家での関わり方/その他

【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策とは。

投稿日:2021年6月14日 更新日:

子どもの癇癪が通報されそうで不安な方「子どもの癇癪の泣き声で近所に通報されそうで不安。実際に通報され、また通報されてしまいそうで心配。できることがあれば知りたい」

このようなお悩みにお答えします。

☑本記事の内容



✅子どもの癇癪で通報されやすい
 「2つの原因」

通報されない為の
 「3つの対策」

✅それでも
 「状況が進展しない時」


お子さんの癇癪は、親御さんのエネルギーを消耗しますし

大きな泣き声は、虐待疑いの通報をされてしまうのでは…と不安になる方も、以前に比べ増えています。

この記事の執筆者の私は、虐待児を預かる児童福祉施設や、発達障害や家庭問題を抱えたお子さんの相談支援を11年以上してきました。

その中には、家庭でのお子さんの癇癪や通報されるのでは…と悩まれている方も、多くいらっしゃいました。

その経験を元に、本記事では、「通報されやすい原因、対策、親のイライラ対策」をまとめました。

本記事が参考になれば、幸いです。

子どもの癇癪で通報されやすい「2つの原因」

子どもの癇癪で通報されやすい「2つの原因」をお伝えします。



①:子どもの激しい泣き声


②:近所との関係性の薄さ


①:子どもの激しい泣き声

これは当たり前ですよね。

更に原因を深堀りしていくと、お子さんの癇癪を起こすキッカケが、生活の中で作られているからです。

よくあるキッカケが下の2つになります。

・自分(自分)の要求が通らなかった
・やりたくないことがある


ただ、生活の中では、お子さんの要求が通せなかったり、お子さんがやりたがらないことを、やってもらう必要がありますよね。

ここの具体的な対策については、次の章で説明していきたいと思います。

②:近所との関係性の薄さ

現代は、近所との関係も、希薄な傾向になります。

この「近所関係の希薄さ」が、通報されやすい原因になるには、次の理由があります。

人は未知のものに対して、強気不安や恐れを抱く性質のためです。

例えば、次の2つのうち、どちらの方が、通報される確率は高いでしょうか?

①普段から挨拶をして、どんな人柄や家庭かイメージが湧いている
②挨拶もしないので、どんな家庭なのか、全く分からない


答えは②です。明確ですよね。全く同じ状況で、お子さんの泣き声が聞こえた時、近所との関係性によって、通報される確率は変わってきます。

人は「自分が把握しているかどうか」で、不安度が全く異なります。

虐待の通報は、国民の義務(児童福祉法第25条)です。

自分が通報をしなかったことで、万が一事件があったことを考えられると、虐待の可能性を感じた時点で通報する方もいるでしょう。

地域で虐待が把握しやすいという点では、良いと思いますが、虐待ではなく必死に癇癪に対応した結果に通報されてしまうのでは、その親御さんにとって、あまりにも辛いです。

そんな方のために、できる方法・使える資源を、次の章で説明したいと思います。

通報されない為の「3つの対策」

本当は虐待ではないのに、通報をされてしまう…ということを避ける方法は、3つあります。



①:「癇癪の原因」を特定し、対応する

②:近所と最低限の「関係性を作る」

③:「地域の支援機関」へ相談


①:「癇癪の原因」を特定し、対応する

一番の理想は、癇癪がなくなることですよね。

癇癪をなくすためには、癇癪の原因を特定する必要があります。

例えば、同じ癇癪でも「欲しいお菓子がもらえない」、「お風呂に入るのはイヤ」など原因で、対応するためには、原因毎にアプローチを変える必要があります。

例えば、「欲しいお菓子がもらえない」なら、お菓子を上げてしまうと、癇癪をすればお菓子がもれえるという誤った学習になり、癇癪がひどくなります。

そのため、癇癪に対して要求に応えない関わりが必要になります。

「お風呂に入るのがイヤ」の場合は、お風呂に入ったら何ができるのかを事前に伝えたり、お風呂が楽しくなるよう、お風呂の中で楽しめるオモチャ・遊びを考える方法もあります。

このように原因によって、関わり方が全く違います。日々激しい癇癪が続いているということは、お子さんの癇癪の原因と関わり方がマッチしていないのかもしれません。

もし家庭でできることを、まずしたいという方は、【癇癪】今日からできるクールダウンと3つの対処法をご覧ください。

「癇癪の原因別の関わり方」を、図で簡単に理解できるように、まとめています。

②:近所と最低限の「関係性を作る」

先ほども説明しましたが、近所の方が、知らないことで不安が募り、通報されるケースが多いです。

逆にいうと、知ってもらっていることで、通報の可能性を減らすことができます。

誰にでもすぐできる方法としては、

・笑顔で挨拶をする

「え?そんなこと?」と思われるかもしれませんが、とても大切です。

顔を合わせれば、お互い笑顔で挨拶できる関係性になりましたら、「いつも騒がしくてすみません」と、一言言えると理想的です。

近所の方としては、「育児を頑張ってるんだな」「悪い人じゃないんだ」と思ってもらえます。

人によっては、ただでさえ子育てで大変なのに、何で近所にそこまで言わないとなの?と思われるかもしれません。

ただ、通報される不安・実際にされたときのストレスは、非常に大きいものです。

それを考えたときに、日常の中でできる一言は、やる価値のあることだと、私は思います。

③:「地域の支援機関」へ相談

さきほどの①②を実践しても、難しい場合は、専門家の力を借りた方が良いでしょう。

・地域の障害福祉課
・児童相談所


いずれも、お住まいの区役所のHPで確認することができます。

【関連記事】

【家で暴れる】発達障害の子への関わり方

「【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策」のまとめ

記事のポイントになります。



子どもの癇癪で通報されやすい
 「2つの原因」

・子どもの激しい泣き声
・近所との関係性の薄さ

通報されない為の
 「3つの対策」

・癇癪の原因を特定し、対応する
・近所と最低限の関係性を作る
・地域の支援機関へ相談


以上になります。

本記事が参考になれば、幸いです。


【関連記事】

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法

-家での関わり方/その他

執筆者:


  1. […] 【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策とは。 […]

  2. […] 【子供の癇癪】通報されそうで不安。通報される2つの原因と対策 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【イヤイヤ期の終わりはいつ?!】2つの終わりの兆候と4つの対処法とは

イヤイヤ期の子の育児に悩まれてる方「イヤイヤ期が大変。いつまで続くの?終わりの兆候ってあるの?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅イヤイヤ期の終わりの …

【字が汚い】ADHDの子の字が今よりきれいになる!5つの方法を紹介!

ADHDの子の字で悩まれてる方「子どもの字が汚くて困ってる。ADHDの子の字がきれいになる方法が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅ADHDの …

【読み聞かせは効果ない?】発達障害の子が絵本を読まない理由・関わり方

発達障害の子で悩まれてる方「子どもが絵本に興味を持たない。ペラペラめくって終わっちゃう。どう関わると良いか教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【自閉症に良いって本当?】くるくるチャイムとは。効果的な遊び方を解説

自閉症の子のオモチャ選びで迷われている方「自閉症の子に、くるくるチャイムが良いって聞いたけど本当…?自閉症の子におすすめなオモチャが知りたい」 このような疑問に、お応えします。 &#x26 …

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

字を書くのが嫌いな子で悩まれてる方「字を書くのが、何でこんなに嫌いなの?親としてどう関わればいい?今後の子どもの学習が心配」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~