家での関わり方/その他

【家で暴れる】発達障害の子への関わり方~4つの原因と4つの対処法~

投稿日:

発達障害の子の関わり方で悩まれてる方「外では良い子なのに、家で暴れて困ってる。なんで暴れるの?対応の仕方が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

☑本記事の内容



✅発達障害の子が家で暴れる
 「4つの原因」

✅家で暴れた時の
 「4つの対処法」

✅家で暴れる子の
 「対策」~学習・宿題が原因の場合~


お子さんが家で暴れるのは、本人はもちろんですが、ご家族にも大きな負担がかかる大変なことです。

家で暴れるキッカケを作らない様に、気を張って過ごしたり、暴れてる子の対応をするなど、消耗しやすいです。

本人も辛いですし、一緒に過ごす家族も、どう対応したら良いか分からないと思います。

そこで本記事では、「家で暴れる発達障害の子の対応(原因別)」をお伝えしたいと思います。

この記事の執筆者の私は、発達障害の子、家族の療育支援を10年以上しています。

私自身の支援経験の中で、特に多かった4つの原因と対処法について、具体的にお伝えします。

参考になれば幸いです。

発達障害の子が家で暴れる「4つの原因」

発達障害の子が家で暴れる「原因」は、4つあります。



①:外で「頑張りすぎてる」
 (過剰適応)

②:「学習のレベル・量」が合ってない
 (学習の困難さ・学習法のミスマッチ)

③:「本人の特性」と「家族の関わり方」

④:本人の「ストレス過多」


①:外で「頑張りすぎてる」(過剰適応)

お子さんに過剰適応の様子が見られる場合になります。

過剰適応とは、一言でいうと頑張りすぎてる状態です。

他の子が50%の力で頑張る所を120%の力で頑張り、すぐに消耗してしまうイメージになります。

「失敗はダメ。完璧にやらなきゃ」という気持ちが、人よりかなり強いです。

多くの子が特性として持ってることが多く、また外では「良い子」として見られるので、家族も学校の先生も、気付かないケースが多いです。

家で暴れることが続いたり、不登校になることで、初めて気付くパターンがよくあります。

②:「学習のレベル・量」が合ってない(学習の困難さ・学習法のミスマッチ)

家で暴れるキッカケが、学習や宿題になる子です。

本人が学習の困難さ(ex.読み書きの苦手さ)を抱えていて、通常の学習では、レベル・量が合っていない場合になります。

よくあるのは、文字の読み、書きが苦手で、人より数倍時間がかかる上、かなり疲れるため、イライラしやすく、些細なキッカケが暴れることがあります。

字がきれいに書けない、問題が分からないなど、小さなキッカケで爆発します。

宿題に1~2時間かかる子も珍しくなく、家族も疲弊してるケースも少なくありません。

家だけで暴れる子に関しては、宿題がキッカケで癇癪に繋がることが一番多いです。

③:「本人の特性」と「家族の関わり方」

本人が生まれつき持ってる特性(ex.捉え方・感じ方・受け止め方)と家族の関わり方が合っていない場合になります。

例えば、否定的・被害的に捉えやすい特性の子に対して「◯◯は違うよ」と否定的な言葉を掛けたり、

普段できてることをほめることがあまりなかったり、本人に必要な関わりが少なかったり、

本人にとって刺激を与える関わりが見られます。

④:本人の「ストレス過多」

本人のストレスが常に限界ギリギリまで溜まっている状態になります。

コップの水が溢れるギリギリまで溜まっていて、ちょっとしたキッカケがあると、すぐに水が溢れます。

まずは、コップの水を減らす必要がある為、ストレスや負担になっている要素を確認し、調整する必要があります。

発達障害の子が家で暴れた時の「4つの対処法」

発達障害の子が家で暴れた時の「対処法」は、4つあります。

原因別に、1つずつお伝えします。



①:「ストレス発散できる方法」を作る
 (原因:外で頑張りすぎてる)

②:「本人に合う学習法」を見つける
 (原因:学習のレベル・量のミスマッチ)

③:「本人の特性に合う関わり方」を把握する
 (原因:本人の特性と家族の関わり方)

④:「習い事の整理」をする
 (原因:本人のストレス過多)


①:「ストレス発散できる方法」を作る(原因:外で頑張りすぎてる)

「外で頑張りすぎてる=ストレス・負担が大きすぎる状態」になります。

溜まってるストレスを発散できる方法・時間を作る必要があります。

本人が好きなこと・楽しめることをピックアップし、発散方法を見つけます。

また、イライラしてる時に、発散できる方法も効果的です。

例えば、

・ビーズクッションを抱きしめる
・クッションを叩く
・枕に顔をつけて大声出す
・ストレス解消グッズを使う
(ex.スクイーズ、プッシュポップ)

など、本人が発散できる方法を試してみます。

怒ってる時に試すのは難しいので、落ち着いてる時に、目的を伝えた上で試すのがお勧めになります。

具体的なストレス解消グッズについては、こちらの記事をご覧ください。

【発達障害の子向け】クールダウン用グッズ9選

②:「本人に合う学習法」を見つける(原因:学習のレベル・量のミスマッチ)

暴れるキッカケで一番多い宿題は、明らかに本人に合っていない場合は、担任に相談し、量を減らしてもらったり、負担のない内容だけにするなど、調整の相談をします。

もし担任の理解が得られない場合は、個人的に無理に宿題をやらなくて良いと思います。

これまで宿題を無理にさせて上手くいったケースを、私は1ケースも見たことがない為です。

本人も家族もストレスが溜まり、親子関係の悪化にも繋がります。そして宿題ができたとしても、疲労感が残り、学力として定着しているケースはほとんどありません。

本人もとりあえず終わらそうというモチベーションでしてることも多い為、作業になってる場合があります。

もし、本人が宿題を頑張りたいという気持ちがある場合は、家族が手伝ったり、無理のない範囲で取り組めるようにサポートする必要があります。

家族だけでは難しい場合は、タブレット学習などのツールもあります。

家庭内でどうしても難しい場合は、療育や学習塾など、個別で本人の特性に合わせた学習を進めてくれる所を見つけたいです。

③:「本人の特性に合う関わり方」を把握する(原因:本人の特性と家族の関わり方)

本人の特性を把握した上で、必要な関わりをしていきます。

まず本人が家で暴れる前後の状況を把握し、必要な関わりを考えていく必要があります。

癇癪の対応・考え方については、説明が長くなる為、こちらの記事をご覧ください。

【子どもの癇癪】クールダウンの方法~3つの原因別~

④:「習い事の整理」をする(原因:本人のストレス過多)

本人のストレス・負担になってる原因で多いのが、”習い事が多すぎる” があります。

何もない日が週1日あるかないかの子も珍しくありません。

習い事も大切ですが、本人の許容量を見ないと、ネガティブな方向に進んでいきます。

習い事の目的を整理し、優先順位を確認し、本人と話し合っていくことをお勧めします。

家で暴れる子の「対策」~学習・宿題が原因の場合~

ここでは、家で暴れる子の「対策」~学習・宿題が原因の場合~をお伝えします。

発達障害の子の中には、特性上、学習の遅れが出やすかったり、理解・定着までに、他の子より時間が数倍かかることもあります。

そのため、早い段階で、本人に合った学習対策を始めることが大切になります。

特性ある子の学習で大切なのは、2点になります。

・本人の特性に合う学習法の把握
・学習の成功体験を積む

(失敗体験を避ける、苦手意識をつけない)

先ほども少し触れましたが、家族だけの学習サポートは限界があると思います。

家族が仕事で物理的に時間がとれないこともありますし、学習内容が難しくなると教えてられないこともあります。

そういった家族だけでは、学習サポートが難しい方に向けてお伝えします。

本来は、療育や家庭教師など本人に合う所が見つけられれば良いのですが、

本人の気持ち、時間、費用などの様々な兼ね合いで慎重になりたい方も一定数いらっしゃると思います。

その場合は、1つの方法として、家庭でできるタブレット学習があります。

本人に合った学習方法を早い段階で見つけるために、1つの手段として、タブレット学習があります。

発達障害の子の学習で一番避けたいのは、学習の失敗体験の積み重ねと自己肯定感の低下になります。

学習の困難さは、将来の選択肢が減ることにも繋がりますが、それ以上に、自己肯定感が下がり、学校が過ごしにくい場所になります。

お子さんのタイプによっては、学校への行きしぶりに繋がることもある為、学習以外にも影響が出てきます。

早い段階で、学習の成功体験を作ることが大切になります。

学習対策は「タブレット学習」

特性ある子にとって、タブレット学習が良い理由としては、

・自分のペースで進められる
(在籍校にも合わせられる)

・本人に必要な学習課題の抽出
(AIで本人の学習課題の分析)

・特性を考慮した学習PGM
(アニメーション/音声解説)

・ゲーム感覚でできる
(苦手意識がある子向け)

など、発達障害の子向けのタブレット学習になる為です。

特に、本人の苦手箇所がAIで分かったり、アニメーションで解説があると、教科書・ドリルなどの学習が苦手な子にも理解しやしいです。

またキャラクターがナビゲーションして進めてくれたり、ポイント制などのゲーム要素もある為、勉強の苦手意識がある子にも取り組みやすいです。

その他のメリット・デメリットなど、タブレット学習の詳細は、下の記事をご覧ください。

グレーゾーンの子にも、参考になる内容になっています。

【療育支援員がおすすめ】発達障害の子に良い タブレット学習

「【家で暴れる】発達障害の子への関わり方~4つの原因と4つの対処法~」のまとめ

記事のポイントをまとめます 。



発達障害の子が家で暴れる
 「4つの原因」

・外で頑張りすぎてる
 (過剰適応)
・学習のレベル・量が合ってない
 (学習の困難さ・学習法のミスマッチ)
・本人の特性と家族の関わり方
・本人のストレス過多

家で暴れた時の
 「4つの対処法」


ストレス発散方法を作る
 (原因:外で頑張りすぎてる)

・本人に合う学習法の把握
 (原因:学習のレベル・量のミスマッチ)

・本人の特性に合う関わり方の把握
 (原因:本人の特性と家族の関わり方)

・習い事の整理
 (原因:本人のストレス過多)

家で暴れる子の
 「対策」~学習・宿題が原因の場合~

・本人に合う学習法の把握
・学習の成功体験を作る
・タブレット学習


以上になります。

【関連記事】

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

-家での関わり方/その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【宿題をやらない子が激変!】発達障害の子に効果的な4つの対処法とは

発達障害の子の宿題で悩まれてる方「子どもが宿題をやらなくて困ってる。発達障害の子が宿題がやれる様になる方法を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x27 …

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

癇癪持ちの夫で悩まれている方「夫の癇癪に疲れた。このまま我慢するのも限界。夫にどう接していけばいいか教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅癇 …

【事例】就学相談でショックを受けた。就学後どうなった?~5つのパターン~

就学相談でショックを受けてる方「就学相談で、通級or支援学級を勧められてショックを受けてる。勧められた人は、就学相談後どうしてる?他の子が学校でどう過ごしてるか知りたい」 このようなお悩みに、お応えし …

【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~

子どもの登校で悩まれてる方「子どもが登校班で行かなくて困ってる。何で登校班で行かないの?対策が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅登校班で行か …

【勉強できない中学生】ADHDの特性から考える!7つの勉強法を紹介

ADHDの子の勉強で悩まれてる方「中学生の息子(娘)が勉強ができなくて心配。うちの子(ADHD)に合う勉強法を教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x2 …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/16

【発達障害の子におすすめ】感覚遊び19選~遊ぶ時に大切な3つのポイント~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/16

【療育支援員が紹介】ADHDの子におすすめクッション5選!効果的な使い方も解説

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2023/02/16

【不登校の中学生】一日のスケジュールとは?時間管理で大切な4つのポイント

2023/01/30

【別室登校は、いつまでするもの?】大切な7つのポイントを解説します

2023/01/26

【支援員が解説】不登校の中学生の4つの自宅学習・始め方の4つのポイント

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【療育支援員が紹介】自閉症の子が落ち着くグッズ20選!落ち着かせるポイントも解説

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員が解説】発達障害の子におすすめな習い事。ジャンル別に選び方~注意点まで

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習とは?4つの条件・理由・注意点

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/10/18

【支援学級に偏見はある?】教育・療育の現場から見られる”実態”とは

2021/07/16

【支援学級】担任と合わない時はどうする?2つの対策と注意点について

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育の後悔】受けないと、子どもの将来にどんな可能性が?事例を元に解説

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/11/25

【発達障害の子の家庭学習】天神がおすすめ!内容・料金・効果・口コミ・退会について

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/24

【自閉スペクトラム症】いつから?くるくる回る原因と対応方法を説明します

2020/06/03

【療育支援員がおすすめ】自閉症の子が遊べるおもちゃ26選~遊ぶ時の3つのポイント~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法とは

2020/05/01

【発達相談員がおすすめ】発達障害の子が楽しめる絵本~厳選10冊の紹介~

2020/04/06

【ADHD/グレーゾーンの子供】幼稚園選びの4つのポイント※注意点あり

2020/03/31

【療育支援員がおすすめ】ADHDの子の子育てに役立つ本を紹介~厳選5冊~

2022/06/10

【発達相談員が紹介】言葉が遅い子におすすめ!おもちゃ7選!遊び方の4つのコツ

2023/09/05

【発達相談員が紹介】言葉の発達を促す遊び21選!言葉を増やす3つのポイント

2022/06/02

【療育支援員が紹介】発語を促すおもちゃ12選!遊び方の4つのコツも解説

2023/05/25

【発達障害の子にプレゼント】おすすめ28選!支援員が紹介する自閉症・ADHDの子が好きなオモチャ

2022/11/14

【発達障害の子向け】おすすめゲーム7選~自閉症、ADHDの子が楽しく学べる~