家での関わり方/その他

【自閉症の子は絵本をめくる?】めくる理由、おすすめ絵本・遊びを紹介

投稿日:2022年12月16日 更新日:

自閉症の子の育児で悩まれてる方「うちの子は絵本をめくるだけ…。何で絵本を読まないの?読ませる様に促したほうがいいのかな…」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅自閉症の子が
 「絵本をめくる理由」

✅絵本をめくる自閉症の子に
 「おすすめな絵本」


✅自閉症の子の遊びで
 「大切なこと」

✅絵本をめくる自閉症の子に
 「おすすめな遊び」


「絵本をめくるだけで、読み聞かせをしても、聞いてくれない…」

「絵本の内容に興味がなさそうで、理解もしてなさそう…」

特に、自閉症など特性がある子ですと、発達の成長のために、絵本を促した方が良いのか…

どう関わったらいいのか…悩まれる方もいらっしゃると思います。

本記事では、そんなお悩みにお応えする為、自閉症の子の「絵本をめくる原因・関わり方」をまとめました。

この記事の執筆者の私は、発達相談/療育支援を10年以上しています。その支援経験を元に、内容をまとめています。

自閉症はあくまで、お子さんの1つの側面に過ぎません。

「これは良いかも」など、お子さんに合いそうな部分を、取り入れていただけますと幸いです。

※現在は、自閉症は「自閉スペクトラム症(ASD)」と総称されています。本記事では、説明の都合で「自閉症」と表現しています

自閉症の子が「絵本をめくる理由」

自閉症の子が「絵本をめくる理由」は、4つあります。

該当しそうな理由があるか、ご覧ください。



①:「感覚遊び」をしてる

②:「絵を見ること」を楽しんでる

③:「特定の好きなページ」がある

④:「読み手(大人)のマネ」をしたい


①:「感覚遊び」をしてる

絵本は、イラスト(2Dの情報)を見ながら、ストーリー展開・登場人物の気持ちなどを想像しながら、楽しむものです。

つまり、平面上の情報(イラスト)から、ある程度想像する力が必要になります。

お子さんの発達によっては、「想像する」より、「感覚遊び(光、音、感触、体を動かし楽しむ)」を好んでる場合があります。

お子さんの発達と同じで「遊び」には、段階があります。表現は人によって変わりますが、大きくは下のような段階になります。

「感覚遊び」⇨「模倣遊び」⇨
「見立て遊び」⇨「ごっこ遊び」⇨
「ルールのある遊び」

・感覚遊び:光、音、感触、体を動かす等
・模倣遊び:相手のマネをして遊ぶ
・見立て遊び:ブロックを車に見立て遊ぶ等
・ごっこ遊び:ヒーロごっこ、学校ごっこ等
・ルールのある遊び:鬼ごっこ、隠れんぼ等

感覚遊びは、平均台、ロデオなどの揺れや回転を体で感じたり(平衡感覚)、

トンネルくぐり、ジャンプなど、力の入れ具合・手足の位置を感じる(固有受容覚)などがあります。

普段の遊びが、感覚遊び中心の場合は、絵本を楽しむのは、今のタイミングではないかもしれません(遊びが発達するまで)。

②:「絵を見ること」を楽しんでる

こちらも感覚遊びの1つに近いです。目から入ってくる絵(視覚情報)を楽しんでる場合になります。

絵本そのものじゃなくても、興味が持てていますので、お子さんが嫌がらなければ「りんごだね」など、絵に指を差して、言葉を伝えていくのも1つです。

お子さんが絵本を見にくくならない様に、大人が “独り言のように言葉を発する” のがお勧めになります。

③:「特定の好きなページ」がある

「特定の好きなページ」を見るために、絵本をめくってる子もいます。

療育の現場ですと、1日1回お気に入りのページを見て満足したり、少し時間を置いて繰り返し見る子もいます。

④:「読み手(大人)のマネ」をしたい

大人の動きに興味をもち、マネ(模倣)をしている子もいます。

電話で話すマネ、リモコンを使うマネをするのと同じで、大人の動きをマネしています。

絵本をめくる自閉症の子に「おすすめな絵本」

絵本をめくる自閉症の子に「おすすめな絵本」を5冊紹介します。

下の特徴がある絵本が、楽しめる子が多いです。

・目で楽しめる絵本
・耳で楽しめる絵本

・仕掛け絵本
(目・触って楽しむ)

1冊ずつ見ていきましょう。

①:ふわふわどっち?

  • 手触りを楽しめる
    (触覚)
  • 2択で選ぶ練習ができる

②:ふわふわだあれ?

  • 手触りを楽しめる
    (触覚)
  • 選ぶ練習ができる

③:ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

  • 仕掛け絵本
  • 指で動かして楽しめる

④:ぴったん・こ!

  • 仕掛け絵本
  • 動かして楽しめる

⑤:タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん1000 英語つき

  • 目、耳、ペンを使って楽しめる
    (視覚/聴覚/固有受容覚)
  • 音に合わせ、発語の練習がしやすい


【合わせて読みたい記事】

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選

自閉症の子の遊びで「大切なこと」

自閉症の子の遊びで「大切なこと」は、2つあります。

1つずつ見ていきましょう。



①:「発達に合った遊び」をする

②:「興味・関心に合う遊び」をする


①:「発達に合った遊び」をする

お子さんの発達に合った “今楽しめてる遊び” を沢山します。

遊びは、楽しめるからこそ繰り返し遊び、その結果、成長へ繋がっていきます。

興味のない遊びをしても、続かないですし、むしろお子さんのストレスになりかねません。

今楽しめる遊びの中で経験を積み、沢山の刺激を受ける中で、成長し、興味の幅が広がっていきます。

例えば「ボタンを押す」が好きな子が、

・音絵本のボタンを押す
(違う感覚も使う)

・自動販売機のオモチャのボタンを押す
(色んなオモチャに触れる)

・プットインのオモチャで遊ぶ
(指先の微細運動ができる)

このように「ボタンを押す」でも、色んな遊び(経験)の広げ方があります。

広げ方を考えるのは簡単ではありませんが、思いついた遊びは試しにやってみて、

お子さんの反応が良ければ続けてく形が、オススメになります。

逆に、反応がイマイチなら「今じゃなかったんだな」「これは違ったんだな」と思って、今楽しめる遊びを続けていくことが良いと思います。

②:「興味・関心に合う遊び」をする

お子さんが楽しめる遊び(興味・関心に合ってる)をすることです。

生活の中で、よく触っている物、よくしてる行動、遊びなどを見つけ、その機会を作り、広げてくイメージになります。

自閉症の子の中には、興味の偏りがある子がいます。

本人特有のオモチャの遊び方をしたり、1つ1つのオモチャで遊べる時間が短いこともあります。

色んなオモチャ・場所・活動など、お子さんが興味を示すものを見つける為、触れる機会を作ることが大切だと思います。

日々の育児で、とっても大変かと思いますが、無理のない範囲で、その機会が作れると良いと思っています。

絵本をめくる自閉症の子に「おすすめな遊び」

絵本をめくる自閉症の子に「おすすめな遊び」は、2つあります。

1つずつ、見ていきましょう。



①:「感覚を満たす」遊びをする

②:「全身を使う」運動をする


①:「感覚を満たす」遊びをする

お子さんが “今楽しめる感覚遊び” をしていきます。

6つの感覚の中で、お子さんが好む感覚を満たせるのが理想的になります。

・視覚
・聴覚
・触覚
・味覚
・固有受容覚

(力加減・手足等の動きを感じる)
・平衡感覚
(回転・揺れなどを感じる)

とはいっても、お子さんの好む感覚を見つけるのを難しく感じる方も多いかと思います。

そんな方は色んな遊びを沢山して、お気に入りがあるのか、確認する形でも十分です。

よくある感覚遊びを、下の記事にまとめています。

興味のある方は、参考程度にご覧ください。

【自閉症の子におすすめ】感覚刺激グッズ13選

②:「全身を使う」運動をする

お子さんが楽しめる範囲の中で、全身運動を楽しみます。

公園で走っても、ボール遊びをしても、トランポリンで繰り返しジャンプでも、楽しめるなら何でも大丈夫です。

まずは、お子さんが楽しめる体を使った遊びを見つけて、遊んでみましょう。

「【自閉症の子は絵本をめくる?】めくる理由、おすすめ絵本・遊び」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。



自閉症の子が「絵本をめくる理由」
・感覚遊びをしてる
・絵を見ることを楽しんでる
・特定の好きなページがある
・読み手(大人)のマネをしたい

✅自閉症の子に「おすすめな絵本」
・ふわふわどっち?
・ふわふわだあれ?
・ぐるぐるうごく しましまぐるぐる
・ぴったん・こ!
・タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん1000 英語つき

自閉症の子の遊びで「大切なこと」
・発達に合った遊びをする
・興味・関心に合う遊びをする

自閉症の子に「おすすめな遊び」
・感覚を満たす遊びをする
・全身運動をする


以上になります。

本記事が参考になれば幸いです。


【関連記事】

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選

【2023年】自閉症の子に合うタブレット学習とは?選ぶ時の3つのポイント

-家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【親も子もイライラ】発達障害の子の勉強がスムーズになる4つの対処法

発達障害の子の勉強で悩まれている方「子どもが勉強してる時、あまりに進みが悪くてイライラしちゃう。子どももイラついてる。今より上手くいく勉強方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 &#x2 …

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

子どもが逆さバイバイをして心配な方「逆さバイバイはいつまで続くの?逆さバイバイは治した方がいい?今できることが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【自閉スペクトラム症の子供の症状】4つの特徴と7つの接し方とは

自閉スペクトラムの子の症状知りたい方「自閉スペクトラム症ってどんな症状があるの?どう関わればいい?サポート方法や親としてやるべきことを知りたい」 こういったお悩みにお応えします。 ☑本記 …

【ADHDの子ども】うちの子は何タイプ?3つの症状(タイプ)と7つの接し方とは

ADHDの子どもへの対応方法を知りたい方「ADHDの診断を受けたけど、そもそもADHDって何?ADHDって具体的に何に困るの?親としてどう関わっていくべきか知りたい」 このような疑問、お困りにお答えし …

【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策とは。

子どもの癇癪が通報されそうで不安な方「子どもの癇癪の泣き声で近所に通報されそうで不安。実際に通報され、また通報されてしまいそうで心配。できることがあれば知りたい」 このようなお悩みにお答えします。 & …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~