特別支援

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

投稿日:2021年2月15日 更新日:

特別支援学級の担任について知りたい方「特別支援級の担任ってどんな人?今、普通学級か支援学級に行くべきかで迷ってる。通っている支援学級の担任とのやりとりで不安を感じてる」

このような疑問/お困りに、お答えします。

本記事の内容

  • 特別支援学級の担任とは


  • 特別支援学級の担任の特徴


  • 特別支援学級の担任の「○○」を見よう

お子さんが支援学級に在籍していたり、これから通うことを検討されている方にとって、

「支援学級の担任」の存在は、とっても大きいですよね。実際に不安・不満を感じる方も少なくないと思います。

私は、発達支援の相談/指導員を10年以上しており、これから特別支援学級について悩まれている親御さんの相談支援をしていきました。

その支援経験を元に、本記事は、「特別支援学級の担任の実情、特徴、みるべき3つのポイント」について、まとめてみました。

・これから支援学級を検討されている
・単に支援学級の担任について知りたい
・お子さんが支援学級に在籍し、不安/不満がある

これらの方に、参考になれば幸いです。

特別支援学級の担任とは

特別支援学級の担任で、まず共通しているのは・・

・教員免許がある
・小学校:担任制(担任が全教科担当)
・中学校:教科制(教科毎に担当が変わる)
・特別支援の知識がない人もいる

最後の特別支援の知識がない先生もいる・・これは驚きますよね・・。

これには理由があるので、後ほど説明したいと思います。

✍免許

教員免許は必須になり、他の免許は先生により変わります。

特別支援の免許(※)を持っている先生は、普通小学校には、多くはいません。

※特別支援学校教諭免許:特別支援の専門性が高い。「特別支援学校」で勤務する場合は必須。

特別支援学級の担任の特徴

特別支援学級の先生の特徴は、2つあります。

①志があり、自ら希望する人
②望まず担当した人/ならざる得なかった人

ここからは、②について、詳しく説明していきます(②が不安/不満の元になりやすいので)。

ただその説明をする前に、教員が決まる制度の説明が必要になるので、少しだけ確認頂ければと思います。

✍先生の雇用形態

「先生」と一言でいっても、「正規職員」と「非正規職員」に分かれます。

この「非正規職員」には、実は2種類あります。

①臨時的任用講師(常勤講師)
②非常勤講師

①臨時的任用講師

担任になり、学校の運営業務(校務分掌)もします。

②非常勤講師

臨時的任用講師と逆になります。担任はせず、クラスの補助のするイメージです。

✍①臨時的任用講師⇨特別支援学級の担任を受け持つことが多い

その理由は、年度の途中で辞めさせることが可能だからです。

例えば、下のような学校の編成の場合・・

学年1年2年3年4年5年6年情緒知的
生徒30名30名30名30名30名30名👦×1名👧×2名
担任1名1名1名1名1名1名1名1名
             

仮に、情緒クラスの1名が、転校や普通学級に移ることになった場合、浮いてしまった担任1名を減らさなければいけません。

そのため、クラスの数が減る可能性がある学校は、「臨時的任用講師を学校に設置」することになっています。

ただ人員の配置は、学校の自由なので、正規職員が特別支援級の担任をし、臨時の先生が普通学級の担任をする場合もあります。

あくまで制度のため、そういった傾向があるというお話になります。勤務の形態や資格は、1つの情報程度として、留めておきましょう。

特別支援学級の担任の「○○」を見よう

ここまでの説明ですと、特別支援学級の担任に不安を感じる方が、多いと思います。

ただここで一番大切なのは、先生の人間性姿勢を見ることです。

ここがなければ、どんなに専門性が高くても、お子さんの過ごしやすさには、繋げられません。

具体的には、3つのポイントになります。

  • ①:子どもの特性を理解/配慮しているか


  • ②:傾聴⇨可能な範囲で協力してくれるか


  • ③:子どもの成長/できたことに、視点が向いているか

①:子どもの特性を理解/配慮しているか

特別支援学級の先生に一番必要なのは、お子さんの特性の理解/その配慮です。

資格や勤務形態は、あまり参考になりません。非常勤講師でも、とっても熱心で素敵な先生がいます。

逆にベテラン先生で、自身のやり方を強要することで、お子さんを困らせてしまう先生もいます(結構います・・)。

特性の理解/配慮とは、例えば、注意が散りやすい子の例にいきますと・・

・必要な情報だけ渡す
・周囲は気が散る物を片付けておく
・教材は視覚的に分かるものを使う

などです。

参考程度に、代表的な特性の記事を載せておきます。興味のある方はご覧ください!

【関連記事】

【ADHDの子どもの特徴と接し方】

【自閉症スペクトラムの子どもの特徴と接し方】

【グレーゾーンの子どもの特徴と接し方】

②傾聴⇨可能な範囲で協力してくれるか

支援の基本は、傾聴から始まります。相手の話を最後まで聞く「傾聴」をしてくれ、可能な範囲で、お願いしたことに協力してくれるか、ここが大切になります。

支援者の立場でいうと、「傾聴」しない/人の話を遮る/一方的に話す、などのコミュニケーションをとられる先生には、協力を期待することは難しいかもしれません。

その場合は、スクールカウンセラーや校長先生など、他の先生に相談することも、必要になります。

③:子どもの成長/できたことに、視点が向いているか

お子さんの「できるようになったこと(成長)」について、話をしてくれる先生です。

話したり、連絡帳の内容が、ただお子さんのできなかったことの報告の場合、先生の視点がお子さんの課題だけに目が向いている可能性が高いです。

関わりも必然的に否定的であったり、改善を求めるスタンスになることが多いです。そうなると、お子さんの自信がなくなり、意欲的に学ぶことも難しくなります。

先生にもよりますが、できるようになったことを教えてもらえるよう、お願いしてみるのも、1つです。

「【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!」のまとめ

記事のポイントをまとめます!

  • 特別支援学級の担任とは
    ・全員教員免許がある
    ・小学校:担任制
    ・中学校:教科制
    ・特別支援の知識がない先生もいる


  • 【特別支援学級の担任の特徴
    ・志があり、自ら希望する人
    ・意思に反して配属になった人
    ・事情があり配属された人
    ・非正規職員の臨時的任用講師が多い


  • 【特別支援学級の担任の「ここ」を見よう!】
    ・子どもの特性を理解/配慮しているか
    ・傾聴⇨できるだけ協力してくれるか
    ・ポジテイブな関わりか
    ・資格や勤務形態は関係ない

特別支援級の先生は、お子さんにとって、学校の過ごしやすさに必要な、大切な存在です。

ぜひ先生という「人間性」を見て、一緒にお子さんのサポートして頂ければ、幸いです。


【関連記事】

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

【これで解決!】勉強ができない子供の5つの原因とその対処法!

-特別支援

執筆者:


  1. […] 詳しくは、【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!をご覧ください。 […]

  2. […] 【関連記事】【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

通級について知りたい方「通級って何?どんな子が通うの?何を教えてもらえるの?どんなデメリットがあるのか知りたい」 こういった疑問、お悩みにお答えします。 ✓本記事の内容 通級とは通級の支援内容通級のメ …

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選

特別支援学級の担任について知りたい方「特別支援学級の担任になったら、何から準備すればいいの?知っておいたほうがいいことを、教えてほしい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑本記 …

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

中学の特別支援学級の子の進路で悩まれている方「特別支援学級の高校がないって本当?進路はどんな選択肢があるの?今からできる対策/注意点が知りたい」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 &#x261 …

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

特別支援学級の内申点について知りたい方「特別支援学級だと内申点は出ないって本当?子どもの進学が不利になるのか心配」 このような疑問/ご要望に、お答えします。 ☑本記事の内容 特別支援学級 …

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

特別支援学級の担任に不安がある方「特別支援級の担任にはずれが多いって本当?はずれの担任の場合、どうすればいい?」 このような疑問/お困りに、お答えします。 ☑本記事の内容 特別支援学級の …

サイト作成者プロフィール

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週3回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2021/03/01

【特別支援学級の高校はない?】中学校支援級からの進路・対策を解説します

2021/02/25

【特別支援学級だと内申点は出ない?】普通学級との違いを説明します

2021/02/24

【子どもに「特別支援学級」って何?と聞かれたら】説明の仕方と注意点を紹介します

2021/02/16

【特別支援学級の担任】はずれが多いって本当?3つの対策を紹介します

2021/02/15

【特別支援学級の担任】専門性がない人もいるって本当?実情を徹底解説!

2021/02/14

【通級とは】通級指導教室のメリット/デメリットを徹底解説!

2021/01/12

【療育のやめどきは、いつ?】4つのタイミングとは。事例/注意点あり

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なぜ挨拶が苦手?【原因/接し方を解説します!】

2020/11/18

【リベルタサッカースクール】月謝/支払方法/返金/退会/その他料金まで解説します!

2020/10/30

【普通学級にいくべき?】グレーゾーンの子供の学級の選び方とは

2020/10/26

子供だけじゃない?ADHD/自閉症スペクトラムの夫(妻)の接し方【相談先も紹介します】

2020/10/20

自閉症スペクトラム?個性?【グレーゾーンの子供に必要なサポートとは】

2020/10/16

発達障害の子供と二次障害の関係とは【原因/種類/対応法/相談先を説明します】

2020/10/14

【家庭でできる】自閉症スペクトラムの子供のパニック!8つの対応法

2020/10/09

【どんな支援が受けられる?】自閉症スペクトラムの子供向けの施設とは

2020/10/05

【不登校の自閉症スペクトラムの子供】必要な6つのサポートとは

2020/09/19

【グレーゾーンの子も使える?】受給者証や支援について説明します!

2020/09/07

【ADHDの子供の薬】エビリファイとは?効果/対象者/メリット・デメリットを説明します

2020/08/28

【ADHDの子供の小学校選び】4つの選択肢とは?メリット~注意点まで解説します!

2020/08/07

【ADHDの子供】誤診かも?と思ったら、親がすべき行動と注意点

2020/06/24

【自閉症スペクトラムの子供】くるくる回る3つの原因と3つの対応法

2020/06/17

【クレーン現象】自閉症スペクトラムの子供の特徴?【必要な3つの接し方】1歳、2歳、3歳の定型発達の子も手を引っ張るのか

2020/06/03

自閉症スペクトラムの子供にオススメなおもちゃ【厳選21選】

2020/05/21

【癇癪が減った!】今日からできるクールダウンと3つの対処法!

2020/05/15

【自閉症スペクトラムの子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

2020/05/01

【ADHDかも?と思ったら】おすすめな絵本5冊と読み聞かせの工夫を紹介

2020/04/30

【失敗しない!】ADHDの子供に合うサッカースクールの選び方とは【発達障害の子はリベルタサッカースクール!】

2020/04/22

【ADHDの子供の二次障害】原因/時期/種類/対応方法とは

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/27

【通所受給者証の3つのデメリット】メリット/申請方法も解説します

2021/03/02

【普通の教員より高い!?】特別支援学級の教員の給料っていくら?

2021/02/18

【特別支援学級とは?】初めて特支の担任になったら知るべき4選