援学級のメリット

・発達/特性に合う指導が受けられる
・自己肯定感を保ちやすい
・普通級と交流が持てる場合がある

支援学級のデメリット

・在籍基準があいまい
・理解ない先生もいる
・学校、地域差が大きい
・子どもが拒否することがある
・高校は、ほとんど支援級がない
・近くの学校に通う必要がある
(学区内に支援級がない場合)

【関連記事】

【現場でよくある事例】支援級(情緒級)を選んで後悔する3つのパターン・対策

支援学校が合いやすい子の「特徴」

支援学校が合いやすい子の「特徴」になります。

あくまで、支援してきた中で、個人的に感じた点になります。

・知的障害がある
(軽度は個人による)

・社会での自立に力を入れたい
(生活に直結するスキル)

・苦手な環境が多く、パニックになりやすい
(環境の変化が著しく苦手)

あとは、本人が支援学校の雰囲気・どんな場所なのか知った上で、望んでいるかになります。

支援学級が合いやすい子の「特徴」

支援学級が合いやすい子の「特徴」になります。

こちらも、支援する中で感じられた点になります。

・集団が非常に疲弊しやすい
・集団行動に常に遅れがある
・困っても誰にも助けを求められない
・他害、癇癪など周りに大きな影響が出る
・知的な遅れがある場合:境界域~軽度まで

こちらも、本人がメリット、デメリットを把握した上で、本人が納得していることが大切になります。

支援学級を選ぶ子が「備えたいこと」

ここでは、支援学級を検討する(選ぶ)子が、中長期的に備えたいことをお伝えします。

支援学級を検討する理由の多くは、学習面orSS面(集団参加・人との関わり)が多いです。

その中でも、サポートが遅れがちなのが、学習面になります。

集団や友達とのやりとりは、トラブル、授業などの集団行動に影響が出るなど、優先度が高く、対応に追われやすいです。

ただ、生活面が落ち着いても、学習面の問題は、先々の困りに発展することが少なくありません。

支援学校に進学する子は、生活面の自立がテーマになるので、お話が別ですが、支援学級となると、進路・就職などは考えておく必要があります。

高校は基本的に支援学級がなく、本人へのサポートが手薄になります。また、中学生の子ですと、支援学級在籍の場合、内申点がつかず、受験の選択肢が狭まります。

そういった背景から、早めに本人に合った学習方法を把握することが大切になります。

学習が全てではありませんが、進学や将来の選択肢が変わってくる為、大切な要素になります。

支援学級に進む子は、早めに備えておきたい点になります。

また、学習の失敗体験を積めば積むほど、学習の拒否感は強まるので、学力以前に、学習に取り組めるかどうか、の問題になってきます。

そうなる前に、失敗体験の予防も兼ねて、対策をしていきたいです。

学習対策は「タブレット学習」

特性ある子にとって、タブレット学習が良い理由は、4つあります。

・自分のペースで進められる
(在籍校にも合わせられる)

・理解しやすい勉強

(苦手意識を減らす)

成功体験が積める
(自己肯定感が上がる)

・ゲーム要素がある
(勉強嫌いの子も取り組みやすい)

また、特性ある子の学習の困りポイントとして、

「少し問題が変わると解けなくなる」
「時間が経つと、忘れちゃう」

などがあります。タブレット学習は、この問題に効果的にアプローチできます。

本人の解答結果を、AIが分析し、本人に必要な課題のみ提示してくれます。その問題を解き続けることで、学力に繋がっていきます。

①「少し問題が変わると解けなくなる」
⇨アニメーション解説で本質的な理解を促す
(本質的・論理的な理解を促す)

②「時間が経つと、忘れちゃう」
⇨②の繰り返しでアプローチ

また、AIにより、問題をやや変えて出題されるため、丸暗記による表面的な理解を避けることができます。

アニメーション/音声解説は、文字の読み書き、参考書・市販ドリルの学習が合わない子も、理解しやすい特徴があります。

その他のメリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細は、下の記事にまとめています。

学習方法の1つとして、参考になれば幸いです。

グレーゾーン、未診断の子にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【どっちがいい?】支援学校か、支援学級に行くのか~迷った時の4つの手順・考え方~」のまとめ

記事のポイントをまとめます。



支援学校or支援学級
 「どっちがいい?」

・学習の進度が一般的
・多くのクラスメイトと交流が持てる


支援学校or支援学級
 「選ぶ時の4つの手順」

・支援学校、支援学級の違いを知る
・本人の発達のバランス・知能レベル」を把握する
・通学圏内の支援学校・支援学級をピックアップする
・検討中の支援学校・支援学級に見学にいく
 (似た特性の子の受け入れ実績・得られる配慮・先生の意見を聞く)

支援学校のメリット

✅支援学校のデメリット

✅支援学級のメリット

✅支援学級のデメリット



✅支援学校が合いやすい子の
 「特徴」



支援学級が合いやすい子の
 「特徴」


支援学級を選ぶ子が
 「備えたいこと」

・学習フォロー
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【支援学級の子は高校進学できない?】7つの進路先~進路選びの3つのポイント~

-学級・進路

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリットを説明します

子どもの学級について悩まれている方「普通学級と支援学級、どっちを選ぶべきか悩んでる。うちの子に合う学級を見つけたい。普通学級と支援学級の違い、選ぶ基準が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 …

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

特別支援学級の担任に不安がある方「特別支援級の担任にはずれが多いって本当?はずれの担任の場合、どうすればいい?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅特別 …

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

発達が気になる子の幼稚園選びで、悩まれている方「うちの子に合う幼稚園ってあるの?どう選べばいいの?子どもに合う幼稚園の選び方が知りたい」 このような疑問にお答えします。 ☑本記事の内容 …

【普通級から支援級へ】どんな子が?どんな流れで?よくある4つの事例を紹介

学級選びで悩まれてる方「普通級から支援級に行く子はどんな特徴がある?どんな流れでいくもの?支援級へ移る目安はある?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ …

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

特別支援学級の子どもへの説明の仕方について知りたい方「特別支援学級について、子どもにどう説明すればいい?良い伝え方が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~