家での関わり方/その他

【発達性協調運動障害の子向け】自転車の練習方法~8つのポイント~

投稿日:2022年2月8日 更新日:

発達性協調運動障害の子の自転車で悩まれてる方「子どもが自転車に乗れなくて心配。運動が苦手な子でも乗れる様になる方法が知りたい」

このようなお悩みに、お応えします。

本記事の内容



✅発達性協調運動障害の子が
 「自転車が苦手な原因」

✅自転車の「練習方法」
 ~モチベーション面

✅自転車の「練習方法」
 ~技術面

✅オススメな
 「自転車アイテム」

✅どうしても
 「運動が苦手な子」へ

運動面以外で
 「心配な点がある子」へ


お子さんの就学が近づくにつれて、周りの子が自転車に乗れるようになり、

「うちの子も乗れてほしいな…」と、感じる方もいるかと思います。

特に運動が苦手な子にとっては、苦手意識がついたり、運動が嫌になってしまう経験に繋がることも、少なくありません。

「今のうちに練習して、できることを増やしてあげたい」と、思われる親御さんも多いと思います。

この記事を執筆している私は、療育・相談支援を10年以上しており、その中には発達性協調運動障害の子も、多くいらっしゃいました。

私の息子も、発達協調性運動障害の診断を受けており、自信を失わないようにしつつ、自転車に乗れる様になるまで…色々と試行錯誤しました…。

その支援・育児経験を元に、本記事では下記の内容をまとめました。

本記事が参考になれば、幸いです。

自転車が苦手な「原因」~発達性協調運動障害の子~

発達性協調運動障害の子の自転車が苦手な「原因」は、協調運動の困難さにあります。

協調運動とは、”2つ以上の部位を同時に動かす” ことをいいます。

まずは、生活全般の「具体的な協調運動」を見ていきたいと思います。

✅「生活面」の協調運動

【手と目
・板書が苦手
・ボールのキャッチが苦手
・ボールがまっすぐ投げられない

手と手
・工作/製作が苦手
・消しゴムが上手く使えない

足と手】
・縄跳びが苦手
・走りながらボールを投げる、捕るが苦手

足と目】
・転びやすい
・ボールを蹴るのが苦手

次は、「自転車に乗る」では、どんな協調運動があるのか、見ていきます。

✅「自転車に関係する」協調運動

【手と目
・進行方向を見る+ハンドル操作

手と手
・左右のハンドル操作
(左右の手:似た動き)
・曲がる時の左右の押し引き
(左右の手:異なる動き)

足と手】
・ハンドル操作+ペダルを漕ぐ
・ブレーキを握る+地面に足をつける

足と目】
・進行方向を見る+ペダルを漕ぐ
・止まる位置を見る+地面に足をつける

【合わせて読みたい記事】

【跳べた!の成功体験が鍵】発達性協調運動障害の子の縄跳びの練習方法

自転車の「練習方法」~モチベーション面~

発達性協調運動障害の子の自転車の「練習方法」を、2つの視点でお伝えします。

・モチベーション
・技術


この2つのどちらが欠けても、自転車に乗ることは難しいです。

「自転車に乗る」ということは、継続的な練習が必要になります。

継続的に取り組むためには、モチベーションが必須になります。

ここでいうモチベーションとは、

・少しずつ乗れるような感覚
(自己成長)

・ほめてもらえて嬉しい気持ち

(承認)

など、お子さんにとっての喜び(メリット)になります。

大人が一方的に「自転車の練習しよう!」と言うよりも、

お子さんが「楽しい!もう1回やりたい!」という気持ちを作ることが、大切になります。

まずは、「モチベーション」を上げる4つの方法をお伝えします。



①:「ポジティブな視点」をもつ

②:ハードルを「下げる」

③:「細かく・具体的」にほめる


④:成果を「視覚化」する


①:「ポジティブな視点」をもつ

「○○を改善しよう」ではなく、『○○ができるようになった!』という視点を持ちましょう。

体育会系の人は別かもしれませんが、私たち大人も何かを教わる時に、

できてない所ばかりを指摘され続けたら、モチベーションが下がると思います。

「全然成長してないのかな…」と、次第に自信・やる気を失うと思います。

ましてや、発達性協調運動障害の子は、運動が苦手だったり、自信がない場合が多いです。

お子さんの立場を考えると、「改善視点」よりも、『成長視点』の方が、モチベーションが上がります。

モチベーションが上がれば継続できるので、結果として、成功率が上がります。

②:ハードルを「下げる」

「ハードルを下げる」とは、”大人が求める要求のレベル” を下げることになります。

いわゆる

目標の細分化(スモールステップ)ですね。

いきなり「自転車に乗る」が目標になると、乗れるまでの練習が、全部「失敗」になってしまいます。

ゴールが遠いと、お子さんも「出来る様になってきてる実感」が持ちづらいですよね。

そのため、「ハードルを下げる」が大切になります。

例えば、下記のようなイメージになります。

・大人が支えた状態で3m進む
・地面に足をつけながら、一人で5m進む

「自転車に乗る」を分解して、お子さんが背伸びして届く様な目標にするのが、ポイントになります。

③:「細かく・具体的」にほめる

先ほどの『ハードルを下げた目標』に沿って、都度ほめます。

「一人で1mも進めたね!」

「片手しか手伝ってないのに3mも進めたの!?すごい!」

このように「数字を入れてほめる」と、お子さんの喜びはUPします。

もし、メートルなどの距離のイメージがつかない子は、進んだ距離を目印つけて、伝えるのも良いと思います。

私が実際に使っているチョークを載せておきますね。

外では、これを重宝しています。参考程度にご覧ください。

✅クレヨラ チョーク ジャンボチョーク 水で落とせる48色

④:成果を「視覚化」する

「お子さんの成長」を、目で確認できる形に残していきます。

先ほども少し触れましたが、下記のようなイメージになります。

・自転車が進んだ距離に目印つける
自転車に乗れてる時間を数える
(書き残す)

自転車で進めた距離を地面に目印つけたり、物を置いて、目で見て分かるようにします。

次は、その目印(前のお子さん自身の記録)を目指して、がんばります。

また、自転車に乗れてる時間(両足が地面に離れてる)を数えて、スコア表のように、紙に書き出す方法もあります。

お子さんのモチベーションが上がる方法を、選んでみましょう。

自転車「練習方法」~技術面~

土台のモチベーションができたら、次は「技術」になります。

ここでは、「自転車に乗る」を4つのステップに分けて、お伝えします。

必要なステップは個人差がありますので、お子さんに必要なステップを参考に、ご覧ください。



①:ハンドルを持って「押しながら歩く」

②:自転車に「またがった状態で」歩く

③:「両足で地面を蹴りながら」進む


④:自転車を「漕ぐ」
(大人が後ろで支えながら)


①:ハンドルを持って「押しながら歩く」

まず最初は、自転車の扱いに慣れる所から始めてみます。

乗る前に、ハンドルを持ち、押しながらゆっくり歩いてみましょう。

直線が慣れてきたら、曲がったり、Uターンにも挑戦してみましょう。

乗る前にハンドル操作の感覚を掴めておけると、後々楽になります。

②:自転車に「またがった状態で」歩く

自転車を押すことができたら、次は自転車にまたがり、両足を地面につけ、ゆっくり歩きましょう。

自転車にまたがった状態で、フラフラする場合は、

サドルの高さが合ってない可能性があるので、安定する高さに調節すると安心です。

③:「両足で地面を蹴りながら」進む

またがった状態で歩けたら、次は両足で地面を蹴りながら進んでみます。

自転車が前に進み勢いがついてきたら、両足を浮かせて、バランスのとり方も覚えられると良いです。

最初は、勢いがつかないと思うので、何回か地面を蹴って勢いがついてから、両足を地面から離してみましょう。

両足を離して進めた距離を、「○m進めたね!」「○○の場所までいけたね!」など、

具体的に伝えると、お子さんが更に楽しんで、練習ができます。

④:自転車を「漕ぐ」(大人が後ろで支えながら)

地面を蹴りながら進めるようになったら、そのまま両足をペダルに乗せて、漕いでみましょう。

最初は、後ろで大人が両手を使いながら、支えるのが良いです。

そして、大人の補助を段階的に減らしていきましょう。

①ハンドル+サドルを支える
②ハンドルだけ支える
③サドルだけ支える
④補助なし


下にいくほど、補助が減っていく状態になります。

✅「訓練」にならないように

「自転車に乗る」だけが目的になり、訓練の様になるのは、避けた方がよいです。

よくあるのが、大人が熱心に教えてるけど、お子さんの気持ちがついていかず、そのまま嫌になってしまうパターンです。

“『楽しむ』の過程に、自転車の練習がある”

という視点が、大切になります。

オススメな「自転車アイテム」

ここでは、オススメな「自転車アイテム」を2つお伝えします。

発達協調性運動障害の子は、運動への不安や苦手意識が強い場合が多いです。

そのため、少しでも不安を減らしていくことが大切になります。

アイテムを使うことで安心する子でしたら、活用いただき、自転車が楽しめる機会に繋げられると良いと思います。

【3~8歳向け】 DAZUAN ヘルメット 子ども用 プロテクターセット

【6~14歳向け】 子ども用自転車ヘルメット・プロテクターセット

どうしても「運動が苦手な子」へ~発達性協調運動障害~

ここでは、どうしても「運動が苦手な子」に対して、大切なことをお伝えします。

というのも、本記事の内容に沿って親御さんが丁寧に教えたとしても、自転車に乗ることが難しい場合、そもそもの運動の苦手さが考えられます。

例えば、

・何もない所で躓く
・よく体をぶつける
・よく物を踏む
・ボールをまっすぐ投げれない
・縄跳び、ブランコが苦手
・体の動きがぎこちない
・姿勢が崩れやすい
・書字が苦手


これらの様子が、日常的に見られる場合は、自転車以前に体を使い方を学ぶ方が良い場合があります。

手や足を同時に動かしたり(協調運動)、力加減だったり(固有受容覚)、バランス感覚(平衡感覚)などを、楽しく体を動かしながら学ぶ機会が必要になります。

運動が苦手なことで、友達と外で遊ぶ時、体育の時間、習い事など、様々な場面で自信を失うことに繋がります。

運動に苦手意識がついて、嫌になる前に、根本的に運動面にアプローチできる機会が必要になります。

逆に早い段階で体を使い方を覚え、この先の運動の機会を楽しく成功体験に繋げられれば、お子さんが楽しみ、自信がつけられる機会を増やすことができます。

根本的な体を使い方は「へやすぽアシスト」

体の使い方の指導を専門とする先生(理学療法士)による、マンツーマンのオンライン指導になります。

運動が苦手な子にとって良い理由は、4つあります。

・個々の運動能力に合ったカリキュラム
(個人の発達に合わせる)

・成功体験が積める
(自己肯定感の向上)

・楽しく体を動かせる
(意欲を高める)

・オンライン
(周りの目が気にならない)

など、運動が苦手な子に対して、必要な要素が揃っています。

「運動の苦手意識がつくのは避けたい」「少しでも運動の楽しさを感じてほしい」

という方は、1つの選択肢になると思います。

「へやすぽアシスト」の詳しい情報は、公式サイトをご覧ください。

へやすぽアシスト 公式サイト



「【発達性協調運動障害の子向け】自転車の練習方法」のまとめ

記事のポイントになります。



発達性協調運動障害の子が
 「自転車が苦手な原因」
・協調運動の困難さ
・複数部位を同時に動かすのが苦手

✅自転車の「練習方法」
 ~モチベーション面
・ポジティブ視点をもつ
・ハードルを下げる
・細かく、具体的にほめる
・成果を視覚化する

自転車の「練習方法」
 ~技術面
・ハンドルを持って押しながら歩く
・自転車にまたがった状態で歩く
・両足で地面を蹴りながら進む
・自転車を漕ぐ
(大人が後ろで支えながら)

オススメな
 「自転車アイテム」

【3~8歳向け】
 DAZUAN ヘルメット 子ども用 プロテクターセット

【6~14歳向け】
 子ども用自転車ヘルメット・プロテクターセット

どうしても
 「運動が苦手な子」へ

・生活面でも運動面の苦手さがあるか
・体の使い方を学ぶ機会を作る
へやすぽアシスト の活用


以上になります。

お子さんが楽しく自転車に乗れる機会に繋がれば、幸いです。


【合わせて読みたい記事】

【発達性協調運動障害】運動が苦手な子どもに合う習い事

【ピアノは効果あり?】発達性協調運動障害の子への効果とは。注意点も解説

-家での関わり方/その他

執筆者:


  1. […] 【乗れてきた!楽しい!が大切】発達性協調運動障害の子の自転車の練習方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【登校班で行かない子】4つの原因と対策~子どものタイプ別に考える~

子どもの登校で悩まれてる方「子どもが登校班で行かなくて困ってる。何で登校班で行かないの?対策が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅登校班で行か …

【癇癪持ちの夫】我慢は解決方法ではない!4つの原因と妻の接し方とは

癇癪持ちの夫で悩まれている方「夫の癇癪に疲れた。このまま我慢するのも限界。夫にどう接していけばいいか教えてほしい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 ✅癇 …

【授業参観の感想の例文】たった1つ!書き方のコツとは?注意点もあり

授業参観の感想文で悩まれている方「授業参観の感想文って何を書けばいいの?感想を書くのが苦手だから困ってる。うまく書けるコツが知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 …

【行かなきゃ良かった】就学相談でショックを受ける2つのポイント~後悔しない為の4つの視点~

就学相談を受けるか迷われてる方「就学相談は行かない方がいいの?親が希望しない支援級や支援学校で決められちゃうって本当?」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x270 …

【登校班のトラブル】発達障害の子にできる4つの対策~4つの原因から考える~

登校班のトラブルで悩まれてる方「うちの子は発達障害なんだけど、登校班でトラブルを起こしやすくて困ってる。できる対策が知りたい」 このようなお悩みに、お応えします。 ☑本記事の内容 &#x …

サイト作成者プロフィール

Image

発達障害/グレーゾーン/場面緘黙/不登校のお子さんとご家族の支援を、日々行っております。◇療育指導員◇相談支援員◇発達支援10年◇ブログ【週2回更新】◇twitter【毎日発信】◇長男が療育通所中◇

2023/12/18

【不登校の平均期間は?】短くなる時、長くなる時の違い(特徴)~期間より大切な7つのコト~

2023/12/14

【禁句】不登校の子に言ってはいけない言葉~8つの言葉・NGな理由~

2023/12/03

【療育に通うまでの流れ】6つのステップ、3つの注意点~目的に合った療育を選ぶ~

2023/10/24

【療育に通う基準】3つのポイント~療育を始める方が多い4つの時期~

2023/10/04

【保健室登校(別室)】成績はどうなる?よくある2つの事例と5つの対策

2023/10/03

【口に物を入れる】発達障害の子向けの対策~関わる上で大切な3つの視点~

2023/09/12

【発達障害だけど普通学級で貫き通します】事例の紹介~学級選びのポイント~

2023/09/01

【発達ゆっくりな子のその後は?】療育の現場の事例紹介~今、家族に出来ること~

2023/08/17

【学校をまた休む】不登校の復帰後の4つのポイント~再不登校の予防法~

2023/08/04

【よく寝るのは問題?】不登校の回復期のサイン・関わり方・注意点とは

2023/08/01

【療育のデメリット】3つの注意点・メリット・心構え・療育の選び方とは

2023/07/04

【不登校】学校とのやりとりで大切な3つのポイント・2つの注意点とは

2023/05/11

【療育支援員が紹介】不登校の子にオススメな習い事。4つの選ぶポイント・注意点とは

2023/03/23

【発達障害の子と担任が合わない時】3つの大切なポイント・対処法とは

2023/02/22

【通級は恥ずかしい?】通級のメリット・デメリット・通う基準について

2022/10/12

【発達障害の子向け】噛み癖に役立つグッズ5選!支援員が使う時のポイントを解説

2022/06/16

【発達障害】落ち着くグッズ20選~自閉症の子がクールダウンする時のポイント~

2022/04/27

【発達支援員が使った感想】すららの無料体験~5つの長所、4つの短所~

2022/04/06

【宿題でいつも癇癪…】発達障害の子がスムーズにできる6つの対処法

2022/03/16

【療育支援員がおすすめ】発達障害(グレーゾーン)の子向けの習い事~選ぶ時の8つのポイント~

2022/01/12

【2024年 支援員がおすすめ】発達障害の子向けタブレット学習~ADHD/自閉症の子に必要な4つの特徴~

2021/10/21

【支援級勧められたけど普通級に行った!】学級選びで大切な3つのポイント

2021/06/30

【保育園に療育を勧められたら】やるべきこと・注意点・事例を元に解説

2021/06/18

【療育支援員が紹介】発達障害の子におすすめな椅子5選!補助グッズも解説

2021/06/16

【療育に行かなかったら後悔する?】よくある5つの事例~早期療育はどの子にも良い~

2021/02/24

【特別支援学級】子どもへの説明~2つのポイント~良い/悪い7つの具体例~

2021/01/15

【療育辞めてよかった!】辞めるタイミングは4つ!事例・注意点も解説します

2020/12/07

【場面緘黙の子供】なんで挨拶が苦手なの?3つの理由・5つの接し方とは

2020/07/27

【発達障害】逆さバイバイはいつまであるの?原因と接し方について解説します

2020/06/03

【自閉症の子が夢中になる!】人気おもちゃ26選~療育支援員が紹介~

2020/05/21

【子どもの癇癪】3つの原因から考える!クールダウンの方法~自閉症の子にも有効~

2024/02/17

【学習障害】親ができること~家庭できる4つのコト・外でできる2つのコト

2024/02/16

【字を書くのが嫌いな子】4つの理由・対策~予防しておきたい注意点~

2024/02/07

【普通学級に通った】軽度知的障害の子の5つのパターン~2つの困るポイント~

2024/02/06

【母子登校】発達障害の子どもへできる5つのコト~大切な3つの視点~

2024/02/05

【発達障害の子の育児をやめたい】親の負担を軽くする4つの方法~一人で抱え込まない為に~