学級・進路 家での関わり方/その他

【行かなきゃ良かった】就学相談で後悔する2つのポイント~大切な4つのコト~

投稿日:2024年2月1日 更新日:

就学相談を受けるか迷われてる方「就学相談は行かない方がいいの?親が希望しない支援級や支援学校で決められちゃうって本当?」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅就学相談で後悔する
 「2つのポイント」

✅就学相談で大切になる
 「4つのポイント」

✅小学校生活が心配な子が
 「備えておきたいこと」


小学校入学前に、お子さんについて相談ができる就学相談。

本来なら、不安を抱えてる親御さんの味方になるはずが、「就学相談なんていかなきゃ良かった」「こっちの話、あんまり聞いてもらえなかった」など、就学相談に関するネガティブな声をネットで見かけます。

そこで、本記事では、就学相談に関する情報をお伝えしたいと思います。

本記事の執筆者の私は療育・発達支援を10年以上しており、発達障害やグレーゾーンなど、多くのお子さんの支援に携わってきました。

支援をする中で、就学相談を受ける方も多く、支援をする中で、大切に感じたポイントをまとめています。参考になれば幸いです。

あくまで、私が支援する中で感じたことですので、参考程度にご覧ください。

就学相談で後悔する「2つのポイント」

就学相談で「後悔するポイント」は、2つあります。



①:親が「ショック」を受ける

②:家族で「揉めるキッカケ」になる


①:親が「ショック」を受ける

就学相談をすることで、親御さんが精神的なダメージを受けることです。

お子さんの様子、就学相談によっては、通級、支援級を勧められることがあります。

ただ、親御さんとしては、

「うちの子に障害があるっていうこと?」
「普通学級だと皆についていけないの?」

など、ショックを受けます。中には、お子さんや育児を否定された気持ちになったり、辛くなってしまう方もいます。

「就学相談」という場で言われることは、思ってる以上に、親御さんの心に重くのしかかります。

②:家族で「揉めるキッカケ」になる

就学相談で受けた内容を、母親と父親で意見が対立する場合があります。

通級や支援級を勧められた際に、母親は本人が過ごしやすい学級(環境)で良いと思っていても、父親や祖父母が「障害児がある子が行く所でしょ」「うちの子に障害はない」と聞き入れないケースがあります。

家族内で揉めるキッカケになり、意見がまとまらず、支援がないまま普通級に行き、本人が辛い思いをすることがあります。

【関連記事】

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

就学相談で大切になる「4つのポイント」

就学相談で「大切なポイント」は、4つあります。

就学相談をするで大切な視点、具体的な行動になります。



①:就学前の「相談先の確保」

②:「本人の情報」を書面で出す

③:なるべく「複数で参加」する

④:就学先の最終判断は「親の意思」


①:就学前の「相談先の確保」

「就学前に、お子さんの相談ができる場所」が確保できると考えます。

お子さんの発達や育児相談など、特に療育・特別支援に関わる相談先は、混みあっています。

また、近くに相談できる所がなかったり、と、相談先の確保が難しい場合も珍しくありません。

そういった背景を考えると一時期とはいえ、「相談できる場所」があるのは、お子さん、親御さんにとって大切なことになります。

他にも、療育機関に相談するのも良いです。。療育とは、お子さんに必要なスキルを学んでもらう場、そして親が関わり方を知る場になります。

困りがあって、解消したい問題が明確な場合は、療育先に相談して、支援を受けるのも1つです。「何から相談していいか分からない」という方も、支援員と、対話をする中で、一緒に整理をすることもできます。

療育は、福祉サービスと民間サービスがありますが、まずは、費用の負担が軽い福祉サービス(児童発達支援)について、知ることから始められると良いです。こちらの記事に、福祉サービスの療育に関する情報をまとめています。

詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方

いずれにしても、相談できる場所を確保することは、就学前には、していきたい所です。

②:「本人の情報」を書面で出す

お子さん本人の様子を、なるべく具体的・客観的な情報でお渡しします。

代表的なものは、3つになります。

・発達/心理検査
・療育先の個別支援計画/指導記録※
・児童連絡票※

(小学校への引継ぎ)

※児童発達支援を利用されてる方

臨床心理士、言語聴覚士、療育機関など、専門家の見立て・所見を共有できると良いです。

③:なるべく「複数で参加」する

就学相談に限らずですが、相談はなるべく2人以上での参加が望ましいです。

理由は、親御さん一人の参加ですと、感情的になってしまったり、不安などで整理して考えることが難しかったり、主観が入った話が中心で、相談員の方が状況を把握できない場合があります。

そのため、お子さんの様子を教えてくれる人が複数いると、偏ることなく、より正確なお子さんの様子が伝わります。

お子さんの情報がより実態に近い形で伝われば、必要な判断・配慮が見えやすくなります。

④:就学先の最終判断は「親の意思」

就学相談を受ける親御さん、小・中学生のお子さんがいる親御さんに把握していただきたい点になります。

基本的に、学級の決定は最終的に親御さんの判断になります。

親御さんが望んでないのに、強制的に支援級になることはありません。ただし、相談の仕方、話の流れなどで、親御さんが望んでない(まだ疑問を持ってる)方向に行くことはあります。

色んな方からの意見を聞いた上で「最終的に学級を決めるのは親」と認識していただけると良いです。

「先輩ママの情報」は有力

可能な方は、先輩ママ(就学相談をした、通級、支援級を利用してる)にお話が聞けると良いです。

実際にその学校で経験された方は、リアルな情報が聞けることがあります。同じ園のママ友、療育先のママ友など、相談できる方がいる場合は、積極的に情報を集めていたい所です。

通級、支援級については、こちらの記事で確認いただけます。特徴、メリット、デメリット、対象になる子など、詳しく知りたい方は、参考にご覧ください。

✅通級指導教室(通級)について

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準

✅支援学級(支援級)について

【普通学級か支援学級か】内容、選ぶ基準、メリット/デメリット

小学校生活が心配な子が「備えておきたいこと」

ここでは、小学校生活が心配な子が「備えておきたいこと」をお伝えします。

園の先生から指摘されたり、園生活で困りがあったり、就学相談で支援級を勧められたりなど、小学校生活で、心配なことが多いと思います。

また、お子さんの様子としても、下のような気になる様子があります。

・文字の読み書きが苦手
・机上課題が苦手
(集中力・着席)
・物の貸し借りができない
・癇癪/他害がある
・きりかえが難しい
・説明ができない

周りからの意見としても、お子さん自身の様子としても、小学校生活が心配な方は多いと思います。

今回はその中でも、学習面の困りについて触れていきます。

学習面は、離席や他害と違って、その場すぐに困る問題ではありません。そのため、見過ごされたり、後回しになりやすいため、注意が必要になります。

学習の失敗体験が続くと、学習を拒否するようになり、授業を嫌がり、次第に学校を嫌がる場合もあります。



そして自己肯定感が下がり、「どうせバカだから。何やってもできない」と、自分の殻に閉じこもる可能性が高まります。

学習の失敗体験の積み重ねは、不登校のリスクがあり、学習の遅れは将来の選択肢を狭めることに繋がります。

その為、失敗体験をする前に本人に合った学習方法を見つけた上で、成功体験を積み、学習姿勢の定着をすることが大切になります。

少なくとも就学前までに「学習(ひらがな・数字・読み・書き)は嫌なものじゃない」と思えてる状態が作れると安心です。

✅学習フォローには「タブレット学習」

お子さんに特性があり、取り組み・学び方に工夫が必要な場合は、心強い学習方法の1つになります。

・集中力が途切れにくいテンポ
(早すぎず、遅すぎない)

・アニメーション/音声解説

(市販教材では学びにくい子向け)


・ゲーム性があり、飽きない演出

(苦手意識がある子向け)

学習に不安がある子、勉強する楽しさを経験されてあげたい子にも、必要な機能が豊富にあります。

タブレット学習のメリット、デメリットなど、詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

発達障害をテーマにしてますが、”グレーゾーン・発達がゆっくりな子” にも、共通する内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【行かなきゃ良かった】就学相談で後悔する2つのポイント~大切な4つのコト~」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。



就学相談で後悔する
 「2つのポイント」

・親がショックを受ける
・家族で揉めるキッカケになる

就学相談で大切になる
 「4つのポイント」
・就学前の相談先の確保
・本人の情報を書面で出す
・複数で参加する
・就学先の最終判断は親の意思

小学校生活が心配な子が
 「備えておきたいこと」
・学習の失敗体験の予防
・学習姿勢の定着
・本人に合う学習方法の把握
・タブレット学習


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。


【関連記事】

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

-学級・進路, 家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【通級って何?】通級指導教室の支援内容・メリット・デメリット・選ぶ基準とは

通級について知りたい方「通級って何?どんな子が通うの?何を教えてもらえるの?どんなデメリットがあるのか知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅通級と …

【物の管理】子供が物をなくすのにイライラ!3つの原因と対処法について

子どもがすぐ物をなくしてイライラしている方「子どもがよく物をなくすので怒りたくなる。物が管理できる方法が知りたい」 このようなお悩みにお応えします。 ☑本記事の内容 ✅子ど …

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

癇癪持ちの夫で悩まれている方「夫の癇癪に疲れた。このまま我慢するのも限界。夫にどう接していけばいいか教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅癇 …

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

子どもの学級で悩まれてる方「軽度知的障害の子に普通学級は合わない?普通学級に行ったらどうなる?どの学級が良いのか分からない」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2 …

【発達障害】クレーン現象はいつから?定型発達の子にもある?原因、接し方、相談先を解説します

子どもの発達が心配な方「子どもにクレーン現象が出て、発達障害なのか心配。子どもにクレーン現象があるときの、親としての適切な接し方・やるべきことが知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 &#x26 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~